太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工

機械加工 Archive

切削加工におけるNC加工のメリット

切削加工の中でも頻繁に利用されるのが、NC機械による加工です。
このNCとは、Numerical Controlの略であり、機械を数値情報で操作し、目的の形状へと自動で加工することができるのです。

数値情報を入力することで加工できる、NC加工には大きなメリットがあります。

例えば、複雑な形状や湾曲した形状を人の手で加工するためには高い技術が必要になります。
NC加工ならば、数値情報を覚え込ますことで、手動では時間がかかったり難しい作業も短時間で切削することが可能です。

自動で目的の形状に成形できるため、大量生産であったり、大型製品の製造にも大きなメリットがあります。
しかも大量生産においては同じ寸法精度で製造できるため、時間がかかる作業を自動化できれば、人件費の削減になります。

実はNC加工は切削加工だけでなく、板金加工ではNCタレパン加工やNCレーザー加工など、他の機械加工においても可能です。


太陽パーツでは、多くのメリットがあるNC加工にも対応しております。
NC加工では、特に大量生産の製品においてはトータルコスト削減の可能性もあります。大量生産を考えている、大型製品の製造を考えている、という方はぜひお気軽に太陽パーツまでご相談ください。

NC加工だけでなく、ダイカスト鋳造やその他の機械なども合わせてご利用いただけるため、お客様に最適な製造法、コストメリットのある製造法などをご提案しております。

どのようなことでもまずはお気軽にお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

試作品の製造に適した切削加工法

従来の手動式の旋盤やフライス盤は、試作工程に適した加工法です。

フライス盤にも横軸と縦軸があり、横軸のフライス盤は広い面積を切削するのに適しています。
今ではアルミダイカストなどで製品を高精度で仕上げることができるので、材料を大きく削ることはあまりありません。
それゆえ、横軸よりも縦軸のほうが、用途が広いと言えるでしょう。加えて、横軸フライス盤は工具の交換に手間がかかるということも、横軸フライス盤の利用が少なくなっている理由の1つです。

その他にも、試作段階でNC旋盤を用いるのは現実的ではありません。
機械の量産化までのプロセスはおおまかに分けて一般に、設計、試作、試験、量産化ですが、NC旋盤はプログラミングに時間がかかるためです。
試作段階ならば一般の手動式旋盤を利用することで、細かい調整に対応でき、設計と並行して、プロトタイプ製作ができます。


MC機においても、現在では5軸MCなどが開発されており、工具交換が必要のない、自動注油式のMCなどがあります。

NCは被切削体が動くのに対し、MCは工具が回転します。
回転部分が小さいため、MCのほうが比較的安全と言われています。
プログラムも機械にあった言語を用いるため、軸数や工具数によって命令が異なります。


太陽パーツでは、旋盤加工・NC旋盤加工・フライス加工・MCの4つを軸にお客様の製品づくりをサポートしております。
試作品1個からの製作にも対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の特長とコスト削減について

プレス加工は金型となる工具の間に素材を挟み、大きな力をかけて工具の形に塑性変形させます。

このプレス加工には、打ち抜きの場合もあれば、単に材料を変形させる場合もあります。
プレスする対象の材料の肉厚にもよりますが、ほとんどの場合は工具にかかる力は極めて大きく、数十トンから100トンのものまであります。

工具(一般に金型と呼ばれる)に大きな力を加えるため、金型は剛性に長けた材料でなければいけません。ただし、硬くても、脆性(もろさ、壊れやすさ)が高い材料は金型を作るのに適していません。

また、製品の精度によって金型の精度も違うため、例えば精密なパーツをプレス加工するには精密な金型が必要になります。こういった金型は高価であるため、ロット(生産数)が大きい製品でなければ割にあわないでしょう。

それゆえ、プレス加工する製品は寸法精度のあまり高くない製品が適していると言えます。大型の農業機械や車のパーツなど、特に高い精度を必要としない部分のパーツを製作する場合、コスト削減にも有効的です。

プレス加工の良い点のひとつは、時間コストがかからないということです。
切削や切断、ワイヤーカット、プラズマ切断などに比べて極めて短時間で、製品が出来上がるので、人件費やその他もろもろのコストが削減できるのが特長です。


プレス加工での製品製造、プレス加工におけるコスト削減などをお考えの方は、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産・大型製品・高精度の加工が可能なNC加工機による切削加工

切削加工は原始的な旋盤に始まり、現代においてはNC旋盤、CNC旋盤、MCなど切削加工機も多種多様です。

原始的な旋盤は歴史が長く、多くの技術者がいますが、その旋盤も人件費の削減のため、今はNC旋盤に取って代わられつつあります。操作に技術が必要な上に安全性もNC旋盤などよりも低く、効率的にもNC旋盤が勝っていると言えます。

これらの理由より、多くのところではプログラミングによって切削工程を自動化させたNC旋盤加工を導入しています。一般には二交替または三交替でオペレーターが管理します。

