太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ

太陽パーツ株式会社のスタッフブログ

家具や機械など様々な製品の製造に利用される板金加工

板金加工は、金属の板を切る、曲げる、溶接する、穴を開けるといった方法を用いて一つの製品を作り上げていく加工方法です。

作業としては、図面展開、抜き加工、前加工、曲げ加工、溶接、仕上げという工程を経ます。そして、板金加工に用いられる金属板の厚さが極端に薄いものを「箔」「ホイル」と呼び、厚さ6㎜以上のものを「厚板」と呼びます。

一言で加工といっても、その方法は様々なものがあります。
たとえば、タレットパンチプレスという汎用金型を駆使して、薄い金属板の抜きやカットをする方法や、レーザー加工という薄い板から厚い板まで板金材料の複雑な形状の抜きや切断をすることができる方法もあります。

また、ワイヤーカット放電加工という極細線径のワイヤー電極を用いた高精度の精密加工をすることができるものもあります。もっともワイヤー放電加工は比較的時間がかかるため、大量生産等には時間的にも費用的にも適していない面もあります。


この板金加工は様々な製品に用いられているもので、比較的大きなパーツから小さいパーツまで大小様々あります。
例えば、スチール家具であったり、農業機械、建設機械、トラックや車両の主な骨組み部分には板金加工がなされていたりします。また、自動販売機や空調機器にも用いられています。
自転車もパイプを溶接して作られているので板金加工製品といえます。
以上のように、板金加工がなされた製品は気づかないうちに私たちの生活の身の回りにあふれているほど、利用されている加工法です。

製品づくりの際に板金加工をお考えの方、コスト削減にお悩みの方など、太陽パーツではお客様にメリットのある方法をご提案しておりますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

溶接や熱処理が可能なダイカスト製法のひとつPF法(無孔性ダイカスト法)

一般的にダイカスト鋳造品の溶接は難しい面がありますが、高真空・真空ダイカストのように、溶接や熱処理が可能なダイカスト製品を生み出す方法があります。

さらに、同じく溶接や熱処理が可能な鋳造方法としてPF法(無孔性ダイカスト)というものもあります。
PF法とは活性ガスである酸素をキャビティ、ランナー、スリーブ内に送り込み、空気を酸素に置換し、キャスティングする技術です。

元々アルミニウムは活性金属ということもあり、酸化反応が起き、アルミと酸素が反応を起こすことでアルミ酸化物を生成させることで、シール同様の構成を金型内で作ることができます。
そのため、真空状態が発生し、ガス欠陥を減少させることができるため、熱処理、溶接が可能となります。

この法案は旧来よりあり、バイクのサスペンションメンバーやバルブ、エアコンコンプレッサのような耐圧部品にも展開されています。
この方法だと高真空ダイカストの問題点である金型のパーテションラインのシールが必要なく、置換さえ行えればよいため、真空ポンプなどの装置も必要としないことが特徴です。

いずれにしてもただ単に成形をするだけの製品ではなく、さまざまな応用分野に展開するための工法で、それだけ品質向上を行う必要があると考えられます。
また、ガス欠陥の要因を排除するための工法と言え、より高品質な製品生産を実現する技術として展開していることには違いはありません。
ただし、製品にも酸化層が出来るかできないかが、高真空との大きな違いになります。

太陽パーツでは高品質な製品をつくるダイカスト技術を備えております。
また、少しでも生産コストを削減されたいという場合には、お得にダイカスト鋳造が行えるエコダイカストの製法もご提案しております。

ダイカスト鋳造でのモノづくりをお考えの方は、ぜひ太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の仕組みと幅広い用途

金属加工の中でもよく利用されるもののひとつが、プレス加工です。
プレス加工とは、素材を工具や金型の間に挟みプレスすることで、素材を目的の形状に合わせて成形することで、一般的には塑性加工とも呼ばれています。

