太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 研削加工

研削加工 Archive

切削加工と研削加工は何が違うの?

金属加工には似ている加工方法がたくさんありますが、今回は「切削加工(せっさくかこう)」と「研削加工(けんさくかこう)」の違いについてを簡単に説明いたします。
まずは「切削加工(せっさくかこう)」から説明しますと、切削加工というのは金属を加工する技術の一つで、機械に取り付けた金属が高速回転をして、その金属に加工工具で削る加工です。
もちろん金属が回転するのではなく工具の方が高速で回転をしながら削るというのも切削加工の一つです。
切削加工では金属に穴を開けたり穴を広げたりする事も可能ですし、ネジを切る事もできますし内径や外径を削って必要な形に加工する事ができる技術でもあります。
切削加工に属する加工は、汎用旋盤、汎用フライス、ペンチレス、NC旋盤、マシニングセンタ、ボール盤、などが当てはまります。
そして切削加工を行う時の工具というのは、バイトであったりチップであったりドリル、突っ切りバイト、溝入れバイト、内径用バイト、外形用バイト、エンドミルなどがあります。
一方「研削加工(けんさくかこう)」というのは、バイトやドリルなどを使う事はありません。この加工技術というのは砥石を使って製品を美しく仕上げるための研磨加工の事を言います。
研削加工に使う機械は、他の金属加工用機械と同様に、超大型の平面研磨盤、大型平面研磨盤、センタレスやバレル研磨、バフ研磨、円筒研磨機などかなりの種類があります。
使用するのは砥石や研磨剤で、美しい仕上がりにする事ができ寸法精度もかなり高いのが特徴です。1/1000の寸法精度を出す事も可能です。
研削加工を行う時は、製品を取り付けて高速で回転する砥石が近づいてくるタイプや、回転している砥石に部品を近づけていくタイプがあります。
金属を鏡のように仕上げる事も可能な研削加工は、主に仕上げを行う時に使われている技術なのです。
いかがでしたか? もっと簡単に説明すると、切削加工というのは金属の塊から部品を製作する時の技術で、研削加工というのはできた製品を仕上げるために使う技術なのです。

太陽パーツは金属加工のプロです。部品を製作してもらいたいとか金型を作って欲しいなどのご要望がありましたら、いつでもお気軽にご連絡くださいますようお願いいたします。

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

研削加工のメリット・デメリットについて

研削加工の定義は高速回転させた砥石で金属を削るという加工です。簡単に説明しましたが研削加工で使用する砥石というのは、切削加工と同じように荒取りができるものや、仕上げで使うものなど種類が豊富です。
そして研削加工の機械にもいろいろな種類があって、加工する製品の形状によって使用する機械や砥石も変えていくものなのです。

そんな研削加工のメリットは、一般的に硬すぎて切削加工が難しいといわれている金属を削り取る事が可能な点です。
また難削材だけではなく陶磁器などの素材でも加工が可能です。
先ほど説明したように、極めて高い寸法精度を出す事が可能なので、0.0001~0.0005という交差に入る製品を加工する事も可能です。
それだけでなく仕上げ面の粗さが小さい製品を加工する事ができます。

とてもいいことづくめではありますが、研削砥石にもデメリットがあります。
一つは直角を出さなくてはならない加工の場合、定期的に砥石を削って精度を保つ必要があるという事、砥石が回転している時に誤って製品を落として巻き込んでしまう事があります。

研削加工にもメリットもあればデメリットもあります。
製品の性質や求める精度によって加工方法をうまく組み合わせるといいでしょう。

太陽パーツでは、機械加工を得意としており、お客様のお求めの製品づくりをサポートしております。
他の加工法にも精通しておりますので、太陽パーツではお客様にメリットのあるご提案をさせていただきます。

製品製造のことでお悩みをお持ちの方は、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高精度の加工ができる研削加工について

研削加工とは研磨ともいわれている加工方法で、どの加工方法よりも精度の高い寸法を出す事ができる加工方法でもあります。
例えば表面をより滑らかに凹凸を少なく加工するために利用したり、公差が0.001~0.003といった厳しい製品を加工するための仕上げとして利用される事が多い加工方法です。

