太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2016-05

2016-05

切削加工の基本について【加工速度編】

切削加工において重要なのは、前回ご紹介した温度だけではありません。
実は切削加工を行う上で重要なものは、熱だけではなく加工速度も関係があります。

例えばチップも金属やセラミックなどでできていますが、そのチップに適した切削速度というものがあります。
チップも金属やセラミックなどでできていますが、そのチップに適した切削速度というものがあります。

さらに切り粉などもコントロールすることができます。
より高い生産性を維持することができるというわけです。
もちろん加工速度によっては製品の表面を美しく仕上げることもできます。
金属によって表面が美しくなる速度を見つけるのも技術のひとつだと言えるのではないでしょうか。

太陽パーツでは切削加工、板金加工、アルミ押出、プレス加工、ダイカストなど、その他の製造法も幅広く対応しておりますので、お客様の製品製造の幅を広げることも可能です。
現在、製品製造でお悩みのことがございましたら、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
またコストダウンができる製造法のご提案など、お客様のメリットになるように製品製造をサポートいたしますので、まずは太陽パーツまでお気軽にご相談ください。

太陽パーツでは、お客様にメリットのあるご提案をお届けしております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の基本について【加工温度編】

機械加工にはいろいろな加工方法があります。その中でも切削加工を行う場合には、切削加工の基本をしっかりと頭に入れて加工を行うべきです。
そこで、切削加工という加工方法の基本的な「動き」「抵抗」「速さ」「温度」などについてのお話をしていきたいと思います。

切削加工を行う時は、削る材質にもよりますが摩擦によって熱が発生するものです。
その温度は切削速度、金属の種類、回転速度などによって微妙に変化していき、これはどの金属でもプラスチックでも発生するものです。

わかりやすい材質で説明すると、プラスチックの切削加工を行う時、削る対象が大きければ大きいほど摩擦の熱が高くなり、切削速度が速ければ速いほど熱を持っていきます。
プラスチックの場合では切り粉が熱で溶けて絡みついてしまうほどの熱を発します。
そうなれば製品は使う事ができなくなります。

これを回避するために必要なのが切削油というものです。
いわゆる冷却液のようなもので、加工している間は切削油をかけながら加工します。
そうする事で熱から製品を守り、歪みや高い寸法精度を維持する事が可能になるというわけです。

太陽パーツでは、機械加工を得意としており、お客様のお求めの製品づくりをサポートしております。
他の加工法にも精通しておりますので、太陽パーツではお客様にメリットのあるご提案をさせていただきます。

製品製造のことでお悩みをお持ちの方は、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストが環境にやさしいといわれる理由とは

技術の進歩によってさまざまな製品にダイカスト法が利用されるようになっています。
ダイカストというのは溶けた金属を金型に流し込み、冷やし固めて製品を取り出すという製造方法です。
この技術によって一度に大量の製品を作り出す事が可能になりました。

ダイカストに利用されている金属の大半はアルミニウムです。
アルミニウムというのはボーキサイトという鉱物から製造される金属です。
軽くて柔らかいので加工がしやすい事で知られていますが、実はこのアルミニウムという金属は、何度でも再利用する事ができる金属です。
他の金属よりも溶けだす温度が低いため、加工がとても速いのです。
これらの理由からダイカストでも大量に使われるようになったと考えられます。

そして何よりもアルミニウムの最大の特徴は、何度でもリサイクルができるということです。
再利用が容易にできるという事は、他の金属加工のように捨てる材料が無いという事になります。
さらにダイカストは溶けた金属を使うので、材料が無駄になるという事が全くないということになるわけです。

たとえ不良品が出てしまったとしても、もう一度炉に戻せば再び材料となって製品を製造する事ができます。
これらのことから、ダイカストは環境に優しいと言われています。

太陽パーツならダイカストの金型をより安く提供できます。
環境に優しいダイカストで製品を造るのならば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。

