太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2018-09

2018-09

似ているようで違う!切削加工と研削加工の特徴とは?

金属の加工技術は様々なものがあります。その中でも切削加工そして研削加工はとても似ているので、もしかしたら同じような加工技術だと思われている方もおられるかもしれません。
今回は切削加工と研削加工の違いについてをご紹介いたします。
まずは切削加工についてから説明をしていきます。切削加工というのは文字通り切り削って加工を行うという技術です。金属を金属を削る刃物を使って削って形にするのです。
チップやドリルそしてバイトなどを使って、大き金属の塊を図面を削って製品の生産を行います。外径、内径、穴あけ、溝切、面取り、ねじ切りや、外径や内径をテーパーに削ったりRを付けたりする事も可能です。
ねじ切りについても規格にあるものであれば、専用のねじ切りバイトや送りなどを変える事によって加工を行う事ができます。とても複雑な形状に削る事が可能です。
また、切削加工に使われる機械は旋盤加工とフライス加工があります。簡単に言えば旋盤は加工物が回転をして、フライス加工はツールが回転して素材を削っていくのです。
切削加工の機械の種類も豊富です。汎用旋盤にフライス盤、ボール盤、ペンチレス、NC旋盤、マシニングセンターなどがあります。金属をツールを使って切り削るものは全て切削加工機械に分類されるのです。
では一方で研削加工というのはどのような技術で、どのような機械が使われているのかを説明いたしましょう。
研削加工というのは簡単に言えば研磨加工です。砥石を使って金属を削っていく加工です。高速で回転する砥石をやはり回転する素材に当てて、砥石で削り取っていく加工法です。
切削加工に比べるととても美しい仕上がりになり、厳しい寸法精度を出す事が可能な加工技術です。研削加工にも数種類の機械が使われます。
平研、アンギラ、センタレス、バレル、バフかけなども研削加工に分類されるでしょう。寸法精度が高い製品の仕上げに使われたり、ダイカスト技術などの仕上げとして使われる事が多いです。
太陽パーツでは切削加工や研削加工で製品の仕上げや加工を行っています。切削加工や研削加工が必要であるならば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの鋳造技術を知ろう

ダイカストは鋳造という技術を用いた金属加工技術です。鋳造の加工技術は日本でも古くからあります。青銅器などの多くは鋳造の技術で生産されていました。
現在は金型技術や加工機械の精度も上がり、多くの部品の製造を鋳造技術で作っているのです。今回はダイカストの鋳造技術についてを、わかりやすく説明していきましょう。
ダイカストとはダイ・キャスティングの略で、溶けた金属を金型に圧入して冷やして固めて製品の生産を行う技術です。加工に使う金属の多くは非鉄金属です。
アルミニウム合金、真鍮、亜鉛合金、錫、ステンレス鋳鋼などがありますが、ダイカストで使用される事が多いのはアルミニウム合金、真鍮、亜鉛合金の3種類となっています。
製品の生産を行うダイカスト機械には「金型」が必要となります。そしてこの金型が製品の精度にも強く関係しています。金型の良し悪しや形状によってより精度の高い製品を作り出す事が可能となるのです。
ダイカスト機械で製品の生産を行うためには、ダイカスト機械に金型を設置して溶かした金属を圧入して製品の生産を行いますが、できた製品は自動的にピンで押されて金型から外れます。
人の手を必要としないため自動で製品の生産を行う事ができるのです。ダイカスト技術が大量生産に向いているのは自動的に製品の加工ができるからだけではありません。
精度の高い製品を大量に作る事ができる事もダイカスト技術が選ばれる理由の一つなのです。
ダイカストで製造された製品にはバリなどがついており、そのバリは尖っているためバリを除去する必要があります。実はそのバリ取りの作業も自動で行う事ができるので、コストを上げる心配もありません。
さらにダイカストで作った製品はバリ取りを行うだけではなく、処理もしやすい特徴を持っているのと、アルマイトの豊富なカラーバリエーションにも注目すべきでしょう。
特にアルミダイカストは他の鋳物(いもの)技術で作った製品と比べると、見た目もとても良く寸法精度にも優れていて薄肉の製品が作れるので、品質に優れた製品を大量に作りたい場合におすすめです。
太陽パーツでは優れたダイカスト技術によって、様々な製品の生産を手掛けています。ダイカストの事や金型の事でお悩みならば、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミを使った製品化を行う際のメリットとデメリット

