太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 切削加工

切削加工 Archive

様々な製品づくりに利用される旋盤加工の特徴

旋盤加工は、金属加工の中でも様々な加工ができることでも知られている加工法でしょう。
最近では多軸加工ができる機械も開発されているため、製品によっては他の機械を使わなくても一台で完成させることができるようになってきています。

ちなみに、旋盤加工と言えば、どのようなものだと想像されるでしょうか?

旋盤加工は、金属加工の中でも重要な部品を加工する際にも多く利用されています。
旋盤加工の最大の特徴は、回転する金属を、バイトと呼ばれる工具を使い、金属材料を削ります。
機械の大きさによって、小さなものから大きなものまでを加工する事ができます。

汎用旋盤では人の手で微妙な作業ができますが、量産する場合に便利なNC旋盤などが利用されています。
さらに最近では多軸加工ができるものや複合加工が可能な旋盤もあるので、旋盤加工の幅もかなり広がっています。

太陽パーツでは、旋盤加工を含めた切削加工によりお客様の製品づくりをサポートしております。
アイデア段階のものでも対応しておりますので、ぜひ一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

フライス盤加工の機械の種類について

フライス盤加工は、穴あけやネジ切りなど、実にさまざまな製品製造に使われている加工技術です。
昔から旋盤加工とセットで利用されることが多く、二次加工的な加工を行なうという印象も強いのではないでしょうか?

フライス盤加工の最大の特徴は、台が動いて回転している刃物で削るというのが特徴でしょう。
旋盤加工は、爪で固定した製品自体を回転させながら加工を施しますが、フライス盤加工では製品を乗せた台を動かしながら加工します。
加工時に用いる用具はドリルやエンドミル、バイトで、それを使って台を動かしながら加工を行っていきます。

ただし、フライス盤加工には機械にもいくつか種類があります。

●汎用フライス
テーブルと呼ばれる部分に材料を固定します。
X軸(左右)・Y軸(手前と奥)・Z軸(上下)があり、目盛を見ながら加工を行います。
汎用フライスの場合は刃物がついた部分を固定したり、上下に動かるなどして加工します。
基本はテーブルを移動させて加工を行いますが、この状態にNC装置などをつけたればNCフライスになります。

●マシニングセンター
通称MCと言われる機械で、プログラミングにより加工を行なうことができます。
自動的に加工を行なえるため、量産に向いている加工です。また、精度も良く、金型などの二次加工などにも使われています。
また、マシニングセンターにはタテ型とヨコ型にも別れています。

●多軸加工機
NC旋盤の多軸と同じように、MCにも多軸加工機というものが存在しています。
多軸になることで、NCでしかできないと言われていた外径のR加工などを行なうこともできます。


フライス盤加工は、二次加工のイメージをお持ちではないでしょうか?
最近ではフライス盤加工の技術も向上しているため、よりクオリティーの高い製品を作ることができるようになってきています。


太陽パーツでは、フライス盤加工を含めた切削加工にも対応しております。
それ以外の製造方法も幅広く行っているため、お客様のモノづくりをサポートいたします!
製品製造のことで、お悩みのことなどございましたら、まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の特長と加工法の種類

金属を加工する方法と言えば、『切削加工』が多く利用されています。
そこで今回は切削加工の特徴と加工の種類について、簡単にご紹介いたします。

切削加工の特徴には、下記の点などが挙げられます。

・直線的な加工ができる
・穴あけやネジなどの加工ができる
・回転した製品を削りだす事ができる
・精度の高い製品を作る事ができる

切削加工では複雑な形状の製品も作り出す事ができるだけではなく、より精度の高い製品を作り出す事も可能です。
例えば回転した金属にバイト(刃物)を当てて削りだす事で、寸法精度の高い製品を加工する事ができます。
さらに直線的な素材をフライスやマシニングなどで加工する事も可能なのです。


切削加工によって様々な加工ができますが、ひとつの機械によって行うのではなく、加工法は実は様々あります。

・直線切削
主にフライス旋盤やMCを利用して、カットしたり、穴を明けたり、ネジ切りを行ったり、表面を加工することができます。

・回転切削
主に旋盤やNCを利用して、外径や内径の加工をしたり、ネジ切り、溝切りなどの加工を行います。

このように、それぞれの機械の特性を活かした金属加工を行なう事ができるのも大きな特徴です。
製品には金型や試作品などの重要な製品を加工するために利用される事も多く、現在でも中心の部分を作るのに活用されている加工方法です。

また、切削加工も技術の進歩により多軸加工もできます。
以前は各加工法の得意分野を手分けして加工を行っていましたが、現代では多軸加工ができる機械も開発されています。
そのため一つの機械で全ての加工が可能な場合もあります。つまり1台で多くの加工ができるため、人件費であったり、加工時間の短縮にもつながります。


太陽パーツでは、そんな切削加工による製品づくりにも精通し、お客様のモノづくりをサポートしております。
加工法など、製品を製造される際にお悩みのことなど、お気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工による中ぐり加工と注意点について

