太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ

太陽パーツ株式会社のスタッフブログ

小ロット生産を行うにあたってのメリットとは?【エコダイカスト】

大量生産をする事も重要ですが、小ロット生産ができるというのも非常に重要なことです。なぜならば大量生産だとある程度の納期が必要になるため、どうしても短納期に弱いという弱点があるのです。
特にダイカストなどの場合は金型を製作して製品を生産するのですが、この時金型にかかる費用の事を考えると、どうしても大量生産にしなくては一つあたりの製品の値段が高くなってしまいます。
だからこそ大量生産の製品にのみダイカストでの製品の生産を行っているわけです。もちろん大手企業の場合は大量生産でロット数が多ければ多いほどいいかもしれません。
ですが中小企業の場合にはある程度大手よりも融通が利く方がメリットがあります。そこで小ロットの製品の生産が必要になってくるわけです。

これまでは小ロット生産となると、どうしても金型の費用がかかってしまうため、なかなか小ロットに対応する事がでいませんでしたが、エコダイカストならそんな心配はありません。
なぜならば、エコダイカストはこれまでの金型の半額で金型を製造する事ができるため、コストもかなり削減する事ができるのです。
となれば短納期小ロットの対応ができる方がメリットが高くなるというわけなのです。
もちろん大量生産ができて納期があれば一番いいのかもしれませんが、もしも高い金型を使って製品を製造していたら、その製品が生産中止になってしまうなんて事になったら大問題です。
その点エコダイカストで小ロットに対応する事ができれば、万が一生産が中止になったり変更になった場合にもリスクが少なくなるのです。
当然ですがエコダイカストは大量生産にも適していますので、小ロットだからメリットがあるという事ではありません。

大量生産であればあるほど利益を生み出すものですので、もしダイカストの金型の事でお悩みの方、コストを少しでも抑えたいと思う方は、太陽パーツのエコダイカストについてぜひお問合せください。
きっとこれまでの金型の常識を覆すくらいコストダウンを実現できる事でしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

複雑な断面も容易に製造!アルミ押出の特徴

アルミ押出は建具や金属管などを製造する時には絶対に必要な加工技術です。使う素材がアルミやアルミ合金だと、いつまでも美しい白銀の状態を維持できるので、特に建具には欠かすことができません。
ところで、建具というと確かに複雑な形状ではありますが、窓ガラスが外れないようにスライドさせる部分を付けるという事だけで、それほど複雑な形状であるとは思いませんね。
ですがアルミサッシなどの建具はアルミ押出ではほんの序の口なのです。例えばアルミニウム合金は耐食性に優れている金属だという事以外に、耐摩耗性や絶縁性という特性があるので、それを活かした製品に使われる事が多いのです。
その代表的なものが、自動車には欠かすことができないキャビンやドアのフレーム部分です。実は押出をしながら曲げ加工を同時に行うという加工方法を使って、強度が高い製品を造り出す事ができるのです。
もちろん一体で作ることができれば、強度が高いだけではなく軽量化を実現する事だってできるでしょう。何しろ溶接やボルトなどの余計なものを使わなくて済むので、加工にかかる時間も短縮する事ができます。
変形が心配という話も確かにあるようですが、その問題についても中リブをつくる事によって、変形防止をする事ができる事がわかっています。
もちろんまだまだ発展を続けている部分ですが、不良をできるだけ少なくするために、曲げ加工を行う時のしわの予測や、割れの予測などを事前に行う事ができます。
このように予測をする事によって、最適な形状に製品を加工する事ができるようになるというわけなのです。
製品を製造する時にあらかじめ複雑な形状の金型で作り、そこに曲げなどの加工技術を加える事によって、これまでは難しかったより複雑な形状の製品をコストをできるだけかけずに作ることができるのです。
さらにアルミ押出は不良率が低く、製造過程で不良となった製品でもリサイクルが可能なので、不良によるコストがかからずに済むのです。

太陽パーツではアルミ押出の技術はもちろん、複雑な形状の金型の製作も得意としていますので、金型や製品についての相談がありましたら、お気軽にお問合せくださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス機械の一種~NCタレパン~【板金加工】

