太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工

プレス加工 Archive

量産効果が高いタレパン加工とは【プレス加工】

精密板金加工は自動で同じ加工を行う事が可能です。タレパンと呼ばれる機械は「タレットパンチ」という機械です。タレットパンチは精密板金の一つで、精密板金を行うのに必要不可欠な機械でもあるのです。
タレパンは金属の板に穴を開けていく作業を担っています。設備投資を行う場合には多額の費用がかかるのもタレパンの特徴と言えるでしょう。その理由は穴を開ける金型をいくつも必要とするからです。
金属の板に大きな穴と小さな穴を開けたり、四角形や長方形に楕円の穴を開けるなどの作業を、金型を変える事によって一つの機械で加工する事が可能なため、製品を完成させることが可能なのです。
加工できる金属板はアルミやステンレスなどが多く、金型はタレット式のようにいくつもセットできるようになっています。プログラムを組んで製品を加工していくのです。
製品は四角い形状であっても丸い形状であっても、金型さえあれば複雑な形状であっても加工する事が可能です。とても便利な機械だからこそ高額なコストがかかってしまうのは仕方がない事なのでしょう。
特に機械などのフレーム部分の加工に優れているのも特徴です。複数の製品を組み立ててフレーム全体を完成させる事ができるのですね。
タレパンの金型は二つのパーツで構成されています。刃物の部分とダイと言われる部分が組み合わさる事で金属の板に穴を開けていきますので、金型にも高い精度が求められます。
金型の品質が良いとタレパンの機械そのものの寿命も伸ばす事ができるのも金型の精度を求める理由なのです。
タレパンの金型はダイに空いた穴にパンチが入り込んで穴あけを行いますが、この時ダイの穴とパンチには適正なクリアランスが必要となります。このクリアランスが適正じゃないとバリがかえったりしてしまうのです。
つまりタレパンは金型が命と言っても過言ではないわけです。簡単に言えば適正なクリアランスの金型を作る事ができれば、寸法精度の高い製品を大量生産できるという事になります。
太陽パーツではタレパン加工に優れた金型の製造や、製品の生産までを行っております。良い製品の生産を検討中ならばぜひ太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

普段からよく使うプレス加工で製造された製品とは?

私たちの身の回りには様々な便利な製品があります。その多くの製品は様々な産業用加工機によって作り出されています。
たくさんある加工技術の中で、プレス加工でどのくらいの製品が製造されているのかご存知でしょうか?意外と知らなかったあんなものやこんなものが、実はプレス加工で製造されているのです。
今回は毎日私たちが日常的に使っているプレス加工で製造された製品をご紹介いたします。
自動車パーツ
毎年各自動車メーカーでは新型〇〇といった感じで自動車が生産されていますね。驚く事に日本の自動車というのは世界に類を見ないほどバリエーションが豊富です。
海外では小さいコンパクトカーがあまりありません。多くの場合は大きなセダンの形が多く、日本のように角ばった車だったり丸っこい車だったりといった事は珍しいのです。
そんな自動車部品の中で、プレス加工で製造されている部品はどこなのかというと、ドアやボンネットそしてピラーなど、様々な部品がプレス加工で作られているのです。
様々な日用品の加工
代表的なのがアルミの灰皿でしょう。これなら見たことがあると答える方も多いのではないでしょうか。でも私たちが普段絶対に使っているお金。
実は効果はプレス加工の技術で作られています。他にもメガネフレームなどはプレス加工によって製造されています。同じ形状の製品が大量生産されるので当然かもしれません。
また、建具の中でドアノブなどもプレス加工の技術で製造されています。意外と身近なものがプレス加工で製造されているものなのです。
まだまだ他にも私たちが毎日使っているものがプレス加工で製造されています。
家電製品や電子部品
食べ物を冷たく保存する事ができる冷蔵庫の部品の多くは、実はプレス加工によって製造されています。洗濯機などの白物家電の部品や中のドラムなどもプレス加工で製造されているのです。
他にもエアコンやテレビの部品など大量生産ができるからこそプレス加工で作られているのですね。また寸法精度が高いというのも利用されている理由でしょう。
というのもパソコンやテレビの録画などに使うHDDなどの電子部品もプレス加工で製造されています。リチウム電池の容器などもプレス加工で製造されています。
意外と精密部品の製造されている事がわかり、ちょっと驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。
それだけプレス加工の技術が私たちの生活を助けてくれているという事です。
太陽パーツでは精度の高いプレス加工製品を製造しています。部品の製造の事でお悩みならお気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工における絞り加工にはさまざまな形状がある

