太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について

加工について Archive

幅広く使用される亜鉛ダイカストの特徴

ダイカストは優れた製品部品を作り出す事ができるので、世界中で部品の製造に利用されている技術です。材料に使われるのはアルミが多いですが、亜鉛もよく使われている素材です。
今回は亜鉛ダイカストに焦点を当てて、なぜ亜鉛ダイカストは世界中で幅広く利用されているのかについてを、簡単に説明していきたいと思います。
亜鉛がダイカストに使われる理由は、アルミニウムと同様に融点が低いので加工する時にかかるエネルギーを抑える事ができるでしょう。
また、融点が低いという事は薄肉の部品加工にも向いているというメリットがあります。最近では軽量化をするためにより薄肉の部品が活用されるので、亜鉛ダイカストが喜ばれるのは当然でしょう。
融点が低いメリットはまだたくさんあります。例えば金型の寿命が長くなります。つまり金型にかかるコストを抑える事ができるというメリットがあります。
もちろん金型が傷む事も少ないので、長期的に製品の製造ができるのも低コストで作れる理由ともなります。また、アルミダイカスト同様に寸法精度が高いので、より複雑な形状の部品を作る事も可能です。
部品の製造を行う時にはインサートを使ったりするのも容易なため、製品に求められる精度や形状を実現できる製造技術です。
これらの特性を持っている亜鉛ダイカストは、小さいものを作る事も多いなものを作る事も可能です。しかもかなり小さな極詳サイズの部品の製造も可能なので、現代の部品製造には欠かすことができない製造方法だと言えるでしょう。
亜鉛ダイカストで作られた部品は、とても滑らかで美しい仕上がりなため、外観部品にも活用する事が可能です。

太陽パーツでは亜鉛ダイカストのための金型の設計や製造を行っています。さらに部品を安定供給する事も可能です。詳しくは太陽パーツへお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストが活躍するまでの道のり

ダイカストという技術は今でこそ精密な部品の大量生産に向いていると言われていますが、活躍するまでには想像するよりも長い道のりがあったりするのです。
そもそもダイカストという技術は1838年、今から179年ほど前に発明された技術で、溶けた金属を金型に流し込んで金型を合わせた状態で冷やし、形状を作るという生産方法でした。
その技術が日本にやってきたのは1917年なので今から100年前の事、当時は現在のような製品の生産には使われておりませんでした。日用品などに使われる事が多かったようです。
そんなダイカストの技術が少しずつ進歩していくにしたがって、どんどん複雑な形状の製品を作れるようになり、現在では必要な部品を取り付けて部品の生産ができるようになりました。
しかも難しいとされていた薄肉の製品を作り出す事ができるようになってきたのです。もちろんダイカストそのものの技術の向上もポイントですが、何よりも金型の技術の向上がキーとなりました。
現在では自動車部品はもちろんですが、パソコンやテレビなどの家電製品などの部品のほとんどを、ダイカストによって生産されるようになっているのです。
注目するべきなのは自動車の部品の製造です。およそ75%が自動車に関係している部品の生産に活用されているのです。アルミダイカストの技術が高く評価されている何よりの証拠です。
アルミダイカストの利用が増え続けている理由は、自動車の場合だと軽量化ができるという点、コストが安く済むという点、そして量産性に優れているという点があげられるでしょう。
それだけではありません。例えば難しかった寸法精度もかなりタイトに出せるようになったのもポイントです。自動車の場合は表面処理がしやすいのもコスト削減につながっているのかもしれませんね。
強度的にも剛性が高い製品が作れるので、逆にアルミダイカストに頼らないで何に頼るのか? と言ってもいいくらいではないでしょうか。以上の点からしてもダイカストは製品の生産に適した製造法だと言えるのです。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ものづくりを支える金属加工

日本の産業の発展には様々な技術や情報があってこそですが、金属加工が無かったらこれほどまで産業や日本という社会が発展しているとは言えないかもしれません。
なぜならば、今日まで金属を使わないで作られた製品は無いからです。例えば家電製品などは金属の部品が無くてはなりませんし、自動車や航空機や鉄道関係にもまた然りです。
もちろん中にはプラスチックだけでできている製品があるのも事実ですが、プラスチックでできた製品を作るのはダイカスト技術で、ダイカストで使われている金型は金属でできています。
そしてその金属の金型を作るのは金属加工の技術なのです。つまりどんな製品の生産をするにしても、金属加工があるから金型が作れるのです。さらに金属加工の技術の進歩でさらなる進化を遂げていきます。
最初の金属加工は切削がメインでした。切削加工ができる機械(汎用旋盤・NC旋盤)などを使って2軸加工を行っていました。汎用フライスでNCではできなかった四角い金属の部品を加工できるようになりました。
さらにそこからマシニングセンタに進化して、砥石やダイヤモンドを使った研磨も加わり、一層美しい金属製品を作りだす事に成功しました。
機械は金属の板を自由自在にカットする事もできるようになりましたし、エッチングという炉電で金属を溶かして加工する技術もできるようになり、最近ではレーザーを使って立体的に切断加工を行う事もできます。
これらの技術によって精密な金型は作られるようになり、金型を使ってダイカスト製品の生産ができたり、押出加工などが行えるようになりました。
金属加工の技術というのは全てのものづくりを支える技術であるという事がわかります。そして金属加工は未来をさらに豊かにするための技術の一つでもあるのです。

