太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2012-04

2012-04

プラスチックの射出成形ならコスト削減と短納期の太陽パーツへ

現在では、プラスチック製品はみの周りに溢れています。
皆さんが良く目にされるのは、やはり飲料水などが入っているペットボトルでしょうか?
実はそれ以外にも、実の周りには多くございます。

まず今身近にあるボールペンやクリアファイル、電話機などデスクの周りにもかなり多くのプラスチック製品があると思います。

太陽パーツでは、金属材料を主とした金属加工だけでなく、そのプラスチック製品を製造するための射出成形技術も得意としております。

しかも、太陽パーツならどこよりもコストを抑えたプラスチック射出成形が可能です。


それを可能にしているのが太陽パーツの『精密カセット金型システム』です!!
精密カセット金型システムでは、本来射出成形するために必要なベース部とキャビティ部の2種類の金型を両方ともご用意していただく必要はありません。

ベース部は太陽パーツが所有しているものを使用し、お客様にはキャビティ部のみをご負担していただく形になります。

そのため必要となる費用もキャビティ部のみの製作費用だけとなります。
金型費用を抑えた射出成形が可能なため、コスト削減が可能です。


また、同一樹脂材料での複数の製品を製造する場合、形状のことなるものでも同時に2種類まで同時成形が可能です。それは、ひとつのベース部に対し、キャビティ部を2個までセットすることができるところにあります。

同時成形が可能なため、製造時間も短縮することができ、お客様のもとへと短期間での納品ができます。

少量生産も容易で低コスト、しかも短納期でプラスチック射出成形が可能!!


プラスチックの射出成形のコスト削減や納期問題に悩まれているならば、太陽パーツまでご相談ください。


太陽パーツでは、お客様のお悩みにお応えできるご提案をいたします。
コスト面や製品制度、納期など、どのようなことでもお気軽に御相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造品の高精度な二次加工なら太陽パーツへ

太陽パーツでは、金属製品の製造から加工、組立、梱包、納品までを一貫してサポートしております。

中でも、ダイカストに強みを持つ太陽パーツでは、
お客様のコスト削減につながる『エコダイカスト』をご提案しております。

『エコダイカスト』なら、ダイカスト鋳造、その他の金属加工によって製造していた
製品のコストを半額に抑えることが可能になります。

さらに、太陽パーツはダイカスト鋳造した製品の機械加工も得意としております。
簡単なものであれば、ボール盤加工のドリル穴あけ加工、穴広げ加工、リーマー加工、タップ立て加工などの単純な加工も施せます。

より高精度な製品へと仕上げるためのフライス加工や溶接加工など高精度な二次加工にもご対応いたします。

また、ダイカスト鋳造で製造した製品の多くは、複雑な形状をしている場合があります。
そのような場合には、加工冶具を製作し、お客様のご要望に合わせた高精度な機械加工を行います。

低価格のダイカスト鋳造とその二次加工なら太陽パーツへご相談ください。
確かな技術でお客様にメリットのあるご提案をいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

低価格・短納期でダイカスト金型製作・修正ならお任せください

太陽パーツでは、ダイカスト金型制作・修理を短納期で対応しております。
通常、ダイカスト金型の製造には2種類のベース部とキャビティ部があり、双方を製作します。

太陽パーツでは、「エコダイカスト」という特許製法により、お客様のダイカスト鋳造のコスト削減にご尽力いたします。

では、なぜ短納期が可能なのか?
それは、エコダイカストでは、金型であるベース部とキャビティ部の双方をお作りいただく必要がないからです。
ベース部は太陽パーツが所有しているものを使用し、お客様にはキャビティ部のみの金型だけ制作していただきます。

そのため、時間の短縮、コストの削減が可能になり、短納期で低価格のダイカスト金型製作が可能になります。

さらに、2次元もしくは3次元のCADデータをいただければ、マシニンングとの直結により素早く金型製作に取り組むことができます。

また、短納期で低価格の金型製作ですが、その精度は従来の精度と変わらず高品質な金型を製作いたします。
太陽パーツでは、、長年の経験とノウハウを生かし、強度を高め、補修・メンテナンスを視野に入れた金型製作を行っております。
金型修正も的確かつ迅速に行います。

太陽パーツでは、金型製作を低価格・短納期でお客様にメリットのあるご提案をいたします。
あらゆる分野で使用する製品を製造する際には、太陽パーツのエコダイカスト技術をご利用ください。

精密部品の鋳造にもご対応しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

低価格・短納期なら太陽パーツのエコダイカスです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大阪で短納期のダイカスト鋳造をお探しの方は太陽パーツへ