タレパンは板金加工の数ある方法の中の一つです。NC装置がついている機械で加工する事ができるので、大量に抜き打ちして製品を作る時などにはとても便利な機械加工と言えるでしょう。
どんな機械なのかというと、文字通りタレットのついたプレス機械で、穴あけをしたり型抜きをしたりする事ができます。
一つの製品にいくつも穴を開けなくてはならない時にもNCタレパンは適していますが、板金加工なので薄い金属板の加工をする時のみ使う事ができる技術です。
主に自動車部品の加工をする時に使ったりしますが、薄いアルミでできた製品を作るのにも適しています。
例えば調理器具などはタレパンなどを使って製造される事が多いですし、スプーンやフォークといった金属でできた食器などの製造にも適しています。
大きな部品から小さな部品までさまざまな形状の製品を作る事ができるのがNCタレパンですが、なぜこれほど簡単に同じ精度の製品を大量に作れるのかというと、それは金型の技術が進歩したからでもあるのです。精度の良い金型を使う事によって、ハイクオリティな製品を大量に作る事ができるようになり、不良率も非常に少なくなっていきます。
しかもNCタレパンは多数の金型が装着可能なので、一つの製品を一度に作る事ができるのもメリットです。
長穴はもちろん四角くくりぬく事だって可能です! さらに製品を抜く加工や曲げ加工なども組み合わせると、ブラケットやパネルカバーなどを作る事だって可能です。
もちろんそのためには精密な金型を作る必要があります。ちなみにタレパンでは大量生産にも向いていますが、小ロットの精算にも向いているのでコストを抑えつつ部品製造が可能です。
なので試作品の製造や部品の製造などをする時にも最適な加工方法なのです。問題は金型をどこで作っていただくのかという部分だけです。

太陽パーツではNCタレパンなど板金加工に使用する金型の製造も行っております。
どんな形状、ロット数に関係なく、金型の事でお悩みの方は、ぜひお気軽にお問合せください。金型の相談はもちろんですがお見積りも致します。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工品をより精度よく仕上げる【超精密加工】

切削加工は年々技術が発達しているため、現在ではナノレベルでの加工が様々な切削機械で加工できるようになったのです。
ナノレベルと言ってもどの程度の精密加工なのか、わかりにくいものなので簡単に説明すると、1ナノメートルというのは原子を5個~10個並べた程度の小ささなので、肉眼で1ナノメートルを確かめるのは難しいレベルであると言えるのです。
こうした精密部品はバイオテクノロジー、光学部品などの製造をするのに適していて、すでにその技術が活かされ始めているのです。
これまでは切削加工を行うためには、どちらかというと仕上げに力を入れている事が多かったようですが、現在の超精密切削加工では磨き加工では難しかった部分もカバーできるようになっています。
他にもどうしても研磨などの磨き加工をしにくい素材の加工をする時にも、超精密切削加工で研磨いらずの加工ができるようになるわけです。
中でも超精密加工の技術がものをいうのはレンズ用の金型です。これまでは磨きの技術で製造されていたレンズを、金型で作れるようになったのも超精密切削加工の技術のおかげなのです。

例えば、プラスチックレンズ用の金型などが超精密な切削加工で作られているのですが、超精密金型を作れるようになったのも、切削加工の技術の向上とバイトの精度の向上があったからというのもあります。
そして凸型レンズだけではなく凹型レンズの加工や、非球面レンズの加工などにも適していますので、様々な用途のレンズを製造する事ができるようになったわけです。
また、回折格子でヘール加工などのために超精密な切削加工がおこなわれています。顕微鏡で見ないとわからないくらい細かい切削技術で、金属でデザインができるようになったのです。
これまで以上に精密な切削加工ができるようになったのと、多軸同時制御のできる機械で加工ができるようになったので、難しかったマイクロ流路などの制作にも利用されています。

太陽パーツでは精密加工を必要とする加工も得意としています。部品の加工についての疑問やお問合せはもちろん、お見積りなどについてもお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの利点を最大限に活用しよう!

