太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 切削加工

切削加工 Archive

マシニングセンターの機械の種類-従来編-

マシニングセンターはこれまではフライス加工のNC制御がついたもの、という位置づけで使われていました。
しかし、最近では技術の向上によってまさにスーパーマシンとも言えるほど進化しています。今回はマシニングセンターの機械の種類とその進化、そしてこれまでのマシニングセンターとどのように違うのか等についてご紹介いたします。

従来のマシニングセンターとは、どのようなものかご存知でしょうか?
従来のマシニングセンターというと3軸加工をする機械というのが定番でした。
要するにNC制御ができて自動でツールを交換してくれる切削機械だったわけです。

3軸というのはX軸(横軸)とY軸(縦軸)そしてZ軸(高さ)になります。
これはフライスと全く同じ動きができます。3軸に方向に動くプログラミングすることでできる加工は中ぐり加工、フライス削り、穴開け、タップ、リーマなどフライスができる動きならどんな動きでも可能です。

プログラムで製造過程を指定できるため、製品製造をスタートすれば製品完成まで機械が自動で行ってくれます。
数値制御は多くの工場で使われており、マシンングセンターは金型などを作る時などにも活躍している機械です。現在でも多くの工場で使われている機械です。

太陽パーツでは、お客様の作りたい製品づくりをサポートしております。
もし製造に関することでお悩み事などございましたら、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

穴あけ加工ならボール盤加工~穴あけ加工の種類~

穴あけ加工と言えば、ボール盤ですが、その加工法は実は細かく別れています。
今回は、ボール盤加工時に行われる、穴あけ加工の種類をいくつかご紹介いたします。

▼穴あけ・穴広げ加工
ボール盤上の台に加工したい材料を固定し、もみつけをした場所へドリルで穴をあけます。
大きな穴を開けなくてはならない場合は、まずは小さなドリルで穴を開けてから、徐々に大きなドリルへと変えて穴を広げたり、穴あけ加工を行います。

▼リーマー加工
リーマー加工は一般的には穴を広げる加工でもありますが、開けた穴の精度を高める加工でもあります。リーマーといわれる工具を使い、ドリルの穴にリーマーを通して精度の高い穴に仕上げることができます。

▼タップ立て
タップとはネジきりのことです。ボール盤ではネジ切り加工などはできませんが、タップというネジ切り用の工具を使うことで可能になります。
下穴を開けて座ぐりを入れた後でタップを使ってねじ山を移すことで、ねじ切りをしたのと同じ効果を得られます。
強度が欲しい時は若干大きめのタップを入れて、ヘリサートなどを入れて強いねじに仕上げる事も可能です。


太陽パーツでは、様々な加工法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
現在、製品製造でお悩みのことがございましたら、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。太陽パーツでは、お客様にメリットのあるご提案をお届けしております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

様々な加工に利用されるエンドミル加工の種類

エンドミル加工にはいくつかの種類があります。
段差をつけるための段削り、素材の側面を削る端面削りなど、エンドミルの加工法をいくつか五條海いたします。

▼段削り加工
段削り加工とは、基本はエンドミルの先端部分を使って部品に段をつける加工です。段の数は基本的にいくつでもつける事ができます。
また、エンドミルの形状を利用したり、機械の性能を利用したりして、段のコーナーを直角に削る事もできますし、角度やRをつける事もできます。エンドミルに角度をつけることによってテーパーのついた段削りをする事ができます。

▼端面削り加工
端面削り加工とは、エンドミルの先端部分や側面部分を使った加工の方法で、角出しをしたり表面を削って加工をしたりする加工です。表面を削りながら側面を削りだしする事も可能です。

▼半円溝加工
エンドミルを使って半円の溝を彫ることができ、これを半円溝加工と言います。
一般的なエンドミルを使ってもRを出すことはできないため、半円溝加工を行い際には、ボールエンドミルを使って溝加工を行うことになります。

▼窓加工
窓加工では、部品に貫通した穴をあける加工になります。
例えば、アルミ押出で製造したサッシなどに貫通した加工をする時などに利用されます。
ブラケットや自動車部品のプーリーなどの側面に貫通した穴加工を行いますが、これも窓加工といってエンドミルを使って加工したりします。

▼創形加工
創形加工はエンドミル加工の中でも、最も力を発揮している加工であると言われています。
この加工はエンドミルの先端を使って細かく設定し、三次元的な製品を作り出す事ができるのです。
フライスでは難しいかもしれませんが、マシニングセンターを使って加工を行います。


太陽パーツでは、お客様の求める形状を実現するため、あらゆる加工法で製品づくりをサポートしております。
作りたい製品がある、他社で断られた製品など、まずは一度お気軽に太陽ぱーっつまで=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

機械加工の基本のひとつはボール盤加工

機械加工、金属加工の基本中の基本でもある穴あけ加工には、「ボール盤」がよく利用されます。
ボール盤加工とひと言に言っても種類があり、穴あけを行うだけでなく、穴を広げたり、整形したりとさまざまな加工があります。

