太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工

機械加工 Archive

精密な加工でものづくりに貢献するプレス加工の利点とは?

部品の製作を行う時には色々な加工方法から、最も適した加工技術を使って部品の製造を行います。
例えば金属加工で部品の製造を行う場合ですが、切削加工や金型を使って部品加工を行う場合もあります。
それぞれの加工法には機械によってメリットやデメリットがあります。その中の一つに「プレス加工」という加工技術がありますが、今回はプレス加工のメリットについてをわかりやすくお話しいたします。
プレス加工とは、金型を使って金属の板を上下または前後などから挟み、高い圧力でプレスして金属を加工する「転写加工」の一つです。
金型は一度部品加工を行うだけで壊れてしまうものではなく、繰り返し同じ部品を生産する事が可能なので、大量生産をする肉薄の部品加工に最適な加工技術です。
つまりプレス加工の最大のメリットは、他の加工技術よりも生産性がとても高いと言えるでしょう。
もちろん同じように金型を使う「ダイカスト」という加工技術もありますが、材料の金属を溶かして金型に高圧で射出して形成する手間がありません。
その手間が無い分、素早く部品を生産する事ができるのです。
さらにプレス加工のメリットはコストが安いという点です。金型を作るのは確かに高い費用がかかりますが、そう簡単に金型がダメージを受ける事はありません。
そのため、生産量が高ければ高いほど一つ当たりの部品の加工費用が安くなるのです。ちなみに射出成型のおよそ4倍~5倍の生産性の高さがあります。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツの切削加工商品を作り出す4つの機械加工!

部品加工を行う時には、その部品の生産内容に合った方法で加工を行います。例えば太陽パーツでは、『試作品を作りたい』『小ロットの部品の生産をしたい』『量産専用の金型が欲しい』などの場合には切削加工を行っています。
太陽パーツの切削加工は、汎用旋盤、NC旋盤、フライス加工、MCの4つの機械を駆使して部品の生産、または金型の生産を行っております。旋盤加工とNC旋盤では金型や製品のブランクの部分、の外径と内径の切削などを行います。
フライス盤やMCでは、二次加工やカットなどを行ったりして加工します。旋盤加工とフライス加工はそれぞれ得意な加工があるのですが、近年ではワンチャックでほぼ完成品にまで加工する事ができる、多軸機械を使って加工する事も可能になりました。
一般的に量産部品の生産を行う時、金型を使って大量生産を行った方が一つあたりのコストが安くつくのですが、まだ試作の段階で大量生産に踏み切れていない製品に関しては、金型を作ってしまうと余計コストが高くなってしまいます。
また、試作品のために部品を数点のみという場合にも同様に、他の加工技術を使うとコストが高くなってしまうので、切削機械を使って加工を行った方が、より安く確実に良い製品を作る事ができるのです。
切削機械加工の良さは、たった一個から加工ができるという点だけではなく、3次元データがあるだけでもしっかりと製作する事が可能な点、そして製品精度の高い部品を作る事ができるという点です。
大量生産にするかどうかを決定する事が決まれば、そのための金型の製作へとすぐに移行する事ができるのもメリットだと言えるのではないでしょうか。太陽パーツでは切削機械を使って丁寧に部品の生産を行います。
もしも試作品を作りたいと思っていたりした場合には、たった1個であったとしてもぜひお気軽にご相談ください。詳しくは電話もしくはメールなどでご連絡をお願いいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

職人技が光る板金加工の「曲げ加工」について

金属を曲げる加工を「曲げ加工」と言います。さまざまな金属部品で曲げ加工を活用していますが、曲げ加工を行うためにはプロに依頼する必要があるのをご存知でしょうか。
例えば一言で曲げると言っても、角材を曲げるのも丸材を曲げるのも曲げ加工ですし、曲げて欲しい部分を性格に折り曲げる加工もあります。指示されている部分を指示通りに曲げるのはとても大変な事なのです。
曲げ加工を行うためには長年のカンも必要になりますし、専用の機械も必要になるでしょう。多くの場合の曲げ加工はベンダーといった加工機械を使って行われるようです。
ベンダーとはいわゆる板金加工の一つで、機械の圧力を使って金型の形を転写して加工いたします。
加工する際には、金属の金型と上から金型に金属板を押し付けて、オスメスの金型に挟み込む形で、曲げの形状を転写する加工となります。
曲げ加工を行う時、慣れた職人の場合は曲げた時の素材の寸法と、曲げ終わった時の金属の寸法や、折れ曲がった時の金属の特性をしっかりと計算しつつ加工を行います。
なぜならば、曲げた時の金属の変化の事を頭に入れておかないとならなかったり、金型から解放した場合の角度の開きなどを計算に入れておかなければならなかったりするからです。
これらの事をしっかりと計算しつつ素材を決定して、曲げ加工を行うようにする必要があるので、とても簡単そうに感じるベンダー加工も、職人技が必要になる金属加工の一つなのですね。
ベンダー加工を行う時には、曲げを行った時の素材への影響についてしっかりと考える必要があります。素材のたわみとかも考慮するといいでしょう。
太陽パーツではベンダー加工を行う際にも最新の注意を払って加工を行います。加工後の問題を少しでも解決したいと思うのであれば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工を行う際の「剛性」について