部品の加工をするのなら製品の特長を活かした製造方法を選ぶべきです。
なぜそうするべきなのかというと、適した製造方法で製品を加工すると、それだけコストが下げられるというのもありますし、何よりも効率よく製品を提供する事ができるからです。
しかもできるだけ生産性の高い生産方法が必要ならば、最適な製造方法を見つけるのが一番です。
中でもダイカストは他の加工技術と比べても、「生産性」「強度」「精度」「軽量化」の全ての面で優れた技術だと言えるでしょう。
ダイカストの利点は8つあります!

まずは高い生産性です。ダイカストは短時間に同じ製品を大量精算する事ができるので、同じ製品を大量に生産するのならばダイカストの技術を利用するのが一番でしょう。
また、生産性の高さだけではなく製品の強度が高いのもメリットであると言えます。さらに製品の形状が複雑だったとしてもインサートなどを使えるので、複雑な製品にもきっちりと対応する事ができるのです。
さらに丈夫なので軽量化したいと思っている場合にも対応できます。最近の金型はとても精度が良いので、肉薄の製品を大量生産できるというメリットがあるのです。
表面処理をする製品でもさまざまな表面処理ができるので、研磨はもちろんですが塗装やメッキを必要とする製品にも最適な製造方法です。

【様々な製品の製造に適した製造方法がダイカスト】
機械の部品を作るにもダイカストは最適です。電子部品の製造をするにしても、ダイカストの利点を最大限に活用すれば、安定した生産性と性能の製品を作る事ができるというわけです。
しかも使用する材料は軽い金属なので製品の軽量化をするのにも適しています。これまで数多くの製品の軽量化ができたのも、安定した製品の部品の供給ができるのもダイカストを利用する利点だと言えます。
ただし大量に製品を生産する場合にはそれほど問題にはならないのですが、小ロットの場合にはコストが高くなってしまう事もあります。
それは金型の製作のコストが高いからで、そのコストも製品の生産数が多ければ解決できますが、一般的な金型だとどうしても小ロットだとコストがかかってしまうのは仕方がない事なのです。

太陽パーツではコストの削減のできるエコダイカストで製品の製造をしています。金型にかかる費用がこれまでの半額で済むのです。
小ロットでコストの事が心配な場合でも、想像以上に低コストでダイカストを利用する事ができる太陽パーツをぜひご利用ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストが地球や環境に優しいのはなぜ?

どんな製品を作るにしても材料の切れ端は残ってしまうものです。それは衣服の製造にも言える事ですが、金属加工業でも材料全てを製品に充てる事はできません。
切粉と言われる切りくずが出ますが、この切粉は一か所に集められて業者にゆだねる事になるのですが、よく考えてみるとこの切粉を含めた製品の価格になっているのです。
かと言ってリサイクルをするのは意外と難しいものですよね。繰り返し削った金属を使えればいいのに……。
それを実現したのがダイカストという製造方法なのです。今回はダイカストはどうして地球や環境に優しいのかをお話ししていきましょう。

・アルミ合金を使う事でリサイクルが容易
ダイカストはアルミ合金などの金属を熱して溶かして成形します。成形する時には金型に金属を流し込んで、金型の中で冷えて固まります。
そのため基本的に他の金属加工に比べると端材が出にくい事で知られています。もちろん全く端材が出ないという事ではありません。
日本で年間150万トンもの製品が作られていますが、その内アルミダイカストで使われるアルミニウムは100万トン、そのほかの鋳造で使われるアルミニウムが50万トン程度あります。
実際に余ったアルミニウムをリサイクルしているのはおよそ90%です。もちろんアルミダイカストにだけ再利用されるのではなく、他の金型鋳造でアルミダイカストで出た端材を使う事も多いようです。
こうした事から、ダイカストは地球や環境に優しい加工方法であるという事になるのです。

・ダイカストでリサイクルをする時の注意点
ダイカストはリサイクルできるので地球や環境に優しい加工技術ですが、注意しなくてはならない事もあるのです。
例えば材料には微量ながら他の金属や物質が混ざっている事になります。他の鉱物が混ざる事による製品の影響についても考える必要があるのです。
そのため廃棄する金属を再利用する時には、分別する時に細かく分類して製造に使う必要があります。
しかしこうした分類に使う作業というのはとても大変な作業です。だからこの作業をなるべく少なくするためにも、製品の製造をする時にできるだけ無駄がでないように金型を作るのです。

