太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2019-10

2019-10

レーザー加工で切断面の仕上がりを美しく!

金属加工の技術の一つに『レーザー加工』という加工技術があります。レーザー加工と言うとレーザーを使って何かを焼くといったイメージがあるかもしれませんが、そのイメージはあながち間違ってはいません。

レーザー加工は非常に細かく操作する事が可能で、一般的な切削加工などでは難しいと言われる形状に加工したり、表面だけに彫り込んでいくという特殊な加工を施す事が可能な生産技術です。

レーザー加工の優れたところは金属だけではなく木材や革やゴムなどの柔らかい素材の加工にも使われていて、金属加工に限らずあらゆる分野で利用されています。

仕上がりがとてもキレイで加工が早く、思いのままに加工する事ができるだけではなく、加工をしても機械自体が汚れたりしないというのもメリットです。また、非常に難しい加工でも比較的簡単に行うことがでいます。

また、レーザー加工は直接刃物を当てて加工を行うのではありませんので、加工断面も非常に美しく刃物が傷んで交換しなくてはならないという事もほとんどありません。レンズの寿命で交換する事はありますが……。

ちなみに加工するための図面などはパソコンなどで作成するので、段取りにも時間がかかりません。素早く製品の生産ができるというのもレーザー加工のメリットでしょう。

一般的に切断加工を行う加工では、切断した時の断面部分にかえりが出てしまったりする事もありますが、レーザー加工の場合はバリやカエリなどが出にくいので、仕上げ作業を行う時に非常に楽です。

このようにレーザー加工は非常に自由度の高い加工技術で、現在では医療にも役立てられています。技術の進歩によって今まで以上に様々な加工方法が確立されていている分野ですので、さびにくい加工を施したりする事もかのうです。

太陽パーツではレーザー加工をはじめ様々な加工技術で製品の生産をしています。寸法精度の高い製品や大量生産、コストを抑えたダイカストなどのご相談がありましたら、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと他の鋳造法との比較!~2~

今回も引き続き、ダイカストと他の鋳造法との比較をご紹介させていただきます。

 

 

【金型鋳物の特徴】

金型を作るのが簡単で金型費が安いという点、ダイカストと違って加工できる金属の種類が多い点、さらに熱処理や溶接をする時に気を使わないという点が優れています。

また、加工する時に空気の巻き込みが少ないので不良がでにくいという特性があります。

 

【砂型鋳物の特徴】

砂型鋳物は砂を使って金型を作って製品の生産をします。寸法精度の高い製品には向いていませんが、大きな製品の生産が可能です。大量生産ではない製品の生産に向いています。

鉄や銅などの金属であっても加工する事が可能です。アンダーカットの形状の製品の生産が楽にできるという点、そして試作から製品生産までの期間が少ないのも特徴です。

こうしてそれぞれの特徴を見ると、ダイカストと他の鋳造技術にどんな違いがあるのかがわかります。もちろんダイカストは非常に優れた製造技術ですが、ダイカストにも弱点が無いとは言えません。

だからこそそれぞれの特性を理解して、最適な加工技術を選択して製品の生産を行う必要があるでしょう。太陽パーツでは金型にかかる費用を半額に抑え、高い製品精度の部品生産に長けている「エコダイカスト」があります。

良い製品を少しでも安く生産したいと考えているのなら、ぜひ太陽パーツへ気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと他の鋳造法との比較!~1~

ダイカストは鋳造技術の一つです。鋳造とは金型を使って溶けた金属などを流し込み、冷やして固めるという生産技術です。鋳造が多くの製品の生産に活用されているのは、精度の高い製品を数多く作る事ができるからです。

鋳造技術といっても一つしか種類があるわけではなく、砂型鋳物であったり鍛造と言われる叩いて製品の生産を行うものなどもありますが、中でも大量生産に向いているのはダイカストです。

ダイカストと他の鋳造技術とはどのような違いがあるのかを簡単に説明いたしましょう。

【ダイカストの特徴】

ダイカストの特長は金型の精度が高く、寸法精度の高い製品を大量に生産する事が可能であり、自動的に大量生産が可能なので省人化が可能なので人件費を抑える事が可能です。さらに大量生産ができるので部品一つあたりの価格が安いのもメリットです。

金型の精度が非常に高いので薄肉の製品を生産する事も可能です。また材料のリサイクルが可能なので非常に経済的です。加工する時に中子を使って製品の生産を行いますが、加工後に中子抜きをする時に簡単にできます。

