太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ

太陽パーツ株式会社のスタッフブログ

太陽パーツ テクニカルニュース vol.5



太陽パーツがお届けする
エンジニアのための技術情報紙『Taiyo Parts Technical NEWS』 vol.5

詳細についてはこちら

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製造業に使われる金型の重要性について

金型を使う加工技術は数多く存在しています。プレス加工、ダイカスト、アルミ押出など色々とあるものですが、これらの技術は全て金型があるから製品を生産する事ができるのです。
もしも金型を使う加工技術が無かったらどのようにして製品を加工するのでしょうか? 例えば切削加工による製品の生産で考えてみましょう。
切削加工で製品の加工をする場合は、どんなに製品が薄いものであっても大きな材料から削り出さなくてはなりません。すると膨大な時間がかかってしまいます。
さらに切削してでた切粉は製品を加工する事ができないので廃棄になります。例えば自動車のフレーム部分を切削加工で加工しようと思ったら時間がいくらあっても足りません。
当然部品ひとつひとつのコストが非常に高くなりますので、軽自動車1台が数百万になってしまうかもしれません。
では金型を使うとどうなるのかというと、現在自動車のボディなどを作る時にはプレス加工の技術が使われています。プレスは上下の金型で必要な肉厚の材料を挟んで作ります。
つまり一つの部品をわずかな時間で生産する事が可能になります。しかも同じ精度の製品を1日にいくつも製造する事が可能なのです。
均一な製品を大量に作る事ができるため、当然コストダウンをする事が可能になるわけです。時間も非常に速いため生産性が高く、短納期で仕上げる事が可能になるのです。
製造業にとって金型というのは「製品のコストダウン」をする事ができ、「納期を短縮」する事ができ、「生産スピード」を早くする事ができ、「高精度」の製品を作る事ができる非常に重要な技術なのです。
また、新しい製品の開発をする時にも金型は非常に重要な役割を持っているのです。

太陽パーツではより精度の高い耐久性に優れた金型を製造する技術があります。金型の事でお悩みならばぜひ太陽パーツへ一度ご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

精度の高いプレス金型とは?

プレス機械で製品を生産する時は上下にある金型の間に金属板を挟み、パンチするという方法で製品を生産しますが、プレス機械で生産された部品の精度はあまり高くないと考える方もいらっしゃるでしょう。
ところがプレスによる製品の精度は金型の精度と比例して高くなっていくものなのです。では精度の高いプレス金型というのはどのようなものなのでしょうか?
精度の高いプレス金型というのは金型自体を製造する時に、より精度を出せる加工をすればいいのかというと、確かにそれもあるかもしれませんが、他にも精度の高い金型を作る工夫が必要です。
例えばプレスは金型の間に金属板を挟み、上下の金型でパンチをして製品を製造しますが、材料の板厚によっては必要な精度を保つのが難しいというケースもあるものなので、板厚の事を考慮する必要もあるでしょう。
もちろんそれだけで精度の高い製品が作れるわけではありません。実はパンチする時の衝撃で金型同士がずれてしまうと、製品精度は落ちてしまうものなのです。
それを解決するために、ガイドポストをつけたりブッシュを使って、プレスによる製品の製造をした時に起こるズレを少しでも軽減できた方がいいですので、位置精度も非常に重要になってくるのです。
当然ですが土台となる金型の面粗度なども非常に重要になります。より精度の高い金型を作るためには、金型自体の精度も高くなくてはならないでしょう。

太陽パーツでは精度の高いプレス金型で、より高い精度の製品を作るためにこれまでの技術を活かして金型づくりをしています。
だからこそ安定した精度の高いプレス製品を安定して生産する事をお約束できるのです。金型の事でお悩みならぜひ太陽パーツへ一度ご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コストが高い金型もエコダイカストの金型で半額に!

