太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 旋盤加工

旋盤加工 Archive

旋盤加工において重要な3つの要素~②~

前回に引き続き旋盤加工についてご紹介させて頂きます。重要なポイントの二つ目は切込みの量です。一度に多くの切込みにしてしまうと負担がかかってしまいます。チップやバイトにも安全な切込み量というのがありますので、安全に切削できる切込み量になるよう設定する必要があります。
また、切込み量が多く回転速度が速いと摩擦が大きくなるので、熱が発生しやすくなるので焼き付けを起こしてしまったり、トルクが足らなくて機械自体に負担がかかってしまう事があります。

三つ目のポイントとしては送りです。送りは削る速度です。1秒間にどのくらいの速度で削っていくのかも非常に重要です。送りが速いとねじ切りのように目が粗くなってしまいます。
当然負担がかかって素材に刃物が食い込んでしまい、ケガやチャックから材料が外れる危険が伴います。
旋盤加工で切削加工を行う時には、この三つの要素をしっかりと考慮し、最適な回転数、切込み量、そして送りで製品の作成を行わなくてはならないのです。
大変難しいかもしれませんが、実は素材によって最適な回転数、切込み量、送りは変わります。だから熟練した技術や経験が関係してくる職種でもあるのですね。

ただ、最近ではこれらの危険を回避する技術もあります。それはCADなどを使ってコンピュータでプログラミングを行う事です。
そして現在ではプログラミングの進化によって難しかった加工もスムーズに行われるようになっているのです。
旋盤加工では外形だけではなく内径の加工も行えます。それぞれの切削に適したバイトやチップなどの開発によって、加工しにくかった素材も比較的楽に加工ができるようになったのも事実です。

最近では旋盤加工を行いながらフライス加工も可能となった、多軸加工機などの開発によってワンチャックで全ての加工が完成する技術の開発などによって、より複雑な形状の製品の作成も可能となったのです。旋盤加工の事ならぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

旋盤加工において重要な3つの要素~①~

旋盤加工というと金属加工ではよく知られた加工技術です。今回は旋盤加工について2回に分けてお話したいと思います。旋盤加工は機械に材料である金属、プラスチックなどを取り付けて回転させ、刃物と接触させる事で金属を削る加工技術です。
使う材料は円柱形のものが多いですが、加工する製品によっては四角い形状の材料を使う事もあります。例えばフライス加工の二次加工などを行う時には必ずしも円柱形の材料を使うとは限らないのです。

旋盤加工の加工機械には人の手で刃物を近づけて加工する汎用旋盤と、NC装置のついているNC旋盤とがあり、NC旋盤では汎用旋盤では難しい加工を行う事ができます。
例えばねじ切りやテーパー加工、さらにR加工などを行う時にはNC旋盤で加工を行います。
旋盤加工を行う時に押さえておきたいポイントは、大きく分けると3つあります。それぞれを簡単に説明いたします。

まず重要なポイント一つは回転速度です。チャックに取り付けた素材の大きさ、そして一度に削る切込み量、加工する素材の長さによって回転速度を設定しなくてはなりません。
回転速度があまりにも早いと負担が大きくなります。あら取りをする時には回転速度は下げて加工すると良いですね。仕上げをする際には回転数を少し高めにしてゆっくりと切削するとより滑らかな表面に仕上がります。

次回も旋盤加工の重要な要素についてお話させて頂きます。加工の事なら何でも太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

旋盤加工で加工可能な形状とは? ~その2~

前回は、世界中で利用されている加工技術「旋盤加工」についてのお話をさせていただきました。

今回も引き続き旋盤加工で加工な形状についてご紹介させていただきます。旋盤加工で可能な、加工や形状は以下の通りです。

【テーパー】
テーパー加工は外径や内径に角度が必要な時の加工方法です。形状としては三角フラスコをイメージするとわかりやすいでしょう。
入口と出口の径が違うため汎用旋盤で加工を行う時には技術を要する加工法です。NC旋盤の場合はプログラミングによって自動制御ができます。

【ねじ切り加工】
ねじ切りバイトを使ってねじ切り加工が可能です。ねじ切り加工は汎用旋盤では非常に高い技術、そして度胸が必要になるでしょう。
なぜならばねじ切りは送り速度が非常に速いからです。ちなみにねじ切りバイトもねじの規格で決まっているので、専用のチップで加工します。
NC旋盤の場合はやはりプログラミングで制御するので、危険は感じないかもしれませんが、人の手でプログラミングを行った時には非常にドキドキするものです。

【ローレット】
ローレットというのは金属のつまみ部分にたまに見かけるギザギザした加工の事です。滑り止めの役割を果たすあの加工はローレットという専用バイトを使って加工します。
切削するというよりも形状を転写するといった表現があっているかもしれません。比較的簡単な加工なのですがローレットを入れる部分が長いと苦労するかもしれません。
専用の冶具などを使って先端から根本まで均等に転写できるよう工夫が必要でしょう。

太陽パーツでは旋盤加工を含めた切削加工を行っております。
ぜひ一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