一回の製品の加工が短時間なので大量生産が可能であるという特徴や、製品一つ一つの鋳肌がとても滑らかという特徴があります。一方で他の鋳造技術と比べてみると次の事が違います。

 

~2~へ続く

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精度は同じなのに『コストダウン』が可能!?【エコダイカスト】

ダイカストは精度の高い製品を大量生産する事が可能なため、多くの製品に使われる部品をダイカストで生産する機会が増えています。さらにアルミ合金を使って生産された部品は非常に軽くて丈夫という特性もあります。

例えば自動車などにダイカスト製品が多く使われているのは、故障しにくい製品を大量生産するという目的もありますが、車両総重量を軽くする事ができるためでもあります。車両総重量を軽くすると燃費も向上しますし操作性も良くなるからでしょう。

さて、ダイカストは精度の高い製品を大量生産できる人気の高い生産技術ではありますが弱点もあります。最大の弱点は『大量生産』です。大量生産する事によって一つあたりの費用が安くなるので、大量生産すればするほど安くする事ができるのです。

ではなぜ大量生産に向いているのか?それは金型を使って生産するからです。ダイカストは金型に溶けた材料を高圧で射出し、冷やして固めるという生産技術です。だから生産する部品が多ければ多いほど一つあたりの単価が少なくなるのです。

つまり言い換えると小ロットの場合は逆にコストがかかってしまうのです。そのためダイカストを利用する時には1000個単位以上じゃなくてはならない、という常識ができてしまっているのです。

しかしながら太陽パーツはこの問題を解決しています。通常ダイカストに使う金型の費用を半額に抑える事に成功したため、小ロットでも大ロットと同じ費用で製品の生産が可能になります。

これは金型にかかる費用が半額になるためであって、金型自体に問題があるわけではありません。一般的なダイカスト用金型と同じ材質で精度も全く変わりません。

例えば金型に100万円かかっていたとしたら50万円程度しか費用がかかりません。さらに精度は全く変わりません。つまり同じ個数の製品の生産をすると金型が半額になる分コストを下げる事ができるというわけなのです。

もしも今ダイカストでの生産を検討中の方で、精度の高い製品を小ロットで生産したいと思うのならば、太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【ステンレス加工】は『切削加工』が一番難しい!

金属は様々な製品に加工されて使用されています。特に切削加工は昔から利用されている加工技術で、あらゆる金属の加工ができるようにはなっていますが、中でも難削材と言われている金属の加工は本当に加工者泣かせな部分があります。

その中にステンレスがありますが、ステンレスというのは実は意外と加工が難しいと言われている金属なのです。今回はその理由についてをわかりやすく簡潔にお話いたします。

ステンレスというのはとても優れた金属なのですが、実は鉄などとは違って熱伝導性が低いという特性があるので、切粉(削りカス)が逃げていきにくい金属なため、加工してみると粘性があるように感じてしまいます。

すると一方的に加工している工具の方に熱が溜まってしまうので、加工ツールの刃先が破損しやすくなってしまうのです。

これがステンレスが加工しにくいと感じる理由です。

加工する側としては非常にやりにくく扱いにくいステンレスですが、実はこのステンレスの特性こそが高い保温性につながっているのです。

一番わかりやすいのはお風呂や水筒です。あれは保温性が高いから使われているのですね。

こうした特性を頭に入れながらステンレスの加工を行う必要があるのですが、実は熱伝導性だけではなく硬さについても注意が必要なのです。

ステンレスは加工すると硬くなるという嫌な特性も持ち合わせています。

これは一定以上の負荷がかかると出てくる症状なので、加工する時には温度が高くなりすぎないようクーラントを選ぶ必要があるのです。油性のクーラントより水溶性のクーラントの方が理想的です。

さらに最近ではステンレス専用のチップなどが販売されているので、ステンレスを加工する時には専用のチップを使用して、あまり刃物に負荷をかけないような回転数や切込み量、そして切削速度を保たなくてはなりません。

ドリルを使用する時にもステンレス加工に特化したコーティングが施されたドリルを使用するなど、加工ツールにも気を付けると加工が容易になります。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

表面のデコボコが少なく表面処理も容易なダイカスト!

