太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ

太陽パーツ株式会社のスタッフブログ

板金を加工する「レーザー」と「タレパン」の比較

板金加工を行う技術にはいくつかの方法があります。一つはレーザー加工、そしてもう一つはタレパンです。
この二つの機械は同じような製品を生産する事が可能ですが、生産された製品は同じではありません。
今回は、レーザー加工とタレパン加工を比較して、どう違うのか?それぞれのメリットは何かについてをご紹介いたします。
まずレーザー加工ですが、レーザー加工はレーザーを照射して板金を加工する機械です。レーザーは光を一か所に集めてその熱で金属を加工するというイメージをするとわかりやすいかと思います。
レンズを使ってレーザーを照射しますが、CO2レーザーとYAGレーザーそしてファイバーレーザーという3つの種類の機械があります。
CO2レーザーは炭酸ガス、YAGレーザーは固体レーザー光線、ファイバーレーザーは光ファイバーを用いた個体レーザーです。
レーザー加工機で生産された製品は、ダレや返りの無い製品を作る事が可能です。さらに金型を使う事はありませんので段取りをする必要がありません。
また、複雑な加工ができるのも特徴の一つです。レーザーなので工具を使う必要が無く、工具の交換を行う時間も短縮する事が可能です。
ただし加工速度は高速とは言えません。さらにプログラミングを行うというよりも、グラフィックソフトを活用して加工を行うので、ソフトウェアの知識を必要とします。
さらにレーザーの焦点深度は短く、最大で3cmくらいの厚みの金属板の加工までしかできません。また、熱で溶かすという加工なので熱に強い金属の加工には向かないでしょう。
簡単に言えばレーザーの熱で丁寧に焼き切るという加工技術なので、どうしても熱による変色は避けられません。色が変わったらまずい場合には研磨などが必要になります。
高度な技術なので一つあたりのコストは高めになります。

ではタレパンは?というと、タレパンは金型を使って高い圧力をかけて切断する加工技術です。
レーザー加工と同じように薄肉の金属板を打ち抜く事で製品の生産を行いますが、こちらは高速で製品の生産を行う事が可能です。
形状によっては金型を必要としない事もあるので、小ロットでも低コストで製品の生産を行う事ができる点もタレパンの特徴でしょう。
また、レーザー加工では加工ができない素材であっても、タレパンなら加工ができるものもあります。突然の設計変更にも柔軟に対応する事ができます。
ただし、加工できる肉厚は3mm程度、加工は上から刃物が落ちてきて切断するという加工になるので、当然ですが裏側は返りやダレができます。
キレイな断面が必要な場合には、こちらも研磨などの加工が必要になります。コストの面で言えば圧倒的にタレパンの方が低いです。
同じ加工でもメリット・デメリットがありますので、製品に必要な条件に合った加工方法を選択すると良いですね。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

世界中で活躍するダイカストが小ロット・低コストで!【エコダイカスト】

エコダイカストをご存知でしょうか?エコダイカストというのは太陽パーツオリジナルの製造技術です。
今回は、一般的なダイカストとの違い、エコダイカストの製品の特徴やエコダイカストのメリットの一つの「低コスト」と「低ロット」についてお話いたします。

エコダイカストの特徴は
・50個からの小ロットに対応する事ができる
・金型費が従来の半額でできる
・金型精度は変わらない
という3つの特徴を持ったダイカスト製造技術です。
なぜ50個からの小ロットに対応できるのかというと、一般的なダイカストのような金型交換に時間がかからないからです。
従来のダイカストの金型というのはとても大きく、重量が重かったので金型の交換を一人で行うのは危険です。そのため一人ではなく複数人で金型の交換をしています。
ところがエコダイカストの場合は金型交換をする時に時間がかかりません。だから小ロットでの生産でも低コストで製品の生産ができるのです。
金型の費用が従来の半分しかかからないのは、従来の金型に必要だったベースという部分を作らなくても良いからです。
一般的なダイカスト用の金型というのはベース部分とキャビティ部分の両方を作る必要がありました。このベース部分とキャビティ部分は同量の材料を必要とします。
そのため本当に使うキャビティ部分と同じだけ費用がかかっていたのです。もし一般的な金型が100万円だとしたらエコダイカストは50万円で作れる事になります。
ベース部分は要らないのか?というとそうではなく、ベース部分は太陽パーツの共用部品なので、キャビティ部分だけ作れば良いわけです。
これが小ロットにも対応できる秘密なのです。

最後にキャビティ部分しか作らないので金型精度が変わってしまうのでは?だから安いのでは?という疑問にお答えします。
ベースの部分を作らなくても金型の精度は変わりません。従来と全く変わる事がありませんので性能の良い製品を小ロットから生産する事が可能です。
以上の点をまとめますと、金型のベースにかかる費用が必要ないため、金型のコストを抑える事ができるので小ロットにも対応する事ができるという事になります。
金型の精度は従来通りなので安心してアルミダイカストを活用できます。エコダイカストについての詳細については、太陽パーツへお気軽におたずねください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削機械加工の一つ「NC旋盤加工」ってどんな加工?

