太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について

加工について Archive

アルミ押出で最もポピュラーな【直接押出法】

アルミ押出は転写加工の代表的な技術です。転写加工とは金型の形を転写させて製品を作る加工技術です。
その中でもアルミ押出は、私たちの暮らしに欠かす事ができない建具や生活用品の製造を行う事ができる技術なのです。
今回は、アルミ押出加工の加工技術の中でも、最もポピュラーな【直接押出法】という技術について、わかりやすく説明いたします。
まずアルミ押出の製造工程を簡単に説明すると、インゴットを溶かしてビレットに鋳造します。ビレットを加工できる大きさに切断いたします。
切断したビレットを加工する前に加熱して加工をしやすくするのです。加熱されたインゴットは押出機(アルミ押出機)に入れられて、金型から出てきたところを機械で引っ張ります。
必要な長さまで加工したら部品を切断し、水洗い→苛性ソーダ→水洗い→電解槽→水洗い→カラー槽→水洗い→塗装・焼き付けとなり、仕上げが行われて次の工程に送られます。
次の工程はアルミ押出の工場から建具の製造を行っているお客様へ納品され、消費者の元へと届けられていくのです。
直接押出法というのはコンテナに加熱したビレットを入れて、ダイス(金型)に直接押し付けて圧力をかけて製品の生産を行う方法です。
ポピュラーな加工方法なのですが、高い圧力を必要とするので押出能力が高い機械が必要となります。機械は圧力筒とラムが水平になったタイプのものが多いです。
金型へ直接押し付けて成型するので、コンテナとビレットの摩擦が生じやすいのも事実です。そのため1/3の圧力が無駄になってしまいます。
太陽パーツではアルミ押出による成形を行っています。早くより良い製品の製造とコスト削減を目標に努力をしています。
アルミ押出についての疑問や、製品の生産についてのご相談はいつでもお気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストのメリットでもある【強度】について

部品加工を行う時、さまざまな金属加工の中からどれか一つの加工法を選択するとした時、なぜダイカストを選ぶ方が増えてきたのでしょうか?
金属加工には、旋盤加工、NC旋盤加工、フライス加工、MC加工、プレス加工、アルミ押出加工など、数多くの加工技術があります。
その中の一つとしてダイカストがありますが、実はダイカスト技術には他の金属加工には無い優れた特徴があるのです。今回はその優れた特徴と選ばれる理由をお話しいたします。
「優れた生産性」「優れた寸法精度」「優れた強度」「優れた設計性」「軽量化」「表面処理のしやすさ」「コストが安い」
これだけでもかなりのメリットがありますが、この中から優れた強度についてをわかりやすくお話しいたします。
ダイカストは金型を使って溶けたアルミを金型へ入れて、高い圧力をかけて成型します。そのため部品の強度が他の製造法で作ったものよりも高くなります。
もちろん部品の大きさや肉厚によって多少の強度の変化はありますが、複雑になればなるほど強度が高くなっていく製造技術なのです。
こうしたメリットがあるため、ダイカストは利用範囲が広く、さまざまな分野で活躍する製品の部品製造に利用されているのです。
さらに大量生産をすればするほどコストが安くなるので、消費者にも安くて良いものを提供できるようになったのです。
ただし大量生産に向いているけれど、少量の生産には逆にコストがかかってしまうというデメリットがあります。
それでも精度の良い製品の製造をしたいとお考えであれば、太陽パーツのエコダイカストの活用を検討されると良いでしょう。
エコダイカストは、少量の部品の生産であってもコストを安く抑える事ができるので、おすすめのダイカスト生産法です。
太陽パーツのエコダイカストについて知りたい方は、ぜひお気軽にご連絡くださいませ。どうして金型を作るのに安くする事ができるのかなどの疑問にも丁寧にお答えいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産にもってこい!【アルミダイカスト】の生産性