日本は昔からモノづくりが盛んな国でした。現在でもモノづくりは世界に通用する高い技術を持っています。その中でも鋳造の技術が非常に高く、現在でも多くの製品を生産しています。

その中でもダイカストという技術は優れた製品の生産技術です。なぜダイカストが製品の生産に利用されているのかというと、最大の理由は製品の表面が非常に滑らかで金型を使って生産した製品の中でも凸凹が少ないからでしょう。

凸凹が少ないという事は表面処理を施す時にも非常に有利です。さらにダイカスト製品は複雑な形状や薄肉の形状であっても生産ができるようになっているだけではなく、小さな製品から大きな製品まで幅広い形状の製品を生産する事が可能なのです。

また、ダイカストで使用する材料はアルミ合金やマグネシウム合金などの溶融温度が低い素材が多いので、金型の痛みも少なく大量生産するのに最適な生産技術なのです。

さらに金型の技術も上がったおかげで二次加工を必要としない製品や、最低限の二次加工を残してほとんど完成品に近い製品の生産も可能です。もちろんメリットばかりのように感じますが、デメリットも当然ですがあります。

ダイカストのデメリットは解けた材料を金型に入れて冷やす事で金型の形に仕上げるのですが、この時熱収縮が起こったりして製品にゆがみが出る事もあります。もちろんこうした問題をできるだけ少なくする努力や工夫は行っています。

表面処理を施すのに適した滑らかな製品の加工ができるだけではなく、同じ精度の製品を大量生産できるので多くの製品がダイカストで生産されているのです。

太陽パーツでは大量生産のお客様だけではなく、小ロットでもダイカストを安く生産できるエコダイカストで生産しています。もし小ロットでもダイカストを検討しているのなら、お気軽に太陽パーツにご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツのエコダイカストが選ばれる理由

ダイカストで製品の生産を行う時には、通常なら1000個単位じゃなければ逆にコストがかかるというのが常識でしたが、太陽パーツでは50個の小ロットでもこれまで同様の費用で製品の生産が可能です。

なぜこんなに小ロットでも一般的な価格で製品の生産ができるのかというと、それは太陽パーツだけにある『エコダイカスト』の技術があるからです。

従来のダイカストと製法は変わりません。金型をダイカスト機械に設置して溶けた材料を射出し、冷やして固める事で製品を作る事ができるのですが、決定的に違うのは使用している金型です。

一般的なダイカストの金型はダイカスト機械に金型をセットしますが、この金型はベースと金型の部分が一緒になっているものです。土台部分が一緒になっているので非常に重く金型の交換も一人ではできません。

さらに土台となる部分もセットになっているため、金型には大量の材料が必要になるため、その分の材料費もかかってしまいます。その費用は金型と同じだけの材料を必要とするので、単純に金型の費用が高くなってしまうのです。

エコダイカストはというと、土台となる部分はダイカストマシンに設置してあります。これは太陽パーツの共有部品となるので、お客様が金型を作る時には金型の部分だけを作るので費用は半分です。

もちろん品質は従来のダイカスト製品と全く代わりはありません。だから小ロットでも従来のダイカストと同程度の費用しかかからないのです。これが太陽パーツが選ばれている最大の理由なのです。

それ以外にも短納期であっても柔軟に対応するので、その利便性の高さも人気の一つの要素である事は間違いないでしょう。エコダイカストについて更に知りたい方は太陽パーツのホームページから気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型の構造と材質【ダイカスト】

ダイカストは様々な分野の部品製造に利用されている技術です。今回はダイカストで最も重要な金型の構造について、そしてダイカスト用の金型に使われている材料についてご紹介いたします。

まず、ダイカストの構造について簡単に説明すると、型締装置という金型が設置されている部分、この部分は金型を開閉する役割を担っています。そして溶湯を充填する射出装置、そしてできた製品を押し出す押出装置の3つのパーツに分かれています。金型は雄型と雌型があってぴったりと重なるようになっていて、金型の中は空洞になっています。その部分に溶湯を射出するわけです。材料であるアルミ合金などが冷やされて固まったら押出されて製品になるわけです。