NC加工機であれば比較的大型の製品を扱えるのに加え、機械全体がシェルターに覆われているため、湿式旋削が容易であると言えます。

手動式の旋盤は技術者の手で旋削が行われるため、一定の精度を保てない、生産できる量が限られる、または生産量が予測できないと言ったデメリットがあります。
NC旋盤においてもエラーにより機械が止まるということがありますが、たいていはオペレーターがすぐに解決し、復帰します。

NC切削で効率が上がる製品の1つとして、風力発電の羽の軸部ベアリングなどがあります。風力発電のプロペラ部に用いるベアリングは大型なため、一般の旋盤でも取り扱いが困難だからです。

太陽パーツでは、大量生産・高精度が可能なNC加工機による切削加工も行っております。
切削加工をお考えの方は、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

誤解されやすい板金加工の実質

板金加工というと、実際に何をしているのかを理解しにくいところがあるのではないでしょうか?

板金加工として誤解されやすいのが、車の板金やプレス加工です。
実は平板を使うというところは同じなのですが、簡単に言うと板を様々な工程で加工することが板金加工になります。

例えば、穴抜き、切断、溶接、ブレーキ、仕上げなどが板金加工にあたります。
プレス加工と違い、金型を使い同じ加工を何度も施すというものではありません。

穴抜きは一般にボール盤という機械が用いられます。工具を回転させ、固定された平板に穴を開けます。

切断はノコを使うこともあれば、シャーリングを使うこともあります。
シャーリングは刃が大きく、経験のあるオペレーターでないと危険な場合があります。ただ、加工時間が圧倒的に短いという点ではシャーリングのほうが、効率が良いでしょう。

ブレーキ加工は上下の金型で、平板を挟み込み、平板を金型の形に曲げ加工するというものです。仕上げというのは面取りやバリ取りなどを意味し、これらすべてを指して板金加工と呼ばれます。

溶接はアーク溶接、ガス溶接などがあります。
ガス溶接は資格が必要というのは比較的有名な話です。中でも溶接加工は最近自動化を取り入れていることも多く、溶接ロボットをプログラムで動かし、一定の部位を溶接します。
製品品質が一定に保てるというのが自動化のメリットです。

太陽パーツでは、板金加工にも対応しております。
板金加工を含めた金属加工、その他の製造法など、ご検討されている方は、ぜひ一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

タレットパンチプレスの特徴

プレス加工は従来とは違い、最近ではコンピュータ制御でプレス加工を管理するタレットパンチプレスが主流になってきています。

もちろん大型の原始的なプレス加工機も依然として用いられていますが、指などをケガする可能性があり、安全性に欠けているとされています。
また、さらなる効率を求めるため、原始的なプレス機械は今では減少傾向にあります。

タレットパンチプレスなら自動で機械を運転が可能なことから、時間による制約がなく、24時間稼働できるメリットがあります。
しかも一度に複数の形を打ち抜くことができたり、金型を自由に交換できます。
実は金型の交換も自動で行えるため、プログラムさえ組んでおけばすべて自動化できます。

一般には面積の比較的大きい鉄板をいくつも重ねたものをフィーダーに設置しておきます。
自動で機械が供給するシステムを採用していれば、原始的なプレス加工機と比較すると、ほぼすべての部分を機械化できるため、人件費が大きく節約できます。

ただタレットパンチプレスの1つの欠点として肉厚の鋼をプレス加工するのが苦手という点が挙げられます。
通常は2ミリ~3ミリの厚さ程度で、それ以上のパンチプレスになると工具の刃に負担がかかります。そのため、肉厚の鋼合金などを連続的に打ち抜くのであれば、従来のプレスマシンが適しているという面があります。

太陽パーツでは、従来のプレス加工からターレットパンチプレス加工まで、お客様の作りたい製品に合わせた加工が可能です。
プレス加工のことでお困りのこと、要望などございましたらお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工におけるコストダウンの方法

切削加工は、切削工具類を用いて対象物を目的の形状に成形するために切り削る加工方法を言います。

この切削加工のメリットを考えると、大きく2点あげることができます。

・寸法精度の高い製品を製造することができる
・複雑な形状、微細な形状をした部品等を製造することができる

このようなメリットがある反面、ダイカストやプレス加工と比べると迅速かつ大量に生産する能力が劣ってしまいます。

そして、切削加工はその名の通り金属素材を切り削る方法により加工していくことから、コストが多少かかってしまいます。というのも切り削った金属素材は廃棄することになってしまうからです。
無駄に廃棄してしまう金属をいかに少なくさせるかが、切削加工においてコストダウンを図るためには重要なテーマとなっています。


ただし、切削加工において無駄をなくすために様々な方法が考えられます。
例えば、量産部品を加工する場合、棒状にした素材から加工したり、中空の部品であればパイプ状にした素材から切り出したりして、コストダウンを図ることができます。
もちろん切屑を再利用するという方法も考えられます。

