太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工

プレス加工 Archive

幅広い分野に適用されるプレス加工の深絞り

プレス加工は金型を用いて製品を作る生産技術の一つです。金属の板を使って高速で製品の生産が可能なため幅広い分野で利用されている技術でもあります。例えば絞り加工は金属の板をカップ状の製品に加工する事ができます。金属のコップやアルミの灰皿などを想像するとわかりやすいかもしれません。ただカップ状にするだけではなく、浅い直角の形状をしたものや、深くてカーブしている形状など、金型の形によってどんな形にも加工する事が可能なのです。

小さな製品ばかりに活用されるのではなく、例えば大きな建具や自動車のボディーのように大きなサイズの製品の加工にも活用されています。
金属の板を金型の形状に挟んで伸ばすイメージがあるので、何となく製品の肉厚が薄くなってしまうのではないかとお考えになるかもしれませんが、それは特殊な例でほとんどは厚みは変わりません。
むしろ継ぎ目のない製品を作る事ができるので、剛性の高い製品を加工する事が可能になるのです。もちろん複雑な計上の製品を加工する場合には材料の限界点に達しないよう加減されます。
そのため剛性の高い安定した寸法精度の製品を生産する事が可能なのです。

余談ですが私たちが普段使っている自動車の部品の多くがプレス加工で作られています。
特に車のルーフというのは走行性能や燃費に非常に関係している場所ですので、安定した寸法精度の製品を加工するのにプレス加工が適しているのですね。
もちろん金型の精度が上がった事も良い影響を与えています。いかに金型が重要であるかという事もわかりますね。

太陽パーツでは大型の製品から小さな製品まで、自信をもってお客様へ提供しています。絞り加工による製品の生産を検討しているのであれば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工とより繊細な精密プレス加工

生活を豊かにしてくれる製品のほとんどが金属加工によって生産されています。例えば移動手段として使われている自動車、バス、電車、飛行機などのほとんどが金属で作られています。
プレス加工は金型を使って素材を成形する加工技術で塑性加工の一つです。雄雌型の金型の間に材料を挟み込み部品の成形を行います。高い圧力をかけて高速で製品の成形を行うので高い生産性があります。さらにプレス加工には一般的なプレス加工と精密プレス加工があり、特に精密プレス加工では複雑で精密な金型を必要とします。

私たちが普段当たり前のように使っているスマートフォン、パソコン、カメラなどに使われている部品、フレームなどは精密プレス加工が用いられています。プレス加工でできる加工はせん断加工、絞り加工、曲げ加工です。それぞれの加工を複数の機械で加工する事によって半オートメーション化も可能です。
ただしプレス加工は刃物で切る、打ち抜くといった加工ですのでどうしても素材が変化してしまうという特性もあります。それによって製品に求められる機能を損なう可能性があるのも事実です。
ですが使う素材を改良したり金型の精度を高める事によって、より製品精度を向上させられるのです。

特に精密プレス加工については金型の精度も必要ですが、素材の特性やその後の処理など、様々な工夫をする事によってより良い精度の製品を作り出す事が可能です。
これらの事から精密プレス加工の金型は非常に重要です。

太陽パーツでは精密プレス加工の金型に必要な精度や形状を忠実に形にします。
精密プレス加工の事、金型の事でお悩みならぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の要素を調べてみました

プレス加工はさまざまな製品の生産に使われている金属加工技術の一つです。プレス加工は金型を使って数秒から数分で製品の生産を行えます。
短時間で大量に部品の生産が可能なので、自動車のボディなどの大きなものから日用品に至るまで、あらゆる分野で活用されている生産技術です。