ロット数の多い製品や部品を生産する時にダイカストを利用する事によって、コストを抑えながら部品を大量生産する事ができるため、世界中でダイカスト技術が使われています。
自動車の部品やパソコンのパーツ、さらに家電製品や文房具の部品などにもダイカストが広く使われていますが、ダイカストというのも万能ではありません。
大量生産をする時にはコストを安く抑える事ができても、試作のための部品の生産には向いていないからです。その理由はダイカストで部品を製造する時の製造方法にあります。
ダイカストで部品を生産する時には、必ず『金型』というものを使って部品を生産するのですが、この金型は非常にコストのかかる部分なため、ロット数が多ければ多いほど一つの製品代が安くなるのです。
つまり小ロットの部品の生産をするのには向いていないわけです。この問題の根本的な理由は金型に使われている材料にかかる費用にあります。
従来のダイカストの金型というのは、ベースという部分の上にキャビティという金型本体をのせる形で作られており、ベース部分に使われている材料とキャビティ部分に使われている材料が同じくらい使われていました。
そのためどうしても金型の費用が高くなってしまっていたのです。この問題を解決したのが太陽パーツのエコダイカストです。
従来のダイカストとの決定的な違いはベース部分を作る必要がないため、ベースにかかっていた費用を抑える事ができます。つまり従来の金型の半額で金型を作る事ができるというわけなのです。
だから小ロットでもダイカストの技術を使って製品の生産ができるという事なのです。ではベース部分はどうなるのかというと、ベースは太陽パーツにあるものを使います。
しかも金型のコストが半額になるだけではなく、これまでのダイカストと同じように高い寸法精度を保つ事ができるので、安いから精度が落ちるのでは? という心配は全く無用です。

精度を落とさずにコストを半額にしたいのならば、太陽パーツのエコダイカストをご検討されてはいかがでしょうか。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

複雑な形状の製品も作り出せる切削加工の特徴

精密部品の加工をする時には切削加工によって行われています。機械部品の製作をする時にはいろいろな加工機械で加工をします。
どの方法で加工をするのかは加工する製品によって変わってきますが、より複雑な製品を製作するのならば、やはり切削加工の機械を使った方が確実です。
切削加工で部品を加工するためには、ある程度の数が無いとコストがかかってしまいますが、切削加工はより複雑な形状の製品を加工するのに適しています。
当然ですが切削加工の機械にはいくつかの種類がありますが、複雑な製品を製作する場合でより高い寸法精度が必要な場合には、複合機で加工するのが良いでしょう。
なぜならば、一つの機械で切削加工をする方が精度の高い製品を作る事ができるのが第一の理由です。
複合機はより複雑な形状の製品を加工する事ができるだけではなく、一つの機械で加工をする事ができるため寸法精度の高い製品を作り出せるのです。
それだけではなく、一度に一台の機械で加工する事ができるので、コストを削減する事も可能です。
複合機ができるまでは寸法精度の高いものや複雑な形状の製品を作る時は、いくつかの切削機械による加工を行ってきました。例えば旋盤やフライスといったものが代表的な切削機械です。
ところが個々の機械で切削加工を行うと、いくつもの工程や機械を使う事によってコストがかかりました。
この問題は複雑な形状で寸法精度の高い製品を作る方にとって、頭の痛い問題であったのは事実です。
その点複合機で加工すれば、よほど大きな製品じゃなければ小さな部品からある程度の大きさの部品まで加工する事もメリットだと言えるでしょう。

太陽パーツでは複合機による精密加工を行っています。少しでもコストを抑えて複雑で良い製品を作るのならば、太陽パーツにぜひご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

バーリング加工ってどんな加工?【板金加工】

ステンレスの金属板の加工をする時によく使われるバーリング加工は、穴あけ加工に近い加工技術ですが、どちらかというと穴あけ加工というよりも穴を広げる加工といった方がしっくりくるかもしれません。
加工方法としては成形加工の一種で、ステンレス缶の蓋部分を作る時に、穴の上部分が盛り上がったような形状にして、ねじ山を作る時の下加工として使われる加工技術なのです。
一斗缶などの蓋が良い例です。バーリング加工を行う時には、下穴を打ち抜き加工してその穴にネジを作らなくてはならない時などの加工技術でもありますが、配管用の継ぎ目などの加工を行う時にも使われる技術です。
バーリング加工を施す事によって欠陥ができにくい製品を作る事ができるようになっているのです。この技術ができるまでは配管に穴を開けて、溶接または溶着をするのが一般的でした。
ところが溶接や溶着部分が滑らかではないため、継ぎ目部分がつまりの原因となってしまったり、負荷がかかるので液漏れをしてしまったりする事もあったのです。
それを改善する事ができたのも、バーリング加工の技術が開発されたからでしょう。
バーリング加工をする事によって、分岐の部分を滑らかにして継ぎ目を継ぎ目から離す事ができるようになったため、強度の高い製品を作る事ができるようになったのです。
また、一つの配管にいくつもの分岐を作る事ができるので、より複雑な設計の製品にも対応する事ができるのも、バーリング加工の特徴だと言えるのではないでしょうか。
バーリング加工の製品は食品業界でよく利用されているのですが、その最大の理由はバーリング加工の滑らかな形状は、詰まりにくいというのと汚れにくいという点にあります。
さらにRの方が直角で溶接するよりも強度が高いので、修理や修繕のコストを削減できます。そのため調理用の調味料の供給容器などに使われる容器にバーリング加工を施す事が多いのです。
つまり衛生面の事を考えたり強度の事を考えると、バーリング加工で製造した方がいいでしょう。太陽パーツではバーリング加工など板金加工でもお手伝いいたします。

