太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ

太陽パーツ株式会社のスタッフブログ

ダイカスト鋳造で製品をつくるメリット

金属を加工して製品を作る時、形状や用途などにより様々な加工方法が考えられます。

その中でもダイカスト鋳造は人気の高い製造方法です。

ダイカスト鋳造が選ばれる理由は、たくさんありますが、例えば大量生産を短時間で行うことができることなどが挙げられます。

ダイカスト鋳造の製造方法は、製造したい部品形状の通りに型を作り、その中に溶けた素材を流し込み、冷やして成形するため、短時間で製品を作り出すことができるのです。


さらに、ダイカストを利用して製品を作るメリットは他にもあります。
いくつかダイカスト鋳造のメリットをピックアップしてみましょう。


【ダイカスト鋳造で製品を作る事のメリット】

・短時間でたくさんの部品を製造できる
ダイカスト鋳造では、比較的短時間で製品を作ることができます。
その理由は、製品にもよりますが、一度にいくつも製造が作れる場合もあり、生産性が高くなるためです。

・高精度の製品が作れる
昔はあまり精度が良くないという印象がお持ちだったかもしれませんが、技術の進歩に伴い、現在では高い精度の製品を作り出すこともでき、精密な部品にも広く利用されています。

・肉厚の薄い製品も作れる
ダイカスト鋳造では、肉厚の薄い製品も作ることができます。
一般的に製造する時よりも簡単に肉厚の薄い製品が作れるため、メリットが高いと言えるでしょう。

・コストダウンができる
生産性の高い製品なのに単価が安く済むのでコストを削減したいと思った場合には最適です。最大のメリットだと言えるのではないでしょうか。


このようにダイカスト鋳造で製品づくりを考えると、経済性が高い製造方法でもあるわけです。
もちろんこの他にもメリットはたくさんあります。
しかもまだまだ発展していく分野のため、今後のさらなる技術の進歩にも注目していくべき製造方法であると言えるでしょう。


太陽パーツでは、皆さまのモノづくりをサポートするダイカスト鋳造法をご提案いたします。
それが弊社の特許製法である、【エコダイカスト】です。エコダイカストでは、ダイカスト鋳造には必ず必要な金型の製作費用が従来の半額になります。
そのため、トータルコストを大幅に削減することができます!しかも精度は従来のままです!

エコダイカストで製造コストの削減を図りたいという方は、ぜひ太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の主な分類について

プレス加工は多くの分野で利用されている金属の加工方法の一つです。
プレスという言葉を聞いて想像できるように、強い圧力を使って金属を形作っていく加工方法であり、特に大量生産をする時に非常に有利な加工法です。

プレス加工に必要なものは、他の加工方法同様に『金型』が必要です。
そのため、プレス機械の上下に取り付ける金型を用意します。
金型と金型の間に金属の板を挟み込んで、プレスをして成形していきます。


そんなプレス加工は、目的形状に合わせて数種類の加工方法があります。
今回は、絞り加工、抜き加工、曲げ加工について、簡単にご紹介いたします。

・絞り加工
薄い肉厚の器状の製品を作る時に利用されている加工方法です。
これは薄いのに頑丈な製品を作ることができる加工方法だとも言えます。

・抜き加工
上下の型のふちの部分が刃物になっており、間に挟んだ金属の板を型通りに打ち抜くという加工方法です。
パンチ加工とも言われます。穴あけ加工をしたりスリット加工をするのもこの抜き加工に分類されています。

・曲げ加工
型がなくても曲げ加工をすることは可能です。
角度はNC制御をする機械で目的の角度に合わせた加工ができます。角曲げの他に丸曲げを行なう事も可能です。


プレス加工では主にこの3つの加工法に分類できますが、どの加工方法を選ぶのかは必要な部品の形状により決めます。
中には意外にもプレス加工で加工をした方がコストダウンができたり、精密さを求められる部品にも用いられることもあります。


太陽パーツでは、プレス加工により製品づくりもサポートしております。
プレス加工をお考えの際には、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

旋盤加工の4つの加工法について

円筒形の成形に用いられる加工法に、旋盤加工があります。
旋盤加工は、成形したい材料を回転させながら、切削を行います。その切削の方法には、大きく分けて4種類あります。

そのひとつが、【外形削り】です。
これは、円筒材料の外形を小さくするために、切削用の工具を押し当てて削ります。
円筒材料の表面を広範囲で切削できる加工法でもあります。

次に、【ねじ切り】という方法があります。
これは円筒材料と切削工具を移動させることで、ねじ切りの切削加工を施します。

そして、【形削り】による成形です。
目的形状に合わせた切削工具を押しつけて、円筒材料を成形する方法です。
切削工具は、目的形状に合わせた形状のものを使用することで成形できます。