プレス加工をご存知でしょうか?プレス加工というのは金属を金型で挟み、下に強い力で引っ張る事で製品の形を作ります。
絞り加工の形状は様々です。円筒形であったり角形のお弁当箱のような形に作ったり、アルミの灰皿のような形状をしていたりします。
住宅設備などの複雑な形状を作成する事もできます。例えばアルミの灰皿の形状の淵の部分、あの部分をフランジと言いますが、この加工と筒状の形状を組み合わせて製品の製造も行えます。
メッシュの素材を絞り加工を行って、住宅の水回りに使う製品などを作る事もできます。
つまりプレス加工の絞り加工では、筒状にするだけではなく段差を付けて製品を製造する事も、フランジを付ける事もできるので、様々な形状を加工する事ができるのです。
大きさも大きなものから米粒大の大きさのものまで加工する事が可能です。
ぷエス加工の絞り加工はパンチというとつ型をした型にダイスと言われる金型を設置して材料となる金属板を挟み込みます。
ホルダーと言われる部分で材料を挟み込み、上からパンチをダイスに垂直に押していきます。すると少しずつ挟んだ材料がダイスに押し込まれ、内側はパンチに外側はダイスに沿った形状に加工します。
そのままの状態で最後まで絞れば淵のない形状に作る事が可能です。もしも淵が欲しい時にはつかんでいた部分を話さずにプレスすればフランジができるという仕組みです。
金型の形状を組み合わせる事でより複雑な形状に加工をする事ができる加工技術です。自動車部品や住宅部品などにも活用されています。
太陽パーツではプレス加工の絞り加工や抜き加工などを駆使して、より複雑な形状の製品を加工する事ができます。
製品の加工についての疑問、ご相談はお気軽におたずねください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の定番!せん断加工はどんな加工?

プレス加工は薄い金属の板をプレス機械に設置した金型でプレスして製品の生産をする加工技術です。
短時間で大量の製品の生産ができるのが特徴です。大量生産ができるので一つ当たりの部品のコストも非常に安く抑える事ができる技術として利用されています。
プレス加工でできる加工は一つではありません。打ち抜き加工、分離加工、穴あけ加工、シャーリング加工、ノッチング加工などがあります。
これらの加工の事を「せん断加工」と言います。他にも曲げ加工や絞り加工などもありますが、今回はせん断加工について説明いたします。
せん断加工は簡単に言えば金属の板から切り離して形にします。使用される金型は刃物のような役割を果たすのですが、実際にはそうではありません。
仕組みとしては上下に取り付けた金型の間に金属の板を設置して、上の金型がすごい圧力をかけて下の金型と合わさります。
その勢いで挟まれた金属板が切断されて製品が成形されるのです。つまりハサミでカットするというイメージではなく、ぶった切るというイメージの方が近いかもしれません。
そのため、製品をカットして横から見てみると、上部が丸く金型が抜けた下の部分はかえりが出るのが一般的です。
せん断加工で加工を行う時は、複数の金型を使って1次加工、2次加工、3次加工を行い、最後は一つ一つの部品に切断して完成させる事も可能です。
課題としてはたれやかえりの少ない製品を生産するという点です。プレス加工のせん断加工は作用点、支点、力点、そして上から来る力が関係しています。
支点から力点までの間が長いとたれやかえりが多くなります。この支点から力点までの間を「クリアランス」と言い、クリアランスは金型の寿命とも強く関係しています。
クリアランスが大きいと金型の寿命は長く、クリアランスが短いと金型の寿命が短くなってしまいます。亀裂や変形が出たりプレス機械そのものにも影響を与える可能性だってあるでしょう。
つまりキレイな製品を作る時には適正なクリアランスを計算して加工する必要があるのです。簡単な生産方法だと思ったら繊細な一面も持っているのがプレス加工なのです。

