太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工

プレス加工 Archive

ニーズにお応え!安定した品質【海外生産】

ダイカストは部品を大量生産するのに最適です。

金型を使って生産するので製品によって精度にバラつきが出るという事は無いので、安定した部品の供給をする事が可能です。

非常に人気が高くかつコストを抑える事ができるとなれば、加工依頼が集中する事も考えられます。もしも製品の生産を行っている途中で別の製品が必要になった場合、対応ができないなんて事もあるかもしれません。

その時になって空いているところを探すのは非常に困難です。

 

そんな時におすすめなのが太陽パーツの海外工場の活用です。

太陽パーツでは海外にもいくつもの工場を構えています。海外のいくつかの拠点でお客様のご要望に応えるだけではなく、国内で生産した製品に劣らない精度の高い製品を提供する事が可能です。

というのも生産技術や品質管理、生産に関する細かな部分は全て国内と同じになるようしっかりとした教育を行っています。

ダイカストだけではなくプレス加工や板金加工、切削加工に溶接加工、さらに組み立てまで行っているので、納期までに完成品として納品する事も可能です。

検査などもしっかりと行って納品しますので、短納期で高品質な製品の安定供給が可能になるわけです。

海外の拠点としては上海や大連といった大きな都市だからこそ細やかな対応をする事ができるのです。

また、検査も徹底的に行われるため、日本に不良品を持ち込みません。つまりお客様には常に良い製品を安定的に供給ができるという事になるのです。

もしも精度の高い製品を安定供給して欲しいけど、対応が難しいのでは?と悩んでいるのであれば、ぜひ太陽パーツへ気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【板金加工・プレス加工】共通点と相違点をご紹介 ~2~

今回も引き続き、板金加工・プレス加工の共通点と相違点についてご紹介致します。

 

【板金加工とプレス加工の相違点】
同じ金型を使って加工するという部分では共通しているのですが、金型の形状や用途についてはかなり違いがあります。例えば板金加工で使われる金型というのは汎用金型といって、共通の金型を使用しますがプレス加工の場合は製品の形状をした金型を使用します。

また、プレス加工で製品の加工を行う場合、一つの金型を使って製品の加工を行う『単発』複数の加工技術を使った『複合』そして異なった金型を使って製品を順番に加工していく『順送り』そして『トランスファー加工』があります。

他にも板金加工では汎用金型を使用するので、新しい依頼が来た場合にイニシャルコストがかからない事が多いですが、プレス加工については依頼事に金型を作るのでイニシャルコストがかかります。

こうした点が板金加工とプレス加工の相違点です。どちらも金型を使って加工するという点では同じですが、金型に決定的な違いがある全く別の加工技術である事がわかっていただければ幸いです。

 

太陽パーツではプレス加工の金型の制作において、精度の高い製品をお客様に提供できるよう心がけております。板金加工やプレス加工に限らずあらゆる金属加工をしておりますので、効率の良い方法を探しているのならぜひお声かけください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【板金加工・プレス加工】共通点と相違点をご紹介 ~1~

板金加工とプレス加工は似ているようで違う加工方法です。ただし共通点が多いというのは事実です。そこで今回は具体的にこの二つの加工の共通点と異なる点についてをわかりやすくご説明いたします。

【板金加工とプレス加工の共通点】
まずは板金加工とプレス加工の共通点をご紹介していきましょう。共通点がわかればどうしてこの二つの加工方法が同じなのでは?と思われているのかがわかるかもしれません。

共通点の一つ目としては板金加工もプレス加工もどちらも金型を使うという点でしょう。金型を使う事で同じ形状の製品をたくさん生産できるというのも共通点です。しかも同じ製品の金型を使って加工したら、どちらの製品がどの製造方法で造られたのか判断できないかもしれません。

加工できる材料も薄い金属の板というのも共通点でしょう。さらに加工する時には金型で加工する前にせん断といって、部品に必要な大きさに材料を切り分けするのも共通点でしょう。その際にバリが出る(ダレる)のも共通点です。

これは刃物(金型)で上から叩き切るために起こる現象ですが、上下の刃物のすき間が少なければ少ないほど少なくなりますが、これは金型の精度が強く関係しています。

他にも工夫としてはせん断する時のスピードも強く関係していて、大量生産を意識するとどうしてもスピーディーに加工を行うので、バリがかえってしまいやすいのも共通点だと言えるでしょう。

~2~へ続く=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工と板金加工の違いって?