最後に、【突切り】です。
この方法では、切削工具を固定することで、円筒材料の一部分のみを切削します。
つまり溝を掘るというイメージの旋盤加工になります。


これらの旋盤加工を施す際には、ひとつひとつの加工を行っていれては時間がかかります。
そのため、実際に加工する際には、複数の旋盤加工を組み合わせて一度に目的形状へと切削することも多くあります。


太陽パーツでは、旋盤加工を含めた切削加工にも対応し、試作から量産まで、お客様のご要望にお応えいたします。
また、加工に置いては、単純形状から超精密加工まで、対応しております。

製品作りをご検討の際には、太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出しの試作・量産・加工なら太陽パーツへ

太陽パーツでは、アルミ押出しによる製品製造も行っております。

アルミ押出しは、複雑な断面形状を簡単に成形することができる製造方法です。
押出し用のビレットと呼ばれる材料を、高温に加熱して、押出用の金型を通すことで、目的の形状に成形することができます。
そのため、アルミ押出しの製造方法は、想像しやすいもので言えば、トコロテンを作る時に似ています。


太陽パーツは、ただアルミ押出しによる成形だけではありません。
アルミ押出しで量産したい製品の試作品作り、量産、二次加工や表面処理にも対応しております。
数本からの小ロット生産用の金型製作も行っており、お客様のコストダウンもサポートいたします。

また、アルミ押出し製品を使った組立から梱包までも対応しております。
太陽パーツならアルミ押出し製品の製造から製品の組立・梱包まで、トータルサポートでお客様のご要望にお応えいたします。


アルミ押出し成形以外にも、切削加工や板金加工など、弊社では様々な機械加工に対応しております。
製品によっては、他の製造方法を選択することで、コストを抑えられる可能性もあります。製品製造のことは、一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

同じ製品精度を保つことができるダイカストの技術

日本の加工技術は、世界に誇る事ができるほど精度が高いと言われています。
例えば、撮影に使われているカメラなどの部品など、精密な機械の部品などがあります。

様々な精度が求められる、精密な機械の製造にも利用されている技術が「ダイカスト」です。
先ほど例を挙げた、カメラの部品の中でも小さい部品なども、ダイカストであれば金型を作って材料を流し込んで大量に作る事ができるのです。
ダイカストは加工技術の発展に伴い、小さく肉薄な部品でも大量に作ることができるようになってきています。

特に精密な機械の製造時には、部品ひとつひとつの精度にバラ付きがあっては、せっかくの部品も無駄になってしまいます。
つまり部品ひとつひとつの精度というのはとても重要であるということになります。ですが、部品を製造するために一つずつ作っていては時間もコストも高くなってしまいます。


だからこそ、同じ精度で大量生産が得意なダイカストの技術が重宝されます。
ただし、ダイカスト鋳造において、製品を製造する場合には必ず金型が必要になります。
通常、金型を製造する場合には、ベース部とキャビティ部とよばれる2種類を作ることになりますが、実はこの製作費用が決して安くはないため、他の製法を選ばれていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、太陽パーツでは金型の製作費用を従来の半額に抑えることができる【エコダイカスト】という製法をご提案しております。
エコダイカストは弊社の特許製法であり、金型費用を半額に抑えながらも製品精度は従来と同等のものを製造することが可能です。

少ない部品数の場合、金型を作ると余計にコストがかかってしまう場合もありますが、エコダイカストなら小ロット生産にも力を発揮します。


製品の製法をご検討されている方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。
太陽パーツでは、より良い製品を、よりメリットのある方法を、皆様にご提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板バネ加工でも大活躍のプレス加工

機械加工によって作られた製品は、実は他の機械加工を刺せていることも多くあります。

例えば、そのひとつがプレス加工で製造される「板バネ」です。
実は板バネというのは他の機械加工のためのスプリングなどとして使われています。

さらにプレス加工は、一枚の金属板を曲げたり切ったりして加工を行ないますが、現在ではプログラム制御がしっかりしているため、小さな板バネなども作り出すこと可能です。

特にバネの加工は、しっかりとした制御がされていないと安定した部品を作り出すことが難しいのもプレス加工の特徴です。
プレス加工によって作られた板バネは、機械加工を行う加工機だけでなく。携帯電話やパソコンの部品として使われていたり、コネクターなどの部品として使われることも多い部品です。

そのため、製造は一つや二つではなく、量産される場合がほとんどです。
だからこそNC加工であれば、同じ寸法精度で大量生産が可能になります。

板バネを製造する技術は、最近ではキッチンツールなどにも利用され、あらゆるところに応用がきく技術でもあります。


太陽パーツでは、板バネを含めあらゆる部品製造もサポートしております。
アイディアがあってもなかなか実現ができないとお悩みの方は、一度太陽パーツまでご相談ください。
太陽パーツでは、お客様のアイディアをカタチにするご提案もしております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コスト削減を考えるならダイカスト化【金型製作費用が従来の半額の製法】