アルミダイカストは現代使われている様々な製品の部品を生産するのに利用されています。特にアルミダイカストで部品の生産を行う事によるメリットは、他の機械加工とは違った高い生産性にあります。
そもそもアルミダイカストというのは熱して溶かしたアルミニウム合金を、金型に射出して冷やして高い圧力をかけて生産する技術です。一度にいくつも部品を生産できるので、他の機械加工より生産性が高いのです。
金型の生産技術も高いため、より複雑でより肉薄な製品の生産にも使われています。しかもアルミニウムは溶融温度も低く、金型を傷めないという性質があるため、金型のもちも良くその分コストが安く抑えられるのです。
他の金属とは違ってアルミダイカストに使われる材料は、何度でも再利用する事ができるため、材料を無駄に使わないというのもメリットの一つだと言えるでしょう。もちろんプラスチックなどもそうですね。
一日に生産できる部品の数の多さは、他の生産技術でもかないませんし、アルミという軽い特性があるため、軽量化したい自動車などの部品にはピッタリの生産方法なのです。
ただし、アルミには向かない性質の部品を生産するときには、アルミダイカスト以外の技術を使う必要があるようですが、軽量で丈夫で美しくて量産効果がある製品を作りたいのならば、アルミダイカストを利用するのが一番です。
もちろんアルミ以外の金属をダイカストで作る事もできますが、融点がアルミニウム以上になると金型の傷みが激しくなる可能性が高いので、その時にはどの技術で生産をするのかを検討する必要があるかもしれません。
太陽パーツではアルミダイカストで部品の生産をするのに適しています。スピーディーに良い製品を生産したいのでしたら、ぜひ一度太陽パーツの担当者までご連絡くださいませ。
特に次のようなお悩みがある場合には、ぜひお気軽に相談してくださいませ。
・コストの削減を検討されている
・ダイカストの金型の傷みが激しい
・小ロットだけどダイカストを利用したい
これらの悩みをスッキリと解決できるのは太陽パーツのエコダイカストです。お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造法と砂型鋳造の特徴を比較すると?

ダイカスト鋳造法と砂型鋳造はとても似ています。というか金型を使って金属を流し込んで固めて部品にするというのは全く同じ方法です。
ですがこの二つの鋳造方法というのは似ている部分もありますが、違っている部分もあるものなので、その違いはどんな事なのかについてをお話いたします。
まずはダイカスト鋳造法についてを具体的に説明しますと、ダイカスト鋳造法はアルミニウムやアルミ合金、その他の金属を熱して溶かし、金型に流して圧力をかけて冷やして固めます。
金型は複雑な形状に作る事も可能で、入子をしたり中子を入れたりして部品の生産を行う事ができます。生産性が非常に高いのが特徴で、一度に大量に精度の高い製品を作る事が可能な製造方法でもあります。
しかも製品の表面もとてもキレイに仕上がるので、処理をする時にもとても処理しやすいというメリットがあります。一つ一つのコストがとても安くなるため、他の金属加工よりも利用する方が多いのも特徴でしょう。
一方で、砂型鋳造というのはどのようなものなのかというと、砂を使って鋳造の金型を作って、その砂型の中に解けた金属を流して冷やし固めて部品の生産を行います。
ダイカストとは違って製品の精度はそれほど精密ではありません。ただ使用する型のコストは安く済むのが特徴ですが、決して一つの製品の価格が安いというわけではありません。
大量生産をするのには向いていません。ただアルミダイカスト鋳造法で製造する事が難しいと言われる大きな部品の生産を行うのには適しているといっていいでしょう。
ただし砂型なので製品の表面はザラザラとしているため、表面処理をする必要があるでしょう。またアバウトな寸法ではなくてしっかりとした寸法が欲しい場合には、二次加工を施す必要がある場合もあります。
太陽パーツではダイカスト鋳造法、砂型鋳造などの製品の生産を行っています。今後砂型やダイカストで製品の生産を検討しているのであれば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

