太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2012-05

2012-05

コスト削減・コストダウンならエコダイカスト・海外生産対応の太陽パーツ

コスト削減・コストダウン・コスト軽減と現在よりもコストの引き下げを願う企業様は数多くいらっしゃいます。
特に金属製品や金属部品を製造する場合、そのコストはとても大きなものになります。

だからこそ、太陽パーツではお客様にコストメリットのある金属製品・部品の製造法をお届けしております。

中でも、弊社だけの特許製法【エコダイカスト】があります。
エコダイカストでは、ダイカスト金型費用が従来の半額となります。
・・・それは鋳造時の金型はベース部とキャビティ部が必要ですが、お客様にご負担いただくのはキャビティ部のみとさせていただきます。
そして、ベース部は太陽パーツが保有しているものをご使用いただくことにより、金型コストを半分に抑えることができるのです。

また、金型交換にも時間がかからないため、弊社ではダイカストによる小ロット生産も30個から承っております。


さらに太陽パーツでは海外生産にもご対応しております。
海外での生産の場合、コスト削減につながるのはおわかりいただけると思います。

海外生産で重要なのは製品の品質です。
比較的安価で製造が可能な海外生産品で求められるのは製品の安定した品質です。

太陽パーツでは、長年の海外生産で得たノウハウを元にお客様のご要望にお応えできる低価格と安定した日本品質の製品・部品などをお届けしております。


コスト削減の製造法、安価で製造可能な海外生産にご興味をお持ちの方は太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ板などの金属板の板金加工【金属加工なら太陽パーツ】

さまざまな金属加工を得意としている太陽パーツでは、板金加工にもご対応いたします。
板金加工にも、自動車板金・建築板金・精密板金などがあり目的と用途によって加工法などが変わってきます。

そのため太陽パーツでは様々な加工法を用いお客様のご希望の形状へと板金を加工いたします。
加工法の例としては、ターレットパンチプレス加工・レーザー加工・曲げ加工・溶接加工などを用います。

アルミ板などの板金を切断する加工であれば、レーザー加工による切断や穴あけ加工などを行います。
また穴あけ加工にはターレットパンチプレス加工(タレパン加工)の金型を使用した加工であれば、製品をよりスピーディーに仕上げるこtができるため、時間短縮とコスト削減にもつながります。
さらに弊社ではNCレーザー加工、NCタレパン加工が可能ですので、高精度な製品を製造するこができます。

また板金加工を施した部品同士を溶接するなどの加工も行っていますので、部品作りだけでなく、製品の組み立てまでも太陽パーツでは行っております。

製品の製造から組み立て、そしてお客様のもとまで届けるための梱包など全てを一貫してトータルサポートしております。

このように太陽パーツでは、長年のノウハウと熟練した技術でお客様のどのようなご要望にもお応えしております。
製品の製造工程でもコスト削減の方法など積極的にご提案させていただきますので、板金加工を必要とされていらっしゃる方は太陽パーツまでご相談ください。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

亜鉛ダイカストのコスト削減法なら太陽パーツのエコダイカスト

亜鉛ダイカストは、安定性がありメッキ加工にも適した製品を製造することができます。

また、亜鉛の融点は他の金属に比べ低めであり、流動性があります。
そのため、バリが出にくい、複雑な形状のものでも加工しやすいなどのメリットがあります。

そして何よりも融点が低いため金型の寿命も約100~150万ショット可能であり、他のダイカストに比べ金型費用も抑えることができます。

ですが、ダイカストの金型費用には多くの費用がかかります。
そこで他のダイカストよりも金型費用を抑えることができる亜鉛ダイカストを、太陽パーツではさらにコスト削減に努めます。

それが、弊社独自の製法である【エコダイカスト】です。

エコダイカストでは、ベース部とキャビティ部という必要な金型のひとつ、ベース部を太陽パーツ保有の物をご使用いただきます。
そして、お客様にご負担していただくのはキャビティ部のみの金型費用です。

だからこそ、コスト削減による亜鉛ダイカストが可能になります。
もちろん、金型費用が半額になっても製品制度が従来より下回ることはございません。

従来と同じく高品質なものをお届けいたします。

コスト削減につながる製造方法、亜鉛以外のダイカストを含めコスト削減をされたい方は、太陽パーツまで一度ご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

住宅建材・建築材料のダイカストならコスト削減のエコダイカスト

ダイカスト鋳造品が使用される分野として、住宅建材・建築材料の製造があります。

太陽パーツでは、一般住宅向けのシステムキッチンパーツを中心に便利な商品開発を行っております。


住宅建材・建築材料として、ダイカストは手摺りや瓦、キッチン周りなど様々な部分の建築材料として使用されています。

太陽パーツでは、お客様の新しいアイデアをダイカストで形にするなど様々なお手伝いを行っております。

まずは、お客様のつくりたい住宅建材・建築材料の性質・形状・使用環境など、詳しい情報をもとに適した金属の選定、金型の製作を行います。


しかし、ダイカスト鋳造をされたことがある方であれば、その金型費用の額が大きいことはご存知かと思います。

ですが、太陽パーツでダイカストを行うことで金型費用を半額に抑えることが可能になります。
太陽パーツでは、コスト削減につながる『エコダイカスト』という製法でお客様の製品づくりを行っております。