金属プレス加工によってつくられる製品は、自動車、情報家電、ロボット、医療・福祉・バイオ関連、電池など、幅広い分野での利用されています。

そんなプレス加工の特徴としては、連続加工が可能なため生産性が高いという点があげられます。
プレス加工では、金型を使用することにより均一で精度の高い製品を多量に製造することができるだけでなく、加工工程そのものを自動化することが容易なため、より高い生産性を求めて製造ラインを改良していくことも可能です。
また、加工速度が非常に速いのも特徴のひとつで、より一層生産性の高い加工ラインをつくることができます。

代表的な加工としては、金属板を加工する板金プレス加工や金属の塊を加工する鍛造プレス加工、また粉末状の鋼を熱間静水圧で圧縮成形する粉末プレス加工などがあります。

今後、プレス加工の用途は、より複雑な形状で高い精度が要求される部品、小型化・軽量化ニーズにともないより微細で高精度な部品の成形や軽合金の成形などが求められています。
さらには、プレス加工時に発生する騒音や振動に対する対策や省エネ技術への対応など、環境面での配慮も求められています。

太陽パーツでは、プレス加工にも強みを持ち、お客様の目的の形状、製品づくりをサポートしております。
プレス加工を含めた金属加工、機械加工のことは、どのようなことでもお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

特殊ダイカストのひとつ高真空ダイカストとは

金型内を真空にする真空ダイカストというものがありますが、最近ではさらに上位の高真空ダイカストというものが採用されています。

高真空ダイカストは、文字通り高真空な状態の金型内に溶湯を充填し、背圧を無くして、湯流れを改善する目的で採用されています。
この背景としては、足回り部品や車体への応用が進む中、熱処理や溶接も可能にするために従来の真空ダイカストよりさらに品質のよいものにするために、高真空ダイカストが開発されました。そうすることで、熱処理や溶接が可能な製品が出来ます。

高真空ダイカストでは、金型内を高真空にするためのシールがパーティングラインに設けられています。
高真空にするだけでなく、その他外部要因でのガス巻き込みやガス発生要素である、溶湯中の水素ガスについては、事前に脱ガス処理及び離型剤やチップ潤滑などからのガス発生が抑えられるような工夫も設けられています。

従来までの真空ダイカストは、金型のシールはないため、真空到達がそれほど高くないため、溶接や熱処理ができません。そのため、真空ダイカストでは要求品質をそれほど高く設定できないという点があります。

つまり、真空ダイカストよりも高真空ダイカストではより、品質の向上が見込まれ、熱処理や溶接も可能になるなどのメリットがあります。

ダイカスト鋳造のことならば、ぜひお気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工で用いられる主な工法について

板金加工は、薄く平らに形成された金属を切ったり曲げたり、折ったり加工をして目的のモノへと形を変えていきます。

中でも板金加工でよく使われる工法は、打ち抜きや曲げといわれる工法です。
この曲げ加工の際には、プレスブレーキと呼ばれる機械を使用しますが、プレスブレーキには油圧式と機械式があり、油圧式が主流となっています。

次によく使われている工法が溶接です。
溶接は、材料の接合部に連続性を持たせ接合することをいいます。この溶接は、弥生時代の銅鐸にも溶接の跡が発見されるなど、古くから用いられていたのが確認されています。
多くの場合熱を加えて材料と材料の間の接合部を溶接しますが、加熱と同時に材料に圧力をかけて溶接することもあります。また、必要に応じて材料を加えて接合することもあります。

その次に多い工法が絞り加工と言われているものです。
絞り加工とは、一枚の金属板に圧力を加えて、圧縮し、凸状に加工して容器形状にする工法です。
伝統工芸品を製作する際にも用いられており、昔から存在する板金加工の工法の一つとなっています。
板金加工においてもっとも多く使われているのは以上の打ち抜き・曲げ、溶接、絞り加工の3つであり、この3つの工法だけで板金加工における使用頻度の約63%を占めるといわれています。

もっとも、板金加工にはこれ以外にも、圧接やメッキ、塗装、カシメ、サンドプラスト、トリミング等、様々な工法が存在しています。これらは板金加工によって生産する製品によって用いる工法を適宜変えていきます。