とても優れた加工技術ですが、全ての製品をプレス加工で行えるかどうかは別のお話です。プレス加工でその製品の加工ができるかどうかについては、いくつかの条件を満たしている必要があります。
例えばプレス加工機械で加工する事ができる形状である事、基本的なプレス機械での加工は『切る』『曲げる』『伸ばす』といった加工です。
また、プレス加工を行う時に使用する材料を調達する際に、時間がかかったりするとせっかくの生産性が損なわれる事にもつながりますので、材料を簡単に調達できる事も条件に入ります。
その製品を生産するにあたって、速く安く作る事ができるかどうかも重要です。生産性が低くコストが高いのではプレス加工を行うメリットがありません。
プレス加工で製品の生産を行う時には、これらの要素についてもしっかり検討してから加工に踏み切る事が重要です。

次にプレス加工を行う時の3つの基本的な要素について調べてみたのでご紹介いたします。プレス加工の3つの要素とは『金型』『材料(被加工材)』『プレス機械』です。
プレス加工で重要である以上に必ず必要な最低限の要素こそがこの3つなのです。どれが欠けても製品の生産ができません。
また、高い生産性を維持するためにはどの部分にどのくらいの力がかかるのかや、負担がどこの部分に一番かかるのかなどにも気を配る必要があります。
機械の構造や加工の時の負担を知る事も、生産性を落とさず維持するためには必要な事だからです。企画の段階では気づけなかった問題を素早く解決する事にもつながります。
多くの場合要素を知る事は機械の改良や金型の改良、そして使う材料の変更に役立ちより生産性を改善する事にもつながるのです。
実はこうした作業を繰り返していく事こそが、PDCAサイクルにつながり業務全体を改善させる糸口になり、加工の技術の向上へとつながっていくのです。

太陽パーツではプレス加工に限らずあらゆる金属加工のご相談をお待ちしております。詳しくは太陽パーツまでお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工ではどんな材料が加工されているの?

プレス加工は様々な製品の加工に適しています。と言ってもプレス加工機で使用される材料は金属板なので、厚みのある金属の加工には向いていません。
プレス加工では金型を使って金属板を曲げたり切断したり絞り加工を行えます。使用される金属も大変幅広く「鋼」「真鍮」「アルミ」などで加工する事が可能です。
製造される製品は肉厚が薄いので軽量化を行う時などにも利用されます。大量生産が行えるので一つあたりのコストを抑える事も可能です。
実際にプレス加工で使用される金属を詳しく説明いたしましょう。

まず鉄鋼、つまり鉄材では「SPC」「SPH」「SAPH」「SPFC」などの加工ができます。どの鉄鋼を使うかは部品の使い道によって変わってきます。
最終的に熱処理を行って強度を出す事が可能で、後の処理によっても使われる鉄鋼は変わります。必要な強度に合った鋼材を使うわけですね。
次に特殊鋼と言われるものも加工できます。例えば合金鋼は機械などの構造に必要な素材で「S-C」「SCr」「SCM」などが使われます。
特殊な使い道の部品の生産に適している「SUS」「SKD」「SUJ」といった特殊な金属を使います。また、工具を作るのによく使われている「SK」「SKD」「SKH」なども使われます。
もちろん鋼金属だけではなく、非鉄金属の加工も行えます。アルミ合金なら「A1050」「A2218」「A4032」「A5052」「A6061」「A7075」なども使われています。
あとは鋼合金の「C1100」「C2400」「C2600」「C280」なども使われます。その他はチタンやマグネシウムなども加工をする事が可能です。
特にアルミ合金は表面処理も容易にできますし、電気を良く通すという特性があるのと部品が軽いというメリットがあります。
どのような使い道なのかをしっかりと考えて部品の生産をお願いする必要があります。軽量化だけが目的ではないケースでは、通電性に富んでいるとか錆びにくいといった特性にも注目すると良いでしょう。

太陽パーツでは、お客様のご要望に応えるため様々な素材の提案や、製品の加工を行っております。どんな金属を使えば良いのかなどのご相談にも真心こめて対応いたします。
どうぞお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工で知っておきたい長所と短所~②~