機械部品を製造する時には適材適所な加工方法を行なう必要があります。
例えば、削り出しをして大きな穴を開けなくてはならない場合には、切削加工の中ぐり加工を行なうことが多くなります。

切削加工の中ぐり加工とはどのような加工方法なのか、その手順についてを説明するとともに、注意点などについても簡単にご紹介します。


●切削加工による中ぐり加工の手順
切削加工を行なう場合、NC旋盤や汎用旋盤などを使って行なうのが一般的です。
この時の手順を簡単に説明すると次のようになります。

①ドリルを使って最初の穴をあける
まずは内径を削る『中ぐり加工』用のバイトが入るくらいの穴をあける必要があります。
その加工をするためにドリルを使って最初の穴を開ますが、この時にできるだけ大きい穴をあける必要があります。
ドリルの穴あけはボール盤やフライスでも可能です。

②中ぐり加工用バイトで穴を広げていく
ドリルで穴を開けたら内経用バイト(中ぐり加工用バイト)を使って穴を広げていきます。
穴が小さい場合には小さい内経用バイトを使って穴を広げ、徐々に大きなバイトを使って内径を広げます。
図面通りの寸法まで穴をあけたら中ぐり加工は終わりです。
つまり中ぐり加工というのは穴を広げていく加工のことになります。

③中ぐり加工をする時の注意点
中ぐり加工を行なう時に注意したいのは穴が大きくなっていくと、少しずつ加工が難しくなっていく事です。
例えば内径が大きく外径との差が小さい時、さらにある程度の長さがある場合は特に注意が必要です。
内径が広くなると薄くなってくると、細かな振動が起きてしまうためにキレイな仕上がりにならなくなってしまいます。

そんな時には加工をする時に工夫をしなくてはなりません。
カラーを作って振動をなくすのが一般的ですが、中には外側に変形しない程度にゴムなどを巻いて加工する場合もあります。


太陽パーツではお客様の作りたい製品づくりをサポートしております。
様々な加工法に精通しているからこそ、最適な加工法、コストメリットのある方法など、お客様のご希望になるべく寄りそったご提案をいたします。まずはお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工を使ったネジ加工について

切削加工で製造できるものは、たくさんあります。
その中の一つにネジ加工というものもあります。ただし、ネジ加工といっても物を固定するためだけに使うネジだけではありません。

例えば、容器のフタの中には、少しひねるだけでフタが簡単に取れるものなどもありますよね。
実はネジ切りの加工の中には、容器のフタなどの製造にも力を発揮しています。普通のネジきりとは違い、この加工ができるのも切削加工ならではです。

ネジ切りに関しては、規格にはない加工を行わなくてはならない事もあるでしょう。
最近では、商品の品質だけでなく、細かいところへの配慮も重視されているため、容器にもこだわるところは多いですね。それがネジ切りにも影響してくるという事になるわけです。

規格外のネジを切る場合、NC旋盤加工が最適です。
「ネジの部分に工夫がしたい」という場合は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

太陽パーツでは、切削加工を含め、あらゆるモノづくりをサポートしております。
ネジ切りに関しても、お悩みのことがございましたら、まずは一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工が利用されている製品~印鑑~

日々の生活や仕事にも欠かせない印鑑。
印鑑がどのようにして作られているのか、ご存知でしょうか?

以前は手掘りというところも多かったでしょう。
しかし最近では切削加工によって作られることも多くなってきています。

小さなMC(マシニングセンタ)などで作られています。
マシニングセンタというのは、刃物を回転させて、プログラムした通りに削りだす事ができる切削加工の機械です。

なので印鑑など削り出しをする加工はとても得意な加工なのです。
最近ではチタンなどの印鑑も出回っていますが、チタンであれば、耐久性・耐食性にも優れ、素材が硬いこともあり人気の印鑑でしょう。
硬い素材だから切削加工により削り出すことが適しています。

印鑑を切削加工する場合ですが、NC旋盤などで外形を削って必要な太さにしたあとで、MC(マシニングセンタ)などで名前の部分を掘り出すといった加工をしていると思われるでしょう。

ですが最近では3次元加工ができるNC旋盤もあるので、ワンチャックで最後まで加工ができるといった加工も可能になっています。
もちろんそれだけの加工ができるのですから、細く小さく彫り込まなくてはならない部品加工などにも対応できます。

これは印鑑だけではなく、3次元加工ができるようになったので、印鑑ではなくても特別製の家具のつまみ部分などを作る事も簡単です。


太陽パーツでは、切削加工にも対応しております。
細かな部品の精密加工にも対応し、材質や苦行によってはミクロン台の加工も可能です。
もし切削加工の事で悩まれているのであれば、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

一次加工だけでなく二次加工にも利用される切削加工

切削加工の技術により、高品質な部品や製品がこの世に送り出されています。
とても精度の高い精密な部品作りも切削加工は得意としています。

切削加工には、NC旋盤と汎用旋盤がありますが、小さい部品加工ができるペンチなどを使っての一次加工を行なう事ができます。
ららに、一次加工だけでなく、二次加工にも広く用いられている加工方法です。