詳しくは太陽パーツのホームページからお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

「押出し」と「引抜」の加工法の違いとは?【アルミ押出】

アルミ押出の技術には押出という製法と引抜という製法があります。この二つの加工方法でできた製品はどこか違いがあるのでしょうか?
今回はアルミ押出の押出しと引抜の加工方法はどんなところが違うのか? などの疑問の答えをご紹介いたします。

アルミ押出の押出し加工技術とは?
まずアルミ押出の押出しの加工技術というのは、ビレットと呼ばれる原料をステムという押出し部品で押して、金型を通して製品を作り上げます。
押出しの技術にも二種類の方法があり、一つは直接押出といってコンテナの中に原料のビレットを入れて、コンテナ内を押出し棒が高い圧力で押し出します。
もう一つは間接押出という方法で、コンテナの中にビレットが入っているのは同じですが、コンテナが押出方向へ動いて製品を製造する方法です。
この方法は摩擦が少なく済むので製品の精度が高くなるのですが、一方で強度の問題があるため複雑な形状の製品を作るのは難しいと言えます。

アルミ押出の引抜加工技術とは?
引抜加工とはどんな技術なのかというと、ダイスから製品を通してキャリッジで製品の先端をしっかりと掴み、それをゆっくりと引き抜いていくという製造方法です。
特に材料を温める事なく製品を製造する事ができる製法です。精度が必要な管材を製造するのに最適な製造方法です。
当然ですが、引抜の場合は管材を使用して製造しますが、この時に使用される管材の多くはミガキ鋼を使用するのが一般的で、その方がよりキレイで高精度の製品を作る事ができるのです。
もしくは押出し加工によって製造した製品を、引抜加工をして精度を高めるというダブルの工程で製品を作る事も珍しい事ではありません。
中にはより高精度の製品が欲しいために、削り出しの方がいいのでは? と考える方も多いかもしれませんが、実は押出から引抜加工をする方が、より時間も費用も削減する事ができます。
しかも表面肌がとても美しく仕上がるので、表面処理にかかる時間や費用も削減する事ができるはずです。

太陽パーツではアルミ押出の押出し技術と引抜技術を使って、お客様の求める製品を製造しています。
詳しい詳細につきましては、太陽パーツホームページからお気軽にお問合せくださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工を用途・目的別に大別すると?

様々な部品を作り出す機械加工。その中で板金加工に注目してみましょう!
板金加工といえばやっぱり自動車というイメージが強いですが、確かに板金加工にはいろいろな加工技術があり、それぞれ用途に応じて技法を変えているものです。
つまり板金加工というのは目的別に加工方法を変える事ができるほど、加工方法があるという事になるわけですね。
そこで用途や目的別に大別してみる事にしました。

まず板金加工を大別すると、大きく分けると3つの用途・目的で分ける事ができます。
まず一つが「自動車板金」、これがいわゆる自動車と板金がつながっている部分で、主に自動車についてしまった傷やへこみといったものを、内側からたたいて修復するという技術です。
丁寧に内側からたたいてあらかたのへこみや傷をたたき出してから、ペンキをはがして錆止めを塗って、パテなどで細かなへこみを埋めて仕上げます。
上から塗装をすればほとんど修復した事はわからなくなってしまいます。まさに職人芸という感じですね。
二つめが「建築板金」というもので、建物の外装を取り付ける時に使う技術です。主に雨どいとか屋根部分、そして外壁の施工の時に使われます。
そして最後に残るのが工作機械を使って部品を製造する「機械板金」と言われている技術です。
機械板金というのは私たちが普段の生活に使っている多くの製品に使われている技術で、金属の板をカットしたり穴を開けたりタップを立てたりといった加工を施します。
中でも精密板金と言われている技術は、様々な加工を施す事ができるのと、寸法精度の高い製品を作り出す事ができるので、世界中で活用されている加工技術なのです。
加工できる金属板は鉄、ステンレス、銅、真鍮、アルミその他にも数多くの素材を加工する事ができます。
また、板金加工ではエッチングといった技術を使う事もできますので、かなり細かな加工を施す事が可能となります。
さらに展開図に従って切断する事もできるので、切断したらそのまま山折り谷折りをして溶接をして製品を作る事も可能です。
溶接がしやすいというメリットがあり、表面処理などもしやすいというメリットがあるので、いろいろな加工方法を組み合わせて完成品を作り出す事も可能なのです。
このように板金加工と言っても大きく分けると3つあり、それぞれが用途別、目的別に活用されているのです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

