太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 板金加工

板金加工 Archive

板金加工で使用する板金素材の種類について【前編】

板金加工でできる加工というと、自動車の修理というイメージが強いのではないでしょうか。
しかし、現在日本で行われている板金加工は、さまざまな分野で広く利用されています。
今回はそんな板金加工で使用されている金属の種類をご紹介いたします。

板金加工に使われている金属は、大きくわけると二つに分ける事ができます。
一つ目は「鉄鋼」と言われる金属です。
鉄やステンレス、そして亜鉛鉄板などがこれに含まれます。

二つ目は鉄鋼以外の「非鉄金属・非金属」などです。
銅やアルミニウムにアルミ合金、そして銅合金版に合成樹脂に繊維材料板などがこれにあたります。

ではここからは、それぞれの金属の特徴について説明していきます。

<鉄鋼板・材>
鉄鋼板や鉄鋼材は、もっとも板金加工で利用されている金属です。
どのような部品にも利用する事ができる加工しやすい金属板で、比較的加工がしやすいというメリットがあります。
また、コストが安いというメリットもあります。
しかし、酸化しやすいという特性も持っているので、さびないように処理をする必要があります。

<ステンレス鋼板>
ステンレス鋼板は、もともとは鉄です。
低酸素鋼にクロムもしくはクロムとニッケルを加えたもので、鋼鉄に比べると腐食しにくく耐久性が高いのが特徴です。
さらに表面がとてもきれいという特徴もあります。
さびにくいという特性を持っているため、水回りの製品などに利用される事が多いでしょう。
食器やシンクなどに使われる事が多いので、板金加工で製品の製造をする事がとても多いです。

太陽パーツでは、多くの工場にて様々な設備を整えております。
製品づくりのことでお悩みやお困りごとがございましたら、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精密板金と板金加工の違いについて

板金加工と一言でいっても、精度を必要としない板金と、精度を必要とする板金に分けられます。
今回は精密板金と、一般的な板金の違いについて簡単にご紹介いたします。

■板金加工とは?

板金加工で良いといわれる製品は、金属の板をカット、穴あけ、ネジ加工、曲げ加工をして溶接という加工をするのが一般的です。
利用用途として、自動車、住宅などの屋根の部分、外壁などに使う金属板を加工するために使ったりする加工方法です。

その他にも機械の部品やカバーなどを作る時の、金属の板の加工に利用するのが板金加工です。

つまり、それほど精度を必要としない金属板加工に使われるのが、一般的な板金加工であると言えます。

■精密板金とは?

精密板金は、簡単に言えば公差が厳しい金属板を加工する板金加工です。
利用される素材の種類も豊富で、加工がしにくく傷つきやすい素材もあります。
精密板金の加工は明らかに一般的な板金加工とは違い、厳しい寸法でカットをして穴をあけ、ネジ加工などを行います。

さらに皿もみなどの加工、ザグリ加工も行います。
バリやカエリなども丁寧に除去し、必要であればR面やC面仕上げをしたりもできます。
機械によっては、ベンディング加工をしたり絞り加工を行ったりして、より精度の高い製品に仕上げる事が可能です。

これだけ見ても精密板金と一般的な板金との差がわかると思います。

どちらの加工をお願いすればいいのかについて悩む事もあるかもしれません。
しかし、部品の用途をしっかりと考えれば、どちらで加工ができるのかがわかります。
部品の加工に適した機械加工を行う事が、コスト削減と納得のできる製品の製造につながる事でしょう。

太陽パーツでは、様々な加工法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
現在、製品製造でお悩みのことがございましたら、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
太陽パーツでは、お客様にメリットのあるご提案をお届けしております。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金でできるひずみ取りの加工方法について

板金加工の材料の凹凸の事を『ひずみ』と言い、板金加工ではこのひずみがあると、製品に問題が起こったりする事もあります。
そのため、できるだけひずみを取り除いて加工をする必要があるのです。
今回は金属加工における凹凸の問題を取り除く対処についてお話しいたします。

・常盤ならし(手で金属をたたく方法)
厚みのある常盤という机のような工具の上に凹凸のある金属を置いて叩きます。
原理としては膨らんだ部分を上にして常盤の上に置き、ふくらみをハンマーなどでたたいて伸ばします。

・当て盤ならし(凹凸に合った工具を使ってならす方法)
当て盤ならしというのは、ひずみができている金属が平らなものではない場合に利用されます。
当て盤という金属を使って裏側に固定して、その表側をハンマーなどを使ってならしていくという方法です。

・しわ寄せ
薄い金属板の切断面にできた「のび」がある場合などに利用される方法です。
しわ寄せ棒を使ってひずんだ部分をはさみ、三角しわを作っていきます。
その寄せたしわをハンマーを使って平らになるようにならしていくのです。
そうすると最初にあったひずみがなくなっていくというわけです。

・熱を使ってひずみを取る「きゅうすえ」
この方法はひずみがある場所に灸をすえ、急激な加熱による膨張と急激に冷やす事による収縮を利用します。
加熱する部分は大きすぎず、過熱から冷却までの間は短い方が効果を得られやすいと言われています。