太陽パーツでは地球や環境に優しい技術、ダイカストでの製品加工を行っています。もちろん無駄を抑えつつリサイクルを行い、コスト削減を実現したい企業に貢献しています。
ダイカストでの部品生産を検討しているのなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の加工法の分類【2】

今回も前回に引き続き、プレス加工法の分類についてお話いたします。

曲げ加工
ベンダープレスなどと言う事もありますが、型の通りに金属の板を曲げる加工方法です。
特に型などがなかったとしても台となる部分に冶具などを利用して金属の板をはさみ、それを熱と圧力をかけて曲げていく作業をしたりします。
もちろん複雑な形状に折り曲げる事もできますし、R状に曲げる加工もできる加工方法です。

つぶし加工
プレス加工の中でもつぶしをする事ができれば、材料そのものを無駄にせずに金属を加工する事が可能になります。
この加工方法を簡単に説明するならば、粘土を想像していただけるとわかりやすいでしょう。金属を圧力をかけて金属をつぶし、型からはみ出した金属も使って立体的な加工を施すことが可能です。
この技術を取り入れる事によって、単純な曲げ加工や抜き加工や絞り加工を上手に混ぜ合わせたような製品を造り出す事ができるのです。

いかがだったでしょうか? プレス加工の分類についての説明をいたしました。
また、加工方法には大きく分けると4種類もの加工方法がある事や、特殊な技術を使って立体的に製品を造り出す事ができる事もわかりました。
まだまだ技術の進歩がある分野ですし、精度の高い製品を大量に生産する事ができる素晴らしい技術でもあります。

太陽パーツではプレス加工はもちろん精密プレス加工も行っています。製品の製造に関するお悩みがあるのなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の加工法の分類【1】

プレス加工は上下2種類の金型を使い、間に金属の板を入れて上下から挟み込み、圧力をかけて金型と同じ形状の製品を造り出す金属加工の技術の一つです。
金型は高価なものではありますが、一度作ってしまえば金型の寿命がくるまでたくさんの製品を造り出す事が可能な加工法で、日本でも世界でも金属板を使って大量に生産する製品の製造法として重宝されている技法です。
さて、プレス加工が大量生産に最適な加工方法であるという事はわかりましたが、ただ単純に金属の板を上下から挟んで圧力をかけて形作るというだけではなく、製品に合わせた加工の方法というものがあるのです。
今回はプレス加工の分類についてを簡単でわかりやすく説明していきます。

絞り加工
プレス加工の方法の一つで、金属の板に圧力をかけて薄い器のような形状に加工していくという方法です。
この方法はプレスをした時に、製品に必要な肉厚のある金属の板を金型の間に挟み、上下からプレスして1枚の板上の金属を伸ばして器の形に加工します。
この技法では、ただ器状にするのではなく、金型によってはより複雑な形状に加工する事も可能です。

抜き加工
プレス加工の抜き加工とは、金属の板を上下にある金型と同じ形に抜き切るという加工方法です。
型抜きという駄菓子がありますが、板ガムを金属板として抜きのラインを金型とするとわかりやすいのではないでしょうか。
上下から圧力をかけるのではなく、バチン! というように一気にパンチングして製品を抜いていくという加工方法で、かつ連続で打ち抜く事もできます。
やはりこちらも大量生産に向いている加工方法だと言えるでしょう。
太陽パーツではプレス加工における様々な問題に取り組み、良い製品をより安く提供できるよう努力をしておりますので、プレス加工の事でお悩みであれば、太陽パーツへ気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

強度の強いアルミ押出製品ならアルミ加工が得意な太陽パーツへ!

