太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工

プレス加工 Archive

プレス加工の重要性

プレス加工で成形される成形品は簡単な形状のものが多いため、プレス加工は製造工程の比較的早い段階で行われます。例えば、押し出し加工などによって製造された平板は取り扱いやすい形に成形され、プレス加工が施されます。

そんなプレス加工の工程も一度で終わるとは限りません。
形状によっては、何度も違う金型で型抜きを行った後、最後のプレス加工で一つの部品になるということもあります。

プレス加工が施された後で、溶接、曲げ加工(ブレーキ加工とも言われる)、ショット・ブラスト加工などの表面仕上げが行われます。その後も手仕上げや塗装が施され、一つの製品化されたパーツとして、ストックまたは組み立てられ、製品ができ上がります。

プレス加工は多くの工程の原点であるため、品質を特に重視されます。
もしプレス加工で不良が出たまま工程が進んでしまうなら、コストの浪費になります。また、加工工程は設計の段階でプレス加工を考慮に入れたものにすべきです。

例として挙げるならば、下記のような点があります。

●プレス加工は本当に必要なのか…
●それとも他の金型で代用できるのか…
●新しい金型を導入することで見合うだけの利益を生むかどうか…
●プレス加工を行ったあとの工程との互換性、加工後の製品の取り扱いが容易であるか…

などの要素です。

プレス加工はとても重要な加工法のひとつです。プレス加工に関してお困りのことなどございましたらお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の方法とその違いについて

今回は、プレス加工の種類について概観してみましょう。
どんな製品を加工するかによりますが、プレス加工は一度に抜ける量が決まっているため、何度かに分けて、加工を施す場合があります。

順送型といわれるプレス加工法は、文字通り穴を抜き、次に外形を抜き、この作業を連続して抜いていく方法です。

また、コンパウンド型といわれるプレス加工法は穴と外形を同時に抜くことができます。この方法では金型の高い精度が要求されます。順送型と比べて、難しいプレス加工方法です。

それ以外にもトムソン型といわれるプレス加工法があり、このプレス加工ではフィルムなど、やわらかものを主に型抜きします。
例えば、ポリエステルガラスマット、メラミン、エポキシガラス、ユニレート、ファイバー、ポリエステルフィルムなどです。この材料の対象がやわらかいため、大がかりな設備を必要としないため、安価な加工法です。
この方法では一度に同じ製品を何個も抜く多数個取りが容易で、さらに曲げ加工もできるため、金属プレス加工に比べ、コストの消費を抑えることができます。

プレス加工は材料の種類、鋼の炭素含有量、樹脂材の硬度、非鉄材料の含有量など多くの要素によって、プレス加工の精度や、仕上がりが左右されるため、金型や材料の選定には入念な調査が必要です。


製品の材料選定から加工まで、太陽パーツではお客様が喜んでいただけるように、サポートいたします。
プレス加工をお考えの方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工とは~大阪・東京でプレス加工なら太陽パーツへ~

プレス加工とは、対となった工具の間に金属などの加工素材を挟んで、工具つまり金型の形に成形する加工法です。ちなみに、プレス加工は英語ではstampingと言います。


金型は高価ですが、工程が簡単なため、連続加工しやすく、自動化にも向いています。
一般にプレス機械は非常に大きく、機械の上方に大きな荷重が据え付けられていて50トンプレス、100トンプレスといった言い方をします。

大きな荷重により平板の型抜きを行う場合、金型周辺は非常に危険なため、一般には安全装置が据え付けられており、一定の区間に手や顔などが進入すると機械全体の動きが止まる仕組みになっています。

型抜きの際に良くある失敗例として、平板を二枚重ねでプレスしてしまうといったことや、平板の挿入を誤り、製品の形状が変形するといった例があります。
これらは金型を傷め、寿命を縮める可能性があるため、気をつけなければいけません。

また、平板の材質、温度、厚みなどにより、加工の難易は大きく左右されますが、一般的にはプレス油といわれる潤滑油を金型の接触面に塗布し、プレスを容易にします。潤滑油の塗布はプレスした際に材料と金型との摩擦を小さくするという目的もあり、非常に重要な工程のひとつです。


太陽パーツではプレス加工にも強みを持ち、さまざまな加工を行っております。
プレス加工を用いた製品製造、コストや納期の悩みなど、ございましたらお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

さまざまな絞り加工の方法について

絞り加工にはパンチとダイを用いて深絞り加工する以外に、別の加工法があります。
そのひとつが、上下の金型を用いることで金属材料を変形させる方法です。

本日は、その中から張出し加工、エンボス加工、バジル加工という加工法をご紹介いたします。

●張出し加工
この加工法は、金属板を凹と凸のプレス金型を用いて、凸上に張出して成形する加工法です。
張出し加工を行うことで、金属板に異物などがぶつかるなど衝撃によってくぼみになりにくい性質(耐デント性)を向上させることができます。

