太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工

プレス加工 Archive

さまざまな金属製品で必要となる穴あけ加工

最近ではプレス加工による加工によって、そのまま精密部品として使われる事も多くなってきました。
今回はプレス加工の穴あけ加工についての常識を変える、新しいプレス加工についてのお話をしていきたいと思います。

基本的にプレス加工というのは金型があって、その金型通りに加工をする事ができる機械加工です。
そのため、製品加工をするためには金型が必要になります。
ダイと言われる部分とパンチと言われる部分の二つの金型で加工します。
つまりこの金型に挟む事によって、思いのままの部品を加工する事ができるというわけです。

穴あけ加工をプレス加工で行う事によって、非常にスピーディーに穴あけ加工を行う事ができます。
しかも昔とは違って最近の場合はバリが出ないのが特徴です。
また、金型の調整によって穴の数を増やすなど、安定した製品を作りやすいという特徴も持っています。
短時間で多くの部品を作る事ができるので、大量生産の製品の部品製造におすすめの加工方法です。

金属加工は、得意な分野というのが必ずあるものです。
それぞれの得意分野で作業をする事によって、作業効率や精度がぐんと上がるものです。
これまで難しいと思っていた分野でも目覚ましい進歩があるので、もう一度、加工方法についてよく検討されてみてもいいかもしれません。
スピードアップする事ができて、作業効率が高く素晴らしい製品を加工する事ができれば、問題を解決する事ができるかもしれません。

太陽パーツでは、お客様の作りたい製品づくりをサポートしております。
もし製造に関することでお悩み事などございましたら、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。




=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

車を製造するうえで欠かせないプレス加工


プレス加工は自動車を製造する時には欠かすことができない加工方法だという事はご存知の事と思います。
今回はプレス加工と重要性についてをお話ししていきたいと思います。

日本の車というのは世界と比べるとデザイン性が良いものが多いですよね。
同じ日本のメーカーでも似たような形状はあっても同じ形状のものは一つもありません(共有している車体はのぞきます)。

実はこれだけデザイン性に富んでいるのは日本車だけなのです。
その微妙に違う車の形状を作るのにプレス加工は必要不可欠な加工であるというわけです。
制作できる形状の種類も豊富で、迅速にデザインの変更などにも対応する事ができるのも利用されている理由の一つです。

さらにプレス加工によってフレームなどの部品を作る事によって、ばらばらのパーツを使うよりも剛性がよく安全性が高くなったというのも選ばれる理由です。
特に車の場合は安全性が高い製品の方が良いに決まっています。

また軽量化にも貢献できるので環境にも優しくエコな製品を作り出す事が可能なのです。
これらの理由から車の製造には欠かす事ができない加工方法として、プレス加工が筆頭にあげられるのかもしれません。

精度の高いプレス加工の技術が必要ならば、ぜひ太陽パーツへご相談ください。
また太陽パーツでは、多くの工場にて様々な設備を整えております。
製品づくりのことでお悩みやお困りごとがございましたら、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。




=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の精度はどのくらい上げる事ができるのか?

プレス加工というのは金属の板に穴をパンチするという加工法なので、どうしても精度に欠けると考えられがちです。
確かにプレス加工は金属を曲げたり折ったりパンチングをして加工するため、どうしても曲がった部分やパンチされた部分のだれなどが気になってしまうのです。

金属を曲げたり穴あけをしたりする加工をすると、加工を施された部分に熱を持つ事になります。
そのため加工された部分が弱くなってしまったりすることがあります。
しかし最近のプレス加工の技術がかなり高くなってきたことにより、曲げた部分の弱さや変形などをカバーしながら加工をする技術が向上してきました。
それを実現できる加工法が高精度プレス加工という加工方法です。

より精度の高い製品を高精度プレス加工で作る事ができるようになった事で、それまで高いコストがかかっていた部品が低価格で作れるようになりました。
結果としてこれまで高かった製品が、精度はそのままに価格が安く設定されるという消費者にとっても、販売する側にとってもメリットを得られるようになるわけです。
今後も高精度プレス加工の技術は向上していく事が予想されており、加工できる金属ももっと増えていくでしょう。