旋盤加工で加工可能な形状とは? ~その1~

多くの男性は旋盤加工という加工技術の事をご存知でしょう。高校で工業機械を学ぶ時によく使われるのが汎用旋盤だったりするからです。
もちろん現在の高校の授業で旋盤加工を行うかどうかは定かではありませんが、30代半ば以上の方や工業系の学校へ行かれた方は、ご存知の製造技術だと言えるでしょう。

ところで旋盤加工は現在でも世界中で利用されている加工技術ですが、加工できる形状について詳しくご存知でしょうか?今回は旋盤加工でどんな形状に加工できるのかをご紹介いたします。
旋盤加工の機械的な特徴としてはチャックに材料をチャッキングして、高速回転させて工具(チップやバイト)を当てて削っていきます。
端面、外径、内径、穴あけ、突っ切りなどの加工が可能ですが、加工や形状は以下の通りです。

【外丸削り(外径切削)】
材料の外側の部分にチップやバイトをあてて必要な寸法まで削り落としていく作業です。
形状としては筒状の形状に加工します。缶詰や茶筒などを想像していただくとわかりやすいでしょう。

【中ぐり(内径)】
まずはドリルで穴あけをします。ドリルで開けた穴を内径用チップやバイトなどを使って徐々に切削していく加工方法です。
切削する穴が小さい時には細目のバイトを使って削っていきますが、穴が広い場合には徐々に太いバイトを使って加工していく事になるでしょう。
肉厚が薄くなればなるほど、長さがあればあるほど加工は難しく技術や長年のかんが必要になります。形状としては筒のような形状になります。

【突っ切り】
突っ切りバイトなどを使って必要な長さに切断していきます。突っ切りバイトで切断した断面は電池のプラスの部分に似ていますね。
多くの場合はそのあとで裏面を丁寧に切削して仕上げ加工を行います。

今回は外丸削り(外径切削)、中ぐり(内径)、突っ切りについてお話させていただきました。

次回も引き続き、旋盤加工で加工可能な形状についてご紹介させて頂きます。
製品製造のことでお悩みをお持ちの方は、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。

 

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

旋盤加工はどんな加工に優れているのか?

旋盤加工とは材料となるものを回転させて、刃物を押し付ける事で材料を削っていく技術です。加工できる材質は木材から金属、プレスチックと幅広い製品の加工に利用されている技術です。

では旋盤加工はどんな加工をする時に優れているのかというと、素材の外周を削っていったり端面を削って行ったり、素材の中心に穴を開けたりその穴を広げたり、長い素材を突っ切ったりする時などに使います。
円錐形の製品の加工をする時には多く用いられる加工技術で、二次加工を行う前の多くの部分を加工する事ができるので、よく利用されている加工技術なのです。

例えば、円筒形の材料を芯だししたりする時などに使います。チャックで挟んで回転させて外径と端面を削る事によって、別の機械で二次加工を行う時の心出しをする事が可能です。
部品加工で心出しを行う事は非常に重要です。さらに旋盤加工では外径に段差を付ける事も可能ですし、溝入れをしたりねじ切り加工を行う事も可能です。
円筒形の部品の外径や内径に溝入れをしたりねじ切りをしたりする事ができるので、とても重宝する加工技術です。
しかもNC旋盤を使えば外径、端面、溝切、R加工にC面加工、ねじ切りと突っ切りを同時に行う事ができるので、部品の大量生産に向いている加工技術でもあります。
少し技術が必要となりますが、チャックを交換する事によって偏芯した位置に穴を開けたり広げたりする事も可能です。ただし4つ爪のチャックが必要になります。
意外と旋盤加工でできる加工はたくさんあります。冶具を使って特殊な加工を行う事も可能な技術であるからこそ現在も使われている技術なのです。

タレット式と櫛刃型の旋盤があります。櫛刃型は左右どちらからも加工できますので、様々な加工柔軟に対応する事がでいきるのも旋盤加工の優れているところだと言えるでしょう。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

長い製品を加工する時の精度の出し方について

チャックでつかんでいる部分よりも加工する部分の方が長くて細い場合、バイトで押されて材料が逃げてしまいます。
すると製品は先端にいけばいくほど削りにくいため、テーパーがついてしまう事になり、精度の高い製品とはいいがたい形状になってしまいます。

そうならないようにするためには、細長い製品の加工をする時には芯押し台を使って先端が加工をする時に逃げないように押さえます。
するとしっかりと先端部分から削れるため、テーパー状にならず制度の高い製品を作る事ができるのです。

より精度の高い製品を加工したい場合には、機械だけに頼るのではなく自分の目や耳を使って、音や切り粉をチェックしながら加工する事も必要です。
交差が厳しい製品を加工する時には、同じ寸法を入れて何度か丁寧に切削すると、より希望通りの誤差のない製品を加工する事ができるでしょう。

太陽パーツでは金型製造から処理までを一貫して行う事ができるので、どのような細かな部分であっても安定した供給をお約束できます。
お客様のメリットになるように製品製造をサポートいたしますので、まずは太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精度の高い製品を作るための注意点!!

