太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ

太陽パーツ株式会社のスタッフブログ

旋盤とフライス盤の違いについて

機械加工、金属加工を行う時に使用する工作機械の代表的なものは、旋盤とフライス盤だと考えていいでしょう。
今回は、旋盤加工とフライス盤加工についての違いをご紹介していきたいと思います。

【旋盤とはどんな機械なのか?】
大きな特徴は、回転する爪というものに素材を取り付けることです。
その取り付けた金属を回転させてチップやバイトなどで削っていきます。
フライス盤との大きな違いは、この製品が回って加工をするという部分です。

製品が回転する事で加工を行うので、外径や内径の寸法が出しやすいという利点があります。
通常は同芯で外径と内径を加工する事ができるので、ぶれる事がない製品を作り出す事が可能です。

【フライス盤とはどんな機械なのか?】
フライス盤は金属が回るのではなく、刃物が回転して削っていくという機械です。
テーブルの上に金属を固定して、ドリルやリーマー、タップ、などが回転しながら加工をしていくという方法で製品を作ります。
旋盤とは違って角材を使った製品を削る事ができるので、旋盤ではできないような機械部品を作る事ができます。


旋盤とフライス盤は同じ金属加工でも全く違う動きで部品を製造していきます。
ただし量産効果は期待できない場合が多いため、試作品の製造や部品の変更などを行う時の部品の製造などに利用される事が多いようです。
速やかに対応する事ができるので、「痒い所に手が届く」機械だと言えるのではないでしょうか。

二つの機械を使って一つの部品を完成させることができるので、難しい対応にもこたえる事ができるのが、切削加工の良いところであると言えます。

太陽パーツでは、フライス盤加工を含めた切削加工を行っております。
製品づくりのことでお悩みのことなどございましたら、一度太陽パーツまでご相談ください。
長年の豊富なノウハウと様々な加工技術で、お客様のモノづくりをサポートいたします。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

自動車産業に深い関わりがあるダイカスト

ダイカストは溶けたアルミ合金や亜鉛合金を金型に入れて、冷やして固めるという製造方法です。
この製造方法が開発されて以来、たくさんの部品を製造してきました。
そのたびに、より精密な部品を製造する事ができるようになってきました。

例えば、近年では自動車のエンジンの部品や、バイクなどのエンジンの部品などの製造に利用されています。
その理由として、複雑な形状の部品を作る事ができるだけではなく、強度がすぐれた部品を作る事ができるという点があります。

細かな部品を組み合わせて作るのではないので、圧力がかかる部品や油などを使う部品などの製造に使うと、強度の面でも優れた部品の製造ができます。
さらに、自動車用のフレームに利用する事によって、強度の高い製品を作る事ができ、アルミ合金や亜鉛合金という軽い素材で作れる事もメリットになります。
また、軽量化にする事によって、燃費の向上ができるようになります。

そして近年利用者が増えてきたハイブリッドの技術にも貢献してくれています。
軽量化をする事によって燃費の向上や消費電力を抑える働きがあるため、自動車部品の製造にダイカストは欠かせないのです。

自動車産業にとって、車体の軽量化や十分な強度を保つ事はとても重要な事です。
今後も自動車産業は進化を続けていく分野なので、ダイカストの技術もこれからも進歩していく事でしょう。
もちろんダイカストは自動車部品の製造だけではなく、日用品や住居などにも活用されていくはずです。

太陽パーツでは、ダイカスト技術を始め、あらゆる製造方法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
詳しくは、一度お気軽にお問い合わせください。



=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押し出し加工で使われる金型の寿命

通常、金型というのは非常に硬い金属でできており、アルミよりもずっと高い温度で溶ける金属でできています。
いくらアルミよりも高い温度で溶けると言っても、やはり熱いアルミを流すわけですから傷まないわけがありません。
溶けた金属を流し込むだけではなく、溶けたアルミを流し込んで圧力をかけて押し出して成型します。
そのため金型の傷みにも気を遣わなくてはいけません。

溶けたアルミを流し込んで成型する際、圧力をかけて押されるために金型は『ヒートクラック』と言われるひび割れなどが起こります。
アルミの融点よりも高い温度で溶けだす金属でも、やはり熱い金属が流れて圧力がかかるため、どうしても『溶損』という金型が変形する破損が起こってくるのです。