現代では便利な製品がたくさん生産されており、私たちが日々生活しやすい環境を作り出す事ができています。
中でも金属加工技術の向上のおかげで、様々な製品の製造が行われていますが、使われている金属製品にも様々な金属が使われています。
特にアルミを使った製品は軽くて丈夫であるため、様々な製品に使われているのですが、今回はアルミを製品にする時のメリットとデメリットをご紹介いたします。
【アルミを使うメリット】
まず第一にあげられるのは「軽さ」です。アルミの登場によって、それまで重量が重くて大変だった製品が、飛躍的に軽くなった事で多くの製品に使われるようになりました。
その代表的なものが自動車やパソコンなどの部品、そして航空機の機体などです。今や軽量化のためにアルミは欠かすことができない存在でもあるのですね。
さらにアルミは腐食しにくいというメリットがあります。さらに耐食性を強化したい場合には、アルマイトなどを施すことで、協力な腐食対策を行う事ができるのもメリットです。
三つ目のメリットとしては柔らかい金属なので加工がしやすいというのがあります。例えば他の金属の場合には加工する時にチップやドリルなどの工具が傷みやすくコストがかかる事があります。
ところがアルミは柔らかく加工しやすい特徴があるため、加工ツールが傷みにくくコストを抑える事ができるのも特徴です。
【アルミを使うデメリット】
アルミのデメリットの一つはその柔らかさにあります。やはり鉄やステンレスに比べると柔らかいため、製品に強度を求める場合には向いていません。
例えば他の金属の場合は焼き入れをしたり焼き戻しをしたりする事で、硬さをある程度変化させることができますが、アルミの場合はそう簡単にはいかないのです。
特殊なアルミもありますが、強度が高いかもしれませんが腐食しにくいというアルミのメリットを犠牲にする事にもなってしまうのです。
また、アルミは溶接をすると溶けやすいので難しいというデメリットがあります。一定以上の厚みがある素材の厚みが必要になるため、溶接を要する場合には注意が必要になるでしょう。
三つ目のアルミのデメリットは他の金属よりも材料費が高いという点です。小さな部品や薄肉の製品だったらコストがかからないかもしれませんが、厚肉だったり大きな製品の場合はアルミよりも他の金属の方が安くできます。
これらのアルミのメリットとデメリットをよく考慮した上で、アルミを材料に使う事を検討されるといいでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工ではどんな機械が使われている?

板金加工は私たちの暮らしを便利にしてくれる様々な製品を作り出す加工技術です。板金加工というと自動車のへこみを元に戻すイメージがありますが、いろいろな加工を行う事ができる技術なのです。
現代の板金加工は手作業で行うものだけではなく、金型を用いて薄い金属板を挟み込んで金型の形状を転写する、板金加工機械を使った製品の生産も行われています。
そして自動で製品を加工する事ができるので、大量生産が必要な製品に多く用いられているのです。自動車のボディやドアなど様々な製品に使われているからこそ、自動車を安く手に入れる事ができるのですね。
板金加工は使う金型によってプレス加工と板金加工とに分けられていますが、一般的な板金加工機械にも種類があって、精密板金といって複数の金型を組み合わせ、一つの製品だけではなく複数の製品にも対応できます。
複数の金型を組み合わせて作る事ができるため、精密板金は大量生産ではなく小ロットの製品の生産に対応できる機械でもあるのです。
板金加工機械で製造できる製品は、機械などのカバーなどを加工する事が可能ですし、食品工場などで使われているタンク、医療用タンク、様々なボックスやケースそして基盤などが作られています。
中でも有名なのが先ほど説明した自動車のボディなどでしょう。
また、製品を完成品として生産するためには板金機械のみではなく、レーザー切断機やパンチング・シャーリング加工を行う機械を使ったりもします。
さらに最終的には接着するための溶接機械などを使用したり、ブランキング加工を行う機械なども合わせて使って製品の組み立てまでを行うのです。
板金加工では強い圧力がかかる機械を使用するので、ケガや事故などに十分配慮する必要があります。そのため板金加工のための機械には安全装置などがついているのです。
大量生産に向いている加工技術である板金加工機械はとても便利ですが、いまだ手作業で加工を行っている板金加工も盛んに行われていて、私たちの生活を便利にしてくれているのです。

太陽パーツでは様々な板金機械を使った製品の生産および、金型の生産を行っております。金型や板金加工の事でお悩みならお気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