太陽パーツでは金属加工全般を行っております。金型の生産には自信がありますし、金型を使ってダイカスト製品の生産や押出製品の生産も承っております。
金型や製品の生産についてお悩みの方は、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にお問合せくださいますようお願いいたします。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストにとって最も重要!ダイカスト金型

ダイカストの技術の進歩によって、数多くの部品が作られるようになりました。ダイカストというのはご存知の方も多いと思うのですが、金型を使って金属を加工する加工技術です。
鋳造という技術一種ですが、精密加工ができるので今ではあらゆる分野で使われている部品や製品の加工に使われています。もっとも重要なのはダイカストの金型です。
いくら精密な部品の加工をしようと思っていても、使用する金型が優れていなければ精密な部品加工はできないものなのです。つまりダイカストでは金型が部品の精度を左右するわけです。
ダイカストに使われている金型の基本としては、台に固定する固定型の金型と、稼働するタイプの金型とをセットして使います。
金型は雄型と雌型に分かれていて、二つを組み合わせるとその間には空間ができるので、その中に溶融した金属(多くはアルミ合金や亜鉛合金)を射出し、冷やして固めて製品が出来上がるのです。
ダイカストは金型があるので、どんな金属でも作れるのでは? と思われるかもしれませんが、実際には金型も金属で作られているので、ダイカストで作られる製品の材料としては、溶融温度が低い金属の方が適しています。
そのためダイカストでは溶融温度が低いアルミ合金や亜鉛合金が適しているのです。
ダイカスト用金型は必要な上下の金型の形の転写だけではなく、より複雑な形状を求められる場合には入子や中子、などを使って製品を作る事も可能です。
もちろんダイカストは金属だけではなくプラスチックなどの樹脂の製品を作る事もあります。医療の現場で使われる製品やパッケージなどに使われる製品を作るのに適しているのです。
プラスチックの製品を作るための金型は、金属の製品を作る金型よりも傷みが少ないので、金型のもちが良いというのはメリットかもしれません。
ダイカストは金型が無ければ部品加工ができません。つまりダイカストは金型の良し悪しによって製品の精度が変わってしまうため、金型の製作を行う時には十分に気を付ける必要があるのです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

押出加工のひとつ【静水圧押出法】

アルミ押出の加工は柔らかくしたアルミ合金をダイスに通して製品を製造します。様々な製品に利用されていますが、建具などに使われる建材やケーブルなど、私たちの生活を豊かにしてくれる重要な製品を製造できます。
押出加工で製品の製造を行う時は、一般的にはコンテナという部分に直接熱したビレットという材料を入れ、後ろから高圧でビレットをダイスに押し付けます。するとダイスを通して製品が出てくるというわけです。
これとは別に「静水圧押出法」という製法があるのですが、この方法がどんな製法なのかを簡単に説明すると、ビレットという材料を直接コンテナの中に入れるのではありません。
コンテナの中に潤滑剤を注入し、潤滑剤を高圧で押す事によってビレットを押していきます。例えると注射器の中に粘度を入れて、押し出したというとイメージがしやすいかもしれませんね。
この静水圧押出法で製品の生産を行うと、摩擦による熱が発生されにくくなるのです。これがアルミ押出の時のメタルフローを軽減してくれるため、メタルフローによる不良を軽減する事ができるのです。
もちろん全てのアルミ押出製品の生産の時にこの方法が使われるというわけではありません。どういう時に使われるのかというと、長尺材を作る時などにこの方法で製造する事が多いのですね。
アルミ押出の加工技術は、作る製品の条件を満たす事ができるなどの工夫を行う事ができます。そのためには経験と精度の高い金型を作る技術も必要になるのです。

太陽パーツでは押出の金型の製造だけではなく、より良い製品を安定して供給するための工場もございます。金型の製造や製品そのものの生産についてお尋ねになりたい方は、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