太陽パーツでは、プレス加工の適正クリアランスにこだわり、美しい製品を大量に生産する努力をしています。プレス加工での部品製造を検討しているのであれば、ぜひ一度太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

私達の生活に欠かせない工業製品を生み出すプレス加工

プレス加工では工業製品だけではなく、家庭で一般的に使われている家電製品そして食器や、日用品なども多く製造しているポピュラーな加工技術です。
加工するためには、プレス加工用の金型を機械の上下につけて、その間に金属の板を挟んでプレスして金型の形状を転写するという特徴的な製造法を行います。
穴あけや切断などの様々な加工を自動で行えるので、大量生産をするためにプレス加工技術を使う事もとても多いです。
自動機を使って加工を行う時には、ロール状になった材料をセットして、必要な数の部品の製造を行います。
加工機械の進歩によって大型の製品の加工も可能となり、現在では欠かすことができない製造方法の一つになり、精密機器の部品の生産にも利用されています。
金型は2つで一つのセットとなっていて、昔よりもより複雑で寸法精度の高い製品の加工にも利用されています。様々な金型を使って二次加工の少ない製品の加工もできます。
絞り加工では材料を伸ばして製品の形にしますが、継ぎ目のない製品を作る事ができるので、パイプ状の製品やカップや灰皿などを加工するのに適しています。
また、短時間にたくさんの製品の加工ができるので、製品一つあたりの金額も安くできます。
厚肉の製品を生産するのには適していないと言えますが、加工ができる厚みの製品であれば、他の生産技術を使うよりも安く生産できるのも特徴の一つです。
プレス機械の構造によって加工が可能な形状が変わってきますので、プレス加工を検討されているのであれば、まずは相談をしてみてはいかがでしょうか。

太陽パーツではプレス加工の分野でも貢献できるよう、日々努力を行っております。部品製造の事でお悩みがあれば何でもお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工における金型の重要性

プレス加工は日用品から工業用品などさまざまな分野の製品や部品に活用されている技術です。
プレス加工でできる加工は「パンチング」「曲げ」「絞り」「せん断」などができますので、いろいろな活用ができる技術なのです。
加工を行う時には金型を使います。抜き専用の金型や曲げ専用の金型、さらに絞り専用の金型を使う必要がありますが、実はこの金型こそがプレス加工の命です。
精度の高い製品を作るためには精度の高い金型を使う必要があります。そのため金型の設計にはとても気を遣うものなのです。
どの加工方法で製品を作るにしても、加工は一瞬で行われるという特徴がありますので、いかに金型が重要な部分であるかという事がおわかりいただけるのではないでしょうか。
さて、現在プレス加工で使われている多くの金型は、どこで作られているのかをご存知でしょうか?実は多くの金型は金型専用の業者に依頼する事が多いのです。
金型の製造方法の代表的なものは「マシニングセンター」を使って行う方法です。製品の設計図から金型を精密に再現ていきます。すでにある製品を3Dプリンターを使って生産することもあります。
プレス加工の製品加工は大量生産が多かったのですが、近年では少量生産でかつ様々な形状の製品を加工することが増えてきました。そのため迅速かつ柔軟な対応ができる業者が必要になってくるわけです。
また、金属の特性というものも頭に入れておかなくてはなりません。加工している内に金属が固くなってしまったりする事もあるので、それらの要素を考慮して金型を作る必要があるのです。
太陽パーツではプレス加工における金型の多様化や複雑化に伴う、様々な問題の改善に取り組み迅速で柔軟な対応ができるよう心掛けています。
もしも現在プレス加工の製品の金型の生産や、変更でお困りならばぜひ太陽パーツへ一度ご相談ください。迅速で丁寧な対応いたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高速の加工にもってこい!機械プレスの活躍