太陽パーツでは金型の依頼から製品の製造、そして表面処理までを一貫して請け負っていますので、コストダウンをする事も十分に可能です。
一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

世界のモノづくりに貢献しているプレス加工 part2

私たちの身の回りの製品には、プレス加工によって製造されているものがたくさんあります。
その代表的なものといえば鍋やフライパンなどの家庭用調理器具ではないでしょうか。
大量に生産されているからこそリーズナブルな価格で手に入れる事ができるというわけです。

さらに日本はとても車の形の種類が多い国ですよね。
同じミニバンでも似ているものもありますが、微妙に違う形をしているものです。
数ある自動車の中から自分の好みの車を選べるのも、プレス加工の技術の向上によって得られた成果でしょう。

また省エネ効果を得るために、近年では電化製品などの軽量化や薄型化などが行われていますが、省エネにもプレス加工は貢献しています。
家電製品の基盤部分はもちろんですが、より高度な技術が必要なパソコンの部品などにも使われるようになってきました。

さらにプレス加工は他の金属加工と違って、切りくずなどがほとんど出ないと言われています。
プレス加工は無駄な部分が出にくいため、エコな加工方法なのです。
これまでもこれからも、私たちの生活に欠かす事ができない加工方法である事は間違いないでしょう。

太陽パーツでは板金加工、アルミ押出、プレス加工、ダイカストなど、その他の製造法も幅広く対応しておりますので、お客様の製品製造の幅を広げることも可能です。
コストダウンができる製造法のご提案など、お客様のメリットになるように製品製造をサポートいたしますので、まずは太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

世界のモノづくりに貢献しているプレス加工 part1

プレス加工は世界中で利用されている技術です。
一度に大量の製品を加工することができるので、日本でもそして世界中でも利用されている製造方法です。

プレス加工は薄い金属の板を上下について金型で挟み込み、高い圧力をかける事によって製品を造るという製造方法です。 
金型の形状によっては一度にいくつもの製品を一度に作ることができ、高い生産性があります。
プレス加工の金型は上下に一つずつセットされており、雄雌の金型に金属板を挟み込んで圧力をかけて部品を製造するわけです。

またプレス加工では、さまざまな金属を加工する事が可能です。
鉄、チタン、アルミ、ステンレス、マグネシウム、銅といったものまで加工する事ができます。
もちろん金属だけを加工するのではなく、プラスチックのプレス加工なども行う事ができますので、とても便利な製造方法だと言えます。

精度の高いプレス加工の技術が必要ならば、ぜひ太陽パーツへご相談ください。
太陽パーツでは、様々な加工法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
現在、製品製造でお悩みのことがございましたら、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
太陽パーツでは、お客様にメリットのあるご提案をお届けしております。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツのエコダイカストでコストダウンを可能に

ダイカスト法によって部品製造をする事は、生産性に優れているので利用する企業がとても多いです。
特に大量に生産する製品の場合では、生産する個数が多ければ多いほどコストダウンをする事ができると言えるでしょう。
しかし、ロット数が少ないとどうしても費用が高くなってしまうのがこれまでの常識でした。

一般的なダイカストの金型というのはベースと言われる土台部分と、キャビティという製品の型の部分が一体化されています。
当然ですがベースの部分というのは製品とは全く何も関係が無い部分ですが、関係なくてもその部分の金属の費用はかかります。
つまりコストが高いから小ロットの部品の製造には向いていないという事になるのです。

しかし太陽パーツのエコダイカストでは、ベース部は太陽パーツが所有しているものを使い、金型の部分を入れ替える事で製品の製造を行います。
そのため金型の費用が通常の半額という低価格でダイカスト製品を作る事ができるのです。

また太陽パーツのエコダイカストではコストダウンをできるだけではなく、小ロットの製品を造るときにも利用ができます。

これからの製品製造を、品質を落とさずにコストを下げたいと考えているのであれば、ぜひ太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
太陽パーツがお客様にとってメリットのある製造法等をご提案させていただきます。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精密板金と板金加工の違い