NC旋盤は素材を回転させて削る加工法で、精度の高い円形状の部品を製造するのを得意とします。また、製品にタップやカットといった加工を施すのがフライスであり、MCであったりします。

さらに、NCとMCの複合機であれば、加工時間を短縮する事が可能になります。
つまり、複合機で加工をすれば、手間も減り低価格で部品の製造を行なうことが可能なのです。
例えばハウジングやベアリングのような円形状の製品に、二次加工として別に行っていた穴あけやカットをする事もできます。もちろんMC加工のみの製品まで量産が可能です。

特に精度を求める製品の製造にはぴったりの製造方法です。

切削加工は、一次加工や二次加工にも多く用いられている加工法であり、高い精度を誇る製品を製造するのに欠かせない方法です。
さらに、他の加工法で使用される金型製の工具や、最近では医療機器の製造にも活用されている技術です。

そんな切削加工は、大量生産で製造を行えば、量産効果によりコストを抑えることにもつながります。

切削加工を利用した製品製造は太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
お客様にメリットのある製造法のご提案やなど、親身な対応で皆様の期待にお応えいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

円形状の製品の製造なら切削加工

切削加工で作られた製品は、高精度であることが知られています。
例えば、円形状の製品の場合は、旋盤加工という切削加工を行なうことが最も適しています。

旋盤加工の特徴は、製品となる素材を回転させながら目的形状へ加工を行います。
厳しい基準の部品製造には最適で、細かい公差が決められていても作り出す事が可能です。

有名な製品であれば車の部品から、重要な機械の部品など、その精度の高さから他にも金型を作る時にも利用されている加工法です。

さらに、プログラムで切削加工が施せる機械があるため、より高精度な製品を小ロットから大ロットまで製造することが可能です。
特に大量生産であれば量産効果を得られるため、低コストで部品の調達ができるようになるのです。

最近は二次加工をす必要が無いタイプの加工機械もあり、コストを抑えて製品を作り出す事が可能になってきています。
精度が高い円形状の製品はやはり切削加工が一番ですので、今後も活躍してくれる技術である事に間違いはないでしょう。


太陽パーツでは、切削加工においてもお客様のご要望にお応えいたします。
試作品の製造はもちろんのこと、小ロットであっても大ロットであっても、まずはお気軽にご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高精度なバルブ部品にも利用される切削加工

切削加工と言えば、丸い形状を成形する時の加工法と思われている方も多いでしょう。
通常NCや旋盤といった切削加工は、素材を高速で回転させて専用の工具で削るため、部品の精密度がとても高い加工法です。

例えば、バルブ部品などを造る時にも切削加工の技術が活用されています。
バルブ部品自体の長さが長いと切削加工をしている時に、たわんでしまい精度がでないことがあります。これは、長さだけでなく、柔らかい材質で製造する場合にも同じ事が言えます。

切削加工の技術は長くても一貫して同じ高精度の部品を作り出す技術があります。
もちろん複合機を使う事によってより複雑で高精度な部品を造る事も可能です。

ちなみに高精度のバルブ部品は、主に自動車部品や医療部品として活用されています。
精度が必要な箇所にも利用されるほど、切削加工は高い精度の製品を作ることができます。
近年では自動車部品も低燃費で高性能である必要があるため、より精度の高い部品が必要になってきているのです。

その要求に応えられる技術のひとつに、切削加工の技術も含まれています。


太陽パーツでは、切削加工によるお客様のモノづくりをサポートしております。
試作品、量産など、様々なご要望にもお応えしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ワンチャックで製造できる切削加工

十数年前までは切削加工は役割分担されている加工方法でした。
例えば、丸物は旋盤加工で加工をして、旋盤でできない加工はフライスやMCなどで加工をしていたのです。

その頃は機械が違うことで微妙なズレなどが生じたりする事もあったかもしれませんが、最近は旋盤加工とフライス加工が一工程、つまりワンチャックで加工できるようになったため、より精度の高い製品を造ることが可能になっています。

例えばMCの技術で精度の高い彫込をした後、旋盤加工で穴を貫通させたいということも可能です。ドリルが回るか製品が回るかによって仕上がりが違ってくるため、その製品に合った加工技術を使うことが可能なのです。

ワンチャックでできる製品は、プレートなどの歪みを抑えたい製品などに多く使われています。


ワンチャック加工が可能になり、多く製造されているのが精密機械の部品です。
特に医療部品の分野でこの技術が活用されています。切削加工は今後も必要な技術として発展をしていくと期待されています。
また一工程で加工が可能なため、コスト削減にもつながります。

切削加工は今後も高い技術と生産性を活かして、低コストを実現し、製品の品質を上げるお手伝いができる分野なのです。


太陽パーツでは、切削加工も含めて様々な機械加工に対応しております。
製品づくりをより高い精度で、より低コストで、お客様にメリットのあるご提案をいたしますので、まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 切削加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.