太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工

機械加工 Archive

へら絞り加工(スピニング加工)の特徴

本日は、へら絞り加工の特徴についてご紹介いたします。
ヘラ絞り加工は、金属板を回転させながら、金型にヘラであるローラーを使用し、密着させるように金属板を塑性変形させ、成形する加工方法です。

金型と金属板を回転させることがらスピニング加工とも呼ばれます。

ヘラ絞り加工の場合は、プレス加工のように雄型・雌型の二種類の金型を用意する必要がないため、安価での製作が可能になります。

ただし、へら絞り加工では、回転加工を行うために多角形や楕円系といった製品の作成は難しくなります。


ヘラ絞り加工(スピニング加工)の長所は、低コストで製造可能であり、リードタイムが短く、多品種少量生産に向いている点です。

短所は、製造した製品の板厚にバラツキができ、大量生産に向かない点になります。
ですが、NCスピニングマシンを導入することで、改善することができます。

ヘラ絞り加工(スピニング加工)により製品を造る場合には、多種多様な機器・機械の部品から器具などの製造可能です。


太陽パーツでは、アルミ押出・ダイカストに強みを持つだけでなく、その他の金属加工にも精通しております。

ヘラ絞り加工など、お客様のご要望にお応えして、お客様にメリットのある製造方法をご提案させていただきます。

まずは、一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

曲げ加工について

プレス加工の中には、曲げ加工という、素材に曲げ変形を与え目的の角度と半径を持つ形状に成形する加工のことです。


曲げ加工は、板金加工の工程において非常に重要な工程です。

曲げ加工の形式には、V曲げやU曲げなどの型曲げ加工、折り曲げ加工、ロール曲げ加工などがあります。


例えば、型曲げであるV曲げを例にしてみると、V字型のダイへ板材を載せます。

そこへパンチで押して任意の角度へと板材を変形させる加工になります。


折り曲げ加工では、シンプルな曲げ加工から複雑な曲げ加工までを行います。
曲げる強さ・角度を工程旬にプログラミングすることにより、R曲げやZ曲げなど複雑な曲げ加工も高精度に行うことができます。


プレス加工の中には、他にもさまざまな加工があります。
せん断加工・曲げ加工・絞り加工・圧縮加工、圧延加工、押出し加工、引抜き加工、鍛造加工、転造加工などです。

どのような製品を作りたいかによって、加工方法は変わってきます。

まずは一度、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。
皆様に喜んでいただける提案を常に考えお応えいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

カシメ加工とは

カシメ加工とは、スペーサーやボスなどの別部品を素材に圧入し取り付ける加工工程のことです。

例えば、プラスチック製品の内部に金属部品などを埋め込み加工などを行います。

弱い素材に対して、強度が必要なネジなどが必要な場合に、圧入して埋め込む工程にもカシメ加工が用いられます。


もちろん、前工程である、プレス加工や表面処理なども合わせて太陽パーツでは、一貫した製造を行っております。


そもそも、カシメとは、ボイラー・水槽・圧力容器などのリベット締めした板の縁を、たがねで打って密着させることをいいます。

太陽バーツでは、あらゆる加工部品から設計から製造まで対応致します。


1個の試作から量産試作まで対応しております。
ぜひ一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。


太陽パーツでは、より良いものをより安く、お客様のメリットになる方法を提案させていただきます。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