そのままの状態で金型を使う事は、より早く金型の寿命を縮める事になります。
アルミ押し出しを行う時には、その都度メンテナンスを行いながら製造をする事になるのです。
特に複雑な金型だと、より複雑な形状の部分に圧力がかかりやすくなるので、金型が変形しやすくなってしまいます。
金型に付属している部品も、複雑で小さいほど摩耗や損傷が激しくなるので、毎回メンテナンスを欠かせないのです。

この事から、金型と製品を依頼する時には、より金型に優しい製造方法をする必要があり、メンテナンスもしっかりとしていなければいけません。
どのくらいの頻度で金型のメンテナンスをしなくてはならないのかについては、金型の製造方法によっても変わってきます。

太陽パーツでは、金型の寿命に対してもしっかりと対応していますので、金型やアルミ押し出しの製造でお困りの場合は、お気軽にご相談ください。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産に適しているダイカストなら太陽パーツで!

ダイカストで作られる製品は、私たちの生活の中で数多く活躍しています。
最近では皆さんが大好きな100円ショップなどでも、ダイカストで作られた製品が大量に出回っています。
これらの製品はどうしてあんなに安く売られているのかというと、それは一つの型で大量生産をしているからです。
量産効果によって低価格で販売できるようになっているのです。

ダイカストは、製品の精度が高く、不良品が出にくいというメリットがあります。
万が一不良が出たとしても、他の金属加工のように材料を無駄にする事はありません。
そのため低コストで不良の無い製品作りが可能になるわけです。

しかし、ダイカストというのは金型に大変コストがかかる製造方法です。
ダイカストで製品を作る時には、ロット数が多い方が適していると言えます。
一般的なダイカストの金型は、台とセットになっているため金型の金額はかなりの金額になってしまいます。

太陽パーツでは、そんなダイカストのデメリットをメリットに変える、弊社の特許製法【エコダイカスト】をお届けしております。
エコダイカストでは、金型費用が従来の半額になり、イニシャルコスト削減が可能です。
さらに、金型交換が容易なため、小ロット生産にも対応しております。

ダイカストでのコスト削減をお考えの際には、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

さまざまな金属製品で必要となる穴あけ加工

最近ではプレス加工による加工によって、そのまま精密部品として使われる事も多くなってきました。
今回はプレス加工の穴あけ加工についての常識を変える、新しいプレス加工についてのお話をしていきたいと思います。

基本的にプレス加工というのは金型があって、その金型通りに加工をする事ができる機械加工です。
そのため、製品加工をするためには金型が必要になります。
ダイと言われる部分とパンチと言われる部分の二つの金型で加工します。
つまりこの金型に挟む事によって、思いのままの部品を加工する事ができるというわけです。

穴あけ加工をプレス加工で行う事によって、非常にスピーディーに穴あけ加工を行う事ができます。
しかも昔とは違って最近の場合はバリが出ないのが特徴です。
また、金型の調整によって穴の数を増やすなど、安定した製品を作りやすいという特徴も持っています。
短時間で多くの部品を作る事ができるので、大量生産の製品の部品製造におすすめの加工方法です。

金属加工は、得意な分野というのが必ずあるものです。
それぞれの得意分野で作業をする事によって、作業効率や精度がぐんと上がるものです。
これまで難しいと思っていた分野でも目覚ましい進歩があるので、もう一度、加工方法についてよく検討されてみてもいいかもしれません。
スピードアップする事ができて、作業効率が高く素晴らしい製品を加工する事ができれば、問題を解決する事ができるかもしれません。

太陽パーツでは、お客様の作りたい製品づくりをサポートしております。
もし製造に関することでお悩み事などございましたら、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。




=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金でできるひずみ取りの加工方法について

板金加工の材料の凹凸の事を『ひずみ』と言い、板金加工ではこのひずみがあると、製品に問題が起こったりする事もあります。
そのため、できるだけひずみを取り除いて加工をする必要があるのです。
今回は金属加工における凹凸の問題を取り除く対処についてお話しいたします。

・常盤ならし(手で金属をたたく方法)
厚みのある常盤という机のような工具の上に凹凸のある金属を置いて叩きます。
原理としては膨らんだ部分を上にして常盤の上に置き、ふくらみをハンマーなどでたたいて伸ばします。