太陽パーツでは、大阪に工場を配置し、営業所を拠点に全国のお客様へ向けて様々な製品をお届けしております。

中でも、太陽パーツが最も得意としているのはダイカスト鋳造です。
弊社では、従来のダイカスト鋳造よりもワンランク上の『エコダイカスト』を開発しております。

エコダイカストは太陽パーツの特許製法であり、お客様にメリットのあるダイカスト製品をお届けすることが可能になりました。

◆ココが違う!!エコダイカストの特長-その1-◆
エコダイカストでは、従来のダイカストの金型費用にかけるコストが半減します。
それは、キャビティ部はお客様負担となりますが、ベース部は太陽パーツ保有のものをお使いいただきます。だからこそ、金型費用を半分に抑えられる50%OFFのダイカスト鋳造が可能になりました。

◆ココが違う!!エコダイカストの特長-その2-◆
カセットシステムにより、金型交換がより素早くできるようになり、30個からの小ロット対応が可能になりました。金型交換に必要な時間は5分です。

◆ココが違う!!エコダイカストの特長-その3-◆
切削加工で大量生産していた製品をエコダイカストに切り替えることで、コストダウン図ることができる場合があります。実際に、50%以上のコストダウンに成功している事例もございます。中には60%のコストダウンに成功しております。

太陽パーツの特許製法『エコダイカスト』はお客様のメリットになる点ばかりです。
また、大阪で短納期対応のダイカスト鋳造をお探しの方は太陽パーツまでご相談ください。

太陽パーツなら、短納期だけでなく、お客様の生産コスト削減にもお応えいたします。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精密鋳造をするなら特許製法のエコダイカスト

精密部品の量産にも適している生産方法、それが精密鋳造が可能なダイカストです。
精密部品が使用される製品には、医療機器や光学機器、測定機器などがありますが、身近なものでは、カメラや時計など精密な機械に使用されています。

それ以外にもあらゆる工作機器、製造機器などに、複雑な形状の部品が使用されています。

ダイカストは、そのような精密機械に使用される複雑な形状の精密部品も短期間での大量生産がメリットでもあります。

ただし、ダイカストは大量生産に向き、短期間での製造が可能になりますが、金型製造に多大なコストが必要になる面もあります。

そんなコストが気になるお客様に太陽パーツがご提案しているのは・・・

―金型費用が半額になる『エコダイカスト』です。


太陽パーツだけの特許製法であるエコダイカストは、お客様に金型の半分、キャビティ部の金型費用をご負担していただきます。そして、ベース部は太陽パーツ保有の金型を使用します。

だからこそ、コストを半分に削減することが可能になります。
そのため、製品の精度を下げることなく高精度な製品の鋳造が可能です。精密部品の精密鋳造もお任せください。

太陽パーツの特許製法『エコダイカスト』なら大量生産だけでなく、経済性も高く、さらに30個からの小ロット生産も可能です。

コスト削減したい、製品がすぐにでもほしい、組み立てて完成された製品がほしいなど、太陽パーツではお客様のご要望に合わせて全てをトータルにサポートしております。

ぜひ、お客様のトータルコスト削減のため、お見積もりからでもお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストでADC12が多用される理由

アルミニウム合金のひとつであるADC12。
ADC12はアルミダイカストの中で最も使用されているアルミニウム合金です。

ADC12種のアルミニウム合金は、Al-Si-Cuの成分が含まており、ダイカスト合金使用量の90%と言われています。


その性質は、機械的性質、被切削性、鋳造性が良いとされています。
それは、アルミニウムの性質に加え、Siが強度や硬さを強化し、Cuが硬さや切削性を向上させているからです。

では、なぜADC12が多用されているのか?
それは、日本では自動車メーカーがADC12合金を採用していたため、ADC12が一般的に使用されるようになりました。

また、大量生産・低コストでの製造が求められるため、ある程度の強度と鋳造性、そして加工しやすい切削性に優れているアルミ合金、それがADC12です。

そのため、強度が必要な場合、靱性が求めらる場合以外では、ADC12が多く利用されています。


ADC12もしくはその他ダイカスト合金での低価格のダイカストをされたい方は、太陽パーツまでご相談ください。
太陽パーツでは、皆様の製造コストをダウンさせるための『エコダイカスト』で、トータルコスト削減のご提案をしております。

製造費用の見直し、より短納期での製造、小ロットでのダイカスト鋳造など、お困りのことはどのようなことでも太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工のコストダウン・コスト削減方法

切削加工による製造は、寸法公差を少し変更するだけでも価格が大きく変動することがあります。

それだけでなく切削加工には、切削する材料の形状によっても変わってきます。
棒材であれば旋削加工、板材であれば板金加工、ブロックであればフライス加工となり、材料の違いによって加工方法が違うため価格が変わります。

切削加工によるコスト削減を考えるならば、適している素材は棒材になります。棒材であれば、機械により連続運転と自動製造が可能です。
ブロックや板材であれば、形状によっては制約を受けてしまうことがあるからです。

そこで、太陽パーツからご提案があります。
切削加工で作っていた製品をダイカストで製造してみてはいかがでしょうか?