NC旋盤加工とは数値制御装置のついた旋盤加工機械です。円柱形の製品の加工を行うのに適した加工技術で、プログラミングを行う事でいくつもの工程を一度に行える加工技術なのです。
簡単にNC旋盤加工でできる事を説明すると、加工する材料を高速で回転させて、そこに刃物を当てる事で金属の加工を行います。
つまり円柱形の加工を行うための加工技術なのです。形状で説明すると、円柱形、筒状、ねじ切り、めねじ切り、外形への溝入れ、内径への溝入れなどが可能です。
一番簡単な加工と言えば切断加工などもできますね。古くからある汎用旋盤の場合は加工者の経験や持っている技術によって、製品に差が出る事も多々ありました。
ですがNC旋盤加工ではプログラミングを行って加工をするので、経験や技術はあまり関係がありません。もちろん経験が豊富だとできる工夫も違ってくるとは言えます。
また、汎用旋盤では難しかったテーパー加工やR形状の加工も、プログラムで簡単にできてしまうという特徴を持っています。
寸法精度が高い製品や加工表面がとてもキレイな製品を作る事も可能です。さらに汎用旋盤のようにむき出しの状態で加工をしないので、加工者が安全に製品の生産ができるのも特徴です。
いわゆる丸ものの製品の生産に向いていると言っても、四角形の材料をチャッキングできれば、四角い製品の中心に穴あけ加工を行う事も可能です。
NC旋盤で四角い製品に穴あけを行う事によって、より寸法精度の高い製品を作る事もできるわけです。
寸法精度も非常に高いので精密部品の生産を行うのに適しています。もちろん大量生産を行うのも簡単です!
NC旋盤の機械も旋盤加工のみではなくて、二次加工が行える多軸タイプの機械もありますので、ワンチャックで精度の高い製品の大量生産も可能です。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

軽量化に役立つアルミニウムとマグネシウム

最近はアルミニウム合金を使った建材で造られた建造物がたくさん出てきました。またマグネシウム合金を使った製品もたくさん生産されています。
今回は、なぜアルミニウムとマグネシウムがたくさん利用されるようになったのかを、簡単に説明いたします。

アルミニウムと言えば、皆さんがご存知の1円玉がアルミニウム合金で作られていますよね、硬貨の中でもひときわ小さいけれど、それにしても軽いと思いませんか?
実はアルミニウムはとても軽い物質なのです。そしてマグネシウムはアルミニウムよりもさらに軽い物質なのです。
アルミニウムの比重はおよそ2.7で、マグネシウムの比重はおよそ1.7なのですが、これだけではどのくらい軽いのかわかりにくいですよね。
鉄と比べてみましょう!鉄の比重はおよそ7.85ですから、その重さの違いは歴然としています!同じ大きさの建物や物を作った時、半分以下の重量に軽量化する事ができるわけです。

例えばアルミニウムが使われる以前の自動車は、鉄で作られていましたので相当重かったのですが、アルミニウム合金を使うようになってからは車体が軽くなりました。
その分ガソリンの消費も少なくなったのです。しかも剛性はとても高いという特徴も兼ね備えています。
放熱性にも優れています。熱伝導率が高いので冷暖房装置や熱交換器などに使われています。また、缶製品に使う事で冷やしやすく温めやすいというメリットもあります。
磁気を通しにくいため、電子機器や医療機器、測定機器やアンテナなどにも多用されています。電気を通しやすいという特徴もあります。
これまでは電線というと銅線が多く利用されていましたが、実はアルミニウムの電気伝導率は約60%、マグネシウムは約40%です。
どちらも比重が軽いので同じ太さと長さの銅線よりも、2倍も電気を通す事となります。軽量化できるだけではなくこれだけのメリットがあるわけです。
アルミニウムもマグネシウムのリサイクルがしやすくリサイクルする時のエネルギーも小さく済みます。
これまで鉄や銅といった金属が多く利用されていましたが、アルミニウムとマグネシウムが使われる事が多くなった背景には、二つの非鉄金属を使う事によるメリットが多いからなのです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