価格面でも精度にも自信あり!エコダイカストでの製品造り

ダイカストで製造された部品は年々技術の進歩によって、美しく寸法精度の高い製品を作る事ができます。
しかもダイカストで部品の製造を行うと、一つ当たりのコストも安く済むので、部品の製造をダイカストで行うメリットは高いといえるでしょう。
ただしそれは大量生産の部品だったらのお話でした。実は小ロットの生産を行う時にはダイカストはあまり向いている制作方法とは言えません。
その理由は金型にかかる費用が非常に高く、小ロットの部品の製造を行う時は他の方法で製造するというのが定番でした。
なぜダイカストの金型は高いのでしょうか?その理由は、ダイカストの金型はベース部分金型部分の上下セットで作成します。
下の金型は機械に設置するためにベースという部分が必要になります。実はこのベース部分というのは金型の部分と同じだけの材料を必要としています。
そのため倍の金額がかかってしまうというわけなのです。これを解決したのが太陽パーツのエコダイカストです。
エコダイカストはベース部分は共用ですので、ベース部分が必要ありません。ですのでベース部分の材料費を削減する事が可能なのです。
だから作業効率もとても良いのです。ですがご心配なのはおそらく寸法精度ではないでしょうか。確かにベースが無ければ精度が出ないのでは?と思うかもしれません。
ですがエコダイカストの金型の精度は従来の金型と全く変わりはありません。高い寸法精度と金型コストが安いので、小ロットの部品にダイカストを使いたい方にはおすすめです。
もしも小ロットでダイカストを利用したいと思うのであれば、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

普段からよく使うプレス加工で製造された製品とは?

私たちの身の回りには様々な便利な製品があります。その多くの製品は様々な産業用加工機によって作り出されています。
たくさんある加工技術の中で、プレス加工でどのくらいの製品が製造されているのかご存知でしょうか?意外と知らなかったあんなものやこんなものが、実はプレス加工で製造されているのです。
今回は毎日私たちが日常的に使っているプレス加工で製造された製品をご紹介いたします。
自動車パーツ
毎年各自動車メーカーでは新型〇〇といった感じで自動車が生産されていますね。驚く事に日本の自動車というのは世界に類を見ないほどバリエーションが豊富です。
海外では小さいコンパクトカーがあまりありません。多くの場合は大きなセダンの形が多く、日本のように角ばった車だったり丸っこい車だったりといった事は珍しいのです。
そんな自動車部品の中で、プレス加工で製造されている部品はどこなのかというと、ドアやボンネットそしてピラーなど、様々な部品がプレス加工で作られているのです。
様々な日用品の加工
代表的なのがアルミの灰皿でしょう。これなら見たことがあると答える方も多いのではないでしょうか。でも私たちが普段絶対に使っているお金。
実は効果はプレス加工の技術で作られています。他にもメガネフレームなどはプレス加工によって製造されています。同じ形状の製品が大量生産されるので当然かもしれません。
また、建具の中でドアノブなどもプレス加工の技術で製造されています。意外と身近なものがプレス加工で製造されているものなのです。
まだまだ他にも私たちが毎日使っているものがプレス加工で製造されています。
家電製品や電子部品
食べ物を冷たく保存する事ができる冷蔵庫の部品の多くは、実はプレス加工によって製造されています。洗濯機などの白物家電の部品や中のドラムなどもプレス加工で製造されているのです。
他にもエアコンやテレビの部品など大量生産ができるからこそプレス加工で作られているのですね。また寸法精度が高いというのも利用されている理由でしょう。
というのもパソコンやテレビの録画などに使うHDDなどの電子部品もプレス加工で製造されています。リチウム電池の容器などもプレス加工で製造されています。
意外と精密部品の製造されている事がわかり、ちょっと驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。
それだけプレス加工の技術が私たちの生活を助けてくれているという事です。
太陽パーツでは精度の高いプレス加工製品を製造しています。部品の製造の事でお悩みならお気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

亜鉛ダイカストとアルミダイカストを比較すると?