プレス加工と板金加工で生産された製品は非常に見分けがつきにくいものですが、この二つの加工は似ていても全く違う加工技術で、加工する機械にもあきらかな違いがあります。今回はプレス加工と板金加工の違いについてお話いたします。

プレス加工と板金加工の製品の特徴は「薄肉」である点です。また継ぎ目がない製品が多い事も共通していますが、明らかな違いは金型を使っているか使っていないかにあります。実はプレス加工では金型を使用し板金加工は金型がありません。

さらに言えば板金加工というのは鍛造加工の一種で、プレス加工は塑性加工の一種です。あらかじめ生産したい製品の金型を用意して、金型の間に薄い金属の板を挟み込み、圧力をかけて金属板を金型の形にプレスするのです。

プレス加工ではせん断加工、曲げ加工、絞り加工ができ、金型も工程が一つしかない「単発型」複数の金型を使って加工する材料が進んでいき、順を追って製品の加工を行う「順送プレス」があり、この加工方法は大量生産に非常に長けた方法です。

そして単発型を並べた状態で順を追ってプレス加工を行う「トランスファープレス」という加工方法がありますが、これは順送プレスとは違って移動装置を使って加工を行う方法です。どちらかというと小さな部品よりも大きな製品の加工向きですね。

板金加工は似たような加工になっていますが、板金加工は金型があるわけではありませんので自動で加工するというよりも、人の手で加工するといった方がわかりやすいかもしれません。

ツールも金型のように専用のものを作るわけではありません。一つ一つを機械を操作して製品するので大量生産をするのには向いていないでしょう。また、一つ一つ加工しているので途中で変更箇所が出ても対応しやすいというメリットがあります。

このようにプレス加工と板金加工は似ているけれど、全く違う加工であるという事がわかりました。どちらで加工するのかについては製品の形状や数などを考慮して決定すると良いでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

モノづくり産業にうってつけ!高速プレス加工が大活躍!

プレス加工が世界中で製品の生産に利用されている理由をご存知でしょうか?

プレス加工で加工できる金属は意外と多く、「鉄」「ステンレス」「チタン」「銅」「マグネシウム」「アルミ」など数多くの金属を加工する事ができます。ただしプレス加工に使う金属は板状になっていなくてはなりません。プレス加工ではこの金属板を金型で挟み込んで瞬時に形を転写させる技術で、金型の形状にもよりますが一度に複数の部品を生産する事が可能なのです。

これまでにも様々な製品がプレス加工によって生産されています。特に自動車のパーツの多くはプレス加工で作られています。日本の車は車種も多く形も少しずつ違うのでプレス加工はなくてはならない技術だといえるでしょう。ところでどうしてプレス加工が選ばれているのでしょうか?それは同じ金型を使って製品の生産を行うどの技術よりも高速で製品を生産する事ができるからです。どのくらい高速なのかを同じ金型を使った生産技術と比べてみましょう。

ダイカストもとても優れた技術ですが、解けた金属を金型に射出して冷やして固まるまでには多少の時間がかかりますが、高速プレス加工はわずか1分で数十個の製品を加工してしまいます。同じ時間加工をしても終わってみればその差は歴然です。しかも精度の高い製品を大量生産する事が可能です。コストも非常に安くロスも少ないというメリットがある生産技術なのです。もちろん高速プレスであってもデメリットもあります。例えば複雑すぎる形状だとプレス加工では難しいかもしれません。その場合には別の技術を使う事も検討されると良いでしょう。太陽パーツではプレス加工の金型の生産、製品の生産だけではなくダイカストや切削による製品の生産を行っています。より理想的な加工技術の提案と満足いただける製品づくりをお手伝いいたします。

プレス加工、高速プレス加工についての疑問点、金型についてのご相談などは、太陽パーツまで是非お気軽にお申し付けください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工はデザインの自由さが強み!