また、場合によっては注文者とどのような機能を備えた部品を加工すれば必要十分なのかを話し合い、それに見合った最適な形状提案をしてコストダウンを図る場合もあります。

まずは、どのような形状の製品を製造したいのか、どのような機能が欲しいかなどが明確であれば、コストダウンの製造法を考えることができます。
太陽パーツでは、切削加工によるコストダウンだけでなく、切削加工などの機械加工をダイカスト化することによるコスト削減の提案を行っております。

特に大量生産したいものであれば、ダイカスト化は有効的であり、弊社では特許製法のエコダイカスト技術による大幅なコスト削減が可能になっています。
詳しくは、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストの金型にも用いられる切削加工技術

切削加工は、切削工具を用いて対象物を切り削る加工方法です。
塑性加工の一種であり、除去加工と呼ばれることもあります。

切削加工は古来から行われており、大工さんがノミやカンナで木を切り削ることも切削加工の一つです。
このように、昔から行われている加工方法の一つである切削加工、金属加工においては現在では専用のマシンを用いて行われており、細かい部品であるネジやネジ穴、ナット、ボルト等は切削加工により製造されているものです。

製品づくりだけに用いられている訳ではなく、切削加工はモノづくりの土台も支えています。

例えば、ダイカストです。
アルミダイカストなどのダイカストを行うためには、溶融させアルミ合金等だけでなく、それを流し込む金型が必ず必要になります。
この金型がどのように製造されているかというと、実は切削加工により一つ一つ丁寧に作られているものなのです。型の修正にも切削加工が用いられています。

切削加工のメリットは、製品の完成精度が高いことと、複雑な形状のものや、細かいパーツであっても製造することができる点が挙げられます。
アルミダイカストで迅速かつ大量に同一種類のものを製造することができているのも、切削加工技術によって複雑な形状をした金型を製造することができるからこそです。

このように、切削加工技術は、私たちの生活を直接支えるだけでなく、同じ加工産業を支えているのです。非常に魅力的な技術の一つとなっています。

太陽パーツでは、切削加工を得意としております。
アルミダイカストも行っている弊社では、金型製作の技術もございますので、ぜひ製品づくりから金型製作までお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

硬貨製造にも利用されているプレス加工

プレス加工では、加工素材を対になっている工具と工具の間に挟み込み、強い力を加え、目的の形状に成形する技術です。

日本における金属プレス加工業は、明治時代の日清・日露戦争等で使われた弾薬などの武器の製造や、硬貨の生産にプレス機械が採用されたこと等、国からの大量かつ迅速な発注があったがゆえに発展してきたものといえます。

硬貨は何年にもわたり非常に多く製造されていますが、これら硬貨を大量かつ迅速に生産することを可能にしたのはプレス加工が発展してきたからです。プレス加工により、ある程度硬貨としての形を作り、次に偽造がなされないように隠し文字やすかし等を入れています。

また、1円玉はアルミニウム、5円玉は黄銅、10円玉は青銅、50円玉と100円玉は銅とニッケル、500円玉は黄銅とニッケルと、それぞれ異なった素材で製造されています。
いずれも柔軟性を備えた金属なのでプレス加工が可能となっています。

このように、私たちが当たり前のように利用している硬貨はプレス加工によって製造されており、プレス加工業は私たちの生活を支えています。

た、オリンピックのメダル等も硬貨と同様にプレス加工により製造されています。
デザインも金型に合わせて多種多様に製造することができるので、非常に汎用性のある加工技術となっています。

太陽パーツでは、プレス加工にも対応しております。
メダルなどの円型の形状以外にも様々な形状のものを成形しますので、ぜひお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工で重要な金型の3つのポイント

プレス加工は、対となった工具の間に素材を挟んで、強い圧力を加えることで素材を金型と同じ形状に成形することを言います。

プレス加工において一番重要な点は、やはり金型です。
まず、金型に求められる性能として、耐久性です。何度も非常に強い圧力を加えられることにより、金型が摩耗してしまうこともあります。
しかし、この耐久性を高めることによって、金型を交換するコストを削減することが出来たり、生産をストップさせることなく生産できるようになるため、プレス加工にとって金型の耐久性は非常に気になる点となります。

次に、強度が求められます。
金属には、マグネシウムやアルミニウム、金等の比較的やわらかい素材の金属素材もありますが、超高合金や、チタン合金等の硬度の高い金属をプレス加工する場合もあるかもしれません。
その際に金型が欠けてしまったり、変形してしまうと作業が止まってしまい、余計にコストがかかってしまいます。
もちろん、硬度が高すぎてプレス加工できない素材もありますので、その点は見極める必要がありますが、ある程度強度のある金型である必要があります。

そして、やはり寸法精度も非常に重要な点です。
寸法精度の良い金型であれば、寸法精度のよいプレス加工製品を製造することができ、それゆえお客様のニーズに沿った加工製品を製造することができます。
このように、プレス加工においては金型が非常に重要な点になってきます。

太陽パーツでは、プレス加工に必要な金型を耐久性、強度、高い寸法精度でお作りいたします。
また、NCタレパンやレーザー加工にも対応しておりますので、プレス加工をお考えの際にはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.