絞り加工【特徴・メリット】

今日は絞り加工について、その特徴やメリットについてご紹介いたします。


絞り加工は、プレス加工の中でも最も難しいとされています。
パンチととダイスを用いて板材を容器状の形状に加工します。

加工には、さまざまな条件・金型・機械のバランスがうまくかみ合うことで、シワ・ひずみ・割れの無い絞り加工ができます。


絞り加工には、初絞りと再絞り加工があります。

初絞りでは、板材をパンチでダイス(金型)に押し込むことで容器状に加工します。

再絞りでは、成形を繰り返し行うことで、容器状にしたものをさらに細長く加工することができます。深絞り加工とも言われます。

絞り加工のメリットには多くのメリットがあります。


【絞り加工のメリット】

・寸法精度の向上
・複雑形状の成形
・生産工程数の削減
・金型のコストダウン
・素材のグレードダウン
・板厚の局部現象の抑制


絞り加工も長年培ってきた技術と実績から、お客様のメリットになる方法をご提案いたします。

まずは一度、太陽パーツまでご相談ください。

お客様に合った方法を提案させていただきます。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

冷間圧造加工(ヘッダー加工)について【ネジ量産にも最適な加工】

ヘッダー加工とも呼ばれる冷間圧造加工では、
冷間鍛造機械などにより、常温で一定以上の力を連続的に加えて塑性加工により圧造整形することを冷間圧造加工と呼びます。

ちなみに、塑性加工とは、金属材料を曲げたり、伸ばしたり、叩くなどの一定以上の力を加えて変形させることをいいます。

もとの形に戻らなくなる塑性という性質はとても重要です。

ヘッダー加工である、冷間圧造加工にはメリットがあります。
素材をそのまま加工することができるので、切削加工などと違い、材料の金属を無駄なく使うことができます。

冷間圧造加工は、加工スピードも速く、熱による歪みが少ないという温間加工と比較もできます。


またパンチとダイスなどの金型に超硬合金などを使用することで、圧造整形するので、製品の精度も高く、精度的には均一な製品を作ることが可能である。

冷間圧造による加工には、パンチとダイスの組み合わせを変えることで様々な製品が作れるようになります。

冷間圧造という名前ですが、常温で行うこの加工は、ネジの量産においてかなり普及している方法です。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

3次元レーザー加工のメリット【板金加工】

太陽パーツでは、板金加工を行う時に3次元レーザー加工(3Dレーザー加工)を行っております。

パイプから筐体(きょうたい)までレーザー抜きやカットが可能です。

では3次元レーザー加工(3Dレーザー加工)のメリットとはどのようなところにあるのか、本日はご紹介いたします。


大きく分けてメリットは3点あります。

【時間の削減】
2次元図・3次元図に対応可能です。
レーザー抜きやカット、仕上げから溶接・組立まで一貫して生産しますので、お客様の手間も時間も省けます。

3次元データをお持ちであれば、スピーディーに対応できます。


【品質の向上】
SolidMX、SolidWorksの両方を採用しているためお客様の要望に素早く対応いたします。

また図面通りの高品質・高精度の製品加工が可能です。
高精度で加工するため、結合部分の組み立ても容易に行えます。


【複雑な加工】
3次元データをもとにレーザー加工するため、例えば部品同士の接合をボルトや溶接していたものが、接合部の形状次第では部品同士を直接接合することも可能になり、複雑な加工をすることができるようになります。


私たちはお客様のメリットになる方法をご提案いたします。
3次元レーザー加工にご興味のある方は、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工、絞り加工、精密プレス加工で作るプレス加工品

太陽パーツで行っているプレス加工の種類は、プレス加工、絞り加工、精密プレス加工があります。



プレス加工でも、他のアルミ押出や板金加工と同じく、大小のロットに限らず1個の試作品から量産試作、加工まで行っております。

プレス加工の種類には、プレス加工、絞り加工、精密プレス加工を行っていますが、本日は3種類のプレス加工はどのようなものなのかご説明いたします。

●プレス加工
プレス加工では、プレス機械及び金型を使用して成形を行う加工方法です。
板材成形(プレス成形)と塊状成形(鍛造など)もプレス加工に含まれます。

●絞り加工
絞り加工では、パンチととダイスを用いて板材を容器状の形状に加工することです。

絞り加工には、初絞りと再絞り加工があり、
初絞りでは、板材をパンチでダイス(金型)に押し込むことで容器状に加工します。
再絞りでは、成形を繰り返し行うことで、容器状にしたものをさらに細長く加工することができます。

●精密プレス加工
例えば、現在では電子製品の小型・軽量化が進んでいる中で求められるような精密なプレス加工製品が求められます。
そんな場合には、高い技術と品質が求められます。
そこで太陽パーツでも、お客様のニーズにお応えして精密な部品などを精密プレス加工でご対応しております。


プレス加工のご依頼にも幅広く対応しております。
1個の試作品からでも大量生産まで、太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工なら仕上げ・表面処理・検査・出荷まで全てを一貫してサポート!!