薄肉製品も作れるダイカストで軽量化

部品の生産を行う時に、少しでも軽量化したいと思ったり、薄肉でも剛性が良い製品を作りたいと思うものです。
ダイカストはそんな要望に応えるのに最適な加工技術です。今回は薄肉製品を作れるダイカストの特徴や、軽量化についてのお話をいたします。
ダイカストは金属加工技術の中でも優れた加工技術です。その製品はあらゆる分野で活用されています。
技術の進歩に伴って、それまで別の金属で作られていた製品の多くがダイカストで生産されるようになりました。
ダイカストは生産性が高く、短時間で多くの製品を生産するのに向いています。しかも金型の進歩により複雑な形状の製品の加工にも優れています。
そのため二次加工を必要としない部品生産を可能としました。しかも他の鋳造技術よりも寸法精度が高く、精度も安定している加工方法です。
鋳肌がとても美しく処理加工を行うのも簡単です。金型にはインサートと言って他の金具や部品などを組み込む事ができます。
つまり一度の加工で優れた機能を持った製品を生産する事が可能になります。しかも金型は一度作ればたくさんの製品を生産でき、大量生産に向いた加工技術です。
特筆すべき点は薄肉製品の生産にも向いているという点です。ダイカスト製品は剛性が高く丈夫で耐久性にも優れています。
薄肉製品を生産できるからこそ一つの部品の軽量化が可能となるのです。部品一つの軽量化ができる事によって、組み立てた時の総重量も軽量化ができます。
ダイカストで使用される材料はアルミニウム合金やマグネシウム合金ですので、軽くて丈夫な部品を効率的に生産できるわけですね。
ただ、一般的なダイカストの金型は高いため、小ロットの生産には不向きだと考えられていましたので、そこの部分だけがネックかもしれません。
太陽パーツでは小ロットのダイカストにも対応しています。小ロットだけどダイカストで部品の生産をお望みでしたら、太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの経済面でお困りの方に!エコダイカストの特徴

ダイカストは金型を使って精度の良い部品を大量生産する事が可能な技術です。現在多くの部品の生産にダイカストを利用する機会が多くなりました。
高い生産性であるため、部品一つの価格がリーズナブルなのが特徴で、個数が多ければ多いほどお得な加工技術でもあるのですが、小ロットになるとそうはいきません。
その理由が「金型」の費用が高いという事です。ダイカストの金型はベースの部分にキャビティという金型本体がくっついているのが一般的です。
実はベースとなっている部分とキャビティの部分は同じ量の金属が使われています。使われる金属の量は必要な部分の倍になるので費用もかかるわけです。
これだけが金型にかかるコストを高くしているというわけではありません。さらに違う部品を生産するためには金型を入れ替える必要があります。
この時一般的な金型の場合、交換するのに複数の人で交換を行います。重量が重いので危険を回避するためでもありますので、当然時間や人件費がかかってしまうのです。
金型と金型の交換にかかる人件費と時間が小ロットにダイカストが向かないという理由でした。
太陽パーツのエコダイカストはこの問題を解決しています。エコダイカストの金型は従来の金型の半分の材料を使って作られています。
そのため軽くて段取りをする時にも短時間で済みます。結果的にコストを削減する事ができて経済的にダイカストを利用できるわけです。
金型にかかる費用は従来の金型のおよそ半額で済みますので、経済面でお困りの方にもおすすめできます。
金型の費用が従来の半額というと「製品の精度が気になる」と不安を感じるかもしれませんが、エコダイカストの精度は従来と何ら変わりはありません。
精度は高くコストを削減できる特許を取得している技術なのです。ロット数も50個から大量生産にも対応しています!
もし経済面で不安を感じている方で、ダイカストで製品の生産をしたいと思っている方は、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツ テクニカルニュース vol.17



