太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について

加工について Archive

アルミニウム合金の特徴

アルムニウムは、アルミ箔、アルミサシなどに使用されたり、一番の身近な例としては1円玉効果として皆さんにもとてもなじみのある一円硬貨もアルミニウムです。

工業用として使われるアルミニウムは、アルミニウム合金が主です。

本日は、そんなアルミニウム合金の特性を何点か上げてご説明したいと思います。

【軽い】
アルミの比重2.7は、鉄7.8、銅11.3、銀10.0、金19.0と比べ非常に軽い金属になります。
その軽さゆえに、低燃費に貢献することができるので自動車の部品としてアルミニウム合金が多く使われています。
他にも、飛行機や電車のボディも実はアルミ製なのです。

【強い】
自宅にもおいてあるようなアルミホイールを思い浮かべるとアルミニウムはとても柔らかいイメージを思い浮かべてしまうかもしれませんね。

実はアルミニウムという金属は、熱処理をすることで強度が増します。
低温でも、強度を増す特性があります。

【リサイクル性】
アルミニウムは、融点が660度と金属の中でも低い温度で溶かすことができます。
アルミニウムの原料である、ボーキサイトから新地金を作りだす時のわずか3%のエネルギーで再生地金を作ることができます。

【耐食性】
アルミニウムは空気中で参加しやすい性質があり、酸化して皮膜を形成します。
形成された皮膜に腐食を防ぐ作用があり、長く美しい外観を保つことができます。


他にもアルミニウム合金を使用するメリットはあります。
合金元素を添加することで、さまざまな特徴を有したアルミニウム合金を作ることができます。


お客様の作りたい製品に合わせて、一番メリットのある製造方法、素材を太陽パーツではご提案いたします。

特にアルミ押出、ダイカストならお任せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ブロー成形(中空成形)について【プラスチック成形にも対応】

ブロー成形(中空成形)とは、主にプラスチックを加工し、ボトルやパイプなどの中空状の成形品を容易に製造することができる製造法です。
一番私たちの身近な例では、ペットボトル(PETボトル)などがブロー成形によって作られています。


プラスチックには、熱を加えることで柔らかくなり溶かすことができる熱可塑性が存在します。

その性質を利用し、金型へ流し込む、押しだす、型に貼りつけるなどの加工を施して、冷やすことで、さまざまな形状のものを作ることができます。

また、ブロー成形の特徴としては、原則としては製品の外側形状しか規制出来ません。


ブロー成形による成形方法は、具体的には熱可塑性樹脂で作ったパイプであるパリソンを金型ではさみ、その中へと空気を注入し、膨らますことで金型の内面へと密着させます。
その後、冷却固化する成形方法になります。



その他にもブロー成形には、様々な成形方法がございます。

●ダイレクトブロー成形
●インジェクションブロー成形
●延伸ブロー成形
●多層ブロー成形
●異形ブロー成形
●パリソンコントロール



太陽パーツでは、アルミ押し出し・ダイカストを得意としております。
また金属の鋳造だけなく、ゴム・木材・プラスチックなど様々な素材の加工にご対応いたします。

お客様のメリットを一番に考える太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと自動車業界・産業【自動車の部品の鋳造】

ダイカストは、溶かしたアルミニウムやマグネシウム、亜鉛などの非鉄金属の合金を、高速、高圧で金型に注入することで、鋳造する技術および製品です。

ダイカスト製品はさまざまな分野で活躍しています。
自動車業界を始め、家電製品、OA機器、産業機械、建築用品などの構成部品を、高い寸法精度で複雑な形状の製品を大量生産することができます。

ダイカスト鋳造によりコストダウンが図れるのも魅力のひとつです。


本日は、ダイカストと自動車産業ではどのような製品が造りだすことができるのかをご紹介いたします。


自動車の部品として、ダイカストでは・・・

目に見えるような大きな部品であれば、ドアミラー、トランスファーケース、シリンダーヘッドカバー、シリンダーブロック、インスツルメントパネル、ドアフレーム、トランスミッション、クラッチ、オイルパン、ホイールなど様々な部品を製造することが可能です。