多くの金属製品の製作を可能にする旋盤とフライス盤

金属の部品を加工するためには、金属を加工する事ができる機械を使わなくてはなりません。旋盤とフライス盤はその基本的な加工を行える代表的な機械です。
この二つの機械の加工の違いやそれぞれの機械の特性をよく知って、今後、部品加工の事で悩んだ時には最適な加工方法で部品の生産を検討する事ができるのではないでしょうか。
まず旋盤の方から説明すると、旋盤加工というのは材料が高速回転をします。その高速回転をしている材料に対して、チップや刃物を使づけて切削加工を行うのです。
基本は円筒形の部品加工を行います。外径の切削加工だけではなく内径へドリルでの穴あけを行い、内径バイトを使って内径を広げていく加工も行います。
溝入れをしてねじ切りを行ったりする事も可能です。加工できる金属の種類がとても多いのも特徴で、金型などのために使う硬い素材の加工も専用のバイトで行えます。
一方でフライス盤での加工は、丸材を加工するというよりも角材を加工したり、旋盤加工を行った後の二次加工などのために利用する事が多いです。
加工できるのは平面削りやエンドミルを使っての段差加工をしたり、溝加工をしたり穴あけ加工をしたりする事も可能ですし、ドリルを使って指定された場所に穴あけを施す事も可能です。
タップを立てたりする事も可能です。旋盤加工との大きな違いは旋盤加工のように材料が回転するのではなく、ツールの方が高速回転をして部品の加工を行う事です。
この二つの機械加工を使って、様々な複雑な形状の製品を作る事も可能です。
もし金型の製造や切削による部品の生産を検討しているのであれば、太陽パーツへお気軽にご相談ください。きっとご希望に沿った部品の加工でお応えしてくれるでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミニウム合金【熱処理】の大切な役割

アルミニウム合金で熱処理を行うのはなぜなのでしょうか?
これは金属に熱を加える事によって、求められている性質を出すために『調質』を行うためなのです。
金属は熱処理を行う事によって、硬い性質に柔軟性を加えたり、さびやすい性質を錆びに強い性質に変える事だって可能です。
さらに熱処理以外にも表面処理を同時に施す事によって、より丈夫に傷がつきにくいようにする事だって可能になるわけです。
アルミニウム合金にも熱処理を行う事は可能です。加工を行う以前に合金にするために熱処理を行っているものもあって、非熱処理合金と熱処理合金の中から必要な性質を持った金属を選びます。
熱処理合金には「2000」「6000」「7000」があり、硬度などを出すために『時効処理』を行いますが、それ以前に熱処理を行う必要があるのです。
さらにアルミニウム合金の熱処理には、容体化処理という難しい熱処理もあります。焼き遅れなどが起こらないように徹底的な温度管理や処理管理能力を必要とします。
アルミ合金はさまざまな熱処理を行う事によって、金属の硬度だったり粘度だったり強度だったりの特性を引き出す事が可能です。
むしろ合金としての特徴は熱処理にかかっていると言っても言い過ぎではないのです。それぞれのアルミ合金の特性は熱処理によって、結晶のつながりを変化させたりする事で引き出します。
だから熱処理を行う事は非常に重要な事なのです。それによって航空機の部品になったり船舶の部品になったり、電車の部品として使われたりするのです。
金属加工において熱処理を行う理由はさまざまですが、アルミニウム合金の熱処理には大切な役割を果たすために行われているものなのですね。
どのような部品を生産するのかによっても材質の選び方を考える必要があります。微妙に悩むケースも多いかと思うのですが、太陽パーツはアルミ合金の性質にかけてはかなりの知識を持っています。
もし微妙に悩む事がありましたら、ぜひお気軽に太陽パーツに相談いただければ、きっと条件にピッタリのアルミ合金を選ぶお手伝いができるのではないでしょうか。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