前回はプレス加工での長所についてお話させていただきましたね。もちろん長所もあれば短所もあります。

プレス加工の短所は溶かした金属を金型通りに加工するのではないため、どうしても成形に制限がでてしまうのが短所の一つです。どうしても理想的な形状にならないという事もあるわけです。
次にもしもプレス加工で生産した部品のみを使って一つの製品を作った場合、部品の数が非常に多くなってしまうという短所があります。
これはプレス加工では作れる部品の形に制限があるからです。基本的に単純な形状の製品の生産はできますが、複雑な製品の製造には向いていからなのです。
比較的小さな部品を加工するにしても、かなり大きなプレス機を要しますし、さらに高速で金型が金属板を挟むので、機械を熟知している必要があります。
万が一の事故が起こった時ただでは済まないため、いきなり初心者がプレス機械を扱う事ができないというのも短所になりますし、設備投資にも莫大な資金が必要になるのも短所と言えるかもしれません。
このようにプレス加工には長所と短所がありますので、プレス加工の長所を上手に活用して製品の生産を行う必要があるのです。

太陽パーツでは、お客様のご要望に応えるため様々な問題に取り組んでいます。製品の加工の事ならどんな事でも柔軟に対応いたします。ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工で知っておきたい長所と短所~①~

私たちの生活が便利になった背景には金属加工業の活躍があるからかもしれません。

自動車や家電製品のほかにも事務用品や加工機械そのものも金属を使って作られているからです。
金属加工のおかげで私たちの生活が楽になっているのはわかりますが、金属加工にもいろいろな種類があって、それぞれの加工技術で生産された部品を組み合わせて一つの製品が作られているのです。
その中で今回はプレス加工の長所と短所についてをわかりやすく説明して参ります。

プレス加工というのはいったいどういう加工なのかというと、金型を使って金属の板を加工する転写加工の事を言います。使用する金属は板状のものを使って金型に挟み込んで製品を作るのです。
そのため生産性が非常に高く高速で部品の加工ができるというのが長所の一つでしょう。さらに材料を無駄にする事がありません。例え出たとしても少量の切粉で済むのも長所と考えて良いでしょう。
例えば同じ板材を使って別の製品の生産を同時進行する事もできます。薄い金属板を使って加工を行うので、小さい製品や軽い製品を作る事も可能ですし、薄肉の製品を作りたい時にも最適な加工方法です。

自動で製品の生産が可能なので低コストで大量の部品生産ができるというのも長所になります。ちなみにプレス加工では一度の加工で40~50の部品を1分間で生産する事が可能です。
これは他のどの金属加工にも真似できない長所です。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

塑性加工で重要な役割を果たすプレス機械

塑性加工とは加工をする物質に圧力をかけて製品を生産する技術です。プレス機械は材料である金属の板をプレス機械に挟んで製品を生産します。
プレス機械がなぜ惰性加工で重要な役割を果たすのか?今回はプレス機械の役割についてお話をいたします。

プレス機械で製品を生産すると、高速で大量の製品の生産が可能となります。そのためにプレス機械には様々な構造で作られています。
例えば一般的なプレス機械ですが、モーターが回転する時の動きをクランクを使って上下の往復運動に変えた「クランク式」が多く使われています。
高速で製品の生産ができるので、大量生産を行う時に多く利用されています。
他にも「液圧プレス」という機械があります。この機械は油や水をポンプでシリンダーに送る時の圧力を使ってプレス加工を行う技術です。
クランク式とは違って油圧もしくは水圧を調節する事が可能ですので、加工する材料の厚みなどによって荷重を微調整する事ができるという特徴があります。
精密な製品の加工を行う時には油圧式が利用される事が多く、これは水圧に比べると制御性が高いという特徴を持っています。
圧力を加減できるため大きな製品の生産にも使われている技術なのです。機械メンテナンスも容易なのもメリットの一つですね。
もう一つはパンチプレスというプレス機械です。パンチプレスはその名前の通り、金属の板に穴をあけたり打ち抜きをするための機械となります。
薄肉の製品の加工に使われるプレス機械の一種です。複数の塑性加工用機械を使用してオートメーション化する事もでき、様々な分野で活用されているのです。
また、プレス機械は大きな製品を生産する事も可能で、加工用機械などのカバーなどの生産や、自動車などの部品の生産にも活用されています。
塑性加工は低コストで製品の大量生産を行えるだけではなく、幅広い分野で利用される製品の生産を行える、産業を支える重要な役割を果たす機械なのです。