・当て盤ならし(凹凸に合った工具を使ってならす方法)
当て盤ならしというのは、ひずみができている金属が平らなものではない場合に利用されます。
当て盤という金属を使って裏側に固定して、その表側をハンマーなどを使ってならしていくという方法です。

・しわ寄せ
薄い金属板の切断面にできた「のび」がある場合などに利用される方法です。
しわ寄せ棒を使ってひずんだ部分をはさみ、三角しわを作っていきます。
その寄せたしわをハンマーを使って平らになるようにならしていくのです。
そうすると最初にあったひずみがなくなっていくというわけです。

・熱を使ってひずみを取る「きゅうすえ」
この方法はひずみがある場所に灸をすえ、急激な加熱による膨張と急激に冷やす事による収縮を利用します。
加熱する部分は大きすぎず、過熱から冷却までの間は短い方が効果を得られやすいと言われています。

・機械によるならし方
先にご紹介した方法だと熟練の技術が必要になるので、多くの場合は機械による金属ならしを行う方が多いと言われています。
その代表的なならし方が圧縮矯正と言われる方法です。
長く大き目の金属板のひずみ取りは、ロールを使った機械でならす事が多いようです。

これからの製品製造を、品質を落とさずにコストを下げたいと考えているのであれば、ぜひ太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
太陽パーツがお客様にとってメリットのある製造法等をご提案させていただきます。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

身の回りにあふれている金属製品と金属加工の種類

私たちの身の回りには数えきれないほどの種類の金属製品があります。
そしてその金属製品の多くが金属加工によって作られています。

今回は、普段何気なく使っている身の回りにある金属製品と、その製品を作るための金属加工や金属素材などについてご紹介いたします。

【食器(スプーン、フォーク、ナイフ)】
まず私たちの身の回りにある代表的な金属製品と言えば、食器類です。
他にも台所にある製品の多くは金属でできているものです。
お鍋やフライパンなども金属で作られていますが、これらの製品を製造する時の製造方法はプレスが多いようです。
プレスで大量に生産する事によって、安く手に入れる事ができるというわけです。

【アルミ缶(ジュースやお菓子など)】
アルミ缶はジュースなどに利用されている金属製品です。アルミニウムを板金加工やプレス加工をする事によって、軽くて丈夫な製品を作り出す事ができます。
また、お菓子などを入れてある缶はステンレス製や鉄製が多いです。
簡単に大量生産する事ができるだけではなく、見た目もキレイで缶も他の事に使う事ができるので、昔から缶製品は人気が高いのです。

【家電製品】
テレビや冷蔵庫など家電製品の多くに金属製品が使われています。
それぞれを組み合わせるためのネジなども金属でできている事が多いです。
これらの製品の多くもプレス加工や板金加工などによって作られています。
もちろんそれだけではなく、大量生産のためにダイカスト製品も数多く使われています。

【自動車やバイク、自転車】
自動車や自転車やバイクには、さまざまな金属製品が使われています。
それぞれの部品の製造方法は「ダイカスト」や「板金加工」など、部品の用途や形状によってさまざまな製造方法で作られているのです。
特に自動車の部品の多くは、軽量化や強化のためにダイカストやプレスそして板金加工によって製造されている事が多いようです。

このように、金属製品を作るためにはたくさんの金属加工の種類や機械があるものなのです。
これらの条件が整って初めて快適な製品を作る事ができるのです。

太陽パーツでは、様々な加工法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
現在、製品製造でお悩みのことがございましたら、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
太陽パーツでは、お客様にメリットのあるご提案をお届けしております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製品づくりのことなら太陽パーツにおまかせ

太陽パーツではエコダイカストという技術によって、これまでとは全く違った方法で部品の製造をしています。
例えばダイカストと多くの方が「ロット数が多い方が安くなる」と思っているでしょう。

これまでのダイカストでの生産方法は、確かに小ロットには向いていないと言われています。
実際に金型は高く、元を取ろうと思ったら大量生産の方が良いわけです。
その代わり安定した部品を大量に生産する事ができるので、大量生産が確率できている製品の部品には最適な加工方法だと言えます。

