太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 旋盤加工

旋盤加工 Archive

旋盤加工で製造する切削品

旋盤加工は被切削物を回転させ、素材を固定されたバイトと呼ばれる切削工具に押し当てることによって切削する切削加工のひとつです。

バイトの中には多くの種類があり、切削の種類によって使い分けます。
旋盤加工では外丸削り、中ぐり、穴あけ、ねじ切り、突っ切りといった加工ができます。

工具が回転するフライス盤やボール盤などとは違い、素材をつかむチャックと呼ばれる部分が回転するため、比較的回転半径が大きく、巻き込まれる危険性があるので注意が必要です。

外丸削りとは円筒形の素材を円周側から中心に向かってバイトを進め切削を行う方法で、最も基本的な動作になります。また、中ぐりとは外丸削りとは逆の方向に、つまり、円筒中心から、外側に向かって、いわば円筒の穴を広げるための加工です。
ねじ切りはその名の通り、円筒にねじ山をつける加工、突っ切りは円筒の回転中心を超えて切削を行う動作の事を言います。
素材の硬度、ネバさ、靭性などによって回転数や送り速度を調整する必要があり、切削を行う前に、素材の形状によって計算を行いそれを求めます。

旋盤加工はその加工の仕方によって製品の美しさに優劣が出るので、多品種少量生産や、試作に向いていると製法です。


太陽パーツでは旋盤加工を含めた切削加工を行っております。
短納期や低コストでの切削加工を作りたい、試作品1個作りたいなどのご要望もお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

旋盤加工の加工法について~切削加工~

金属材料を回転させながらバイトを押しつけて切削する加工を、旋盤加工と言います。

旋盤加工では主に円筒形の金属材料などを成形する時に用いられます。
本日は、その中でも主な加工法をいくつかご紹介します。

【主な旋盤加工】
●形削り加工
目的の形に合わせた形状のバイトで切削加工を行います。

●ねじ切り加工
旋盤加工で用いられるのがネジの溝を掘る加工です。
ねじ切り加工では、バイトと金属材料の移動と切削加工を上手く組み合わせることで、円筒形材料のねじ切りを行います。

●外形削り加工
円筒形の材料にバイトを押し付けることで切削することができ、回転する円筒形を移動させることで、円筒表面を削り、外形を小さくすることができます。

●突切り加工
外形削り加工は広範囲に渡って外形を小さくすることができますが、突切り加工ではバイトを固定して切削します。そのため、円筒の一部分のみの外形を小さくすることが可能です。


このように旋盤加工では円筒形材料の切削加工を行うことができます。
また、あらゆる材料、形状に切削が可能ですので、一度太陽パーツまでご相談ください・

機械加工のひとつ切削加工には、この旋盤加工を含み、ボール盤加工やフライス盤加工、エンドミル加工など様々な加工法があります。

太陽パーツではあらゆる機械加工に精通し、お客様の目的の製品づくりを徹底的にサポートしております。納期やコスト削減などのご要望にも積極的に取り組んでいますので、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

旋盤加工なら機械加工を得意とする太陽パーツへ

太陽パーツではあらゆる機械加工を得意としております。
機械加工には大きく、切削加工と研削加工に分けることができます。

中でも旋盤加工は、切削加工に属し、金属材料を回転させながら専用の工具で表面から削る加工法です。


旋盤加工により高品質な製品を製造するためには、3つのポイントに気を付けて切削します。

ひとつめが、回転速度です。
回転速度が早ければ早いほど表面がきれいに仕上がります。ですが、失敗した時には大きな事故にもつながるため、より高品質な製品を製造するためには技術が必要になります。

ふたつめは、工具の送り速度です。
回転速度とは逆に、工具の送りは速ければ加工表面は荒くなってしまい、遅く送ることできれいな表面に仕上げることができます。

みっつめは、金属材料への切り込み量です。
切り込み量は大きければ加工速度は速くなりますが、材料表面の温度が上がるため、仕上がりの表面が荒くなります。
そのため、適切な切り込み量を見極めて加工を行う必要があります。大きく切り込むと工具自体の寿命を短くなることもあります。


このように旋盤加工にも加工のポイントがあり、より高品質な製品へと仕上げるためには、それなりの技術力が必要になります。

太陽パーツでは長年のノウハウと実績をもとに、旋盤加工による高品質な製品を皆様へお届けしております。

NC旋盤加工なども行うことで、より高品質な製品を大量に生産するなど、お客様のご要望に合わせ、メリットのある製品づくりを行っております。


旋盤加工を始め、機械加工の必要な製品を製造される場合は太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

主な旋盤加工

旋盤加工は、加工物を回転させながら刃物台を自動又は手動によって操作していきます。そして、刃物台に取り付けられた切削工具により加工物を切削して形を作ります。

旋削加工では単なる丸削りだけでなく、ねじ切り、溝入れ、突っ切りなどの加工も行われます。
また、ドリル、ボーリングバーを使用し穴加工も行います。

ねじ切り ・・ タップとダイスを使った「ねじ切り」
端面溝入れ加工 ・・ 端面溝を加工する場合
穴加工 ・・ 穴加工は最も頻度の高いものです。

などさまざまな加工が旋盤加工の種類にあります。
また旋盤加工にはNC旋盤加工があります。NC旋盤の「NC」は「Numerical Contorol」を略したものです。日本語に翻訳すると「数値制御」という意味です。
「旋盤」とは回転している材料に刃物をあて、円状や円筒状に部品を加工する工作機械です。NC旋盤では、2軸以上を同時に移動することができます。 そのため、汎用旋盤ではできないような複雑な形状にも、部品を加工することができるのです。以上ざっと旋盤加工についてご紹介いたしました、旋盤加工のご用命の際には太陽パーツにお任せください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

2 / 212

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 旋盤加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.