太陽パーツではプレス機械での加工や金型の製造を行っております。品質の高い金型や製品の生産の事でお悩みでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツで行う3種類のプレス加工

太陽パーツのプレス加工は製品の形状や必要な特性、用途に合わせて3種類の加工方法の中から最適なプレス加工を行い、製品の生産を行っております。
今回は太陽パーツの3つのプレス加工技術と特性、どのような加工に適しているのかについてをご紹介いたします。
太陽パーツで行っているプレス加工は「プレス加工」「絞り加工」「精密プレス加工」です。それぞれの特性をまずはご覧ください。

『プレス加工』
プレス加工とは上下または前後に金型を設置して、その間に薄い金属板を置いて金型を合わせます。この時高い圧力で金型の形状を金属板に転写します。
この技術は歴史が古く、圧力をかける技術の発達とともに加工できる大きさや形状が増えてきました。日本でも古くから使われている技術です。
戦前は生活用品などに多く利用された技術で、戦時中は武器などの生産に活用されてきました。そして再び戦後は生活用品の加工手段として広く使われてきたのです。
代表的な部品としては、鍋やスプーンにフォークなどの一般的な生活用品や、製造機械のフレーム部分や自動車部品、家電製品やパソコンなどの部品などもつくられています。
では次に絞り加工とはどんな技術なのかを説明いたします。

『絞り加工』
絞り加工は簡単に説明すると、円筒形の製品を製造するときの技術です。例えばアルミ缶などが絞り加工の代表的なものではないでしょうか。
また、円筒形でも底のないものは絞り加工では作られません。底がある円筒状の形状の製品である事が前提です。
鍋とかアルミの灰皿などもそうですね。円筒状のものだけではありません。四角い形状で底があるものも生産する事が可能です。
お風呂のバスタブとかキッチンに使われているシンクなども絞り加工で生産されています。
メリットとしては水漏れをする事が無いという点です。一枚の金属板から作る事ができるので水を閉じ込めたり、水を使う場所で使う製品の生産に適しているのです。
また、形状が一定ではないものを作るのにも適しています。「円筒」「角型の筒状」「異形」「テーパー」などの加工を行える技術です。
低コストで高品質な製品を大量生産するのに適した加工技術でもあります。

『精密プレス加工』は
一般的なプレス加工と同様の加工が可能ですが、使用する金型を超精密に作る事でそれまで得られなかった、高い寸法精度と形状を実現します。
超薄型の金属部品を加工する事も可能です。ラミネート加工やエンボス加工などを施す事も可能で、より精度の高い部品はパソコンの基盤などにも使われます。

ミクロン単位の加工を行うことができるので、より精度を必要とする製品をプレス加工で生産する時に活用されます。
当然ですがプレス加工ですので、従来の「穴あけ加工」「絞り加工」「曲げ加工」などの加工が可能です。
より良い製品を最適な加工技術で生産するのなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工と精密プレス加工にはどんな違いがあるの?

プレス加工と精密プレス加工、この二つの加工方法は同じように金型を使って金属の板を加工する技術ですが、この二つの違いは加工方法の名前を聞いただけではよくわかりません。
どのような違いがあるのか、加工方法に違いがあるものなのか、この二つの加工技術の違いをわかりやすくご説明いたします。

【プレス加工】
まずはプレス加工です。プレス加工は金型を使って加工する技術ですが、金属板を金型のオス型とメス型で挟み込んで、高い圧力で金型の形状を転写するという加工技術です。
金型の間に金属板を挟み加工するこの工程を、数秒間の間に行う事ができるため、製品を高速で生産する事が可能な技術ですので、大量生産に向いた加工技術の一種です。
大きな金型を使って製品を生産する事が可能なので、自動車のパーツなどの生産にも利用されています。ほかにも家電製品のカバーなどの生産、部品の生産などにも利用されている加工技術です。
機械加工を行う仕事をされた方ならどなたでもご覧になる、加工機械のフレーム部分もプレス加工で作られています。ただ、プレス加工では機械や家電製品そして自動車部品の中でも外側の部分が作られています。
精度が厳しくない一般的な部品を大量生産するのに最適な加工技術なため、広い分野で活躍している加工技術なのです。

