太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について

加工について Archive

アルミニウム合金の種類【1000系・2000系について】

アルミニウム合金には、添加元素の種類と量により性質が違います。
なので、製造の目的にあった最適な性質の合金を選択する必要があります。


アルミニウム合金には、代表的なもので、1000系、2000系、3000系、4000系、5000系、6000系、7000系などがあり、さらにその中でも分類されています。

■1000系アルミニウム合金
1000番台のアルミニウム合金は、工業用の純アルミニウムを示します。
1100、1200が代表的で、どちらもアルミニウム純度が99.0%を超えています。

1000系の主な用途は、例えば1060、1070は送配電用材料、放熱材として多く用いられます。

■2000系アルミニウム合金
2000番台のアルミニウム合金は、2017、2024などが代表的で、ジュラルミン、超ジュラルミンという鋼材に相当する強度があります。
ただし、銅が多く含まれてるため耐食性に劣り、腐食環境にある場合では防食処理を十分に施す必要があります。

2000系の具体的な用途は、例えば2011などが快削性合金として機械部分などに多く使用されます。



今回は、アルミニウム合金の1000系と2000系についてでした。


お客様のニーズに合わせた製造方法を太陽パーツではご提案しております。
お気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

中国価格で日本の品質で海外生産【上海工場】

海外で製品を作る場合、コストを抑えることが可能ですが、その代わりに品質の問題があります。

現在太陽パーツは海外に、様々な分野の協力会社が100社以上あります。

また、お客様の新しいニーズにお応えできるように、新規の取引先の発掘を常に行っています。

また、コストメリットを出すためにも社内においてVA/VEを推進しています。


太陽パーツでは、長年の海外生産におけるノウハウと情報網でお客様のニーズにお応えできる低価格、安定した品物を提供することができます。

プレス・板金・切削・溶接・組立などをしており、社内で生産でないものは、豊富な海外取引会社を利用することでより安価な品物の調達が可能です。



上海工場でも低コストで日本の高品質の製造方法をお届けしております。

詳しくは、太陽パーツまでお気軽にお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

なぜ・・エコダイカスト?

太陽パーツの部品事業部ではダイカストを1個の試作から量産試作や加工までを行っており、どんな物にも対応出来ます。
そして、お客様の中でもっともよくあった質問ですが「小ロット」で出来ないのか?という事でした。

そこで、太陽パーツではクライアント様のお声にお応えして「「エコダイカスト」を推奨し、ご提案を差し上げています。

◆試作
ダイカストは三次元形状が多いため、光造形やアルミを使い、機械による削り出し・鋳物などで形状確認を致します。

◆小ロット金型
小ロットのダイカスト鋳造としてエコダイカストがあります。詳しくはエコダイカストのページで確認ください。

◆量産金型
ロット500個以上より、量産金型の対応となります。

エコダイカストは小ロットに対応した皆様のお声を形にした手法です。
試作品をお考えならまずお問い合わせください。詳しくは「エコダイカスト」の商品ページをご覧ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストとスムースダウンウォール

■ ダイカストとスムースダウンウォール ■


今回はスムースダウンウォールについてです。

太陽パーツでは部品事業部と住宅建材事業部の2つがあります、
このうちダイカストは部品事業部の特許商品なのですが、同じように住宅建材事業部でも太陽パーツを代表する高い技術を用いた商品がございます。

それが「スムースダウンウォール」です。ユーチューブに動画もございます。ご覧ください。



もちろんスムースダウンウォールは、オリジナル商品で太陽パーツの独自開発シリーズ、スムースダウンウォールです。

このスムースダウンウォール直動オイルダンパーの開発により、安全に安定した速度で昇降できるようになりました。
現在ではスムースダウンウォールはシェア70%を超えています。

システムキッチン­をメインに採用され、他の用途にも活躍が期待されています。
もちろん直動オイルダンパーは特許取得済みです。

【商品の特徴としましては】

■ 高い場所にある物の出し入れが簡単
■ 独自の直動ダンパーとバネの併用で軽い操作性
■ 独自の直動ダンパーで、安全にゆっくり降下
■ 特殊ゴムストッパーの採用で、衝撃音を吸収