通常ダイカストによる鋳造は、金型費用が大きな額になってしまうため切削加工の方が良いという方もおられるかもしれません。
ですが、太陽パーツの特許製法『エコダイカスト』なら金型費用を半額へとコストダウンが可能です。

そのため、切削加工により大量生産をしていた商品もイニシャルコストを抑えたダイカストで、低コストでの短期間製造が可能になります。

太陽パーツのエコダイカストは、他のお客様の切削加工品のトータルコスト削減に成功した事例も多数ございます。

切削→ダイキャスト60%3
(※こちらは、コスト削減に成功した事例の一部になります。)


大量生産・低コスト・短納期での製造がエコダイカストでは可能になります。
ぜひ、現在切削加工により製造されている方は、コストダウン・コスト削減が可能か太陽パーツまでご相談ください。

お客様にメリットのある最適な製造方法をご提案させていただきます。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

デザイン性に優れた金型鋳造ならばエコダイカスト

ダイカストは他の金型鋳造法と比べると寸法精度も高く、複雑な形状の製品も精密に製造することができます。
製品の2次元・3次元データがございましたら、データをもとに素早く精密な製品の形状をお作りします。

太陽パーツでは、微細な製品から大型製品のダイカスト鋳造を行っておりますので、そのような製品でもデザイン性に優れた製品をお客様のご要望に合わせてお作りいたします。

また、ダイカスト鋳造に欠かせないのは、技術だけではありません。鋳造するための金型がとても重要になります。


太陽パーツのダイカストは、お客様のご要望にお応えするべく、あらゆるメリットをご用意しております。

◆高い生産性
◆短納期対応
◆小ロット生産可能(30個~)
◆どこよりも安い金型制作


特に、多くのお客様にご指示いただける点は、『金型費用が従来の半額』というところです。
太陽パーツでは、金型の半分、ベース部を弊社の基本型を使用していただき、お客様にはキャビティ部のみご負担していただく形になります。

そのため、太陽パーツではお客様の製造コストをトータルで50%削減することが可能です。
中には60%以上のコスト削減に成功されたお客様もいらっしゃいます。

デザイン性に優れたダイカスト鋳造を行いたい方は、価格面でも優れた太陽パーツの特許製法『エコダイカスト』をぜひご利用ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造・アルミ押出しの製造からアセンブリまで一貫したサービス

太陽パーツは金属加工を得意とし、部品の百貨店としてお客様のご要望にお応えいたします。
機械や家電、住宅建材などに使用する金属からプラスティック、ゴムなどあらゆるものの製造に携わり、また製造した製品の組み立て、アセンブリ、納品とお客様のご要望により、一貫した作業を行っております。

太陽パーツでは徹底した管理体制のもと、出来上がったダイカスト鋳造品と樹脂製品、ベアリングとアセンブリなど、製品が最終完成品となるまで製品作りのお手伝いし、納品までいたします。

アセンブリでは、単純なローテク加工から複雑なハイテク加工まで、お気軽にお申し付けください。
例えば、下記のような簡単なものから、組立が複雑な製品も太陽パーツではアセンブリしております。

 

コスト削減のダイカスト鋳造だけでなく、製品を最後まできちんとお客様のもとへとお届けするまで責任してご対応いたします。

一貫してお客様のご要望の製品を製造するトータルに対応し、トータルにコスト削減におつなげいたします。

製品の金属加工からアセンブリまで、太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルマイト処理加工とメッキ加工の違いについて

アルミダイカストやアルミ押出しの製品は、その耐食性・耐摩耗性を向上させるためアルマイト処理という表面処理を行います。

ここれ、よく間違えやすいのがメッキ加工です。
メッキ加工も商品に色を付けたりする表面処理になります。

まず、ひとつ目の違いになります。
アルマイト処理とメッキ処理には、金属が陰極と陽極どちらで電解するかの違いがあります。

アルマイト処理は陽極での電解になりますが、メッキ処理は表面処理をしたい金属を陰極として電解し、電解液の金属イオンを還元析出することで表面処理を行います。


ふたつ目の違いとしては、表面処理後のそれぞれの状態に違いがあります。
一見同じく表面を処理しているように見えますが、アルマイト処理はアルミ製品自体がメッキ溶液に溶解するため、実は表面を覆っているだけではなく生成されたアルマイト層は製品自体に入り込む形で表面を覆っています。

一方メッキ加工では、素地となる金属と異なる金属の膜が重なり合って表面を覆っています。

そのため、アルマイト処理加工を施す方が、コーティングが剥がれにくく丈夫になります。

アルミ押出し製品、ダイカスト鋳造品のアルマイト処理加工のご相談は太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2012-04


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.