多くの製品を作り出しているマシニング加工

切削加工は様々な場所で使われている部品を加工しておりますが、マシニングセンタはより複雑な形状の製品を加工する事が可能です。
マシニングセンタというのはこれまで汎用フライスで加工していた製品を、より複雑にコンピューター制御によって加工する事ができる技術なので、様々な分野で使われる部品の生産に利用されているのです。
最初はフライスで加工する部品の大量生産化のために使われていたのですが、より複雑な形状の加工ができるようになると、加工の主流として使われるようになっていきます。
基本は3軸で、X方向Y方向そしてZ方向へツールが移動して、部品の加工を行っていきます。もちろん技術の進歩によって現在では5軸の加工ができる機械も存在しています。
マシニングセンタの良いところは、CADのデータをそのまま機械にインプットして加工が行える事で、マシニングセンタでできる加工ならワンチャックでできるのが魅力です。
汎用フライスだと一つ一つ加工ツールを手動で変えて加工していましたが、自動でツールを交換して加工をしてくれるので、刃物の切れ味と刃物自体の交換に気を付けるだけで加工ができます。
加工されている部品の種類は非常に多いのですが、厳しい寸法で作らなくてはならない「金型」の加工もマシニングセンタで行われているのです。
プログラムに忠実に動いてくれる機械と、金属によって加工できる工具さえあれば、金型を作るのにこれほど適した機械はないのです。
例えばダイカスト用の金型を作る事によって、自動車の生産の効率化や精密化そして軽量化ができるようになり、私たちの暮らしを豊かにしてくれる家電製品やパソコン、スマホなども生産されています。
今ではダイカストによる製品加工が主流となりましたが、そのダイカストを支える金型の製造としても活躍しているのがマシニングセンタなのです。

太陽パーツではマシニングセンタを駆使して、精密な金型の加工を行っています。信頼できる金型を必要とするならば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト用合金に求められる特性

ダイカストは精密な部品を大量に製造する事ができる製法です。比較的大きなものであっても作る事ができるので、剛性の面でも優れているためとても人気の製造方法の一つです。
ですが、人気だからとどんな材料でも製造できるというわけではありません。それはダイカストの製造方法が、他の金属加工とは少し違うからだと言えるかもしれません。
ダイカストは材料となる金属を熱して柔らかくし、その溶けた金属を高い圧力で金型に射出し、冷やしてかためるという製法なのですが、融点が高い金属だと金型が傷んでしまうのです。
ですから溶けやすい金属で製造をする必要があるのです。まずはダイカスト用合金に求められる特性を見てみましょう。
まずダイカスト用合金に求められるのは「軽い金属である事」です。なぜならば、年々大きな製品にダイカスト製品が使われるようになっているから、というのも理由の一つだと言えるでしょう。
例えば鉄道車両や自動車などのフレーム部分ですが、軽量化する事ができるという点で軽い金属が求められます。燃費や剛性の向上が期待できるからですね。

次に「価格」です。どんな製品も「安くなければ売れない」時代ですから、材料に莫大な費用をかける事が難しくなっているため、価格が安い金属である事も条件となっています。
そのため、ダイカストではこの二つのお客様へのニーズに応えるために、アルミ合金を使用する事が主流となっているのです。
アルミ合金は「鋳造性」に優れており、複雑な形状の製品を作るという特性を持ち、さらに熱による熱間割れも少なく、製品ひとつひとつの強度のばらつきが出にくいのも特性ですね。
ですが最も重要なのは「金型」へのダメージが少ないという点でしょう。融点が高い金属で作ると金型の傷みが激しく、コストがその分高くなってしまうという危険性があります。
その点アルミ合金だと融点が低いので、金型の傷みが少なく量産をするのに向いていると言えるでしょう。
以上の点からも、ダイカスト用合金としてアルミ合金が利用されるのは、当然の流れであると言えるのではないでしょうか。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

機械加工でよく使用されるドリルでの加工

機械加工を行う時に最も多く使用されるツールが「ドリル」です。ドリルは金属に穴をあける事ができるツールで、さまざまな機械に取り付けて使う事ができる共有ツールとしても有名です。
穴あけ加工に使用されるドリルの種類は非常に多く、特に太さに関しては針より細いドリルもあるくらいなので、太さによっては使い捨てするものもあるかもしれません。
ドリルを装着して加工する機械の種類としては、ボール盤、ペンチレス、旋盤、フライス、ご家庭でも使われている電動ドリルなどでも使われていますね。
また、ドリルにもいろいろなタイプのものがあります。例えば一般的なドリルにもテーパードリルもあれば並行ドリルもあります。テーパードリルは汎用の加工機械で使われる事が多いですね。