・機械によるならし方
先にご紹介した方法だと熟練の技術が必要になるので、多くの場合は機械による金属ならしを行う方が多いと言われています。
その代表的なならし方が圧縮矯正と言われる方法です。
長く大き目の金属板のひずみ取りは、ロールを使った機械でならす事が多いようです。

これからの製品製造を、品質を落とさずにコストを下げたいと考えているのであれば、ぜひ太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
太陽パーツがお客様にとってメリットのある製造法等をご提案させていただきます。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工工程の一つ、NCタレパンについて

板金加工にはいくつもの工程があります。
今回は板金加工において重要な加工方法の一つであるNCタレパンの加工について、説明をしていきます。

まずタレパンとは、薄い金属の板に穴をあけたり抜き打ちという加工を施す加工方法です。
主に鋼板、ステンレス、アルミなどの金属を加工する事が多いです。
金属板に穴あけ加工をしたり、必要な形状に抜いて部品を製造したりするのに利用されます。
NCタレパンはNCTともいわれていて、タレットのついたプレス機械の事を言います。
板金加工でできる加工はNCタレパンを使って全てできるといっていいでしょう。

NCタレパンは、薄い金属板で製造する必要がある全ての部品を加工する事ができる方法です。
自動車の部品はもちろんですが医療関係の部品や家電製品の部品など、あらゆる分野で活躍する部品を製造する事ができます。
NC制御で動かすことで失敗も少なく、ある程度の数の製造にも対応する事ができます。

NCタレパンでの作業のメリットは、複数台のタレパンを使って流れ作業を行う事が可能ということです。
その時人は一人でも十分なため人件費の削減ができます。
複数台組み合わせる事によってより複雑な形状の部品を製造する事ができるようになります。
そのため作業効率が高い事もメリットだと言えるでしょう。

金型を製作すればより効率がアップする加工方法で、さらに金型があれば一度に複数の部品を製造する事もできます。
NCタレパンを使った加工は、板金加工の工程の中でも必要不可欠な加工方法なのです。

太陽パーツでは、様々な加工法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
現在、製品製造でお悩みのことがございましたら、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
太陽パーツでは、お客様にメリットのあるご提案をお届けしております。



=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工の主な加工法と機械の種類について

金属加工というと金属の板をガンガンとたたくようなイメージがありますが、最近の板金加工は技術の向上によって精度の高い製品を作れるようになりました。
一般的にできる板金加工の加工方法や加工をするための機械の種類などについて、わかりやすく説明していきます。

板金加工というとあまり機械を使う印象が無い方もいるかと思いますが、次のような機械が板金加工用として使われています。

切断用機械、シャーリングマシンは、板金用の大きな金属板を加工しやすいように切断をするための機械です。
また、製品には他の部品と接続するための穴を加工しなくてはならないのが一般的です。そういった穴あけ加工を必要とした場合に使われる機械がパンチプレスやレーザー加工機になります。

これらの機械をうまく組み合わせてより精度の高い板金加工製品を作り出す事ができるというわけです。
もちろん最終的な仕上げは機械ではなく人の手で行われる事が多いです。
多少の手間はかかる事もありますが、その分美しい製品を作り出す事がでます。

近年では板金加工だからといって精密部品が作れないという事はありません。技術の向上によってより精密な加工ができるようになってきました。
今後もまだまだ発展する分野なので、板金加工の需要は高まっていくと考えられ、期待されている分野です。

太陽パーツではより精度の高い板金加工を目指しており、施策から量産までをしっかりと対応しております。
より良い製品をコストをおさえて製造したいとお考えの際は、お気軽にご相談ください。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

様々な製品製造に利用される板金加工の特徴

機械加工にはいろいろな種類の加工方法があり、加工する部品の種類によって加工する機械も変わっていくものです。

板金加工は、人の手で行われるものもあれば、機械で行うものまで実に幅広い加工方法です。
後者には、精密板金と呼ばれる加工方法もあります。精密板金は、主に電子機器や通信機器、半導体製造器などにも使われたり、コンピュータの部品など高い加工精度を必要とする製品の製造に利用される加工方法です。

切断やカット、穴開け、打ち抜き、タッピング、折り曲げ(ベンディング)面取りに突起やくぼみを付ける加工などが可能です。
しかも、精度の高い製品を作れるだけでなく、量産にも向いているためとても重宝されている機械加工なのです。

板金加工で作られる製品は、機械などの部品ばかりとは限りません。
例えば、美しい飾りや家庭で使われる家電製品のフレームなど、実用性の高い製品を作ることでも知られています。つまり私達の生活に密着した製品にも板金加工は利用されているのです。

さらに、比較的小さなものから大きなものまで製造できるのは、板金加工の魅力でもあります。


太陽パーツでは、板金加工のご依頼も承っております。
板金加工を含めた二次加工や表面処理など、幅広く対応しておりますので、太陽パーツではトータルにお客様の製品づくりのサポートが可能です。
現在、お困りのことや、これから新たに製品をお作りになる際にはぜひお気軽にご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

はぜ組みとはどんな接合方法なのか?