私達の生活に欠かせない5種類の「金型」~その2~

今回も前回に引き続き、私達の生活に欠かせない5種類の「金型」についてお話いたします。

ダイカスト金型はアルミ合金などの材料を熱して柔らかくして、金型へ高圧で流し込み冷やして固めるという製造方法です。
金型製造の中でも高い精度を出す事ができる製造法として定着しており、電子部品などの製造や自動車部品や精密機械の部品などを製造するのに適しています。
鋳造金型というのは砂で造った金型に溶けた金属を流し込んで冷やして固めるという技術です。大型の製品を作り出す事ができるが特徴です。
ただし精度についてはゆるめで、お寺の鐘などの製造に使われたりしているようです。
鍛造金型というのは金属をたたく事で鍛錬させながら形を作るという方法です。強度が必要な部品を作る時などに利用されています。
例えば歯車などは代表的な製品ですね。それにエンジンの中で使われているピストンなどの摩耗が激しい部品を作る時に利用される技術です。
これら全ての加工に使われているのが「金型」です。金型を使う部品の製造にはコストがつきもので、どの製品を作るにしても金型に一番コストがかかります。
ですが私たちの生活には欠かす事ができない技術なのもまた事実です。だからこそこれからも金型を使った製造方法は発展していく技術だと言えるのです。

金型を利用しての製品の生産に関してお悩みの方は、ぜひ太陽パーツへご相談お問合せくださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

私達の生活に欠かせない5種類の「金型」 ~その1~

私たちの暮らしはとても豊です。便利な製品に囲まれて暮らしているので、昔の人とはくらべものにならないくらい生活がしやすいですよね。
そんな暮らしに便利な機械も全て、小さなたくさんの部品によって作り出されているのです。例えば自動車について考えてみると、自動車にはたくさんの部品が使われていますね。
その中でも最も重要なエンジンですが、ダイカストの技術を使って部品が作られています。エンジンだけではなく他の部品もダイカストで作られているのです。
もちろん他にも数多くの製品に使われている部品にもダイカストや他の技術を駆使して作られています。
例えばプレス機械であったり射出成形であったり、先ほどお話ししたアルミダイカストもそうですし、大きな製品にあると砂型鋳造という技術や、鍛造といった技術も使われています。
さて、これらの加工技術に共通しているのは何かわかりますか? 実はこれらの技術には全て「金型」が使われているのです。
これらの金型についてを2回に分けて簡単に説明いたします。

まず射出成形ですが、射出成形はプラスチックの部品などを大量生産する時に使われている技術で、射出成形の他に圧縮成形や真空成型などの製造法があります。
射出成形の金型は金型の中に溶けたプラスチックを高圧で射出します。金型の中でプラスチックが冷え固まって部品が完成します。
圧縮成形というのは熱硬化性樹脂という素材を使った時の製造法の一つです。フェノール樹脂やメラミン樹脂などの加工に使われています。
真空成型はプラスチックシートを使って成形する方法で、真空状態を作って金型とシートを密着させるという方法です。
次にプレス金型ですが、プレス金型というのは大きな製品のフレームなどを作る時に使われる技術です。
例えば自動車のボディーなどはプレス機械で製造されますが、金属板などの素材を上下に分かれた金型で挟み込み、高圧でプレスして形状を変化させます。
かなり大きな部品の製造ができるのが特徴で、自動車だけではなく様々な大型の乗り物のボディー部分を製造しています。

次回は残りの金型について説明いたします。太陽パーツでは多くの金属加工を行っていますが、特に金型に関しては高い技術を持っています。

 

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.