太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 切削加工

切削加工 Archive

医療用部品の製造に利用される切削加工

普段私たちが何気なく利用しているものの中にも、日本の加工技術を感じる事ができるものがたくさん溢れています。

例えば病院で使われている医療機器にも加工技術が活かされているのです。
外科的な手術を受ける時、昔ならばお腹を大きく開いて手術が行われていましたが、現代では小さな穴を開けてそこから鉗子などを入れて手術をするので、術後の回復もとても早くなっています。

外科手術で利用されている補助鉗子にも切削加工の技術が使われているのです。
鉗子の柄の部分はNC旋盤などで加工されます。また、骨折などの治療に使われるボルトなども切削加工で製造されていますね。
素材はチタンやSUSなど様々な素材があり、これは用途に合わせて選ばれています。


切削加工での医療用部品の製造法は、旋盤やNC旋盤などによるネジ切り加工を行います。
旋盤による切削加工でネジ切りを行なうことで、強度面や衛生面で優れた部品を製造することが可能になります。

一般的な加工法としては、ロット素材を使ってネジ切りを行い、ネジ切り加工を行った後で面取りをしながら切落しをするという加工を行ないます。ロット材を利用する事で自動的に加工ができるため、無駄のないものづくりができます。


医療業界の発展は医療技術だけでなく、必要な医療器具や医療機器を加工する技術の向上によるものも少なからずあります。
ボルトなど医療機器に使われる部品と切削加工は切っても切り離せない存在でもあるのです。


太陽パーツでは、様々な分野で使われる製品製造をサポートしております。
試作から大量生産、小ロット生産など、お気軽にご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ネジを作る時の製造方法と注意点

普段私たちが使っているネジの多くは、実は切削加工で作られていることが大半です。
もちろん製品によって異なる場合がありますが、製造方法は概ね同じような製造方法で作られているのです。

中には製品全体の軽量化を図るために、ネジの素材をアルミを使って製造することもあります。
材料がアルミであってもネジの製造方法は他のネジを造る時と同じ方法で製造します。

ただし、アルミでネジを製造する時にはいくつかの事に注意して製造する必要があります。
例えばアルミニウムは柔らかい素材ですので、製造方法で工夫する事はもちろんですが、加工後の表面処理などにも気を配らなければいけません。

アルミは柔らかい材質であるために、ちょっとした衝撃でも変形してしまう可能性があります。
そこで通常よりも若干小さめに製造し、アルマイト処理などをして衝撃や繰り返しの使用に耐えられるようにする表面処理を行います。

オスネジもメスネジも同様に表面処理を施します。
ネジにヘリサートというものを埋め込むなどをして強化したりします。
このような工夫があるから製品の軽量化が可能になります。

ネジひとつ作るにしても様々な点に気をつけて製造しなければいけません。

太陽パーツでは、ネジ製造など、お客様のご要望に可能な限りお応えいたします。
まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

医療部品の製造にも力を発揮する切削加工

日本の切削加工技術は世界一とも称されています。
その技術は医療機器などの部品に使用されていることからも表されています。

ちなみになぜ医療部品を切削加工で作ることが良いこと言われているのか、ご存知でしょうか。

その理由は、切削加工は継ぎ接ぎの無い製品を作れることにあります。
継ぎ接ぎがなければ、万が一の液漏れなどを引き起こしません。必要不可欠な条件を整えることが可能だからです。

特に医療部品には樹脂やチタンなどを材料として使う事が多いようです。
軽くて丈夫という事がこの二つの素材の利点ですが、医療部品では小さな部品もたくさんありますし、最近では腹腔鏡などの部品としても切削加工によって作成されることも増えてきています。

そして切削加工によって作成される部品の使い道の一つとして、頭蓋骨などの固定や手術をする時に必要な医療部品です。チタンは軽量で丈夫という特徴があるため、切削加工が難しくても材質的には適しているのです。


太陽パーツでは、旋盤加工・NC旋盤加工・フライス加工・MCの4つを軸に皆様の製品製造をサポートしております。
単純な形状のものから複雑な形状のもの、寸法精度が求められる製品など、どのような製品でもお気軽にご相談ください。
皆様の作りたいにお応えいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の特徴と様々な種類

切削加工を簡単に説明するとすれば、素材を削って製品にする、というものです。
そんな切削加工の特徴は高い精度を出すことができるのも一つですが、さらに切削加工は様々な種類の機械を使って加工できることも特徴として挙げられます。