繊細な加工が得意なレーザー加工の性能

レーザー加工は金属を切断しながら加工していく特殊な加工技術です。切断加工というとプレス加工というイメージが強いようですが、製品によってはレーザー加工を選択する事もあります。
まずはレーザー加工とはどのようにして加工をしていくものなのかについてを簡単にお話すると、レーザーを使って必要な形に切り抜く事が可能な技術です。
複雑な形状であってもコンピューターで描いた図面通りにプログラムを行う事で、製品の生産を行うので金型を必要としないという特徴を持っています。
普通なら金属をカットする場合は、カットする形状の金型(抜き型)を作って、プレスの力で加工を行うものですが、レーザー加工の場合は金型が無くても同じ形状の部品を作れるところもメリットだと言えるでしょう。
一度プログラミングをしてしまえば、同じ形状の製品を複数作る事も可能ですので、試作品として複数枚製造するにはピッタリの加工技術ですが、大量生産を行う時には時間がかかるのでコストがかかってしまいます。
レーザー加工はとても複雑な部品を作る事が可能ですが、大昔は加工できる金属が意外と少ない技術でした。
近年では鉄、ステンレス、アルミニウム、真鍮、銅、チタン、紙、木、アクリルなどの加工も可能ですし、溶接加工や曲げ加工などもできるので、試作品や少数の部品の生産には最適な加工技術です。
他の金属加工との違いは、レーザーのパワーによって色々な金属や材質を加工できる事です。さらに断面もとてもキレイですし、素材をセットすれば自動的に機械が製作してくれるのも特徴と言えるでしょう。
環境に優しいというのもメリットだと言えるのですが、最大の難点は加工賃が比較的高めであるという点です。それ以外ではレーザーによるダレが出ては困るものには向いていないかもしれません。
もちろんそれも味になると考える製品にはうってつけです。例えばアクセサリーなどの精密加工などがそうです。
レーザー加工は「複雑な形状を作る事ができる」「精密な部品加工を行う事ができる」「小さい製品の加工を行う事ができる」という3つの要素を兼ね備えた加工技術なのです。
コストの問題がクリアできるのであれば……と考えているのであれば、太陽パーツへ相談されてみてはいかがでしょうか。
お問い合わせはお電話、ホームページのメールなどでも対応していますので、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

需要の広がりを見せる鋳造法の一つダイカスト

自由度が高く剛性の高い製品を生産できるため、鋳造法はこれまでも私たち現代人の生活を支えていました。ダイカストも数ある鋳造法の一つです。
これまでダイカストというと、簡単な成形品を作る加工技術というイメージがありましたが、それもほんの10年くらい前までのお話です。
現代では鋳造法によって様々な製品が作られており、その技術の高さは世界中でも注目が集まっている程です。
例えば、ダイカスト法では自動車部品や自動車のエンジンの生産がおこなわれています。航空機の部品や重要な機体にも使われています。
なぜならば、ダイカストの技術は他の加工技術とは違い、金型が進歩し続けているため、より複雑な製品にも対応できますし、より精度の高い製品にも対応する事ができるのです。
特に素晴らしいのはダイカストは金型があれば、何万個という大量の部品を作り続ける事が可能となります。しかも精度もまったく変わらず落ちる事はありません。
唯一の弱点でもある「す」が入ったとしても、再び材料として使う事ができるため、生産コストが非常に安く済むのです。こうしたメリットがダイカストの需要の広がりを助けているのでしょう。
当然ながらダイカストにもデメリットがあります。最大のデメリットは金型が高額であるという点でしょう。そしてどうしても「す」が入るため、高圧で使うものには向いていません。
ただ、メリットはデメリットをはるかに超えています。そしてダイカストを始めとする鋳造技術は、これからもさらなる進化を遂げていくでしょう。
切削や他の製造方法で作っていた部品も、やがてダイカストの技術で生産されるようになるかもしれません。
最大のデメリットの金型が高額であるという問題については、太陽パーツのエコダイカストに変えれば半額で済みます。
これはベースの部分が太陽パーツの共通部品であるためで、ベースの部分にかかる材料が必要ないため、金型を通常よりも半額に抑える事ができるわけです。
詳しいエコダイカストについての情報については、太陽パーツのホームページからお気軽にお問合せくださいませ。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