エコダイアkストでは、お客様にご負担いただくのはキャビティ部という製品の形状に関わる部分の金型費用です。
そして、ベース部は太陽パーツ保有のものを使用していただきますので、金型費用が半額で済みます。

しかも、金型交換も短時間で行えるため、30個からの小ロット生産も可能です。


住宅建材・建築建材を製造される場合は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

30個~の小ロットアルミダイカストならエコダイカスト

太陽パーツでは、本来大量生産に向いているダイカストの小ロット鋳造にもご対応しております。

太陽パーツのダイカストならアルミダイカストを始め、30個~の小ロット生産が可能です。


アルミダイカストなどで小ロット生産を可能にしているのが、弊社の【エコダイカスト】製法です。

エコダイカストでは、金型交換にかかる時間がわずか5分のため、ベース部に熱が残ります。
そのため、予熱を行う必要のため、段取りにも時間がかからずすぐに鋳造が可能なためです。

さらにエコダイカストは小ロット生産が可能なだけではありません。
ダイカスト鋳造時に必要な金型の作成費用が従来の半額となりました。

エコダイカストでは、ベース部を弊社のものを使い、
キャビティ部のみお客様にご負担していただく形になります。

そのため、金型の製作費用は従来の半分で済むのです。

太陽パーツならアルミダイカストでの小ロット生産に対応し、コスト削減までもお客様のご要望にお応えいたします。
30個という超小ロット生産が可能な太陽パーツでは、お客様のご要望にお応えし、お客様にメリットのある方法をご提案いたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【耐圧ダイカスト】耐圧部品の製造なら太陽パーツのエコダイカスト

ダイカストにより製造されるものには様々な目的のもがあります。
装飾性に優れたもの、高精度なもの、複雑な形状のものなど、お客様の分野により太陽パーツでは様々な部品をお作りしております。


中でも、油圧ポンプ部品、モーター部品、電子部品など耐圧性に優れた部品を手がけることも数多くございます。

日々進化する金属部品の業界は、進化とともに厳しい環境下で長期間にわたり使用される部品が数多くあります。

その中でも圧力に耐える耐圧性の部品製造にも、弊社のダイカスト技術は活用されています。


特に太陽パーツがお客様にお届けしているダイカスト技術は、従来のダイカストとは違い、金型製造コストを半額に抑えたエコダイカスト技術があります。

エコダイカスト技術では、お客様にご負担していただく金型費用は従来の半分だけとなります。

だからこそ、耐圧部品のダイカスト鋳造としてもエコダイカストは最適の鋳造方法です。


耐圧性に優れた部品だけでなく、あらゆる部品の製造に太陽パーツではご対応いたします。
まずはお気軽にご相談ください。

◆エコダイカストに関するメールでのお問い合わせはこちらから
http://www.taiyoparts.co.jp/lp/index.html=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

多数個取りのダイカスト金型設計・製作ならコスト削減のエコダイカストで

アルミダイカスト・亜鉛ダイカストなど鋳造を行う際に、必要なのはダイカスト金型です。

ダイカスト金型の設計・制作から鋳造まで一貫したサービスをお届けしている太陽パーツでは、お客様のご要望の製品が製造できる金型を製作いたします。

金型を作る際に検討する点のひとつが、多数個取りができるか、できないかという点があります。
1個取りの金型にするか、多数個取りの金型にするかにより、金型の形状が変わるため、費用の増減にも関係してきます。

さらに、多数個取りにも同じ形状のものもを多数個取りする同形多数個取り、
異なる形状のものを多数個取りする異形多数個取りがあります。

これらの点を考慮し、ダイカストマシンの型締力が十分であるのか、など様々な点を考えなければいけません。
そして、多数個取りを行う際には何よりも高い生産性に対してコストが最小限に抑えられる最適個数を決める必要があります。


太陽パーツでは、多数個取りの金型設計から製作まで一貫して行うとともに、低コストでの金型製作を行っております。

それが、弊社の「エコダイカスト」技術です。
エコダイカストでは、ベース部を太陽パーツ保有のものをお使いいただきます。
お客様にご負担いただくのは製品部のみとなるため、金型製作費用が従来の半額になります。

多数個取りの場合など金型費用がUPするといったものでも、エコダイカストなら従来よりも金型費用を抑えることができるため、コストを抑えた製品づくりが可能となります。


多数個取りのダイカスト金型設計・製作なら太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト金型の設計ポイント

ダイカストにより製品を製造する際に必要になるのが、ダイカスト金型です。
金型を設計する際には、様々なところに注意する必要があります。

本日は、そんなダイカスト金型の設計ポイントを一部ご紹介いたします。

●設計ポイント1―製造方法の検討
まず、お客様のご希望の製品を製造する際に、製品の機械的性質、製品精度、納期など総合的な点から考えます。
その上で、砂型鋳物・金型鋳物・ダイカストのどの製造法が適切かを判断します。