穴あけツールとしてはドリルだけではなく、リーマやエンドミルにタップといったものがあります。これらのツールを使うためには先にドリルで穴を空けなくてはなりません。
ドリルでの穴あけ加工を行う時には、熱で金属が溶けてしまわないように切削油もしくはグリスなどを使って穴あけを行います。もちろん金属によって回転数や切削速度を変える必要もあります。
ちなみにドリルを使った加工を行った場合、穴あけをした個数によってはドリルの切れ味が落ちてしまう事もしばしばありますので、その場合にはドリルを研いで使う必要があります。
一般的にはドリルを研ぐ専用の機械がありますので、そこで自分の手で研いでいく事が多いでしょう。これが技術者の素晴らしいところですね。もちろん大量に用意しておいてまとめて研ぐケースもあります。
ドリルを研ぐ事は非常に難しく、先端の角度が120度でなくてはならないとか、切粉が逃げる逃げを作っておかなくてはならないとか、中心をそれてはいけないなど様々な注意点があります。
簡単に使っていますがドリルというのは非常に精度の高いツールだという事が研いでみればわかります。もうわかると思いますがドリルをいちいち研いでいては生産性が落ちてしまいます。
そこで必要になるのが経験と技術です。穴あけ加工を行う時の切削条件をしっかりと行う事によって、ツールの持ちが変わってきてしまうのです。こうした細かい技術も金属加工では必要なのです。

太陽パーツではドリルをはじめとしたツールの寿命を考えた切削を行っています。だから早くて美しい製品を作り出す事が可能なのです。
製品の加工についてのご質問や疑問などがありましたら、いつでも太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高い技術を持つ太陽パーツのアルミ加工

アルミという金属は非常に加工しやすいという特徴を持っています。耐食性に優れているという特性を持っていますし非常に軽い金属であるので重くなってはいけない製品を作るのに適しています。
例えば航空部品やパソコンや精密家電などの部品などでよく利用されていますよね。さらに柔らかいので加工しやすいというメリットがあり、比較的サクサクと加工する事ができる金属です。
しかも溶融温度が低めなので押出加工などにも適しているので、建材としてアルミサッシなどにも多く利用されている金属です。質感も非常に良く美しい仕上がりなのも魅力的ですね。
これだけの魅力的な特徴を持っているアルミですが、その特性が加工しにくさにも反映しているというのもまた事実です。柔らかい金属なので傷がつきやすいという特性にもなります。
さらにちょっとした傷でも深くなってしまう事があるため、加工する側は細心の注意をしながら加工する必要もあるのです。つまりアルミの加工を行うには高い技術と経験も必要とします。
太陽パーツではアルミのこうした特性をしっかりと把握しながら加工を行っていますう。例えばアルミ同士の溶接を行うにしても、アルミに適したTIG溶接やMIG溶接で対応するので安心です。
研磨が難しい材質でもありますが、しっかりと美しい仕上がり(鏡面仕上げなど)も可能です。他にも熱っしながら曲げ加工を行う事が可能ですので、自転車などの部品などにも活用できますね。
さらに太陽パーツがアルミ加工に強いというのには理由があります。太陽パーツではプレス加工やアルミ押出、さらにアルミダイカストなど様々なアルミ加工を行っている会社だからです。
長年培ってきたアルミに対する情熱や、長年の経験から得た高い技術力はどこの技術にも引けを取りません。しかもコスト削減にも貢献できる技術も持っています。
アルミの加工の事ならぜひ一度太陽パーツへご相談ください。ホームページからでも電話でもいつでもしっかりと誠実に対応させていただきます。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金属加工を発展させたNC工作機械【その2】

では今回も前回に引き続きNC工作機械について少しお話させていただきます。

現在のNC工作機械でできる加工は非常に多く、穴あけをする、切削によって金属を必要な形状に加工する、一次加工ができるだけではなくいくつもの別の加工を1台でできる、研磨する事ができるなど多様化しています。
数値による制御としては、切削するための速度や切込み数の制御はもちろんの事、主軸と言われる部分の回転数なども制御する事が可能です。
旋盤加工はもちろんの事ですが、フライス加工も行う事が可能ですし、他にもベンダーやプレス加工などにも広く活用されている技術なのですね。
ただしどんな加工を行うにしてもプログラミングは必要となります。プログラムはでたらめな数値を入れてはいけません。機械はあくまでも人が指示した通りにしか動きません。
そのためプログラムを行う技術者が、自分の培ってきた加工技術や経験を活かして部品加工に合った切削速度や切込み数などを設定する必要があるのです。
つまりNC工作機械が金属加工業界を発展させたのは事実ですが、裏では技術者の絶え間ない努力と工夫も必要だったと言ってもいいでしょう。
太陽パーツでは優れた技術と経験をもとに金属加工を行っています。加工が難しいかもしれないと思っても、技術力と経験で必ずや素晴らしい製品を完成に導きます。
金属加工の事でお悩みならば、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.