太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2017-12-05

2017-12-05

ダイカスト用合金に求められる特性

ダイカストは精密な部品を大量に製造する事ができる製法です。比較的大きなものであっても作る事ができるので、剛性の面でも優れているためとても人気の製造方法の一つです。
ですが、人気だからとどんな材料でも製造できるというわけではありません。それはダイカストの製造方法が、他の金属加工とは少し違うからだと言えるかもしれません。
ダイカストは材料となる金属を熱して柔らかくし、その溶けた金属を高い圧力で金型に射出し、冷やしてかためるという製法なのですが、融点が高い金属だと金型が傷んでしまうのです。
ですから溶けやすい金属で製造をする必要があるのです。まずはダイカスト用合金に求められる特性を見てみましょう。
まずダイカスト用合金に求められるのは「軽い金属である事」です。なぜならば、年々大きな製品にダイカスト製品が使われるようになっているから、というのも理由の一つだと言えるでしょう。
例えば鉄道車両や自動車などのフレーム部分ですが、軽量化する事ができるという点で軽い金属が求められます。燃費や剛性の向上が期待できるからですね。

次に「価格」です。どんな製品も「安くなければ売れない」時代ですから、材料に莫大な費用をかける事が難しくなっているため、価格が安い金属である事も条件となっています。
そのため、ダイカストではこの二つのお客様へのニーズに応えるために、アルミ合金を使用する事が主流となっているのです。
アルミ合金は「鋳造性」に優れており、複雑な形状の製品を作るという特性を持ち、さらに熱による熱間割れも少なく、製品ひとつひとつの強度のばらつきが出にくいのも特性ですね。
ですが最も重要なのは「金型」へのダメージが少ないという点でしょう。融点が高い金属で作ると金型の傷みが激しく、コストがその分高くなってしまうという危険性があります。
その点アルミ合金だと融点が低いので、金型の傷みが少なく量産をするのに向いていると言えるでしょう。
以上の点からも、ダイカスト用合金としてアルミ合金が利用されるのは、当然の流れであると言えるのではないでしょうか。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2017-12-05


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.