ダイカストには亜鉛ダイカストとアルミダイカストがあります。材料は違っても精度の高い製品を作る事ができるのには変わりありません。
二つの材料があると聞くと「どちらの材料で製品を作るべきなのか」悩む事もあるかもしれません。もしも悩んだのならば、特徴を知る事で解決できます。
それぞれの材料の特徴についてをわかりやすく説明いたします。
アルミダイカストの特徴
まずはアルミダイカストだと部品一つ一つを軽くする事ができます。また、鋳造しやすいという特性を持っていますので、生産量は亜鉛ダイカストよりも多いでしょう。
選ばれる理由には軽量なのに強度があるという点です。さらにアルミニウムというのは伝導性や熱伝導性に優れているので、電線などにも活用されている優れた素材です。
さらにリサイクルも可能で資源が豊富なので、コストを抑える事も可能でしょう。そして耐食性にも優れていますので、美しさと強度を保つ事も可能です。
一方で亜鉛ダイカストはどんな特性なのかをご紹介いたします。
亜鉛ダイカストの特徴
アルミダイカストよりも加工性が優れています。そのため複雑な形状の部品の加工にも向いているでしょう。薄肉で複雑化した金型でも失敗が少ないのも特徴です。
しかも寸法精度がとても高いので、部品に高い制度を求める場合に活用される事が多いでしょう。また、鋳造後の成型もアルミダイカストと比べて簡単です。
優れた加工性があるという特性があるため、金型の傷みも少なく済みますので、アルミダイカストと比べると、金型の寿命が長いというのも特徴だといえます。
どちらの材料を使って部品の生産を行うのかは、それぞれの特性をしっかりと踏まえて決定すると良いでしょう。
太陽パーツでは、アルミダイカストでも亜鉛ダイカストでも美しく精度の高い製品を製造いたします。設計・金型の製造・製品の生産を一貫して行います。
ダイカスト技術を使った部品の生産を検討しているのでしたら、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工商品を作る際のNCとMCの加工法の違い

切削加工が行える機械には旋盤加工とフライス加工があります。汎用旋盤の動きをする機械にNCという数値制御がついたものをNC旋盤と言います。
一方でフライス加工ができる機能がついた機械にATCがついたものを、マシニングセンタ(MC)と言います。この二つの機械は同じ切削機械ながら、加工方法が違います。
まずNCというのは数値を制御する装置です。ここからここまで動きなさいという刃物の動きや速度、切削する時の速度や何ミリずつ削っていきなさいという数値をプログラムする事が可能です。
NC旋盤はチャックに着けられた対象物である材料が回転します。そこへ刃物が近づいてきて送りや切込み数を指定された通りに切削していきます。
そのため円筒状の形状の製品の製造に向いています。
また、汎用旋盤ではで直線的な動きだけでしたが、数値制御があるNC旋盤ではRやテーパーといった動きも可能となるので、できる事がとても多いです。
一方でMCはというと対象物である材料が回転する事はありません。台はX軸とY軸に動き、ツールがZ軸の動きをする仕組みになっています。
角材などの加工を行うのに適しています。また、冶具を使って円筒状の素材にカットを入れたり、溝入れをしたり穴あけをしたりする事が可能です。
どちらもプログラムを行う事で自動的に作業ができるものですが、動きや仕組みは違うものなのです。ただしNC旋盤の場合は複合機なども出ています。
寸法精度がとても高いのも特徴です。そのため金型などの製造にも利用されています。試作品や部品のサンプルを製造して、どんな加工ができるのかなどを紹介する事も可能です。
太陽パーツではNCの加工もMCの加工も駆使して精度の高い金型や、製品の加工を行っています。金型や加工のご相談は気軽にお尋ねください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工における絞り加工にはさまざまな形状がある

プレス加工をご存知でしょうか?プレス加工というのは金属を金型で挟み、下に強い力で引っ張る事で製品の形を作ります。
絞り加工の形状は様々です。円筒形であったり角形のお弁当箱のような形に作ったり、アルミの灰皿のような形状をしていたりします。
住宅設備などの複雑な形状を作成する事もできます。例えばアルミの灰皿の形状の淵の部分、あの部分をフランジと言いますが、この加工と筒状の形状を組み合わせて製品の製造も行えます。
メッシュの素材を絞り加工を行って、住宅の水回りに使う製品などを作る事もできます。
つまりプレス加工の絞り加工では、筒状にするだけではなく段差を付けて製品を製造する事も、フランジを付ける事もできるので、様々な形状を加工する事ができるのです。
大きさも大きなものから米粒大の大きさのものまで加工する事が可能です。
ぷエス加工の絞り加工はパンチというとつ型をした型にダイスと言われる金型を設置して材料となる金属板を挟み込みます。
ホルダーと言われる部分で材料を挟み込み、上からパンチをダイスに垂直に押していきます。すると少しずつ挟んだ材料がダイスに押し込まれ、内側はパンチに外側はダイスに沿った形状に加工します。
そのままの状態で最後まで絞れば淵のない形状に作る事が可能です。もしも淵が欲しい時にはつかんでいた部分を話さずにプレスすればフランジができるという仕組みです。
金型の形状を組み合わせる事でより複雑な形状に加工をする事ができる加工技術です。自動車部品や住宅部品などにも活用されています。
太陽パーツではプレス加工の絞り加工や抜き加工などを駆使して、より複雑な形状の製品を加工する事ができます。
製品の加工についての疑問、ご相談はお気軽におたずねください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2018-09


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.