●エンボス加工
エンボス加工では、張出し加工同様に凹と凸のプレス金型を用います。
ただし、エンボス加工では金属板の一部を凸状態に浮き出させる絞り加工になります。
ちなみにエンボス加工は金属板だけでなく、革製品や紙などにも模様としてほどこされる加工法でもあります。

●バルジ加工(バルジング加工)
バルジ加工には金属材料により少し加工法が異なります。
例えば、材料が金属板であれば油圧によって金属板の一部をふくらませる液圧バルジ加工になります。
また、材料がパイプであれば、パイプの内側から軸方向に圧縮しながら周方向へとふくらませる液圧バルジ加工となります。

特にパイプのバルジ加工では複雑な形状の中空製品を成形することも可能です。

絞り加工など、金属加工・機械加工に現在お悩みを抱えている方はお気軽に太陽パーツまでご相談ください。
複雑形状や小ロット、短納期、そしてコスト面などお客様の悩みをメリットのある製造に変える方法をご一緒に考えましょう。

まずは、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

絞り加工における問題点(欠陥)

前回は絞り加工についてご紹介しました。
ちなみに、絞り加工を行う際、限界絞り比を越えて加工することにより、割れなどの問題が生じることがあります。

絞り加工における欠陥は、しわと割れが主なものになります。

欠陥のうち、割れはダイやパンチに接している部分に見られます。
割れには主に次のようなものがあります。

●底抜け:パンチ肩部に割れが発生したもの。
●側壁破れ:側壁に生じる三日月形の割れ。
●口部割れ:口部から側壁に沿って裂けるように発生したもの。
●フランジ割れ:ダイ肩部で円周に沿って発生したもの。

割れは、限界絞り比を越えた加工時や局部的に金属板が薄くなったり、加工硬化により生じます。


そして、もう一つの欠陥が、しわです。
しわも割れ同様に、口部や側壁、底部で起こります。例としては次のようなものがあります。

●底部凹み:パンチで押した後の除荷により発生したもの。
●側壁しわ:側壁に生じるしわ。
●口周辺しわ:円筒の口周辺が波打つったもの。
●フランジしわ:しわ押さえをしていても発生してしまうもの。

これらのしわは、ダイとの摩擦により流入が行かない場合や金属材料の特性により発生してしまいます。


もし、絞り加工で割れやしわといった欠陥が生じる場合には、金属材料を変更したり、プレス加工の条件を変更するなどして、改善します。

太陽パーツでは、絞り加工を含めたプレス加工も得意としております。
金属加工や機械加工など、お困りのことはお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

絞り加工について~円筒絞り加工・角筒絞り加工~

金属板をパンチによりカップ状に絞る、絞り加工という加工法があります。
絞り加工を行う際には、金属板(ブランク板)をダイとシワ押さえ板で挟み込んだうえで行います。

絞り加工において、主な形状には円筒と角筒があります。円筒の絞り加工を円筒絞り加工、角筒の絞り加工を角筒絞り加工と呼びます。

円形の金属板を四周から均等に流入するのが円筒絞り加工、側壁の流入が大きいことから角形の金属板を使用するのが角筒絞り加工になります。


ちなみに、絞り加工時には”絞り比”を用います。
絞り比は【金属板の直径÷円筒底部の直径】で求めることができ、加工時に割れなどの問題が発生しない最大値を限界絞り比と呼びます。

この限界絞り比が大きいければ大きいほど、より深く絞り加工を行うことができます。


太陽パーツでは、プレス加工のひとつでもある絞り加工のご相談にもお乗りしております。
絞り加工には絞り比だけでなく絞り比に影響する要因などにも考慮して、加工を行います。

絞り加工のことで、お悩みやご不満なことをお抱えの方はお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【プレス加工】絞り加工について

プレス加工において、せん断加工、曲げ加工と同様によく用いられる加工法に【絞り加工】があります。
絞り加工では主にパンチにより、ッブランク板をカップ形状へ絞っていきます。その際にはダイと押さえ板で挟むことで加工を行います。

代表的な絞り加工としては、円筒形に絞る円筒絞り加工、角筒形に絞る角筒絞り加工があります。
ちなみに円筒絞り加工を施す場合は円形のブランク板を、角筒絞り加工を施す場合には角形のブランク板を使用します。

絞り加工で大変なのが欠陥の発生です。
加工条件を間違えれば、割れやしわなどの欠陥を生じるため、注意がひつ王になります。
例えば、ダイ肩部で円周に沿って割れが発生するフランジ割れ、側壁部で派生する三日月形状の割れである側壁破れ、口部から側壁に沿って避けるように割れが生じる口部割れなどがあります。