板金加工というと、荒っぽく金属の板などをパンチして部品を製造するというイメージが強いかと思います。
しかし、年では板金加工の技術も向上してきており、これまでとは違った精密部品を製造することもできるのです。

板状になった金属を、必要な形に切断したり穴を開けたりする加工のことを、板金加工といいます。
薄肉の金属板は加工がしやすく、数多くの製品の部品の製造方法として利用されています。その種類は自動車板金、建築板金、機械板金と大きく分けると3つに分類することができます。

精密板金では一般的な板金加工よりも、厳しい寸法公差が決められていて、その寸法に入るような製品を造る必要があります。
家電製品やパソコン、それに半導体技術などに使われる部品を作る時に、いいかげんな寸法精度の部品を利用するのは大変危険です。
そのため高い精度が要求される部品のために、精密板金で部品を製造するのです。

陽パーツでは、さまざまな加工法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
現在、製品製造でお悩みのことがございましたら、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
太陽パーツでは、お客様にメリットのあるご提案をお届けしております。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

優れた特徴をたくさん持つダイカストとは?

ダイカストによってさまざまな製品が製造されています。
その代表的なものが自動車部品であったり、機械部品であったりです。
しかし最近では装飾部品などの製造にも利用されるようになりました。

なぜ今日こんなにダイカストの技術が利用されているのかというと、それはやはりダイカストが優れた生産性を持っているのが最大の理由ではないでしょうか。
ダイカストの技術は年々向上しており、何よりも大量生産をする事ができ、より精度の高い製品を大量に作り出す事ができます。
生産速度や大量生産への適応性、そして寸法精度の高さなどが、他の鋳造製品より優れているとされています。

さらに製造した製品の寸法精度も、他の鋳造製品よりも優れている事がわかっており、それだけ製品のばらつきが少なくて済むのも特徴のひとつだと言えます。
ダイカストは製造された製品を型から抜き出す作業も容易な事から、生産性と高い寸法精度が得られる加工方法なのです。
また近年のダイカスト製品は薄肉の加工をする事ができるようになったという事です。

太陽パーツでは、そんなダイカスト技術に強みを持ち、お客様の作りたい製品製造をサポートしております。アイデア段階から形になっているものまで、お客様のメリットを考えた製品製造の方法をご提案しております。
まずは、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

進化を遂げ続けるNC旋盤の種類について

製品をプログラム通りに作ってくれるNC旋盤ですが、作成する製品や企業によってさまざまな種類の機械があります。
例えば形状でいえば、タレット式のNC旋盤と櫛歯型の旋盤もあります。
さら歯車などを造るための専用のNC旋盤の、車輪旋盤なども製造されています。

タレット式のNC旋盤は、タレットという回転する装置がついており、この装置にバイトやドリルといった工具を取り付ける事ができるのです。
そしてこれが加工プログラムに呼び出されてドラムが回転し、あらかじめ設定されている刃物がプログラムに沿って加工をしていくという事になります。

櫛歯型というのは、前後左右に動くテーブルがあり、そのテーブルの上に刃物を装着し、やはりプログラムによってあらかじめ設定した刃物や工具で削っていく機械です。
巨大な製品を加工するNC旋盤もあれば、小さな製品を加工するためだけのNC旋盤などもあり、数多くの機械の種類が活躍しています。

タレット式のNC旋盤が登場してからは、飛躍的に機械加工の幅が広がりました。
加工する時間の短縮ができますし、さらに加工精度もかなり高いのも事実です。そのため日本だけではなく世界中でNC旋盤は使われています。
これまでNC旋盤は飛躍的な進化を遂げてきましたが、これまでの進化にとどまらずこれからも必要に応じて、さまざまな加工ができるように発展していく分野なのです。

また太陽パーツでは、お客様の作りたい製品づくりをサポートしております。
もし製造に関することでお悩み事などございましたら、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2016-05


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.