です。太陽パーツの高い技術力をもって御社の業務改善にご利用いただければと思います。




=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストだけではない、太陽パーツからおすすめの海外生産

今回は、ダイガストだけではない、太陽パーツからおすすめの海外生産についてご紹介します。

太陽パーツでは、主にダイガストを主力商品として販売していますが、実はダイガストだけではないんです。

太陽パーツは、ダイガストの他に、マシニング加工やNC旋盤加工、アルミ押し出しも取り扱っています。
ダイガスト以外の注文に対しても、お客様から頂いた図面を素早く、一気に作り上げます。
1個の試作から量産試作、加工までを行っているので、様々なお客様のニーズに応えられるようになっています。
さらに太陽パーツでは、中国の上海と大連に工場を持っています。

海外調達での重要なポイントは品質の確保ですよね。
太陽パーツでは、より安く、安定した品質の物を海外製造するノウハウと情報網を有しており、
これらを駆使しお客様のニーズにお応えできる低価格、安定したの品物を提供する事ができます。
海外生産のご相談はまずは、太陽パーツにご相談下さい。

http://www.taiyoparts.co.jp/kaigai.html=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイガストの歴史

今回はダイガストの歴史についてご紹介します。
ダイカストの起源は、1838年にアメリカのD.Bruceが手動式の活字鋳造機を発明したことによって生まれました。

日本でのダイカストは、1917年9月に民間会社として、東京・大崎に精密鍛造部門として「東京鍛工所」を、また精密鋳造部門として「ダイカスト合資会社」(田中ダイカスト株式会社の前身)が初めて設立されました。

当時のダイカストはカメラ、蓄音機、ラジオ、扇風機などの小型の民需品が主体でありました。

1935年頃になると、航空機工業の確立に伴って、アルミニウム地金の国産化も急速に進み、航空機の空冷エンジンの部品や自動車用ダイカストなど0.5~1kgの大型ダイカストの生産が行われるようになりました。

現在では、ダイカストの特徴である、高い生産性、優れた寸法精度、美麗で滑らかな鋳肌、機械加工の削減、高い比強度及び量産性などを利用して、自動車関連を中心にOA機器、家電用品、建築用品などの構造部品、機能部品として広く使用されています。

太陽パーツでも、1個の試作から量産試作、加工までもやっていますので、まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

第14回 機械要素技術展参加いたします

今回は、機械要素技術展の参加についてです。



機械要素技術展は、軸受、ベアリング、ねじ、ばねなどの機械要素や、金属、樹脂に関する加工技術を一堂に集めた日本最大の専門技術展です。
機械要素技術展のメリットは、本業界日本最大ということ。商談・受注獲得の絶好の機会であること。

導入を目的としたユーザーが数多く来場するというメリットがあります。
さにに機械要素技術展では、業界の第一線で活躍する講師による講演もあります。
講演では、日本の産業技術力を発展させる鍵として注目が集まるバリ取り技術についてです。
バリ取り・表面仕上げの基礎から応用事例まで、体系的に学べる絶好の機会です。

バリ取り技術に悩む人々はもちろん、製造・生産技術、設計・開発部門の人々にとっても役立つ内容です。
私もそこで、勉強してきます。
皆さんも是非ご参加ください。

http://www.mtech-tokyo.jp/=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金属加工とバリ取り

バリ取り、仕上げ加工とはやすりがけや、サンダがけのことをいいます。
“バリ”とは,材料を切ったり,削ったりした際に材料の角にできる”出っ張り”のことです。

なぜバリ取りをしなければならないかというと、
1、機械加工では,材料をバイス(万力)やチャックに固定して加工することが多く、

材料にバリが残っていると,材料がまっすぐに固定できないので,加工面が傾いたり,曲がったりします。
もちろん,小さい切り屑が挟まっていたりしても同様です。

2、バリがあると,部品の正しい長さを測定できない。

3、大きい工作機械を動かしているとき,作業者は,けがをしないように注意しますが、

何となく材料を持っているときや運んでいるときには注意を怠るので、バリで指をけがすることはとても多いのです。

バリを取り除く事で、良い部品、良い製品を作る上で欠かせない作業でもあり、
作業員の安全面にも関わるので非常に重要な作業です。

そのバリを取り除くには、バリ取り用のブラシを使います。
そのバリ取りブラシはそのバリ発生の原因や素材によってブラシ仕様が異なります。
ブラシの種類としましては、主にカップブラシ、ホイルブラシ、ネジリブラシ、バリーハンターなどがあります。
これらのブラシにはそれぞれバリ発生の原因や素材によって使い分けます。