デザイン性に富んだアルミニウムの魅力

現代人の生活はとても豊です。例えば目的としている場所に行くための移動手段として使われる、ほとんどの乗り物は金属で作られていて、性能がよく安全性の高いものばかりです。
多くの製品や部品に使われている金属は「アルミニウム」です。なぜアルミニウムが使われているのかというと、アルミニウムという金属の特性が製品に適しているからです。
アルミニウムの代表的な特性は「軽い」という事です。金属そのものがとても軽いので、部品として使う事によって製品自体を軽量化する事が可能となります。
また、アルミニウムの特性の一つとして「強い」というのがあります。高剛性の合金を作り出す事ができるため、旅客機などの強度が必要な乗り物などの材料としても使われています。
軽くて金属の中では柔らかく加工がしやすいのも特徴です。軽くて加工がしやすい特性があるため、大きな製品であっても加工がしやすいため、より剛性の高い製品を作る事ができます。
意外な事にアルミニウムは電気をよく通すという特徴もあり、銅よりも2倍も電流を通しやすいのです。この性質が電線など新たな分野でアルミニウムが利用される理由となっているのも事実です。
電氣の伝導率が高いのに磁場に影響されないため、医療機器などにも利用されているのです。さらにさびにくいという性質もありますので、様々な分野で利用されているのです。
他の金属との決定的な違いは鋳造しやすいという点かもしれません。アルミニウムは軽くて丈夫で鋳造しやすく、熱や電気の伝導率が高いという特性が、現在の技術に活用されやすい理由です。
加工しやすいため様々な製品として利用されています。最近では文房具などにも多くアルミケースなどが使われています。美しい仕上がりもアルミニウム製品の魅力です。
デザイン性に富んだ金属なので、プレス加工やダイカスト、アルミ押出などの加工の他に、切削などで加工を行う事ができます。
金属ながらも温かい印象を与える特徴を持っているので、今後はインテリアの分野でも広く利用されるようになる金属となるでしょう。

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

生活に必須な家電製品に活躍するダイカスト!

ダイカストの技術の進歩によって、良い製品を安く手にいれる事ができるようになりました。実はダイカストで製造されている製品は思っているよりも多いのです。
例えば家電製品の部品にはほぼ100%に近い確率でダイカストで作られた部品が製造されています。これはダイカストで作られる部品の自由度の高さや、製品の質の高さが家電製品の質も上げてくれています。
ダイカストで作られた製品というと、何となく自動車部品やバイクなどの部品だと思われがちです。確かに自動車やバイクなどの乗り物に部品が使われていますが、現在では航空機や鉄道関係にも使われています。
他にもパソコンやオーディオ関連の部品にもダイカスト技術が使われています。調べてみるとダイカストで作られた部品が使われている家電製品はたくさんあります。
PC周辺機器、ビデオカメラ、ゲーム機に使われているレンズホルダー、カメラ用部品、プロジェクター部品、MDプレーヤー部品、洗濯機、冷蔵庫などのシロモノ家電の部品です。
部品だけではなくて家電製品のフレーム部分にダイカスト技術が使われている事も多いです。ダイカストがなぜ家電製品に利用されているのかというと、それは技術の進歩によってより複雑でより豊富なサイズの部品を作れるようになったからでしょう。
さらに良い製品を大量生産する事が可能となったため、高額だった家電製品の価格が安くなるのもダイカストの技術が使われる要因となっているのは間違いありません。
ダイカストの技術は様々な製品に活用されています。部品を少しでも安くするためには必要不可欠な技術なのです。
しかも他の加工技術を使って生産するよりも、不良が出る確率が確実に低いので、材料を無駄にするという事がありませんので、コストの削減につながっています。
ダイカストの技術の進歩で入子をしたり二次加工を必要としない加工が行われるようになったため、より複雑でより肉薄な製品を作る事ができるため、家電製品も薄型のものやコンパクトな製品を作れます。
また、ダイカストの技術ではナノキャストと言われる製法があります。この製法によって高品質化、高可動化、低コスト化、省スペース化が可能になります。
太陽パーツではダイカスト製品の生産のための金型の生産、その金型を使っての製品の生産を行っています。より低コストで高品質な部品の生産を望まれるのであれば、お気軽に太陽パーツへご相談ください。

 

 

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.