簡単なものから複雑なものまで、太陽パーツでは幅広い技術とノウハウで皆様のモノづくりをサポートしております。板金加工を利用した製品づくりをご希望の際もお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の特徴と用途

切削加工は機械加工とも呼ばれ、いろいろとある製造加工法のなかでも、最も基本となる加工技術のひとつです。
旋盤、フライス盤、NC盤、マシニング等の工作機械を使って、材料を切ったり削ったりして不要な部分を取り除き、求められる形状やサイズに加工することをいいます。

中でも区別しにくい旋盤とフライス盤の違いは、旋盤は被切削物が回転して刃物で切削しますが、フライス盤は刃物を回転させて固定した被切削物を削って加工します。
加工方法には、旋削、平削り、形削り、フライス削り、歯切り、穴あけ、タッピングなどがあり ますが、基本的には材料から不要な部分を取り除くという意味で除去加工に分類されています。

切削加工の特徴は、

①複雑な形状の加工ができる
②高精度な加工ができる
③多品種少量生産でも安い加工コストでできる
④どんな材料でも加工できる

といった点をあげることができます。

切削加工で使われる材料としては、アルミ、ステンレス、鉄、黄銅などの金属のほかに、プラスチックや樹脂などの非金属も材料として加工することができます。

切削加工の用途は、電気や電子、産業用機械、医療機械など、幅広い分野の部品製造に活用されています。
これらの部品は、製品の中に組み込まれる機構部品で、一般的には人の目に触れることの少ない工業製品ですが、それだけにより高い技術と精度が要求されるものばかりです。

切削加工をお考えの方は、一度太陽パーツまでご相談ください。
弊社では切削加工だけでなく、様々な製造法に精通しお客様の目的の製品づくりを徹底的にサポートいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造の給湯方式について

ダイカスト鋳造に置いて重要なポイントのひとつが、給湯方式です。

ダイカストでは、炉で溶解あるいは配湯された溶湯を自動給湯装置に取り付けられた、ラドルで湯をすくいスリーブに充填され、成形されます。

この時、スリーブまでの間に湯温が低下すると、酸化物生成など悪影響も多く、品質対策でラドル回りやスリーブにていろいろと試行錯誤が繰り返されています。
一番品質の良いものがつくりやすい技術は、炉からスリーブ間に直接給湯する技術の確立にあります。
実際この直接給湯する技術は、海外のマシンメーカーが開発しているものもあり、国内自動車メーカーや部品メーカーの一部にも採用されています。

しかしながら、鋳造条件の中にスリーブから金型へ充填する部分のビスケット厚と呼ばれる部分で条件評価をしている現状の鋳造管理項目で管理しきれない部分もあり、まだまだ今後の技術改良の余地のある部分ではありますが、改善できれば、より今後の展開性が見込める技術となると考えられます。

さらに、不良条件も低減でき、品質も上がるため、コストメリットも高いと考えられます。マシンの低圧化が進めば、低圧鋳造の技術応用も可能な部分が見込まれ、設備コストにもメリットが出やすいでしょう。

太陽パーツでは、お客様にメリットのあるダイカスト技術をお届けしております。
ダイカスト鋳造に関することならば、一度太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

切削加工の際に用いる様々な種類の切削工具

切削加工は、バイトやフライス、ドリルなどの切削工具を使用して、金属材料などを目的の寸法形状へと切る・削るの加工を行います。
そのため、切削加工を行う場合には切削工具というものが必ず必要となってきます。

そこで、今回は切削加工に用いる工具について少しご紹介します。
まず、バイトとは呼ばれるものは、旋盤等での切削加工に用いられる工具であり、素材には高速度鋼や、超硬合金等が用いられています。バイトと刃先は一体となっているため、刃先が摩耗すればバイトごと取り替える必要があります。
もっとも、刃先のみ交換可能なバイトもあり、交換可能な刃先部分はインサートと呼ばれています。