金型の構造は大きく分けると可動型と固定型に分かれています。可動型というのは製品を押出す時に稼働する金型です。固定型は装置に固定されて動く事はありません。そして可動型と固定型のそれぞれに様々なパーツがあります。固定型には材料を射出する鋳込口がついていて、そこから材料が射出され金型内に充填されていくのです。他にはガイドピン、冷却水が出る穴やガイドピンやキャビティや入子という部分がついています。可動型にはガイドピンプッシュ、オーバーフロー、ゲート、ランナー分流子、リターンピン、ダイベース、押出板ストッパー、冷却パイプ、押出しピン、押出板などが付いています。次に金型に使われている材質ですが、全てが同じ材質ではありません。例えば入子などのキャビディの部分には、直接溶湯が触れる場所ではないので鉄などの素材で作られてます。ですが高温の溶湯に接する部分には熱間工具鋼(SKDなど)を用います。他にクロム、タングステン、モリブデン、バナジウム、コバルトなどを添加した特殊鋼材を用いる事があります。場所によっては耐熱処理を行う事もできます。

太陽パーツではダイカストの金型にかけては長年のノウハウがあります。お客様のご要望に応じてさまざまな形状の金型の生産と、製品の生産を行っておりますので、お困りの際にはぜひ太陽パーツへお声がけください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

鋳物が今も変わらず幅広い分野で利用される理由【アルミニウム】

日本は古くから鋳物で製品を生産していた歴史があります。鋳物の技術は現代でも発展を続けており、日本は世界でも第4位の鋳物生産大国となっています。でもどして日本では鋳物がこれほどまでに発展しているのでしょうか?今回はどうして日本では今でも幅広い分野で鋳物を利用しているのか、その理由をいくつかご紹介いたします。

鋳物は金属を溶かして金型という製品の型に流し込み、冷やして形を転写するという生産技術です。鋳物の種類は砂型、ダイカスト、Vプロセス、消失模型、精密、重力金型、低圧などがあります。まず鋳造が利用される理由の一つは、製品の形状や性質によっていろいろな鋳造方法があるからです。他にも製品の軽量化が見込めるからです。例えば自動車の部品の多くは鋳造によって生産されています。

昔はスチールなどで作られていた車がこれほどまでに軽量化する事ができたのは、鋳造技術によって軽い金属が使われるようになったからです。しかも金型を一度作ると同じ精度の製品を短時間で大量生産できます。これも鋳造技術が幅広い分野で利用される理由です。しかも大量生産を短期間で行う事ができるので、コストの削減にもつながりますし材料の無駄もありません。そのため環境にやさしい生産技術として利用されているのです。

ご紹介したいくつかの理由で鋳造技術は幅広い分野で利用されているのです。これからも鋳造の技術は発展し続けるでしょう。太陽パーツは時代のニーズに合った生産技術でこれからも社会に貢献していきます。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型でお悩みの方、必読!太陽パーツのエコダイカスト!

部品の大量生産を行う時は金型を使って製品の生産を行う技術を活用した方がコストの削減ができ、しかも短期間で大量の部品をそろえる事ができます。その代表的なものがダイカストです。ダイカストをあまり利用した事がない方の中には、金型を使って部品の生産をするよりも、切削で生産した方が精度が高いのでは?と思っている方もいらっしゃるかもしれません。その理由は、ダイカストの精度が切削加工よりも劣っている気がするとか、ダイカストは良いって聞いているけど金型が高すぎるので躊躇してしまっているからではないでしょうか。

まずダイカストの精度についてですが、ダイカスト技術は『薄肉』『複雑な形状』『寸法精度が高く公差がタイト』な部品でも問題なく生産する事ができる技術です。もし不安なら金型を作る時にどうして欲しいかを明確に伝えるだけで解決できます。さらに金型が高いという問題に対してですが、お使いいただく金型にどのくらいの精度が必要なのかや、どこをどうして欲しいのかといった希望を、明確にして相談していただくと解決しやすくなります。

もしかしたら予算以内でお求めの精度の金型を作れる可能性があるからです。もちろん複雑すぎる形状の場合や困難な形状の場合には、どこがどのように複雑なのかを説明してもらう事も忘れてはなりません。双方が納得できる形で金型の生産ができればベストですし、金型を作る側としてはいきなりこの形状ならこの金額で作りますといった事は言いません。しっかりと綿密に相談をして予算以内でできる限り、お客様が求める品質の金型を提供できるよう努めるのです。

もし金型の事でお悩みがあれば太陽パーツへご相談ください。お客様が求める精度の最高の金型にできるだけ近づけるよう努めます。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 212

HOME > ブログトップ > アーカイブ > 2019-10


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.