研削加工の特徴としては、加工をする時の機械がこれまでの加工機械とは全く異なっているという事です。
機械の種類も豊富ですので、今回はその一部の機械と特徴についてご紹介いたします。

■平面研削
通称ひらけんという言い方をする加工方法です。
大きなテーブルに研磨をする素材を固定し、上部に取り付けてある砥石が高速で回転して、製品の表面を削っていきます。
滑らかで凹凸がすくない製品に仕上げる事が可能です。

■円筒研削
大きな砥石が製品の奥に取り付けており、高速で回転しながら製品を固定しているチャックに向かって移動して研磨をしていきます。
主に円筒形の製品の外径の寸法を出す時や、表面を滑らかにするために利用する機械です。より0に近い寸法の製品を作る事ができる加工方法です。

■センタレス研削
研磨する製品を主軸などに固定せずに研磨をするための機械です。
軸に取り付ける事ができない細く小さい部品の研磨に利用します。
小さな部品である程度の量の製品を研磨できるので、精度の高い製品を量産したいときにはぴったりです。

■内面研削
内径の厳しい寸法を出すために使われます。
内径の研削加工は非常に難しいと言われており、特に細い製品の内側を研削加工する時には、砥石が割れたり欠けたりしないように注意します。

研削加工というのは切削加工では難しいと言われている難削材を加工するのにも適しています。
切削加工を補助するという役割も果たしているのです。

太陽パーツでは、お客様の作りたい製品づくりをサポートしております。
もし製造に関することでお悩み事などございましたら、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工と研削加工の違い

切削加工と研削加工の違いはお分かりになりますか?
似ているように感じますが、その加工法は少し異なります。

切削加工では目的の形状により様々な加工法がありますが、回転した工具を押しつけて切り削る加工になります。また、工具だけでなく金属材料も回転もしくは三次元的な動きをさせます。
材料を除去していくこと操作でもあることから、除去加工とも呼ばれます。

それに対して、研削加工は研削用の砥石を金属材料の表面に押しつけて表面を削りとります。
この砥石には切削加工用の砥粒が用いられています。また、砥石は固められたものなので、せん断や引っ張りに弱い性質がありますので、加工時は砥石のまわり(側面)を金属材料の表面に押し当てます。


さらに切削加工には用いる工具により、加工法が変わります。
例えば、バイトを用いる旋盤加工、ドリルを用いるボール盤加工、切削バイトを用いるフライス盤加工、エンドミルを用いるエンドミル加工など様々あります。

それに対して研削加工は円筒研削や内面研削、平面研削を砥石で加工します。


切削加工と研削加工は似ていますが、その加工法は異なります。
ただし、どちらも金属材料を除去していくことで成形する加工法です。

太陽パーツでは、切削加工・研削加工を含めた機械加工を行っております。
製品の成形の際には、あらゆる加工が必要になります。太陽パーツでは、お客様の製品にあった加工法をご提案しております。

メリットある製造をお考えの方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

円筒形の研削加工~円筒研削加工~

機械加工のひとつに研削加工というものがあります。
切削加工と似ていますが、切削加工は工具で金属素材を削り取る加工です。

それに対して研削加工は砥石で金属素材を削る加工になります。
研削加工に用いられる砥石には、切削用の砥粒をバインダーで固めたものなので、圧縮には強くともせん断や引っ張りにおいては弱い性質を持っています。

研削加工には円筒形の金属素材を加工するのに用いられることがあります。
円筒研削加工は、円筒形の金属素材の表面を研削します。研削時は、円筒を回転させながら、回転させて砥石を押し付けながら表面を削ります。

また、円筒の内側を削りたい場合にも研削加工が用いられ、特に内面研削と呼ばれます。特に内面の仕上げのためには欠かせない加工のひとつです。

ちなみに、バフ研磨と同じように感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、バフ研磨は仕上げ研磨に位置します。なので、削るというよりは金属素材のツヤを出し、光らせるための加工になるため、研削加工とは異なります。

切削加工や研削加工など、機械加工のことならばどのようなことでも太陽パーツにご相談ください。
あらゆる工法に精通する太陽パーツだからこそ、お客様を徹底的にサポートすることが可能です。

まずは、現在お悩みの点などお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 研削加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.