【精密プレス加工】
一方で精密プレス加工とはどのような加工技術なのかというと、同じように金型を使って製品の加工を行う技術なのは同じです。精密プレス加工の金型はプレス加工用の金型とは作り方が違います。
金型の素材はステンレスや金型用として広く使われているSKDのほかに、タングステンや超硬やグラファイト、セラミックやモリブデン、クロムなどの特殊な材料を使って作られています。
加工性の向上だけではなく加工難易度の高い製品を作るのに必要な製品の加工を行うためです。そのため、精密プレス加工の金型を作る時には3D CADを使って設計するだけではありません。
CAE解析というコンピュータ上で疑似的に製品を作り、設計上の問題がないかどうかを確認しながら作ります。解析で問題が無ければ金型を製造して実際の製品の生産を行うのです。
実際に精密プレス加工の金型を作る時には、マシニングセンターや放電加工、さらにはワイヤー放電などを使って作られるのですが、仕上げとして研磨加工を行ってより精度の高い金型になります。
つまり一般的なプレス加工と精密プレス加工の決定的な違いは、金型の材料、設計方法、シミュレーション、金型の製造の違いでもあるのです。
もしより精度の高い製品をプレス加工技術で生産したいと思うのならば、精密プレス加工で生産を検討されると良いでしょう。

太陽パーツでは高い技術と長年の経験で、お客様の求める製品の生産を実現いたします。お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

量産効果が高いタレパン加工とは【プレス加工】

精密板金加工は自動で同じ加工を行う事が可能です。タレパンと呼ばれる機械は「タレットパンチ」という機械です。タレットパンチは精密板金の一つで、精密板金を行うのに必要不可欠な機械でもあるのです。
タレパンは金属の板に穴を開けていく作業を担っています。設備投資を行う場合には多額の費用がかかるのもタレパンの特徴と言えるでしょう。その理由は穴を開ける金型をいくつも必要とするからです。
金属の板に大きな穴と小さな穴を開けたり、四角形や長方形に楕円の穴を開けるなどの作業を、金型を変える事によって一つの機械で加工する事が可能なため、製品を完成させることが可能なのです。
加工できる金属板はアルミやステンレスなどが多く、金型はタレット式のようにいくつもセットできるようになっています。プログラムを組んで製品を加工していくのです。
製品は四角い形状であっても丸い形状であっても、金型さえあれば複雑な形状であっても加工する事が可能です。とても便利な機械だからこそ高額なコストがかかってしまうのは仕方がない事なのでしょう。
特に機械などのフレーム部分の加工に優れているのも特徴です。複数の製品を組み立ててフレーム全体を完成させる事ができるのですね。
タレパンの金型は二つのパーツで構成されています。刃物の部分とダイと言われる部分が組み合わさる事で金属の板に穴を開けていきますので、金型にも高い精度が求められます。
金型の品質が良いとタレパンの機械そのものの寿命も伸ばす事ができるのも金型の精度を求める理由なのです。
タレパンの金型はダイに空いた穴にパンチが入り込んで穴あけを行いますが、この時ダイの穴とパンチには適正なクリアランスが必要となります。このクリアランスが適正じゃないとバリがかえったりしてしまうのです。
つまりタレパンは金型が命と言っても過言ではないわけです。簡単に言えば適正なクリアランスの金型を作る事ができれば、寸法精度の高い製品を大量生産できるという事になります。
太陽パーツではタレパン加工に優れた金型の製造や、製品の生産までを行っております。良い製品の生産を検討中ならばぜひ太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 912345...最後 »

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.