薄肉の製品を大量に生産したい。そんな時に非常に優れた効果を発揮するのがプレス加工です。

プレス加工は多くの金属の加工に適しています。鉄はもちろんの事、マグネシウムやアルミ、銅やチタンにステンレスと広く使われている金属はほとんど加工が可能です。加工は切削をするわけではなく、加工に必要なのは金型です。金型は生産したい部品の形状を作るために必要なもので、非常に重要な役割を担っています。金型の精度が高ければ高いほど部品の寸法精度も高く、しかも大量生産が可能なので一つ当たりのコストを非常に安く抑える事も可能なのです。加工に使用する金型の技術も向上しています。しかも自由度が高く複雑な形状にも加工が可能です。つまりそれだけプレス加工はデザインに自由があるという事になります。

どんな加工ができるのかですが、せん断加工といって切断する加工の事です。穴あけや機械などのフレーム部分の抜き出しなどを行うのに適しています。曲げ加工という加工も可能です。曲げ加工はL字に曲げたりU字に曲げたりカーブを付けるためのカール曲げやヘミングといった加工を行います。ほかには絞り加工といった加工が可能です。絞り加工は金属の材料を引っ張って金型の形状を転写する加工で、カップやお鍋などの加工などに使われています。これらの加工技術を組み合わせる事でより複雑な製品の生産を可能にします。

もちろんデザインの自由度があると言っても、加工できる金属板の厚みに制限があるなどの制限があるのは事実です。加工できるかどうかについては随時尋ねると良いでしょう。太陽パーツではプレス加工の金型の生産、部品の加工を行っています。プレス加工で製品の生産を検討しているのなら、ぜひ一度太陽パーツへご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

幅広い分野に適用されるプレス加工の深絞り

プレス加工は金型を用いて製品を作る生産技術の一つです。金属の板を使って高速で製品の生産が可能なため幅広い分野で利用されている技術でもあります。例えば絞り加工は金属の板をカップ状の製品に加工する事ができます。金属のコップやアルミの灰皿などを想像するとわかりやすいかもしれません。ただカップ状にするだけではなく、浅い直角の形状をしたものや、深くてカーブしている形状など、金型の形によってどんな形にも加工する事が可能なのです。

小さな製品ばかりに活用されるのではなく、例えば大きな建具や自動車のボディーのように大きなサイズの製品の加工にも活用されています。
金属の板を金型の形状に挟んで伸ばすイメージがあるので、何となく製品の肉厚が薄くなってしまうのではないかとお考えになるかもしれませんが、それは特殊な例でほとんどは厚みは変わりません。
むしろ継ぎ目のない製品を作る事ができるので、剛性の高い製品を加工する事が可能になるのです。もちろん複雑な計上の製品を加工する場合には材料の限界点に達しないよう加減されます。
そのため剛性の高い安定した寸法精度の製品を生産する事が可能なのです。

余談ですが私たちが普段使っている自動車の部品の多くがプレス加工で作られています。
特に車のルーフというのは走行性能や燃費に非常に関係している場所ですので、安定した寸法精度の製品を加工するのにプレス加工が適しているのですね。
もちろん金型の精度が上がった事も良い影響を与えています。いかに金型が重要であるかという事もわかりますね。

太陽パーツでは大型の製品から小さな製品まで、自信をもってお客様へ提供しています。絞り加工による製品の生産を検討しているのであれば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工とより繊細な精密プレス加工

生活を豊かにしてくれる製品のほとんどが金属加工によって生産されています。例えば移動手段として使われている自動車、バス、電車、飛行機などのほとんどが金属で作られています。
プレス加工は金型を使って素材を成形する加工技術で塑性加工の一つです。雄雌型の金型の間に材料を挟み込み部品の成形を行います。高い圧力をかけて高速で製品の成形を行うので高い生産性があります。さらにプレス加工には一般的なプレス加工と精密プレス加工があり、特に精密プレス加工では複雑で精密な金型を必要とします。

私たちが普段当たり前のように使っているスマートフォン、パソコン、カメラなどに使われている部品、フレームなどは精密プレス加工が用いられています。プレス加工でできる加工はせん断加工、絞り加工、曲げ加工です。それぞれの加工を複数の機械で加工する事によって半オートメーション化も可能です。
ただしプレス加工は刃物で切る、打ち抜くといった加工ですのでどうしても素材が変化してしまうという特性もあります。それによって製品に求められる機能を損なう可能性があるのも事実です。
ですが使う素材を改良したり金型の精度を高める事によって、より製品精度を向上させられるのです。

特に精密プレス加工については金型の精度も必要ですが、素材の特性やその後の処理など、様々な工夫をする事によってより良い精度の製品を作り出す事が可能です。
これらの事から精密プレス加工の金型は非常に重要です。

太陽パーツでは精密プレス加工の金型に必要な精度や形状を忠実に形にします。
精密プレス加工の事、金型の事でお悩みならぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の要素を調べてみました