精度の高いプレス加工の技術が必要ならば、ぜひ太陽パーツへご相談ください。
また太陽パーツでは、多くの工場にて様々な設備を整えております。
製品づくりのことでお悩みやお困りごとがございましたら、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

生産性の高いプレス加工なら太陽パーツへ

プレス加工は、機械に金属板を挟み、圧力をかけてゆっくりと材料を変形させる加工方法です。
簡単に言えば、製品の形をしたオスメスの型で、金属板を挟み込んで形を映すということになります。

プレス加工には高い量産効果があるため、自動車のボディ製造などの加工にも適しています。
もちろん自動車製品だけでなく、生産性の高い加工方法なのであらゆる分野の部品に使われています。

また、加工時に用いる金型は、用途や目的形状によって様々です。
生産性が高いだけにどうしても金型の消耗が激しい面はありますが、精度の高い製品を量産できるという魅力は大きいでしょう。
プレス加工製品は、他の機械加工で作られた部品との相性も良く、ジュースの缶のように高い気密性を保てる製品も可能です。

今後もさまざまな分野で活躍していく加工方法のひとつです。

太陽パーツでは、機械加工を得意としており、お客様のお求めの製品づくりをサポートしております。
他の加工法にも精通しておりますので、太陽パーツではお客様にメリットのあるご提案をさせていただきます。

製品製造のことでお悩みをお持ちの方は、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製品製造で多く利用されるプレス加工の金型の種類について

プレス加工にも金型の存在は欠かすことができません。
プレス加工は生産性の高い加工技術で、自動車のボディなどの加工を始め、あらゆる製品製造に多く利用されている技術です。

今回はプレス加工に使用される金型について、簡単にご紹介いたします。

プレス加工の中にもいろいろな加工法があるため、実は金型の種類は一種類ではありません。
プレス加工の金型の種類は、「抜き型」「曲げ型」「絞り型」「圧縮型」の4種類が主になります。

抜き型加工とは、いわゆるパンチをして切り抜くという加工方法です。
オスメスの型を上下に取り付けて間に板をセットして、パチンパチンと抜いていくのです。

曲げ型は、こちらにもオスメスの型があって、間に金属板を挟み、ゆっくりとプレスしていき、凹まるなどの加工をしたり、角度を付けて曲げるなどの、R加工を施せます。

絞り型は、上下からプレスして1枚の板を立体的な形にする加工に用いられる金型です。
特に、わかりやすい例を挙げれば、アルミ缶などの製造方法としても知られています。

圧縮型は、強い圧力を密閉した金型でかけることで、浮き上がらせるような加工をする事ができます。


太陽パーツでは、ダイカスト鋳造やアルミ押出しだけでなく、プレス加工を始めとした機械加工も得意としております。
プレス加工での製品製造をお考えの際には、ぜひお気軽にご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

円筒絞り・角筒絞りができるプレス加工の絞り加工

プレス加工には色々な用途に応じた加工方法があります。
絞り加工と呼ばれるものもプレス加工のひとつになります。
絞り加工はプレス加工では一般的な加工法であり、予め必要なだけの材料の板を切り出しておき、それをプレスにセットします。そしてダイとパンチの間に材料をセットして、パンチで押し込み金属の板を伸ばして加工するという方法です。

絞り加工で製造することは、切削加工などで同様の形状のものを製造するよりも製造が早く、コストダウンにもつながります。
もちろん、削り出しや鋳造でも作ることは可能ですが、絞り加工であれば製造時間も短く、量産にもメリットがあります。
デメリットといえば伸びた部分は当然薄くなってしまうため、強度的にはあまり強いとは言えないかもしれません。しかし、最近では加工をする材料や加工技術の向上によって、圧力がかかる製品のケースとして利用される事が多くなっています。例えば、消火器などの容器が絞り加工で製造されている事からわかるように、強い強度の製品も作れるような技術である事は間違いありません。