特に切削加工の機械として耳にするのは、汎用旋盤ではないでしょうか。次にフライス加工などが切削加工の代表的なものですが、実は研磨や歯切りなども切削加工の一つです。
他にも放電加工などもありますが、放電加工はレーザーで加工をするため、溶けたようになってしまうのが特徴です。そのため精度が必要な場合には、他の切削機械が選ばれることもしばしばです。

切削加工のイメージがあまり浮かばないという場合は、ご家庭で日曜大工として木を材料にさまざまなものを作られる方もいらっしゃいますよね。それもある意味で言えば切削加工の特徴を持っています。
材料を切ったり、穴を開けたり、という加工は切削加工の一種であると言えるからです。

切削加工は特徴や加工の方法によって、およそ300種類に分類されていると言われています。
一言で切削加工といってもこれだけの種類があるため、ひとつの製品を製造する場合でも様々な方法が考えられます。


太陽パーツではお客様が作りたい製品に最適な方法をご提案しております。
切削加工はもちろん、他の機械加工にも精通していますので、トータルにサポートいたします。まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の機械の進化は止まらない【3次元加工】

切削加工は日本の産業を支えているものひとつ言っても過言ではありません。

日本の切削加工は、世界でもトップクラスの技術を持っているにも関わらず、その進化は止まることを知らず、近年は3次元加工も可能です。
そのため、製品をより高い精度で製造できるのはもちろん、強度も確保できるようになっています。

これまで切削加工による3次元での加工は難しく、できたとしても機会のコストが非常に高くすぐに導入できるほど安くはありませんでした。
もちろん現在でも機械の価格は決して安くはありませんが、3次元加工ができることにより自由自在にアイデアを形にできるのは事実です。

さらに、以前は旋盤加工とフライス加工は別々に行われていましたが、3次元加工が可能になることで、余計な時間と手間を省く事ができるのです。
旋盤とフライスが一台でできる複合加工機があれば、より複雑な形状の製造も可能になります。

太陽パーツでは、切削加工においても様々な加工法に精通しております。
切削加工等でお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
試作品の製造から大量生産まで、お客様のモノづくりをどこまでもサポートいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工における刃物と材料の硬さの関係

金属を加工する代表的な方法のひとつである切削加工。
切削加工は材料を常温で加工するため、非常に高い精度を得ることが可能になります。
ただし、切削加工には時間がかかってしまうためりコストが高く、量産には向かない面もあります。

また切削加工で金属を加工しようとする場合、その金属より硬い刃物で加工することが絶対的な条件です。

最近ではメディアでも金属加工が取り上げられることもあります。
例えば、金属に穴をあけることが出来るかどうかといった事をテーマにした番組もありました。
使用した非切削物は超硬合金です。この材料はもともとが刃物として使われるものなので当然非常の硬い材料です。そこに穴をあけようとするのですからそれより硬い刃物が必要となります。

この場合、使われたものは工業用ダイヤモンドを結合剤で固めたものです。
加工をしていくとダイヤモンドが落ちては次のものが現れる、つまり砥石を使った方法で切削するというものです。ちなみにこれは厳密にいえば切削ではなく研削加工の分野です。

共通していえるのは、モノを削るには加工対象より硬い物質が必要という事です。
ただ、硬いということはもろいという事にもつながり、その兼ね合いが切削での刃物の難しいところであります。
ただ、穴をあけるにはこういった方法の他に溶かして加工をする放電加工を行うのこともあります。

太陽パーツでは、切削加工を含め様々な加工方法に精通しております。
NC旋盤加工やMC加工にも対応しておりますので、コスト削減をお考えの方もお気軽にご相談ください。
他にも切削加工をダイカスト化することで、コスト削減できる可能性もございますので、コスト削減にお悩みの方も一度ご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工でアルミを使う時の問題点

加工する技術者によって得手不得手は様々ですが、アルミニウムは比較的扱いやすい素材だと言えるでしょう。
ただしアルミニウムは切削加工をする際に、必ず出る切粉の処理の事もしっかりと考えないとならない材質でもあるのです。

なぜかというとアルミの切削加工をする時には、ねっとりとした切粉が出て絡んでしまう事があり、その切粉が製品に絡むとアルミの性質上使い物にならないということになる可能性が高いからです。

当然ですが工具をアルミ専用にすれば解決するように思われるかもしれません。
ですが、実際にアルミ専用のチップを使ったとしても、回転数や切り込むときの量などによっても違ってしまうので、アルミの切削加工には注意が必要です。
荒取りの時には切削速度を早くして多めに切り込むと、アルミの切粉は細かく飛び散る傾向にあるので、それぞれの加工者による経験と工夫が必要になります。
そういう意味では、アルミの切削加工は技術が必要とも言えます。