またそれらを構成する各部品もダイカストで製造することができます。

ダイカストの中でも、軽量で耐久性のある部品、リサイクル性に優れるなどの特性も持ったアルミダイカストがあります。


太陽パーツでは、さらにエコダイカストというお客様にメリットのある方法をご提案させていただいております。

詳しくは太陽パーツまでお気軽にお問い合わせください。
もしくは下記からお問い合わせください。

エコダイカスト=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【ダイカスト】アルミ鋳物の特徴と使用例

アルミ鋳物を製造する時には、鋳型にアルミ合金を流し込んで製造します。

溶かして流し込みを行い、複雑な形や模様のアルミ鋳物を製造します。


アルミ鋳造で造られたアルミ鋳物には様々な特徴があります。

●低温でももろくならない。
●熱や電気を通しやすい。
●電子機器に使用しやすい。
●リサイクル性に優れている。
●比重が鉄や銅に比べ3分の1。
●様々な形の製造が可能である。
●陽極酸化処理などの表面処理が容易。

このような特徴のあるアルミ鋳物は様々な分野で活用されています。



その使用例は・・・

■機械部品
■エンジン部品
■医療器部品
■住宅建材部品
■自動車やバイクのアルミホイール等

このような例以外にも様々な部品のもとになるアルミ鋳物を鋳造することができます。



特にアルミ鋳物を鋳造する場合、太陽パーツでは、製造から加工、梱包まで一貫して行っております。



また、アルミ鋳造にお勧めなのが、エコダイカストです。
太陽パーツでは、お客様のメリットを考えたエコダイカストにより、従来の鋳造費用の2分の1、半額でお作りすることが可能になっております。

気になった方は、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出加工の一般形材

太陽パーツでは、アルミ押出からアルミ加工を得意としております。
断面の設計開発から、アルミ押出、組立、梱包までを一貫してお送りいたします。

またお客様のニーズに合わせた製作方法をご提案し、大小のロットに限らずご対応いたします。

試作金型の押出し成型や量産のアルミ押出しにも対応。アルミ加工も弊社では得意としております。

アルミ押出の特徴の一つとしては、複雑な断面形状を製造することが可能なところです。

アルミ押出加工材はさまざまな分野で使用されています。


例えば、建材であれば、網戸やシャッターなどの材料として、建築関係には軽くて丈夫なアルミ製品は必要不可欠な材料です。

アルミ製品は、住宅建材としても利用していただけます。
システムキッチンパーツを中心に、お客様のご要望に合わせた製品を開発いたします。


自動車関係の部品、電気関係の部品、機械関係の部品などアルミ押出の加工材はさまざまな場面で利用することができます。


太陽パーツでは、お客様の作りたい部品・加工品などのメリットある製造方法などをご提案させていただきますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

3次元(3D)データによる板金加工・アルミ押し出し・ダイカスト・プレス加工・切削加工

太陽パーツでは、板金加工、アルミ押し出し、プレス加工、ダイカスト、切削加工において、お客様より2次元(2D)・3次元(3D)の図面をご提供いただくことで、素早い対応が可能となっております。


現在製作を頼んでいるとことは、2Dのみの製作・加工しか行っていないという場合などは、ぜひ太陽パーツにお気軽にご相談ください。
太陽パーツでは、2次元図から3次元図まで対応いたします。

また、SolidMX・SolidWorksの両方を採用しておりますので、お客様の要望にすぐにお応えできるように心がけております。


もし、3次元のデータのみしかないという、図面が無い場合の加工でも、太陽パーツではご対応させていただきます。



太陽パーツでは、1個の試作から量産試作、加工までもスピーディーにご対応いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お客様のメリットになる加工方法をご提案させていただきます。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出し製品ができるまでの工程

本日はアルミ押出し製品ができるまでの工程を簡単にご紹介いたします。


まず、アルミ押出し製品を造るには、材料となるアルミニウムが必要になります。
そのアルミニウムの原料はボーキサイトと呼ばれる赤褐色の鉱石中に含まれているアルミナと呼ばれる成分を取り出します。