そんな絞り加工の中でも「円筒絞り」と「角筒絞り」という二種類の加工方法について簡単にご紹介いたします。

▼円筒絞り加工
円筒絞りはその名の通り、円筒の形に加工する絞り加工です。
板状に抜いておいた材料を、ダイとパンチの間にセットしてズレないようにしっかりとくわいで(押え板で押さえる)、上からパンチでプレスして製品を製造します。

円筒絞り加工の代表的な製品と言えば、お鍋や金属製のたらいなどが最もわかりやすい製品ではないでしょうか。

▼角筒絞り加工
ダイとパンチ両方が角筒状になっていて、その型でプレスした時に角筒状になるのが角筒絞り加工です。
円筒絞りと同様の製造工程で行われる加工法であり、アルミ製のお弁当箱などの形状がこの製造方法で作られていることが多いでしょう。


太陽パーツでは、切削加工やアルミ押し出し、ダイカスト以外にもプレス加工にも対応しております。
お求めの製品製造を太陽パーツがサポートいたしますので、お悩みやお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

へら絞り加工(スピニング加工)の加工方法について

日本は製品の加工をする技術が昔から高いとされ、その中の一つに金属加工の技術だと言われていますね。
例えば、伝統的な加工方法でもある「へら絞り加工(スピニング加工)」の事をお話したいと思います。

▼へら絞り加工(スピニング加工)とは?
たまに大きな薄い形状の製品を見ると「どうやって作ってるんだろう?」と思われた事はありませんか?例えば蓄音機などのラッパの部分がそうでしょう。
へら絞り加工というのは、あんな円形の大きな薄い金属の製品を作る事ができる技術なのです。もちろんスピニング加工自体は専用の機械が必要です。
ほとんどは回転する板を技術者が「へら」や「ローラー」などを押し付けてプレス加工を行う技術なのです。

▼へら絞り加工(スピニング加工)の加工方法
一枚の板金を回転する機械にセットして回転させます。
次に回転している板に少しずつローラーやヘラを使ってプレスしていきます。
すると押し付けた部分が変形していき、目的形状になっていくのです。
加工時には成形型をセットしているため、最終的には成形型の通りの形状ができあがる仕組みになっています。


絞り加工を利用した製品には様々なものがあります。
例えば、パラボラアンテナなどがこの方法で製造されていたり、照明器具などの製造にも利用されています。

近年では、NC制御ができる絞り加工の機械もあり、へら絞り加工の技術も上がってきています。
横に溝が入っている製品、円筒状からテーパーのついた形状にするなど、さまざまな形状を製造することができます。


太陽パーツでは、様々な加工に対応しております。
作りたい製品でお悩みやお困りのことがございましたら、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工のせん断加工について

プレス加工の中には、せん断加工というものもあります。
せん断加工は、金属の板などを切断することで成形するという加工方法です。

実はプレス加工では定番の加工方法の一つになります。
また、せん断加工には別の呼ばれ方もあり、「打ち抜き加工」や「パンチ加工」といった言い方をすることも多く、薄い金属板の加工に最適な加工方法です。

ちなみに、せん断加工は大きく3種類の加工方法にわけることができます。

●打ち抜き加工
所定の大きさにカットする時などに利用されている加工方法で、指定したサイズ通りの大きさや形に切り抜きをしていく加工です。
例えば、自動車のフレームなどを製造する最初の段階の切り抜きを行ったりするのに利用されてます。

●穴あけ加工
必要な穴を開けるための加工方法で、穴あけをするパンチ加工もせん断加工の一つとして分類されています。
一度設定すると何枚でも穴あけすることができ、軽量化をするためのたくさんの穴あけなどをする際にも使われます。