●設計ポイント2―金属材料選び
製造する製品の使用条件を考慮し、製品に必要な機械的・物理的性質など適する金属材料を選びます。

●設計ポイント3―生産性とコストを検討
製品を製造する際には、単品を製造するばかりではありません。
同形のものを多数製造するのか、異形のものを多数個製造する場合によっても金型の形状は変わります。
その際には、金型費用が高くなる場合、ダイカストマシンの型締力などの点も考えなければいけません。

その他にも、金型の分割面の位置、鋳造時の焼付きやかじり防止、リブの有無の検討など、金型設計時には、様々な点において検討しなければいけません。

太陽パーツでは、長年の経験とノウハウをもとにお客様の製品金型を製作いたします。
また製品のデータや金型データを既にお持ちであれば、すぐにでも製造が可能です。

また、太陽パーツでダイカスト鋳造をする場合は、弊社の特許製法である【エコダイカスト】がご活用いただけます。
エコダイカストでは、お客様にご負担いただくのはキャビティ部のみの金型費用となりますので、金型製作費用を従来の半額抑えることができます。
ベース部は弊社所有のものをご使用いただきますので、お客様の生産コストを大幅に削減することが可能です。

ダイカストの金型設計から制作、鋳造まで太陽パーツでは、お客様にメリットのある方法をご提案しております。
ぜひお気軽に御相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストの表面処理(アルマイト処理加工)について

ダイカスト鋳造を始めとするあらゆる金属加工を得意とする太陽パーツでは、製造から加工、梱包・納品まで全てを一貫してトータルにサポートいたします。

中でも、アルミダイカストは軽量かつ耐食性に優れていることからより幅広い分野の製品に利用されています。

自動車などの部品、精密機器の部品などの産業分野、玩具や家具などにの生活用品など身近なものにまでアルミダイカストは使用されています。


そのため、アルミダイカストで製造された製品にはあらゆる表面処理(アルマイト処理加工)が行われます。

アルマイト処理加工には・・・

・装飾アルマイト処理加工
製品に光沢を出したり、艶消しなどの表面処理を行います。

・染色用アルマイト処理加工
製品に色調とその濃淡をつける表面処理加工を行います。

・硬質アルマイト
製品の耐久性を向上するための表面処理加工を行います。

その他、耐食性を高める防錆用の表面処理を行うなど、製品が劣化を抑える表面処理加工などもあります。


また、アルミダイカストで鋳造された製品は、様々な環境で使用されます。その環境に合わせた表面処理加工を施すことも可能です。
例としては、菌の繁殖を抑えたい方には抗菌作用の表面処理加工などもあります。


さらに、太陽パーツではアルミダイカストにおいて、【エコダイカスト】という弊社の特許製法によりコスト削減が可能になります。

エコダイカストでは、従来のダイカスト金型費用が半額になり、お客様のコストパフォーマンスを改善することができます。


より高品質の製品をより安くお求めの方は、ぜひ太陽パーツまでご相談ください。
表面処理加工などもお客様の製品に合わせた処理をほどこします。

まずは、お気軽にお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

半溶融ダイカスト・半凝固ダイカスト法とは

ダイカスト法には、固体と液体の合金が共存しているシャーベット状の固液共存状態ものを鋳造する方法があります。

固体から固液共存状態にする場合を半溶融ダイカストと呼びます。また、液体からの場合は半凝固ダイカストと呼ばれています。


半溶融ダイカスト・半凝固ダイカストの製法の特長には・・・

●ひけ巣が少ない。
●金型寿命が長い。
●結晶粒が均一である。

上記のような点があり、品質の安定したダイカスト鋳造品の製造が可能になります。

固体と液体のどちらから固液共存状態にするかにより、製造方法は異なります。
固体から固液共存状態にする半溶融ダイカストでは、「チクソキャスティング法」、液体からの固液共存状態の半凝固ダイカストでは「レオキャスティング法」が用いられます。

チクソキャスティング法では、半凝固ダイカストで利用されるレオキャスティング法により製造される半溶融スラリーと呼ばれる泥状の物を鋳型で凝固させ、固体ビレットにしたものを半溶湯状態にして鋳造に使用します。

レオキャスティング法は、半溶融状態のものをデンドライトと呼ばれる凝固組織を分離して半溶融スラリーにして、鋳造に使用します。

この半溶融・半凝固ダイカストで使用する半溶融スラリーを使用することで、通常の鋳造法では得られないような微細な内部組織を持つ金属製品を鋳造することが可能になります。


製造した固体ビレットは貯蔵が可能なため、製造の際に必要な分だけ使用することができるので、チクソキャスティング法は生産管理が用意な点があります。


太陽パーツでは、お客様のあらゆる金属製品・プラスチック製品・ゴム製品など多岐に渡り、製造いたします。

生産効率の良い方法、欠損が少ない製造法、コスト削減が可能な方法など、お客様にメリットのある製造方法をご提案しております。

現在の製造にお悩みを抱えている方、これから新しい製品をお作りなられる方は、ぜひお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 212

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2012-05


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.