そのご不純物を取り除き、純粋なアルミナを精製し、アルミナを製錬することでアルミ地金を作ります。


アルミ地金を、アルミ押出し用の押出し用地金であるビレットへと加工します。

そして、ビレットを約600度まで加熱し強い圧力を加えて、お客様のご要望に合わせて、管や棒から形材の形状に加工します。

また、押出し工程を終えた管や棒は、進展や熱処理を来ない様々な製品へと加工を行います。


太陽パーツでは、アルミ押出しに強みを持っております。
また、アルミ押出しに加え、アルミ加工も得意なのが太陽パーツです。

太陽パーツでは、アルミ押出しによる1個の試作から量産試作・加工まですべてにご対応いたします。

お客様の価格メリットを考えて提案させていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

押出加工と引抜加工の違い【アルミ押出し】

押出加工は、アルミニウムやアルミ合金などの押出用地金を約600度で押出す方法です。

一般には、押出用地金(ビレット)を押出機で強い圧力を加えて各種の形状を持つ金型であるダイスから押出し細長い加工製品(押出材)を造ります。

押出加工では、他の加工法では製造することが難しい中空品や複雑な断面形状の製品を、1度の押出工程で造ることが可能です。

さらに、アルミ押出し加工では、寸法精度の非常に厳しい形状の製品を作ることもできます。


引抜加工は、アルミニウムや素材を加熱することなく室温で金型であるダイスの狭い穴に通して引抜くことで加工する方法です。

引抜く素材は一般に押出し材が多く用いられます。

引抜加工は一般的に細く寸法精度が高く、表面のきれいな製品を造ることができます。


押出加工と引抜加工では、加工する際に熱処理を有無などの違いがあります。


太陽パーツでは、お客様に合わせたご提案をさせていただいております。

ぜひ、お気軽に一度ご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルマイト加工処理について【アルミ押出しから一貫して製造】

アルマイト処理は、アノダイズ処理、アルミニウム陽極酸化処理とも呼ばれます。

アルミニウムの表面は、陽極酸化被膜と呼ばれる金属を陽極路して電解質溶液中で通電した時に金属表面に生じる酸化被膜で保護されています。

この酸化皮膜で保護されているため、一般的には腐りにくいという耐食性が良いとされています。

ただし、酸化皮膜はとても薄いため、さまざまな使用環境では耐えることができません。

そこで、酸化皮膜を表面に付けるためにの、アルミニウムに耐食性や耐摩耗性を付与したり、着色し装飾する表面処理のことをアルマイト処理と呼びます。


アルマイト処理は、金属であるアルミニウムを陽極にして処理を行います。
電解中にアルミニウム自体が酸素と反応してすることで、酸化アルミニウムが皮膜として形成されます。

つまり、アルマイト処理とはアルミニウム表面の酸化皮膜を強制的に厚くする加工になります。

また、酸化皮膜は、金属であるアルミニウムとセラミックの一種である酸化アルミニウムとの複合素材になります。


アルマイト皮膜は固く、生成過程でできる微細孔を利用して、着色を行ったり、撥水性やすべり性を付加していくことができます。


アルマイト処理を行うことで、アルミニウムに高耐食性や高耐摩耗性を付与することができます。
そして装飾性にも優れた製品を作ることができます。

太陽パーツでは、アルミ押出しからからアルマイト加工処理、組立や梱包まで幅広く対応いたします。

どうぞお気軽太陽パーツにご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの呼び名

ダイカストのような鋳物を鋳造する方法には、砂型鋳造・金型鋳造・低圧鋳造と呼ばれるものもあります。


本日は、それぞれの鋳造方法の簡単な説明と日本語名・英語名をご紹介いたします。

●砂型鋳造
砂型鋳造は、木型と呼ばれる原型を砂でかたどり、砂型を作成します。
そこに溶解金属を流し込んで鋳物を鋳造します。

英語では、Sand Castingと呼ばれています。


●金型鋳造
金属が溶解され液体状になった溶湯のみの重力で鋳造するのが金型鋳造です。
米国英語ではPermanent Mold Casting、英国英語ではGravity Die Castingと呼ばれています。


●低圧鋳造
溶解した金属を低速、低圧で注入し、鋳物を鋳造する方法です。
米国英語ではLow Pressure Casting、英国英語では、Low Pressure Die Castingと呼ばれています。


それぞれの鋳造方法には、特性があります。
お作りする鋳物の大きさや数により、製造方法変わります。


ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.