さらに、割れ以外にも絞り加工では「しわ」が発生する場合があります。
しわも割れ同様に口部、側壁、底部で発生する可能性があります。例えば、フランジ部に生じるフワンジしわ、円筒の口周辺が波立つ口周辺しわ、側壁に入る側壁しわ、パンチ後の底部に生じる底部凹みなどのしわがあります。


その他、絞り加工には張り出し加工やエンボス加工、バルジ加工といったものがあります。

太陽パーツでは、肉薄な製品製造にも役立つプレス加工を行っております。
また、絞り加工のように立体形状への加工も行っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

曲げ加工と成形加工の違い

金属素材の成形によく用いられるのが、プレス加工における曲げ加工です。
実は曲げ加工には様々な形状に曲げることが可能ですが、曲げ加工には良く似た加工法である、成形加工があります。

曲げ加工と成形加工は仕上がりの形状は非常に良く似ていますが、実は大きく異なる点があります。
大きな違いとしては、成形時の曲げ線が直線であるものが曲げ加工、曲線を含む曲げ線であれば成形加工によるものです。

主に曲げ加工では板曲げ加工と円筒曲げ加工があります。
板曲げ加工では、V字曲げ、U字曲げ、L字曲げ、Z曲げなどの様々な形状に曲げることができます。円筒曲げ加工では、U字曲げ加工を行い丸め加工を行います。

また、成形加工では凹型の成形や凸型の成形を行うことができます。
フランジ加工とも呼ばれ、縮みフランジ加工や伸びフランジ加工などの成形方法になります。


どちらの加工法も割れが存在します。
曲げ加工であれば、変形時の伸び以上に材料の伸びがあれば割れることはありません。
ただし、成形加工の場合は最終的な形状は同じようなものであっても、変形過程が異なるため、割れの限界も形状に合わせて大きく変化します。


太陽パーツではプレス加工による曲げ加工、成形加工など、お客様のご要望に合わせて形状の製品を製造いたします。
コスト削減の方法なども積極的にご提案しておりますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【プレス加工】穴あけ加工のポイント

穴あけ加工はプレス加工の中でも、せん断加工でも典型的な加工のひとつです。

せん断加工における穴あけ加工には、パンチが使われます。
パンチを使いブランク板から目的形状の穴になるように打ち抜きます。これは打ち抜き加工にも持ち言われる手法です。

そこで穴あけ加工や打ち抜き加工を行う際には必ず生じる問題があります。
それが『バリ』という鋭い金属片です。このバリは穴あけ加工・打ち抜き加工などのせん断加工においては不可避的に発生します。

プレス加工の際にはバリの後に影響を与えたり、ケガのもとになることがあるため、「バリ取り」という作業も行われます。


そのため、穴あけ加工や打ち抜き加工では気を付けなければいけないポイントがあります。

まず始めの一次穴あけ・打ち抜き加工を行った場合には、まずバリが上方向にできます。
さらに、同じ金属板に二次加工の後の金属板を裏表を反転させる必要があります。もし一次穴あけ・打ち抜き加工を施した板金を続けて、二次加工に移ると板金の裏表の両面にバリが存在することになります。

つまり、穴あけ・打ち抜き加工に置いてはバリを片面に集めるといった工夫が必要になるところがポイントです。


太陽パーツでは、このような機械加工のポイントをいくつも踏まえて皆様の製品をお届けしております。
プレス加工、せん断加工などにご希望の加工を施し、皆様のご希望の品を製造いたします。

詳しくは太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

~プレス加工~せん断加工の種類

プレス加工の中には大きく分けて、せん断加工、曲げ加工、絞り加工があります。

本日はせん断加工について少しお話しいたします。

せん断加工には様々な種類の加工法があります。
中でもブランク加工と呼ばれるものがあり、プレス加工で使用する加工単位の金属板(ブランク板)にする加工になります。

また、せん断加工により金属板から目的の形状を切り離す方法には、切り離し方により加工の名前が異なります。

例として、下記のような加工名と加工法があります。

●打ち抜き加工
金属板から必要な形状を打ち抜くせん断加工です。
金属板の中から目的形状のものを打ち出します。

●切り欠き加工
金属板の端部分から一部を打ち抜くせん断加工です。
加工自体は打ち抜き加工と同様の加工になります。

●縁取り加工
成形した加工物の周囲を切り取るせん断加工です。周囲の縁となる部分を切り取ります。

●切断加工
プレス加工前の大きな金属板の中央部分を幅がない状態で切断し、分割するせん断加工です。

●分割加工
プレス加工前の大きな金属板の中央部分に幅を持たせて分割するせん断加工です。

●切り込み加工
金属板の中央部等を四周の一辺は切り込みを入れずに切り込み、金属板から打ち抜き部分を引き起こすせん断加工です。


このような様々なせん断加工を用いることで、目的の形状へと金属板を成形いたします。
太陽パーツではプレス加工にも幅広く対応しておりますので、試作や小ロット、量産までお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.