 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

「超精密」まで対応!高い精度で作り出す切削加工品

特別な製品を制作するときには「超精密切削」の技術を使って製作されます。精密切削の上をいく超精密切削とは何か?についてを今回はご紹介いたします。

超精密切削を行う時には、高い精度の加工機械を使って製品の製作を行います。超精密切削加工機械というのは一般的な加工機械とは違います。
寸法精度の非常に厳しい製品の製作を行う時に機械を使用します。例えば部品の製造の依頼が来た場合、渡された図面には交差というものが設けられています。
この交差が大きければ、言い方が悪いですが簡単な加工、交差が小さければ小さいほど加工に気を遣うのが一般的です。
でも超精密切削となるとミクロンではありません。サブミクロンの精度を要求されたり、面相度などもかなり厳しく指定されている製品の製造を行います。
さらに交差が厳しいけれど切削加工でしか加工ができない難削材などもありますよね。実際に加工したもので例をあげると、無電解ニッケルなどがそうです。
無電解ニッケルは非常にねばっこい性質があって、チャッキングする力が大きければすぐに歪みます。さらに回転させて切削しようとすると、くるくる回ってしまったりしました。
超精密切削では通常の切削機械では加工がしにくいものを専用に加工するために使われています。
当然ながら切削に使うツールも超精密用の刃物を使います。ただし難削材をサクサクと削れるというツールは現在も試行錯誤の状態です。
今後も難削材で寸法精度を必要とする製品の必要性が出てくる事もあるでしょう。その時のために専用の切削油や潤滑油の開発、摩耗耐久の高い工具の開発も行われています。
ちなみに超精密切削で加工が必要なのは、サブミクロンオーダ以下の精度を要求するもの、そしてナノメートルオーダの面相度を要求するものが含まれます。

太陽パーツでは精密加工を必要とする加工も得意としておりますので、ちょっとした疑問やお問合せはもちろん、お見積りなどについてもお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロットでも低価格でダイカスト製品を作りたい時に!【エコダイカスト】

製品の生産を行うにあたって、まずは試作品を製作するというのは鉄則です。よく自動車の試作の場合はNC旋盤やマシニングセンターなどを使って製造していました。
そうしてできた製品を販売する時には「特別仕様車」などと言って、部品ひとつひとつを丁寧に切削で作りました!なんていう話も結構あったものです。
ですが、現在では試作をするにしても同じ製法で作られた部品を使います。その方がコストを下げる事ができますし、大量生産の部品の品質も向上しているためでしょう。
ところが、小ロットの部品の生産に適した加工技術はなかなかありません。例えばいつもダイカストで作っている部品を、試作品で大量生産するわけにはいかないのです。
そんな時に便利なのが太陽パーツの「エコダイカスト」です。エコダイカストはいつも使っている精度の高い金型を使って、50個単位から作ることができるアルミダイカストです。
どうしてアルミダイカストで小ロットの部品製造をするとコストが高くなるのかというと、それは金型に多くのコストがかかってしまうからなのです。
なぜならばアルミダイカストの金型は、土台となるベース部分の上に金型を作るからですね。土台の部分に金型と同じだけの材料費がかかるので、小ロットの生産には向かないのです。

太陽パーツのエコダイカストは何が違うのかというと、土台部分となるベースの材料が必要ありません。必要なのは金型のコストだけ!
だから大量生産と同じ金額で小ロットの部品製作ができるようになるわけです。
もしダイカストで生産したいけど小ロットだからと悩んでいるのであれば、ぜひ太陽パーツへご連絡ください。
高品質、低コストな部品の生産を可能とします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミニウムは基本どのような加工が出来るのか?

アルミニウムは様々な製品に利用されている金属です。ちょっと周囲を見てもアルミを使っていない製品は無い!というくらい数多くの製品に使われています。
まずはアルミニウムがどうしてこれほどまでに私たちの生活に利用されているのか?その点からお話ししていきましょう。

最も特徴的なアルミニウムの特性といえば、リサイクルすることができるという点でしょう。何度でも再利用できるので利用価値が高いというのもあります。
もちろんそれなのに見た目がとても美しいというのもアルミニウムの特徴です。耐食性に優れているのも素材としては最高です。
最近建材として利用されているのを見かけるようになりましたが、強くて軽いというのもアルミニウムの特性です。通電性が良く熱伝導にも優れています。
それなのに磁気を通さないという点も利用が増える理由でしょう。低温にも強く真空特性が良く接合性の良さ、毒性が無いという点でも優れていますね。

そしてアルミニウムを加工するためには、切削機械やフライス機械などでも加工されています。柔らかいので自由な形状に加工することができる特性があります。
中でも熱伝導が高く低温に強いという特性を活かして『アルミダイカスト』や『アルミ押出』などの加工が非常にしやすいです。
複雑な形状の金型を使えば二次加工を必要としない、ほぼ完成品に近い形に加工することが可能なのです。そのため多くの製品にアルミで加工された製品が使われているのです。

太陽パーツではアルミニウムの特性を活かした、アルミダイカストやアルミ押出、切削機械を使った加工を行っております。
製品の生産や金型の製造でお悩みなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

3 / 10112345...102030...最後 »

HOME > ブログトップ


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.