カップブラシは、回転により力強くバリ部分をしごき弾きます。
ブラシ毛材はナイロン・砥粒入り、鋼線、ステンレス、真鍮などワークに合わせて最適なブラシを選定することができます。

ホイルブラシは、毛先でバリ部分をムチ打ち掻き上げるようにブラッシングを行います。

高速で回転するブラシ毛材の1本づつが束になりバリ部分をブラッシングしますので強靭な力でバリを弾き飛ばします。

ネジリブラシの外周部に広がった毛材は強い反発力を持っていますので、切り穴や通し穴部分のバリ取りを行います。
バリーハンターは底面・側面と面取り用のバリ取りブラシです。あらゆる円筒形のバリ取り、カエリ取り、さび取りに使用できるブラシです。
ブラシ外径は0.04と小径ブラシも製造可能です。

こういった種類別に分けて、バリ取りを行う事で、より効率よく仕事が進み、良いもの作りに繋がります。
金属加工とバリ取りのご相談はお任せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

S-C材とS45Cの加工

S-C材とは、鉄鋼(炭素鋼)のひとつです。
鉄鋼(炭素鋼)は、安くて溶接性に優れ、さまざまな熱処理を施すことができるのが特徴です。
中でもS-C材は、0.6%以下の炭素を含んでおり、圧延または熱処理などを行うことで、機械などの部品に使われる鋼材です。

鉄鋼(炭素鋼)にはもう一つ、SS材というものがありますが、SS材はS-C材よりさらに強度があり、研磨性に優れています。

SS材はよりコストを抑えたい場合に、熱処理などの加工を重要視する場合にはS-C材を選ぶといいでしょう。

S-C材の中でも、特によく使われるのが0.42~0.48%の炭素をふくんでいる「S45C」です。
強度、品質が高く、精密機械用の部品、特に重要部品に使われることが多いのが特徴です。

S45Cは強度がありますが、レーザー切断加工なら硬いものでも切断加工が可能なため、たいていはレーザー切断加工で加工されます。
S45C(S-C材)の強度や品質の高さに加え、レーザー切断加工の精密切断とが合わさることで、非常に精度の高く、さらに切断面も美しく仕上げることができるため、この組み合わせはとても需要が高いものなんです。

S-C材とS45材の加工をお考えなら、太陽パーツへお気軽にお問い合わせください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの抜き勾配について

ダイカストの抜き勾配とは、金型などに砂を塗り鋳型を成形して金属鋳造品を作る際に、鋳物から金型などを抜きとるにあたってまっすぐ引き抜いてしまうとなかなか抜けなかったり、また形が崩れてしまったりするのを防ぐために、金型のサイズを少し大きめに作ることを言います。
例えば、直径が5センチ、高さが15センチある円柱形の鋳物を作るとします。
このサイズジャストで金型を作ってしまうと、金型が非常に抜きにくくなってしまいます。
ですから、金型の大きさは下底を直径5センチで、そして上底は直径5.5センチで作るわけです。
こうすれば、金型に少し勾配が付きますから、抜きやすく型崩れも防げる、というわけなんですね。

これをやるのとやらないのでは、生産性に大きく差が出ます。
抜き勾配をつけないというところはまずないでしょうが、もしつけなければ、時間もコストも大幅に負担になってくるのは、ご理解いただけるのではないでしょうか。

ちなみに上記のサイズは一例で、抜き勾配の計算方法は、湯口、鋳込み方向、取り数などによって違ってきます。
形状や加工温度、冷却条件によっては計算ともあわないこともありますから、経験がものをいうことも多いんですよ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.