次にフライスは、多数の刃が円板や円筒体の外周面や端面に備え付けられ、これを回転させて工具として切削加工を行います。
主にフライス盤やマシニングセンタで使われています。切削工具の中には切刃部分にダイヤモンドを使用したものもあります。

そして、ドリルは、回転する動作により物に穴を開ける工具であり、一般人でも聞きなれた工具の一つかと思われます。

また、ねじ切りダイスと呼ばれる、円筒形の坊や管に雄ねじを切る道具もあります。
もっとも一般的なねじを作る場合には旋盤の方が作りやすいことからあまりねじ切りダイスは用いられませんが、旋盤でも作ることのできないような非常に小さいねじや特殊な形状をしたねじを作り際にはこのダイスが良く使われます。

このように、切削加工には目的の形状に合わせて様々な切削工具が必要となります。


太陽パーツでは切削加工を含めた機械加工を行っております。
モノづくりでお困りのことがある方は太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカストの主な製造品と特徴

アルミダイカストは主にどういったものに用いられているでしょうか。
現在日本では、アルミダイカスト市場の8割から9割が自動車部品であり、中でも最近はステアリング関係の部品に対するニーズが高まっています。

その他の製品としては、パソコン、携帯電話、デジタルカメラ、家電においては冷蔵庫や洗濯機、ミシンなど、身の回りの多くのアルミニウムが使われている製品にはアルミダイカストが用いられています。

アルミニウムは安価で再生が容易であるため、注目されており、軽量であるために輸送も低コストです。例えば自動車が軽量でかつ安全性を保っていれば、環境負荷は低減されます。
こういった点でアルミダイカストは、高精度かつ肉薄である製品でも造形でき、また適切な熱処理もできるため、強度、機械性質の保持も期待できます。

現在では0.5ミリ以下の肉薄化もアルミダイカスト製法で行われています。
また、最近では低圧アルミダイカストという鋳造法も、注目されており、この製法は金型の疲労低減、ダイカストマシンの小型化、金型のつなぎ目に溶湯が入り込む際に起こるバリ生成の低減、などのメリットがあります。

通常溶湯の圧入には100MPa程度の圧力が必要になりますが、この製法では700度の溶湯を46MPaの圧力で注入します。このように、アルミダイカストは現在でも製法の改善が進められており、将来性のある優れた鋳造法として広く受け入れられています。

太陽パーツではダイカスト技術に強みを持ち、高精度・高品質の製品づくりだけでなく、お客様のコスト負担の削減まで力を入れております。ダイカストのこと、その他機械加工などを含めてモノづくりのことならどのようなことでもお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工技術の最新技術について

現在、さまざまな分野で最新のプレス加工技術が使われていますが、中でも自動車の部品製造では多くの革新的な技術の導入が進んでいます。

現在の自動車の駆動構造はモーターを主としたものへと徐々に変化をしはじめています。
駆動機構以外でも自動車には多数の小型モーターが使用されていて、中には1台の自動車に120個ものモーターが使用されているケースもあります。

こうした自動車用モーターの需要が急速に高まる中、モーターコアの生産でも画期的な工法が開発されています。
モーターコアは、厚さが0.15~0.50mmほどの電磁鋼板を数十枚から数百枚重ねあわせて作られており、このプレス加工には高度な技術が必要とされます。
モーターコアの生産で、打ち抜いたコア素材を単純に積み重ねると、材料の板厚誤差によって品質にバラつきが生じ、低品質のモーターコアが出来上がってしまいます。

従来、精密ストレートサイドプレスで毎分800回が限界スピードと言われていた回転数を、従来比50%アップの1200SPMという超高速で回転させる超高速の加工法によって、生産性の向上と同時に高品質な加工を実現することができるようになっています。

これらは、高速転積をおこなう積層装置、高速加工に対応した金型指令デバイス、高速素材送り装置、アンコイラの開発によって始めて可能となった最新のプレス加工技術です。


太陽パーツでは、プレス加工にも強みを持ちお客様のモノづくりをサポートしております。
お困りのこと、新しいアイデアなど、どのようなことでもまずは太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.