機械プレスで製品の加工を行うと、早く加工ができる事はご存知の方も多い事でしょう。
実際に機械プレスで加工を行った事がなければ、その加工の速さを実感するのは難しいものです。そこで今回は機械プレスの加工がどのくらい速いのかを説明いたします。
機会プレスは塑性加工といって、金型を使って金型の形を転写するという加工技術で、プレス加工やダイカストなども含まれています。
機械プレスの場合、二つの金型の間に金属の板を挟み込み、圧力をかけて金型の形状を転写する加工となります。
一つの製品の加工を行うのに数秒しかかかりませんので、どの加工技術よりも速く製品を加工する事ができるのです。
切削加工と比べてみても格段の速さがあるので、大量生産を行う製品で板厚が薄い場合には、機械プレスでの加工の方が速さの面では勝っているのです。
大量生産するのに速いといっても一つ一つ加工していれば、当然時間がかかると感じるかもしれません。
ですが大量生産の場合、NC装置のついた機械プレスを使って自動で加工ができるのと、一つ一つの製品を切断する工程も行うので、ワンプレスでいくつもの製品を加工する事が可能なのです。
もちろん機械プレスに向いていない製品もあります。板厚の限界以上の製品の場合は難しいですが、薄肉の製品であれば複雑な形状であっても加工が可能なケースが多いのです。
機械プレスでできる加工について簡単に説明すると、「曲げる」「切る」「絞る」といった加工が可能で、複雑な形状の加工にも比較的対応する事ができます。
また、パンチプレスでは「抜き加工」が行えます。打ち抜いて加工を行うので、一度の大量の製品の加工が可能です。
金型のもちも良く、何千個、何万個の製品の製造ができるので、一つの部品の単価も量産効果が期待できるでしょう。
薄肉で大量生産するのであれば、機械プレスで加工するのはまさにもってこい!なのです。

大量生産の薄肉の製品をご希望ならば、太陽パーツにお任せください。金型の製作からお任せいただけるので、お客様のニーズに応える事が可能です。
詳しくは太陽パーツのホームページからお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精密な加工でものづくりに貢献するプレス加工の利点とは?

部品の製作を行う時には色々な加工方法から、最も適した加工技術を使って部品の製造を行います。
例えば金属加工で部品の製造を行う場合ですが、切削加工や金型を使って部品加工を行う場合もあります。
それぞれの加工法には機械によってメリットやデメリットがあります。その中の一つに「プレス加工」という加工技術がありますが、今回はプレス加工のメリットについてをわかりやすくお話しいたします。
プレス加工とは、金型を使って金属の板を上下または前後などから挟み、高い圧力でプレスして金属を加工する「転写加工」の一つです。
金型は一度部品加工を行うだけで壊れてしまうものではなく、繰り返し同じ部品を生産する事が可能なので、大量生産をする肉薄の部品加工に最適な加工技術です。
つまりプレス加工の最大のメリットは、他の加工技術よりも生産性がとても高いと言えるでしょう。
もちろん同じように金型を使う「ダイカスト」という加工技術もありますが、材料の金属を溶かして金型に高圧で射出して形成する手間がありません。
その手間が無い分、素早く部品を生産する事ができるのです。
さらにプレス加工のメリットはコストが安いという点です。金型を作るのは確かに高い費用がかかりますが、そう簡単に金型がダメージを受ける事はありません。
そのため、生産量が高ければ高いほど一つ当たりの部品の加工費用が安くなるのです。ちなみに射出成型のおよそ4倍~5倍の生産性の高さがあります。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工で難しいとされる「絞り加工」って?