●分断・切り込み加工
部品に切り込みなどを入れる時の加工もせん断加工の一つです。
スリット加工とも言われ、コイル状になった薄い板にスリットを入れる加工方法になります。
大きな一枚の板を細かく分ける時にも使用され、それぞれのサイズのコイルを購入するよりも、大きなコイルを分けた方がコストダウンができるとして利用されています。

このようにせん断加工はさまざまな製品づくりに利用されている加工方法です。
薄い金属の加工をする場合には最適であり、コストダウンを考えている場合に有利な加工方法んもひとつなのです。


太陽パーツでは、せん断加工を含めたプレス加工も得意としております。
お客様の製品づくりにおけるお悩みや問題点など、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【プレス加工】絞り加工とはどんな加工法?

プレス加工はさまざまな加工ができるため、あらゆる分野の製品づくりに利用されています。

プレス加工にもいくつか種類がありますが、中には絞り加工というものもあります。

絞り加工というのは、薄い板状の金属を型を使って変形させ、三次元的な物体に変形させる加工です。
絞りと聞くと「絞って何かを作るのか?」]と思われがちですが、実は型などを使って板を立体的に加工する加工方法のことなのです。


●絞り加工の加工法について
絞り加工では、予め必要な形状にするための型を作ります。
この時上下で挟み込みますので『オスとメスの金型』を製造しておく必要があります。
その金型を上下に設置して間に薄い金属の板を置き、ゆっくりと強い圧力で噛み合わせていきます。
するとその型通りに製品ができあがるという事になるのです。

また、絞り加工で作られる製品は、大きさも比較的自由に作る事ができるため、フレームなどさまざまな分野で利用されるものを作ることができます。
薄い金属なのに強度もある程度高く軽量化も実現できるので、多くの分野で利用されている部品を作り出す事が可能です。


金属の加工方法には色々なものがありますが、プレス加工で作った方がメリットが高いものもあります。
その一つが少ない材料で作る事ができるということです。
切削などで作ると大量の切り粉になってしまいますが、プレス加工の絞り加工の場合は切り粉が出る事はありません。つまりコストダウンをする事ができるという事になるのです。


太陽パーツでは、絞り加工を含めたプレス加工での製品づくりも承っております。
その他の加工法にも精通しているからこそ、お客様の製品づくりをトータルでサポートし、お客様にメリットのある方法をご提案させていただきます。
ぜひモノづくりのことでお困りの際、お悩みをお持ちの際はお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の主な分類について

プレス加工は多くの分野で利用されている金属の加工方法の一つです。
プレスという言葉を聞いて想像できるように、強い圧力を使って金属を形作っていく加工方法であり、特に大量生産をする時に非常に有利な加工法です。

プレス加工に必要なものは、他の加工方法同様に『金型』が必要です。
そのため、プレス機械の上下に取り付ける金型を用意します。
金型と金型の間に金属の板を挟み込んで、プレスをして成形していきます。


そんなプレス加工は、目的形状に合わせて数種類の加工方法があります。
今回は、絞り加工、抜き加工、曲げ加工について、簡単にご紹介いたします。

・絞り加工
薄い肉厚の器状の製品を作る時に利用されている加工方法です。
これは薄いのに頑丈な製品を作ることができる加工方法だとも言えます。

・抜き加工
上下の型のふちの部分が刃物になっており、間に挟んだ金属の板を型通りに打ち抜くという加工方法です。
パンチ加工とも言われます。穴あけ加工をしたりスリット加工をするのもこの抜き加工に分類されています。

・曲げ加工
型がなくても曲げ加工をすることは可能です。
角度はNC制御をする機械で目的の角度に合わせた加工ができます。角曲げの他に丸曲げを行なう事も可能です。


プレス加工では主にこの3つの加工法に分類できますが、どの加工方法を選ぶのかは必要な部品の形状により決めます。
中には意外にもプレス加工で加工をした方がコストダウンができたり、精密さを求められる部品にも用いられることもあります。


太陽パーツでは、プレス加工により製品づくりもサポートしております。
プレス加工をお考えの際には、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.