世界中で「日本製なら大丈夫」という信頼をいただいているのはご存知の方多いと思います。なぜ日本製は安心して使えるのか? それは剛性があり、とても丈夫だからというのが一番の理由かもしれません。
つまり剛性が高いという事は壊れにくいという事です。でも日本製だからと言っても、どこで作っても同じだけの剛性があるのか? 同じだけの精度があるのかというと、実はそんな事はありません。
製作するメーカーや企業によっては同じ製品でも剛性も違ってくるものなのです。例えそれが同じ切削機械を使って切削加工をしていても違うものなのです。
日本における切削加工というのは、機械が同じでも使っているツールや加工方法によって、多くのものが違ってきます。もちろん見た目は全く変わらないかもしれません。
ですが技術者によっては刃物を自分で作ったり、プログラムの方法が違っていたり、それぞれが独自の方法で加工を行っていますので、どれ一つとして同じものはもしかしたらないのかもしれません。
もちろん全く同じ機械じゃなくても、品物の大きさや求められる形状によっては、その製品に適した切削加工の機械で加工する事も必要ですね。
剛性が関係してるのは製品だけではなく、実は加工をする機械にも大きく関係しています。特に切削加工を行う機械は剛性が高いものの方が、より安定した製品を加工する事ができるのです。
振動が主な原因です。高速で材料が回転したりツールが回転したりするため、その遠心力で振動を起こすのです。
もしも本当に高い品質の製品の加工をしたいと思うのならば、機械の特性や癖、そして剛性にあった加工方法を行う必要があるのです。
これらの問題をクリアできる事が良い製品を作る事ができるという事につながるのです。太陽パーツでは機械の性質や癖をしっかりと見極め、最適な機械で切削加工を行います。
部品生産や金型の製造のお悩みを解決したいと思っているのならば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工における【切削温度】について

金属だけではなく、どんなものであっても高速でこすると熱が生じます。例えば金属を切削加工する場合、高速で回転している刃物、もしくは材料をチップなどで削っていきます。
削る時には金属の材料と切削する刃物がこすれるわけですから、熱を生じてしまいます。この熱を下げるために切削油というものを使います。
なぜ切削温度を切削油で下げなくてはならないのでしょうか? それは切削する時の切削温度によって、素材の性質を変えてしまう事があるのです。
さらにチップやドリルなどを切削油で冷やしながら加工しないと、あっという間に溶けてしまったり欠けてしまったりするのです。
製品の材料への高熱による影響も深刻ですが、チップなどのツールに与える影響はさらにひどく、それが不良品を作ってしまう原因となってしまう事もあります。
つまり切削温度が高いとツールやチップなどの刃物に悪い影響を与えてしまうのです。もちろん切削温度が上がってしまう原因は他にも考えられます。
それは、チップや刃物の切れ味が落ちたのに使っているとか、切削する素材によって切削油を変えてみる事も必要でしょう。
さらに切削を行う時に無理な切込みになっていないかや、回転数についても再検討する必要があるかもしれません。様々な要因が重なって切削温度が安定しない事もあるのです。
削っている金属によっては、切りくずが出る時の状態にも変化があります。アルミニウムならねじれたような切りくずになったりします。できたら細かくハネる切りくずになるようにするといいでしょう。
このように切削加工において、切削温度はとても重要な問題です。できるだけ金属にあった加工法(切削速度、回転数、チップの寿命、切削油)で加工を行うといいですね。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