プレス加工は金属の板を金型で挟んで圧力を加え、金型の形を転写して部品の製造を行う加工技術です。プレス加工にはパンチングやせん断といった加工もありますが、特に難しいのは絞り加工です。
プレス加工においての絞り加工とは、金型で材料を挟み込み圧力をかけて転写するのは同じですが、金型の形はより複雑になっており、金型の精度と加工技術が必要になるのです。
絞り加工には「深絞り成形」「張り出し成形」「伸びフランジ成形」「曲げ成形」という成型方法があります。形はそれほど複雑ではないかもしれませんが、この4つの形状を組み合わせる事も可能です。
二つ以上の組み合わせをする事によって、より複雑な製品を作る事が可能となるのですが、一方で複雑化すればするほど加工は難しくなっていきます。
なぜならば、絞り加工は伸びる方向や縮む方向を計算して材料を選ぶ必要があったり、複雑で精密な金型を作る必要が出てきます。
当然製品の深さによっても難しさが変わってきます。深ければ深いほど製品は肉薄になっていきますし、コーナーなどの部分は薄く弱くなっていく事が予想されます。
1度で加工した方がいいのか、それとも工程数をわけて加工するのかについても緻密に計算しなくてはならないでしょう。ブランクの時の体積と絞り加工をする時の体積についても計算する必要があるのです。
そのため金型の構造には十分気を付けなくてはなりません。また、一度に絞れる深さには限界があるため、より深い製品を作るためには何回かに分けて完成させるのです。
つまり金型の数も工程の回数が増えればそれだけ多くなります。さらにプレス機械の性能も必要になります。構造上どうしてもパンチ(金型)で板を押します。
何も対策しないまま成形すれば、しわや割れや傷などが起こりやすく、精度の高い製品は作りにくくなってしまいます。そのため摩擦保持効果を行い、しわや割れに表面の傷を抑えるのです。
つまりプレス加工で精度の高い製品を作りたいのならば、精度の高い金型を作る必要があるのです。
太陽パーツではプレス加工のための精度の高い金型の製作と、製品の生産に自信があります。コストの削減や生産リスクの減少を希望しているのであれば、ぜひ太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精度の高い精密プレス加工の特徴について

プレス加工というと何となく雑なイメージがあるかもしれません。ですがそれは昔のお話で、今では精密プレスという加工技術があるので、製品の品質もかなり高くなっています。
精密プレスというのがどんなものなのかを簡単に説明すると、より高度な金型を使う事によって精度の高い製品を作る方法の一つです。
金型を使って部品の生産を行うため、一度に大量の部品を製造する事が可能です。生産コストも大量生産を行う事で下げる事が可能なので、現在ではあらゆる製品に利用されています。
ただし精密プレス加工を行う時には精巧にできた金型が必要となります。精密プレス加工のカギを握っているのが金型だからです。
プレス加工に用いられる金型は、毎日たくさんの製品を作り続けるので、消耗が激しいのが難点です。そのため材質にもこだわる必要があり、特殊な材料を使って製造される事が多いのも事実です。
特殊な材料を使う事によって、加工をする時の衝撃や熱に対しての耐久性や耐熱性そして金型自体の耐摩耗性が必要となります。
例えばモリブデン、セラミック、ステンレス、グラファイト、超硬、クロム、タングステンなどの特殊な材質を使って金型を作ります。材質が硬いので金型の加工も大変な技術が必要です。
設計の段階から精巧な金型を作るために3DCADを使って、十分な解析を行いながら最終的な金型の製造を行います。
これらの条件が整って初めて複雑で精巧な製品を作り出す事ができるのです。太陽パーツではより精度の高い精密プレス加工のための努力と工夫をしています。
生産された部品も従来のプレス加工製品よりもずっと精度の高い製品が作れるので、リチウム電池や半導体関係、自動車関連やパソコンや家電に使われています。

精密プレス加工の金型の製造や製品の生産の事、コストの問題についても太陽パーツへぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 812345...最後 »

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.