まずはボール盤について簡単にご紹介します。
そもそもボール盤とは、小型の機械で、主にドリルやリーマと呼ばれる工具を使って加工を行う機械のことを言います。
主軸とモーターがつき、左右に取り付けられるハンドルがついているので、ドリルのついた部分が上下に動き、穴あけ加工を行います。
万力などを使って据え付ける事ができる卓上タイプのボール盤もあります。

また、オール版加工では、主に3つの工程で行われることが多くなります。
最初の工程では、まず目的寸法よりも小さなドリルを使い穴を開けます。次に目的寸法に合ったドリルを使い、穴を広げる加工を行います。最後に穴の内面を滑らかにするための仕上げ加工を行う、この3つの工程が典型的な穴あけ加工になります。

ボール盤でできる加工は、主に穴あけ加工など、限られている部分はありますが、工夫をすることにより大活躍する加工法です。


太陽パーツでは、お客様のモノづくりを製造方法、コスト面でもサポートしております。
製品製造に関するお悩みやお困りのことは、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

主なフライス盤加工の方法について【ミーリング加工】

現場では「ミーリング」とも呼ばれる、フライス盤加工の主な方法をご紹介します。
フライス盤加工では、金属材料を固定し、工具を回転させながら、切削を行う加工法です。
加工を行う金属は、主に角ものや箱もの、板金などの形状が主になります。時には丸ものを加工することもあります。


フライス盤加工では、平面切削を行うことが多くなります。
ただし、平面切削であっても呼び方が微妙に異なっています。

例えば、材料の面に沿って切削を行う正面フライス加工があります。
さらに、深く削ることで段差を付ける場合は、角フライス加工と呼びます。

段差を付けるフライス加工には、別の方法もいあり、円筒状の工具の側面で削る角側フライス加工というものもあります。
円筒状の工具の側面で切り込みを入れれば、溝を入れることができる溝フライス加工が可能になります。

また、面積の大きい円筒状の工具で切削を行えば、平板状の一面を一気に削ることもできます。


太陽パーツでは、フライス盤加工を含めた切削加工を行っております。
製品づくりのことでお悩みのことなどございましたら、一度太陽パーツまでご相談ください。
長年の豊富なノウハウと様々な加工技術で、お客様のモノづくりをサポートいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

様々な製品づくりに利用される旋盤加工の特徴

旋盤加工は、金属加工の中でも様々な加工ができることでも知られている加工法でしょう。
最近では多軸加工ができる機械も開発されているため、製品によっては他の機械を使わなくても一台で完成させることができるようになってきています。

ちなみに、旋盤加工と言えば、どのようなものだと想像されるでしょうか?

旋盤加工は、金属加工の中でも重要な部品を加工する際にも多く利用されています。
旋盤加工の最大の特徴は、回転する金属を、バイトと呼ばれる工具を使い、金属材料を削ります。
機械の大きさによって、小さなものから大きなものまでを加工する事ができます。

汎用旋盤では人の手で微妙な作業ができますが、量産する場合に便利なNC旋盤などが利用されています。
さらに最近では多軸加工ができるものや複合加工が可能な旋盤もあるので、旋盤加工の幅もかなり広がっています。

太陽パーツでは、旋盤加工を含めた切削加工によりお客様の製品づくりをサポートしております。
アイデア段階のものでも対応しておりますので、ぜひ一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

フライス盤加工の機械の種類について

フライス盤加工は、穴あけやネジ切りなど、実にさまざまな製品製造に使われている加工技術です。
昔から旋盤加工とセットで利用されることが多く、二次加工的な加工を行なうという印象も強いのではないでしょうか?

フライス盤加工の最大の特徴は、台が動いて回転している刃物で削るというのが特徴でしょう。
旋盤加工は、爪で固定した製品自体を回転させながら加工を施しますが、フライス盤加工では製品を乗せた台を動かしながら加工します。
加工時に用いる用具はドリルやエンドミル、バイトで、それを使って台を動かしながら加工を行っていきます。

ただし、フライス盤加工には機械にもいくつか種類があります。

●汎用フライス
テーブルと呼ばれる部分に材料を固定します。
X軸(左右)・Y軸(手前と奥)・Z軸(上下)があり、目盛を見ながら加工を行います。
汎用フライスの場合は刃物がついた部分を固定したり、上下に動かるなどして加工します。
基本はテーブルを移動させて加工を行いますが、この状態にNC装置などをつけたればNCフライスになります。

●マシニングセンター
通称MCと言われる機械で、プログラミングにより加工を行なうことができます。
自動的に加工を行なえるため、量産に向いている加工です。また、精度も良く、金型などの二次加工などにも使われています。
また、マシニングセンターにはタテ型とヨコ型にも別れています。

●多軸加工機
NC旋盤の多軸と同じように、MCにも多軸加工機というものが存在しています。
多軸になることで、NCでしかできないと言われていた外径のR加工などを行なうこともできます。


フライス盤加工は、二次加工のイメージをお持ちではないでしょうか?
最近ではフライス盤加工の技術も向上しているため、よりクオリティーの高い製品を作ることができるようになってきています。


太陽パーツでは、フライス盤加工を含めた切削加工にも対応しております。
それ以外の製造方法も幅広く行っているため、お客様のモノづくりをサポートいたします!
製品製造のことで、お悩みのことなどございましたら、まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の特長と加工法の種類