薄板の板金加工に大活躍なタレパン加工

タレパン加工はプレス加工の一種で、タレットパンチプレスの事を言います。簡単に説明するとパンチプレス機械に、抜きたい形の金型を取り付けます。
そしてプログラム通りにセットした金属板を撃ち抜いていく加工方法です。自動的にいくつもの製品を作る事ができるので、量産効果の高い製造方法であると言えるでしょう。
タレパン加工を行う機械はNC装置がついていて、ツールには金型をセットできる金型ホルダーがついていて、プログラムをする事で必要なだけ穴を開けてくれます。
つまり一度セットしてしまえば製品がプログラム通りに数種類の穴を開けたり、曲げたりする事ができるため、板金加工の中では非常に頻繁に使われている技術です。
開ける事ができる穴は、大小の丸形だけではなく角形や長方形にも対応しています。長丸の形状の穴もあけられます。人の手で穴を開けるわけではないので、精度も非常に高いのが特徴です。
複数の金型を使う事によって、完成品を作る事も十分に可能です。ただし薄板の製品を加工するのは問題がありませんが、3mm以上の板厚の加工を行う時には注意が必要でしょう。
あまり板厚があると金型の傷みが激しくなったりします。それ以上に板厚の場合にはフライスやマシニングなどの切削機械で加工する方が適しているでしょう。
タレパンでは単発加工で穴あけをするだけという加工もありますが、高速で金型を移動させて打ち抜いていく、ニブリング加工という加工法もあります。簡単に言えばパンチしながら切断していくような加工です。
これまでは曲げだけとか一部の穴を開けるだけといった使い方をしていたタレパン加工ですが、現在ではパンチ加工と曲げ加工とせん断加工を組み合わせた加工で完成品を作る事もできています。
金型の精度が高ければ高いほど細かな加工ができるので、色々な加工を上手に組み合わせて製品の製作を行うといいでしょう。
太陽パーツではタレパン用の金型の製作も、タレパン加工による製品の加工も行っています。今よりももっと精度の良い製品を、効率よく生産したいとお考えなら太陽パーツへぜひご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工で難しいとされる「絞り加工」って?

プレス加工は金属の板を金型で挟んで圧力を加え、金型の形を転写して部品の製造を行う加工技術です。プレス加工にはパンチングやせん断といった加工もありますが、特に難しいのは絞り加工です。
プレス加工においての絞り加工とは、金型で材料を挟み込み圧力をかけて転写するのは同じですが、金型の形はより複雑になっており、金型の精度と加工技術が必要になるのです。
絞り加工には「深絞り成形」「張り出し成形」「伸びフランジ成形」「曲げ成形」という成型方法があります。形はそれほど複雑ではないかもしれませんが、この4つの形状を組み合わせる事も可能です。
二つ以上の組み合わせをする事によって、より複雑な製品を作る事が可能となるのですが、一方で複雑化すればするほど加工は難しくなっていきます。
なぜならば、絞り加工は伸びる方向や縮む方向を計算して材料を選ぶ必要があったり、複雑で精密な金型を作る必要が出てきます。
当然製品の深さによっても難しさが変わってきます。深ければ深いほど製品は肉薄になっていきますし、コーナーなどの部分は薄く弱くなっていく事が予想されます。
1度で加工した方がいいのか、それとも工程数をわけて加工するのかについても緻密に計算しなくてはならないでしょう。ブランクの時の体積と絞り加工をする時の体積についても計算する必要があるのです。
そのため金型の構造には十分気を付けなくてはなりません。また、一度に絞れる深さには限界があるため、より深い製品を作るためには何回かに分けて完成させるのです。
つまり金型の数も工程の回数が増えればそれだけ多くなります。さらにプレス機械の性能も必要になります。構造上どうしてもパンチ(金型)で板を押します。
何も対策しないまま成形すれば、しわや割れや傷などが起こりやすく、精度の高い製品は作りにくくなってしまいます。そのため摩擦保持効果を行い、しわや割れに表面の傷を抑えるのです。
つまりプレス加工で精度の高い製品を作りたいのならば、精度の高い金型を作る必要があるのです。
太陽パーツではプレス加工のための精度の高い金型の製作と、製品の生産に自信があります。コストの削減や生産リスクの減少を希望しているのであれば、ぜひ太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

単刃工具と多刃工具を用いる様々な切削加工法

使用する機械も色々とありますが、工具には単刃工具という旋盤加工などに使われる工具や、たくさんの刃がついている多刃工具そして、ドリルやエンドミルといった穴を開けたり広げたりする工具を使用します。
これらの工具は製品によって工具を交換しながら使用します。切削加工を行う時にはバイトやチップなどを使って金属を削っていきます。この時旋盤のように材料が回転して刃物を使って切削していきます。
使用される刃物はグラインダーなどで必要な形状に作った超硬バイトを使用する事もあれば、チップをホルダに取り付けて金属を削る切削方法などもあります。これを「旋削」加工と言う事もあります。
さらに旋盤加工でもフライスなどを使ってもできるのが「穴あけ」加工です。ドリルを使って穴を開けて、穴を広げるために内径用のバイトを使って切削をしていきます。ドリルを使って穴を開ける加工法を「穴あけ」加工と言います。
最初から大きな穴を開けるのはトルクが必要になるので、少しずつ内径バイトで広げていったり、エンドミルを使って削る方法もあります。この切削方法を「中ぐり」加工と言う事もあります。
フライスなどでエンドミルなどを使って削る事を「フライス削り」と言い、たくさんチップのついた形状のもの、もしくはたくさん刃がついているドリルのような工具を使って切削をします。
段差を付けるために単刃工具を使って平面を削る加工を「平削り」加工や「形削り」という言い方をしたりもします。鍵穴のような形状に内径を削ったりする「ブローチ」という加工技術も利用します。
これらの切削加工は部品に求められている形状を削り出すために必要な工程です。そして一つの工程だけで製品が完成するのではなく、いくつもの工程を経て製品が完成していきます。
現在では切削加工で製品の生産をする事は少なくなってきました。むしろ製品を生産するというよりも、製品を大量生産するための金型を作る時などに切削技術は多く使われているようです。
例えばダイカストやプレス加工、そしてアルミ押出の金型の生産などにも活用されています。もちろん金型を使った製品の二次加工として、穴あけをしたりねじ切りをしたりする切削加工法もあります。
切削加工には他にも数多くの工具を使って加工を行います。切削の機械も進歩しているのでこれまでは無理だと思われているような加工も、もっともっとできるようになるでしょう。
このように、工夫次第でどんな製品も作り出す事ができる切削加工では、上手に刃物を選択しながら製品を生産していくのです。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精度の高い精密プレス加工の特徴について