プレス加工はさまざまな製品の生産に使われている金属加工技術の一つです。プレス加工は金型を使って数秒から数分で製品の生産を行えます。
短時間で大量に部品の生産が可能なので、自動車のボディなどの大きなものから日用品に至るまで、あらゆる分野で活用されている生産技術です。

とても優れた加工技術ですが、全ての製品をプレス加工で行えるかどうかは別のお話です。プレス加工でその製品の加工ができるかどうかについては、いくつかの条件を満たしている必要があります。
例えばプレス加工機械で加工する事ができる形状である事、基本的なプレス機械での加工は『切る』『曲げる』『伸ばす』といった加工です。
また、プレス加工を行う時に使用する材料を調達する際に、時間がかかったりするとせっかくの生産性が損なわれる事にもつながりますので、材料を簡単に調達できる事も条件に入ります。
その製品を生産するにあたって、速く安く作る事ができるかどうかも重要です。生産性が低くコストが高いのではプレス加工を行うメリットがありません。
プレス加工で製品の生産を行う時には、これらの要素についてもしっかり検討してから加工に踏み切る事が重要です。

次にプレス加工を行う時の3つの基本的な要素について調べてみたのでご紹介いたします。プレス加工の3つの要素とは『金型』『材料(被加工材)』『プレス機械』です。
プレス加工で重要である以上に必ず必要な最低限の要素こそがこの3つなのです。どれが欠けても製品の生産ができません。
また、高い生産性を維持するためにはどの部分にどのくらいの力がかかるのかや、負担がどこの部分に一番かかるのかなどにも気を配る必要があります。
機械の構造や加工の時の負担を知る事も、生産性を落とさず維持するためには必要な事だからです。企画の段階では気づけなかった問題を素早く解決する事にもつながります。
多くの場合要素を知る事は機械の改良や金型の改良、そして使う材料の変更に役立ちより生産性を改善する事にもつながるのです。
実はこうした作業を繰り返していく事こそが、PDCAサイクルにつながり業務全体を改善させる糸口になり、加工の技術の向上へとつながっていくのです。

太陽パーツではプレス加工に限らずあらゆる金属加工のご相談をお待ちしております。詳しくは太陽パーツまでお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工ではどんな材料が加工されているの?

プレス加工は様々な製品の加工に適しています。と言ってもプレス加工機で使用される材料は金属板なので、厚みのある金属の加工には向いていません。
プレス加工では金型を使って金属板を曲げたり切断したり絞り加工を行えます。使用される金属も大変幅広く「鋼」「真鍮」「アルミ」などで加工する事が可能です。
製造される製品は肉厚が薄いので軽量化を行う時などにも利用されます。大量生産が行えるので一つあたりのコストを抑える事も可能です。
実際にプレス加工で使用される金属を詳しく説明いたしましょう。

まず鉄鋼、つまり鉄材では「SPC」「SPH」「SAPH」「SPFC」などの加工ができます。どの鉄鋼を使うかは部品の使い道によって変わってきます。
最終的に熱処理を行って強度を出す事が可能で、後の処理によっても使われる鉄鋼は変わります。必要な強度に合った鋼材を使うわけですね。
次に特殊鋼と言われるものも加工できます。例えば合金鋼は機械などの構造に必要な素材で「S-C」「SCr」「SCM」などが使われます。
特殊な使い道の部品の生産に適している「SUS」「SKD」「SUJ」といった特殊な金属を使います。また、工具を作るのによく使われている「SK」「SKD」「SKH」なども使われます。
もちろん鋼金属だけではなく、非鉄金属の加工も行えます。アルミ合金なら「A1050」「A2218」「A4032」「A5052」「A6061」「A7075」なども使われています。
あとは鋼合金の「C1100」「C2400」「C2600」「C280」なども使われます。その他はチタンやマグネシウムなども加工をする事が可能です。
特にアルミ合金は表面処理も容易にできますし、電気を良く通すという特性があるのと部品が軽いというメリットがあります。
どのような使い道なのかをしっかりと考えて部品の生産をお願いする必要があります。軽量化だけが目的ではないケースでは、通電性に富んでいるとか錆びにくいといった特性にも注目すると良いでしょう。

太陽パーツでは、お客様のご要望に応えるため様々な素材の提案や、製品の加工を行っております。どんな金属を使えば良いのかなどのご相談にも真心こめて対応いたします。
どうぞお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 1012345...10...最後 »

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.