つまりこれまでのダイカストの方法では大量生産にしか対応できず、小ロットの場合は他の加工方法を選択するしかなかったわけです。
ですがここで考えていただきたいのは、試作品や小ロットの製品を将来的にはダイカストで生産したいと考えている場合です。

太陽パーツのエコダイカストとは、一般的なダイカストの金型とは違ってベース部分をお客様が作る必要はありません。
これまで金型が高かったのは、土台となるベースの部分まで作らなくてはならなかったからです。
このベースの部分を太陽パーツが持っている事によってキャビティ(金型)の部分だけを作れば良いのです。
このベースを作らなくて済むようにすると、従来の金型の半分の金額で作る事ができるのです。

コスト問題を解決したいと考えているのならば、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。
また、現在他の製造方法を利用している製品・部品のダイカスト化も視野に入れてみませんか?
ダイカスト化により製造コスト削減につながった実績も多数ございます。

現在よりもコストを抑えたい方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの問題点を改善するための方法

ダイカストは生産性が高く寸法精度も非常に高い製造方法です。
世界中で盛んな金属加工の方法ですが、メリットが大きいといってもやはり問題点が無いわけではありません。

生産をする側としては、ダイカストにおける問題点をできるだけ改善するために、どのような改善策を取ればいいのかを常に考えつつ生産しなくてはいけません。


ダイカストの最大の問題点は何かというと、他の金属加工に比べて製造方法が特殊なことです。
他の金属加工では見られない『気泡』がこれにあたります。
気泡がどうして問題点なのかというと、金属に気泡ができる事によって強度、そしてじん性が弱くなってしまうからです。
金属部品で強度やじん性に問題があるのは危険です。

そこで考えられた方法が『真空ダイカスト』と言われるダイカスト法です。
この製造方法は金型の内部の空気を抜き、真空の状態にして溶湯を噴出し、製品を作るという方法です。
近年ではこの真空ダイカスト法で対処するところが増えているようです。

次に空気を巻き込まない工夫として『ホットチャンバー法』という方法があります。この方法は、気泡をできるだけ作らないようにするという工夫がされています。

もう一つ提案されているのが、下から溶湯を金型に入れて高圧をかけて空気を巻き込まないように製造するという方法です。
この方法は金型全体の材料に圧力をかけるので、より空気の巻き込みを軽減する事ができ気泡を作りにくくします。

ダイカストの問題点を改善するためには、こうしたいくつかの方法を選んで行う事が望ましいでしょう。
太陽パーツでは、様々な加工法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
現在、製品製造でお悩みのことがございましたら、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
太陽パーツでは、お客様にメリットのあるご提案をお届けしております。



=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の一つ、フライス加工とは

フライス加工は切削加工の一種です。
一般的には手動のフライス盤とNC機能のついたマシニングの二種類があります。
フライス加工はフライス盤と言われる手動で軸を動かして加工をするという加工方法です。
いわゆる角ものと言われている部品ならほぼフライスだけで間に合います。

フライスでできる加工にはまず、ドリルを使って穴をあける、穴あけ加工があります。
小さな穴をドリルで空けて徐々にドリルを大きくするという加工もできます。
また、ベッドと言われる台の上に治具を置き、その上に製品の材料を固定して上部を削るという平面加工もできます。。
平面加工は寸法を出すのに行われます。

次に平面上に段を付ける時に行う段加工です。
段を付けるためにはエンドミルを使ったり、段加工をするのにふさわしい工具を使って加工を行います。
基本的に何段でも段加工をする事は可能です。
フライス加工ではエンドミルの使用度はかなり高いので、必要不可欠な工具である事は間違いありません。

また、ねじ切りをする事はできないので、タップを立てる事でねじ切りと同じ加工をする事が可能です。
これをタップ加工といいます。
タップ加工は正回転をしながら切り、戻る時は逆回転をするという加工をします。
一般的なフライスならば誰でもできる加工ですが、慣れは必要な工程かもしれません。

太陽パーツでは、フライス盤加工を含めた切削加工を行っております。
製品づくりのことでお悩みのことなどございましたら、一度太陽パーツまでご相談ください。
長年の豊富なノウハウと様々な加工技術で、お客様のモノづくりをサポートいたします。






=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.