太陽パーツでは、あらゆる材料の切削加工を行っております。
アルミを含め、様々な製品の製造・加工ならお気軽に太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

数多くある切削加工の種類

切削加工は機械加工の中では比較的地味に感じるかもしれません。
ですが、キレイに切削加工ができれば、日本全国だけではなく海外からの依頼も集まるほど重要な加工のひとつです。

切削加工と一言でいっても実は様々な加工の種類があります。
フライスやマシニングセンター(MC)などもありますが、他にもNC旋盤も汎用旋盤も切削加工です。NCと同じような動きをするペンチなどもそうですね。
どの種類の機械で切削加工をするのかは、製品の大きさなどにもよりますし、何に使うのかによっても変わってきます。

最近では、NCとMCの特製を持った複合機などを使うケースも増えてきています。
そのため、切削加工は作りたい製品の形状や大きさによって加工の方法や種類も変わります。

また、企業によって設備が異なるため、切削加工の加工の種類は様々です。
より数多くの加工法に対応している、設備を整えているところであれば、無駄なく加工できるため、コスト削減にもつながります。


太陽パーツでは、切削加工にも強みを持ち、旋盤加工・NC旋盤加工・フライス加工・MCの4つを軸に幅広く対応しております。
短納期で低コストでの製造をお考えの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

試作1個の製造から量産まで、さらに寸法精度の高い製品をお届けいたします。
ミクロン台の加工も可能ですので、まずは一度ご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

加工の難しい素材をキレイに仕上げるのは切削加工のノウハウ

切削加工には、加工を行う上で加工しやすい材料と、加工がしにくい材料というものが存在しています。
加工しやすさは設備などによっても違うかもしれませんが、オールマイティーに加工している場合は、材料によって工夫することで、加工を行うことができます。

例えば、加工しにくい素材としてはステンレスやナック材などがあり、削りにくい材料だとされています。
もちろん同じステンレスでも加工しやすいものもあります。

逆にサクサクと切削加工ができる素材といえば、アルミや真鍮などは比較的加工がしやすい材料だと言えるでしょう。
ただし、その反面加工が難しい素材でもあります。アルミや真鍮をいざ削ってみると確かに削りやすいのですが、それは同時に傷が入りやすい素材でもあるからです。

切削加工をする時には切りくずが出ます。
これを切粉などと呼びますが、この切粉が絡んでしまったりして、製品に傷をつけてしまったりする事があるのです。ただし真鍮は柔らかい材料なのでもともとキレイさは出にくい面があります。

切粉から製品を守りキレイに仕上げるためには、切削加工で使用するチップと呼ばれる工具を工夫する必要があります。
実は各加工の専用チップを、他の材料で使う事で解決できる場合があります。

これはただ工具を工夫すれば良いというわけではありません。
どの工具を使って加工を行えば良いのか、これは長い年月切削加工を行うことでノウハウを得る事ができるからです。

太陽パーツでは、切削加工にもノウハウを持ち、お客様の製品の寸法精度や高品質なものをお届けしております。
切削加工のことはお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工で精度を出すための工夫と治具について

切削加工を行う時には、やはり精度を出すためにさまざまな工夫を行うものです。
というのも依頼された製品は、全てが加工しやすい形であるとは限らないからです。

中には普通の状態では加工ができないという場合があります。
その場合、精度を出す事は非常に重要な事ですので、作業をしやすいように治具などを作る必要があります。

例えばアルミニウムなどを加工する際に、大変傷がつきやすいという難点を克服しようとします。
この時ガッチリとくわぐ事ができれば問題はありませんが、素材が薄い場合などには精度が出にくくなってしまう事もあるのです。そうならないためにカラーを作ったりして、爪の傷がつかないようにする工夫が必要があります。


切削加工をする上では寸法を誤差なく仕上げるという事も重要ですが、特に重要なのはやはり制作した製品がいかにキレイであるのかも精度の高さに入ります。
そのためにも治具を使う事は必要であると言えるわけです。

NC旋盤や汎用旋盤だけでなく、切削加工を行う機械で加工をする時の治具を用意することは、加工者としては必須項目であるとも言えます。金属だからといって傷がつかないという事はないのです。

特にアルミや銅や真鍮などは傷がつきやすく、真鍮や銅は手の脂などにも弱く、皮脂が付着すると酸化しやすいという特性があります。さらには柔らかい素材のために、精度が出にくいこともよく考慮して加工する必要があります。


太陽パーツではお客様の製品の寸法精度、高品質なものをお届けしております。
そのための工夫はもちろんのこと、コストメリットまでも考えた方法をご提案しております。
作りたい製品のことでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。




=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 切削加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.