太陽パーツでは、板金加工も行っています。
板金加工は簡単に言えば、金属板を加工することです。
太陽パーツの板金加工は一貫生産で行っていますので、図面展開、抜き加工、前加工(バリ取り、タップ加工等)、曲げ加工、溶接仕上げ、組立、梱包、集荷まで全てをサポートいたします。

また、板金加工と言っても様々な加工を行いますが、大きくわけて、通常の板金加工とNCタレパン、レーザーと分かれます。

●通常の板金加工●
通常の板金加工では、金属板に穴あけ、曲げ加工、溶接といった加工を行いまます。
建築板金、自動車板金、機械板金等に分類されます。


●NCタレパン・レーザー●
NCタレパンとは、NCタレットパンチプレスのことです。
NCプログラムを作成することで、タレットパンチプレスやレーザーでのNC加工を行います。

他にも皿取り、バーリング、タップ加工、ファスナー圧入名と、曲げ加工・ベンド加工、スポット溶接・TIG溶接を行います。


太陽パーツでは、1個の試作から量産試作・加工まで承ります。
また、3次元データのみでも制作は可能です。

板金加工の全てを一貫して行っている太陽パーツだからこそ、お客様のニーズにお応えする力と価格メリットのある手法を提案いたします。

ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

キャビティを取り外すことのできる構造

太陽パーツの製品のひとつに「エコダイカスト」というものがあります。
これは、小ロット生産に最適なもので、通常のダイカスト製法とは少し違った方法をとっています。

特に違うのは、キャビティ部を取り外すことのできる構造になっている、という点ではないでしょうか。

キャビティというのは、レーザー共振器のことを指しています。
レーザー共振器の構造は、特定の波長を持つ光に対して共鳴するように作られた共振器の中に、レーザ媒質を入れることでできあがります。
もともと「キャビティ」という言葉は、光学分野では「空洞の何らかの空間」のことを指し、特に光が閉じ込められる空間のことを言うものです。
これを元に、鏡などによってつくられた特定の空間に光を閉じ込める構造から、キャビティという名がついているんですね。

この部分は通常のダイカストの場合は、取り外すことはできないため、交換の際にはすべてを交換する必要がありますが、エコダイカストならキャビティ部だけを交換すればいいので、ユーザーのみなさんの負担も少なくすることができるというメリットがあります。

エコダイカストについてのお問い合わせは、太陽パーツまでお気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

長尺シャフトとは

長尺シャフトとは、通常よりも少し長さのあるシャフトのことをいいます。
長いものなら20m近いものまで製作を行っている製造会社さんもあります。

これほど長いシャフトは、非常に大きなものに使用されており、例えば船舶や新幹線などの乗り物に使われていることが多いですね。
こういったものに使われる長尺シャフトは、長く大きいとはいえ、人を乗せて進む乗り物に使われる部品ですから、やはり精密に製作しなければなりませんから、非常に気を使って作られる製品なんです。

とはいっても、シャフト自体が機械のかなめとなる部品ですから、やはりどんなものでも精密さは必要になりますね。
機械が使われるところには必ず人がいますから、不具合などが生じれば、人に被害が及ぶ可能性もあります。
ですから、シャフトは非常に慎重に製作されるべき部品なんです。

シャフトは他にも小径シャフトや小型の精密シャフトなどいろいろなものがあり、それらはさらに幅広い製品に部品として使われており、どの製品も、シャフトがなければ機械として使うことはできません。

長尺シャフトの加工・製作をお考えなら、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
お客様のご希望に合わせた長尺シャフトを製作いたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

26 / 27« 先頭...1020...2324252627

HOME > ブログトップ > 機械加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.