「はぜ組み」は、板金加工の際に行われる接合方法のひとつです。

では、もう少しはぜ組みについて具体的にご紹介いたします。
はぜ組みでは、金属板の接合したい部分を重ね、組み合わさる部分を直角に折り曲げて合わせ、それをさらに曲げて、組み合わせを行います。
次に拍子木を使って上から叩いて平らに仕上げ、平らになったら『たがね』を覆い被せて位置がずれてしまわないように固定をして終わりです。


そんな、はぜ組みにも種類があり、製品が直角に曲がる場合は「角はぜ」、中に空気や水が入り込まないような折り方をする「ダクトはぜ」などがあります。
例えばダクトはぜの場合、空気や液体などが外に漏れ出さないように、接合の仕方が特殊な形をしていたりします。
缶ジュースの底などに利用されているだけあって、密閉するための接合にはもってこいの接合方法なのです。

また、平らな製品の場合には「一重平はぜ」や「一重平折りはぜ」と言われる接合方法もあります。


太陽パーツでは、板金加工を含め、さまざまな加工法に精通しております。
製品づくりでお困りのことがある方は、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工の接合方法~はぜ組みとは?~

板金加工の接合方法の種類はとても多く、製品の形状や用途に合わせた接合を行います。
ただし、接合方法は大きく分けると3種類の方法があり、その一つが『はぜ組み』という接合方法です。

板金加工は薄い金属板を加工するため、溶接で仕上げを行うにしても、ただ重ね合わせた部分を接合するのでは強度があまりにも弱いのです。

そこで行なうのが『はぜ組み』や『リベット接合』、『ボルト接合』です。

はぜ組みと呼ばれる接合方法を最も目にした事があるのは、おそらく「缶詰」ではないでしょうか。
缶詰の脇にポコっと膨らんだラインがあるのをご覧になった方も多いでしょう。実はあの接合方法がはぜ組みと言われる接合方法です。

また、建具などでもはぜ組みがされている製品がたくさんあります。
一般家庭などで使われている「ひさし」の建具は強度がつくのではぜ組みを行なう事があります。
金属でできたダクトなどの接合をする時にもはぜ組みが行われ、水漏れを防ぐ加工として多くの製品に利用されることもあります。


太陽パーツでは、板金加工を含めた様々な機械加工を行っております。
お客様の製品に合わせた加工法、お客様にメリットのある加工方法をご提案いたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

タップ加工・ネジ穴加工について

部品の組立を行なう時に他の部品と組み合わせるために、ネジなどを使って連結をしたりします。

機械加工では部品を作る時にネジの加工も当然行なう事になります。
例えば板金加工で部品を製造する時のタップ加工やネジ穴加工については、どのような加工をする事が多いのか、その加工法と特徴についてを簡単にご紹介しましょう。

板金加工におけるタップ加工やネジ穴加工の場合、通常はネジ加工用の穴加工を行ない、穴を開けてからタップを切るドリル、または転造タップを使ってねじ山を作っていきます。


タップ加工をする時のドリルにはネジ切りをしていくタイプと、転造をするタイプとに分けられますが、どちらにもメリット・デメリットはあると言われています。
例えば、切りながらねじ山を作る加工の場合、当然ですが切り粉が出るため柔らかい素材の場合は、切り粉で傷がつかないようにする必要があります。

また転造タップの場合は、切るのではなくネジの形を付ける加工のため、機械にかなりのパワーがなくてはなりません。
転造をすると上下の部分に盛り上がりが出てしまうため、ネジ穴加工をする前に皿もみなどをしておく必要があります。

注意したいのはタップ加工やネジ穴加工をした後に処理をする時です。
処理をすると穴が小さくなってしまう事があるため、仕上がり寸法よりも大きめに作るなどをしなくてはなりません。

特にタップ加工やネジ穴加工をした後というのは、どうしても大きめに作っても小さくなってしまいやすいので、小さくならないような加工をする必要があるのです。


太陽パーツでは、タップ加工・ネジ穴加工を含めた板金加工に対応しております。
その他、多種多様な加工法を元に、お客様の製品づくりに最適で、メリットのある方法をご提案しております。製品づくりの際にはぜひお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

目的形状に合わせて様々な加工ができる板金加工

板金加工はとても優れた製品を作り出す加工技術です。
そのひとつが、フレームや大きな機械などの装置カバーです。

特に機械を覆う装置カバーは複雑な形状であっても板金加工では製造することができます。
加工の方法も柔軟であり、細かい通気用の穴を開けるような穴あけ加工、角度を付けたい時に利用される曲げ加工など、目的の形状に合わせて様々な加工を施します。

板金加工の特徴として、大きなものから小さなものまでを作ることができるのも大きなメリットでしょう。

太陽パーツでは、板金加工において、様々な加工法に対応しております。
また、NC加工も可能であり、量産加工も効率よく製造できます。

これから新しい製品を製造される場合には、1個からの試作にも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。


板金加工では、成形加工だけでなく、仕上げの表面処理や検査、組立、梱包まで幅広く対応しておりますので、最初から最後までトータルにご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 板金加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.