プレス加工というと何となく雑なイメージがあるかもしれません。ですがそれは昔のお話で、今では精密プレスという加工技術があるので、製品の品質もかなり高くなっています。
精密プレスというのがどんなものなのかを簡単に説明すると、より高度な金型を使う事によって精度の高い製品を作る方法の一つです。
金型を使って部品の生産を行うため、一度に大量の部品を製造する事が可能です。生産コストも大量生産を行う事で下げる事が可能なので、現在ではあらゆる製品に利用されています。
ただし精密プレス加工を行う時には精巧にできた金型が必要となります。精密プレス加工のカギを握っているのが金型だからです。
プレス加工に用いられる金型は、毎日たくさんの製品を作り続けるので、消耗が激しいのが難点です。そのため材質にもこだわる必要があり、特殊な材料を使って製造される事が多いのも事実です。
特殊な材料を使う事によって、加工をする時の衝撃や熱に対しての耐久性や耐熱性そして金型自体の耐摩耗性が必要となります。
例えばモリブデン、セラミック、ステンレス、グラファイト、超硬、クロム、タングステンなどの特殊な材質を使って金型を作ります。材質が硬いので金型の加工も大変な技術が必要です。
設計の段階から精巧な金型を作るために3DCADを使って、十分な解析を行いながら最終的な金型の製造を行います。
これらの条件が整って初めて複雑で精巧な製品を作り出す事ができるのです。太陽パーツではより精度の高い精密プレス加工のための努力と工夫をしています。
生産された部品も従来のプレス加工製品よりもずっと精度の高い製品が作れるので、リチウム電池や半導体関係、自動車関連やパソコンや家電に使われています。

精密プレス加工の金型の製造や製品の生産の事、コストの問題についても太陽パーツへぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製品化する為に重要な接合技術とは【板金加工】~後編~

今回は前回に引き続き板金加工において製品化する為に重要な接合技術、残りの2つについてお話したいと思います。

二つ目は治金的接合法という接合方法で、ハンダ付けや金属を溶かして溶接するといった技法です。メリットとしては溶接をする時の自由度が高いという点です。
簡単に溶着する事ができる手軽さもメリットでしょう。溶着をする事で工程数を減らす事も可能です。金属を同士を使って溶着するので製品の軽量化が可能です。
デメリットとしては熱が加わるため、製品のひずみや残留反応力などが出る事があるので、製品の寸法精度は比較的低めなのがデメリットと言えるでしょう。
三つ目は接着剤を使っての接合です。接着剤を使って部品を接合していく一般的な方法です。簡単に誰もができるのと、同じ材質ではなくても接合する事ができるのが特徴です。
接合した後は滑らかで形状を変形する事はありません。気密や水密性に優れているだけではなく、電気や熱などの絶縁効果があるのもメリットでしょう。
デメリットとしては接着剤で接合した後はしばらくその状態を維持する必要があり、確かな剛性を得られるまでに時間がかかります。
また、強い熱に対しての耐久には限界があります。耐用年数には限界があるという事になります。
それぞれのメリットとデメリットをよく考えて、上手に組み合わせて接合をする事が望ましいでしょう。いくつかの方法を合わせて行う事で、デメリットを補う事が可能です。
板金加工の中では溶接や溶着は非常に基本的な技術です。太陽パーツでは板金加工での溶接や溶着を用いて、より優れた製品を製作いたします。

詳細を知りたい方や製品の組み立てについて知りたい方は、お気軽に太陽パーツへご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

3 / 2912345...1020...最後 »

HOME > ブログトップ > 機械加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.