製品の多くは穴あけをしたり軸受などを取り付ける加工を行います。
この時精度の高い製品を作るためには加工工程に気を付けなくてはなりません。

例えば表側を加工して半分だけ穴を開け、残りは反対側から開けるといった事はしません。その理由は一度チャックから外すと軸がずれてしまうからです。

製品が小さければそれほどずれは感じないものですが、製品の径が大きく、チャックでつかむ部分が短ければ短いほど芯がずれやすくなるので、どちらか一方の加工をする時に穴を開けてしまう必要があるのです。

もしもどうしてもかみ直しをしなくてはならない、という場合には製品に合う治具を作って芯がずれてしまわないようにしなくてはなりません。

太陽パーツでは、さまざまな加工法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
旋盤加工を含めた切削加工も得意としており、NC旋盤加工などを含めて、お客様の作りたい製品を一緒にお作りいたします。

太陽パーツではトータルにお客様の製品づくりのサポートが可能です。
現在、お困りのことや、これから新たに製品をお作りになる際にはぜひお気軽にご相談ください。

まずはお気軽に太陽パーツまでご相談ください。
お客様にメリットのあるご提案をお届けしております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高い精度が求められる旋盤加工について

旋盤加工で製品を加工する時には、素材をチャックでつかんでチャックが回転し、バイトで送りをかけて切削をします。
この時、チャックから出ている素材を一度に加工する事が可能な製造法なので、芯がぶれるという事はありません。

旋盤加工では精度の高い製品を作り出す事が可能になるので、高い精度が求められる加工方法となります。
だからこそ精度の高い製品を作るために、しっかりとした段取りというものが必要になるのです。

旋盤加工の持ち味は製品をなめらかに仕上げる事ですが、なめらかな製品を作り出すためには加工をする時の送りや回転数などを細かく設定する必要があります。
これはバイトの先端部分の大きさ(R部分)にもよりますが、バイトの先端の径が小さければ小さいほど、回転数と切削速度を細かく設定しなくてはなりません。

切削速度が速くて送りが遅いほど精度の高いなめらかな仕上がりになり、回転速度が遅くて切削速度が速いほど粗い目になってしまうのです。
その代表的なものがねじ切り加工です。

美しい精度の高い製品が必要な場合は、回転数と切削速度のバランスを考えればいいという事になります。

太陽パーツでは、機械加工を得意としており、お客様のお求めの製品づくりをサポートしております。
他の加工法にも精通しておりますので、太陽パーツではお客様にメリットのあるご提案をさせていただきます。

製品製造のことでお悩みをお持ちの方は、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精密部品などあらゆる製品製造に利用されるNC旋盤加工

NC旋盤では2軸加工を行うのが一般的で、X軸とY軸方向に加工することが可能です。
バイトやチップなどの工具を使いって数値プログラムで切削するため、製品の寸法の誤差が少なく同じ精度で、産加工に向いています。

また、最近では2次元加工だけではなくて3次元加工ができる機械も多くなっています。
3次元加工が可能になれば、外径、端面、内径の加工をするだけではなく、外径にタップや穴開け加工やカットを入れることが可能になります。
多軸加工ができれば、より精度の高い製品を製造することが可能になります。

NC旋盤は、精密部品の加工に適している加工法のひとつです。
製品の精度が高い製品は、例えば、精密機器や航空部品などあらゆる分野の技術などを支えています。

つまり品質を求めるならば、ある程度機械の種類を保有しているメーカー・製造会社に頼む方が良いでしょう。
太陽パーツでは、多くの工場にて様々な設備を整えております。切削加工を含めて、高品質・高精度の製品をお求めの際には、お気軽にご相談ください。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

NC旋盤加工の機械の種類と加工法について

切削加工はあらゆる分野で利用されている加工方法です。
金属加工業には欠かすことができない技術ですが、用途によって機械の種類もいろいろとあります。

では切削加工の代表的な機械であるNC旋盤の種類と、加工についてを簡単ながら説明します。

NC旋盤は、汎用旋盤と全く同じ動きができる機械ですが、さらにNC制御により、プログラムした通りに加工することができます。
加工の方法も同じであり、素材をつけて素材を回転させてバイトやチップなどを使って削ることができる機械です。

NC旋盤加工でできる加工は、端面を削る加工、外径を削る加工、内径を削る加工、穴開け加工、面取り加工、テーパー加工、ねじ切り加工、突切り加工など、様々な加工ができます。


NC旋盤加工が重宝される理由の一つが、二軸を同時に動かしながら切削できるため、X軸とY軸を変化させてテーパー加工をする事ができるのです。
プログラム通りに切削することができるため、製品の寸法の誤差が少なく量産加工にも向いています。

ちなみに、NC旋盤の機械には、タレット式とクシ刃形の2つの種類があります。
それぞれが特徴を活かした製品を作るのに利用されています。


太陽パーツでは、旋盤加工を含めた切削加工も得意としております。
NC旋盤加工などを含めて、お客様の作りたい製品を一緒にお作りいたします。
まずはお気軽に太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 212

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 旋盤加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.