アルミニウム合金で製品の加工を行う事でコストを抑える事ができるだけではなく、複雑な形状の製品を造り出す事も可能です。
ただ、アルミニウムというととても柔らかい金属なので、ちょっとした衝撃にも傷が入ってしまうといった問題が起こりやすい金属でもあります。
アルミニウムは加工しやすくて耐食性に優れていて、リサイクルが容易なので地球環境に優しい素材だと言えますが、柔らかいのが最大の難点ですよね。
ですがアルミニウムというのは混ぜる物質によって強くも弱くもなる金属でもあるのです。

 

・太陽パーツは強度の高いアルミ押出ができる!
アルミニウムの加工を得意とする太陽パーツでは、日本で開発された超々ジュラルミンのアルミ押出製品を作る事も可能です。
一般的なアルミニウム合金よりも高い強度があるので、航空部品や鉄道部品などにも多く利用されているのです。でもその性質を発揮するほど加工は難しくなっていくのです。
硬いアルミニウムの場合はどうしてもビレットがダイスに押されていくので、製品が変形してしまうという不安があるのですが、太陽パーツでは静水圧式押出法で硬いアルミニウム合金を加工します。
この方法で加工する事で摩擦を起こしにくくなるため、安定した製品を製造する事ができるというわけなのです。

・アルミ合金の硬さに最適な加工法で作ります
長年培ってきたアルミ押出の技術を使って、そのアルミ合金に最適なダイカスト法を選んで製品を作るので、不良の少ない均一な製品を作る事が可能です。
一貫した作業を行いますので、コストの削減にも貢献できる自信があります。試作品はもちろん材料となるアルミ合金についてもなんでもご相談いただければ、必要な強度のアルミ合金の選び方からお手伝いいたします。
もしアルミダイカストで硬いアルミ合金で失敗が気になるのなら、お気軽に何でもご相談ください。きっと役立つ情報や加工技術を提供できるはずです。
また、リサイクル性も非常に高いので無駄がないのもおすすめの理由です。しかも太陽パーツは強度の高いアルミ押出に自信があります。

 

美しい仕上がりでアルミニウムの特性を最大限に引き出す事ができますので、強度の強いアルミ合金の押出の事は太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産・高い寸法精度を維持できるダイカスト

現代では金型を利用した部品製造を行う技術が発達しています。その中でダイカストという技術は高い生産性を持っていて、さらに高い寸法精度を保つことが可能です。
ダイカストの金型は日々進化しており、より複雑で肉薄で高い寸法精度の製品を大量に生産する事ができるのです。
多くの部品にダイカストの製品は利用されていますが、製品の寸法精度を保ちながら大量生産を行うのはとても大変な事のように感じます。
ではどうして最近のダイカスト製品は高い寸法精度を保つ事ができるのかをお話ししましょう。

・技術の向上によって不良が少なくなった!
ダイカストなど金型を使って製品を作る時には、溶けた金属を金型に高圧で流し込むために、空気の巻き込みなどが起こるものでしたが、近年ではPFダイカスト法などの開発によって、ガスの巻き込みが起こりにくくなっているのです。
そのため肉薄でより複雑な形状の製品を作る事ができるようになりました。また、金型の内部を真空状態にして製品の製造を行う真空ダイカスト法なども開発され、製品のばらつきが起こりにくくなっているのです。
もちろんダイカストで作ることができる製品の大きさには限りがあるのも事実です。
その場合はよりその製品の製造に適した鋳造方法で部品の製造を行うのです。もちろん太陽パーツでもお客様のニーズに合わせて加工方法を決定し、大量生産かつ高い寸法精度を維持する努力をしています。
当然ですがお客様のニーズに合った製品を作るためには、製品の大きさや生産数そして形状によって変化していくものです。もし生産したい製品の重量が1キロ~8キロくらいの、比較的ロット数の多い製品はダイカストに最適だというわけです。

・太陽パーツでは小ロットの生産にもダイカストが適しています!
一般的なダイカストというとどうしても大量生産する製品じゃないとコストがかかってしまうと考えられているようですが、その最大の理由は金型にあります。
ダイカストの金型というのはベース部分に金型の部分がくっついている事が多いため、金型がどうしても高くなってしまうので製品一つあたりのコストが高くなってしまうのです。
この問題があるために高い寸法精度なのにダイカストを利用するのに躊躇してしまうのでしょう。ところが太陽パーツではその問題を解決しています。
従来の金型にかかる費用を半分にする事ができるため、小ロットの製品でも高い寸法精度の製品を作る事ができるのです。
30個程度からでも金型の費用が安いので試作品を作る時にも最適です。製品精度を下げずに小ロットからダイカストを使いたい方は、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.