太陽パーツでは、ダイカスト鋳造に力を入れております。
そこで太陽パーツがお届けするのが、【エコダイカスト】という弊社の特許製法です。

エコダイカストでは、金型製作費用が従来の半額になります。
そのため、製品製造にかかるコストを大幅に削減することができます。
なぜ金型製作費用が従来の半額になるのか、それは金型のうちベース部となる部分は弊社が所有のものをお使いいただきます。
つまりお客様にご負担していただくのはキャビティ部のみです。

そのため、金型製作費用が半額になります。
コスト削減が可能なうえに、製品精度は従来と同じです。そのうえ、小ロット生産にも大きなコストメリットがあります。


また、現在切削加工など、他の製法で作られている製品のダイカスト化も考えてみませんか?
太陽パーツでは、ダイカスト化によるコスト削減のご提案もしております。
今までにもコスト削減に成功した製品は実績も多数あり、よりお客様にメリットのある製造方法をご提案いたします!


 
上記では、押出製品と切削製品のダイカスト化によるコスト削減の実績です。
今製造している製品をよりコスト削減できる方法に切り替えてみませんか?
まずは、一度太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工を使ったネジ加工について

切削加工で製造できるものは、たくさんあります。
その中の一つにネジ加工というものもあります。ただし、ネジ加工といっても物を固定するためだけに使うネジだけではありません。

例えば、容器のフタの中には、少しひねるだけでフタが簡単に取れるものなどもありますよね。
実はネジ切りの加工の中には、容器のフタなどの製造にも力を発揮しています。普通のネジきりとは違い、この加工ができるのも切削加工ならではです。

ネジ切りに関しては、規格にはない加工を行わなくてはならない事もあるでしょう。
最近では、商品の品質だけでなく、細かいところへの配慮も重視されているため、容器にもこだわるところは多いですね。それがネジ切りにも影響してくるという事になるわけです。

規格外のネジを切る場合、NC旋盤加工が最適です。
「ネジの部分に工夫がしたい」という場合は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

太陽パーツでは、切削加工を含め、あらゆるモノづくりをサポートしております。
ネジ切りに関しても、お悩みのことがございましたら、まずは一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストでコストダウンが可能な鋳造方法【エコダイカスト】

ダイカストは、金型に材料を流し込み、冷やして固めて成形する製造方法です。
そのため、同じ精度の製品を大量生産したい時に最適な製造方法と言えます。

ダイカストの製品は年々良くなっていると言われている反面、金型にも気を使わなくてはならなくなっています。
ダイカストの場合、金型がとても重要であり、金型の精度が高ければ高いほど製品の精度も良いということになります。
そのため、ダイカストの金型には一番コストがかかってしまう事が多いのも事実でしょう。

つまり言い換えれば、金型製作の費用を抑えることができれば、大幅に製造コストダウンが期待できます。

太陽パーツでは、金型にかかるコストを少しでも削減したいと考えている方に、【エコダイカスト】という製造方法の提案をしています。
エコダイカストは弊社の特許製法であり、金型製作にかかるコストを従来の半額に抑えることができます。
そのため、大量生産はもちろんのこと、従来は諦めていた小ロット製造にもご活用いただけます。

コストダウンをお考えの際には、まずは太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

建材製造にも最適なアルミ押し出しの技術

建材が、どのように作られているのかご存知でしょうか?
建材の中には、アルミ押し出しにより製造されているものもあります。
アルミニウムの特性である硬くて軽く、耐食性にも優れるなど、建材に最適なため幅広く使われています。

アルミ押し出しで製造するできるものは、長い形状のものが製造でき、また断面を目的の形状に合わせて成形することができます。
しかも、その製造工程はアルミニウムの合金を溶かし、圧力をかけて押し出して製造するため、建具のような長い形状を求められる場面に最適の部品を製造することができるのです。

また、アルミ押し出しの特徴は、複雑な断面形状でも金型通りに製造可能です。
言わば複雑な形状をした金太郎飴のようなもので、目的の形状だけでなく、途中で切断したとしても断面はヽ形状になります。

アルミサッシなどは、このアルミ押し出しが利用されています。
また屋根フレームもアルミ押し出しで製造されている建材のひとつでしょう。
あの屋根フレームは、アルミ押し出しで作った大きな1本を輪切りにして作っているものも多いのですが、

このようにアルミ押し出しは、建材にも幅広く利用されている技術のひとつです。


太陽パーツではアルミ押し出しにも対応しております。
成形後の表面処理や二次加工まで、トータルにサポートしておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。
様々な加工技術がある太陽パーツだからこそ、お客様にメリットのあるご提案をさせていただきます。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.