金属を加工する方法と言えば、『切削加工』が多く利用されています。
そこで今回は切削加工の特徴と加工の種類について、簡単にご紹介いたします。

切削加工の特徴には、下記の点などが挙げられます。

・直線的な加工ができる
・穴あけやネジなどの加工ができる
・回転した製品を削りだす事ができる
・精度の高い製品を作る事ができる

切削加工では複雑な形状の製品も作り出す事ができるだけではなく、より精度の高い製品を作り出す事も可能です。
例えば回転した金属にバイト(刃物)を当てて削りだす事で、寸法精度の高い製品を加工する事ができます。
さらに直線的な素材をフライスやマシニングなどで加工する事も可能なのです。


切削加工によって様々な加工ができますが、ひとつの機械によって行うのではなく、加工法は実は様々あります。

・直線切削
主にフライス旋盤やMCを利用して、カットしたり、穴を明けたり、ネジ切りを行ったり、表面を加工することができます。

・回転切削
主に旋盤やNCを利用して、外径や内径の加工をしたり、ネジ切り、溝切りなどの加工を行います。

このように、それぞれの機械の特性を活かした金属加工を行なう事ができるのも大きな特徴です。
製品には金型や試作品などの重要な製品を加工するために利用される事も多く、現在でも中心の部分を作るのに活用されている加工方法です。

また、切削加工も技術の進歩により多軸加工もできます。
以前は各加工法の得意分野を手分けして加工を行っていましたが、現代では多軸加工ができる機械も開発されています。
そのため一つの機械で全ての加工が可能な場合もあります。つまり1台で多くの加工ができるため、人件費であったり、加工時間の短縮にもつながります。


太陽パーツでは、そんな切削加工による製品づくりにも精通し、お客様のモノづくりをサポートしております。
加工法など、製品を製造される際にお悩みのことなど、お気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工による中ぐり加工と注意点について

機械部品を製造する時には適材適所な加工方法を行なう必要があります。
例えば、削り出しをして大きな穴を開けなくてはならない場合には、切削加工の中ぐり加工を行なうことが多くなります。

切削加工の中ぐり加工とはどのような加工方法なのか、その手順についてを説明するとともに、注意点などについても簡単にご紹介します。


●切削加工による中ぐり加工の手順
切削加工を行なう場合、NC旋盤や汎用旋盤などを使って行なうのが一般的です。
この時の手順を簡単に説明すると次のようになります。

①ドリルを使って最初の穴をあける
まずは内径を削る『中ぐり加工』用のバイトが入るくらいの穴をあける必要があります。
その加工をするためにドリルを使って最初の穴を開ますが、この時にできるだけ大きい穴をあける必要があります。
ドリルの穴あけはボール盤やフライスでも可能です。

②中ぐり加工用バイトで穴を広げていく
ドリルで穴を開けたら内経用バイト(中ぐり加工用バイト)を使って穴を広げていきます。
穴が小さい場合には小さい内経用バイトを使って穴を広げ、徐々に大きなバイトを使って内径を広げます。
図面通りの寸法まで穴をあけたら中ぐり加工は終わりです。
つまり中ぐり加工というのは穴を広げていく加工のことになります。

③中ぐり加工をする時の注意点
中ぐり加工を行なう時に注意したいのは穴が大きくなっていくと、少しずつ加工が難しくなっていく事です。
例えば内径が大きく外径との差が小さい時、さらにある程度の長さがある場合は特に注意が必要です。
内径が広くなると薄くなってくると、細かな振動が起きてしまうためにキレイな仕上がりにならなくなってしまいます。

そんな時には加工をする時に工夫をしなくてはなりません。
カラーを作って振動をなくすのが一般的ですが、中には外側に変形しない程度にゴムなどを巻いて加工する場合もあります。


太陽パーツではお客様の作りたい製品づくりをサポートしております。
様々な加工法に精通しているからこそ、最適な加工法、コストメリットのある方法など、お客様のご希望になるべく寄りそったご提案をいたします。まずはお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工を使ったネジ加工について

切削加工で製造できるものは、たくさんあります。
その中の一つにネジ加工というものもあります。ただし、ネジ加工といっても物を固定するためだけに使うネジだけではありません。

例えば、容器のフタの中には、少しひねるだけでフタが簡単に取れるものなどもありますよね。
実はネジ切りの加工の中には、容器のフタなどの製造にも力を発揮しています。普通のネジきりとは違い、この加工ができるのも切削加工ならではです。

ネジ切りに関しては、規格にはない加工を行わなくてはならない事もあるでしょう。
最近では、商品の品質だけでなく、細かいところへの配慮も重視されているため、容器にもこだわるところは多いですね。それがネジ切りにも影響してくるという事になるわけです。

規格外のネジを切る場合、NC旋盤加工が最適です。
「ネジの部分に工夫がしたい」という場合は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

太陽パーツでは、切削加工を含め、あらゆるモノづくりをサポートしております。
ネジ切りに関しても、お悩みのことがございましたら、まずは一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 切削加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.