太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2017-10-20

2017-10-20

成長を続けるダイカスト鋳造法

ダイカスト鋳造法は日々進歩し続けています。初期の頃のダイカストというと簡単で単純な形状のものばかりというイメージがありましたが、最近の技術の進歩によって複雑で精密な製品を作る事ができるようになったのです。
簡単に説明すると、ダイカスト鋳造法というのは溶けた金属を金型に高圧で充填して、冷やして固めて製品の生産を行うという技術で、多くの製品に活用されている技術なのです。
金型の精度も向上した事によって、より複雑な形状の製品を加工する事もできるようになり、さらに薄肉の製品を作る事も可能となりました。

ダイカスト製品の特長は寸法精度が非常に高い事、短期間で大量に製品の生産ができる事、特別な処理をしなくてもそのままの状態で使用できるほどの鋳肌が美しい点があげられます。
中子を使用する事ができるのでより複雑な形状を作る事も可能となっているのも注目される点だと言えるでしょう。
もちろんメリットばかりだとは言えません。より複雑で薄肉の製品を短納期で大量生産する事ができる技術であってもデメリットはあるものです。

最も大きなデメリットと言えば「金型にコストがかかる」という点です。ダイカスト鋳造法では製品の生産のためには金型を必要とします。
そしてその金型はダイカストマシンの高圧や熱に耐えられる必要があるのです。さらに一般的なダイカストの金型の場合はベースの部分にダイ(金型本体)と同じだけの材料を必要とするのです。
結果的に金型として必要な部分と同じだけの金額がベースにかかってしまう事になる事と、段取りを行う時には金型が重いため、複数の人で交換を行わなくてはならないのでコストがかかってしまいます。
当然その費用は製品にプラスされてしまいますので、消化するには大量に製品を生産するしかありません。つまりロット数が少ないと価格が高くなってしまうのです。
これを解決する方法は金型にかかる費用を何とかするしかないのです。

太陽パーツではエコダイカストという技術を使ってダイカスト製品を生産しています。使用する金型のベース部分は太陽パーツの共通部品となっているので、金型本体のコストしかかかりません。
つまりこれまでの半額程度のコストで金型を作る事が可能となります。現在ダイカスト鋳造法の利用を検討中であれば、太陽パーツへお気軽にご相談ください。
デメリットをメリットに変えて低コストで高品質の製品の生産を実現する事ができるのでおすすめです。

 

 

 

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2017-10-20


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.