太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ

太陽パーツ株式会社のスタッフブログ

アルミ角管の押出成形なら太陽パーツへ

アルミ角管、もしくはアルミ角パイプの押出し成形のご要望にもお応えしております。
各パイプには厚み、高さ、幅により様々なサイズのアルミ角管を製造することができます。

各パイプにはサイズにより等辺のもの、不等辺のものなど、様々な寸法のものを製造することが可能です。そのため、太陽パーツでは、お客様のご要望に合わせた【サイズ・数量・品質】でお届けしております。


アルミ角管は建築材料としても幅広く使用されています。
その他にも、ガードレールや高欄、車輌となどがあります。また、家具や家電製品にも使用されています。

太陽パーツではお客様のご要望に合わせたアルミ角管の製造だけでなく、機械加工も得意とし、ご要望の加工を施します。
アルマイト加工や着色の表面処理加工を施し、組立などのご要望にもお応えしております。

製造から組立まで一貫して皆様のご要望にお応えいたします。


また、小ロットや短納期にも対応していますので、その際はお気軽にご相談ください。
太陽パーツは長年の技術とノウハウで皆様のご要望にメリットのあるご提案でお応えいたします。

詳しくは一度、太陽パーツまで。
http://www.taiyoparts.co.jp/=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

数本からの小ロットに対応するアルミ押出

太陽パーツではアルミ押出の小ロット対応のご要望にもお応えしております。
皆様は小ロット生産を頼みたい時、多くは300kg/回が小ロットとして設定されていることはありませんか?

太陽パーツでは、小ロットの本数もお客様のご要望に合わせてなるべく対応させていただいております。
場合によっては、数本のアルミ押出用の金型製作に対応しております。

イニシャルコストを抑えたアルミ押出でリードタイム短縮などのご要望にもお応えしております。


また、太陽パーツではアルミ押出成形だけではありません。
アルミ押出成形後のアルミ加工も得意とし、切断加工や切削加工、プレス加工など、マシニング加工で高精度・高品質の製品へと加工もいたします。

さらに、加工したものは必要に応じて組立のご依頼にお応えし、梱包納品までを一貫してサポートしております。

一からアルミ押出型材を製造されたいという場合にも断面図の設計・開発もお気軽にご相談ください。


特に小ロット生産の場合はアルミ押出型材の形状によって対応できる数量が異なります。
まずは、一度小ロットで製造されたい製品のことを太陽パーツまでご相談ください。

太陽パーツがお客様にとってメリットのある方法をご提案いたします。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

選ばれるダイカスト鋳造の10のメリット~後編~

本日は、前回のダイカスト鋳造における10のメリットに引き続き、残り5点を本日はご紹介いたします。
ダイカスト鋳造では量産性や表面処理性、軽量化などに優れた特性を持ちますが、それだけでなく、他にも様々なメリットがあります。

●インサートが可能
同質の金属や異種金属、非鉄金属などを鋳物の中に正確な位置で鋳ぐるむことで溶着が可能です。
また、冷却としての役割や部品の機能範囲を広げることができます。

●優れた経済性
ダイカストは金型製作費用が高価になりますが、ひとつの金型を製作すれば数千~数十万個の製品を鋳造することができます。
そのため、大量生産などにメリットがあり、他の製造法よりも製造コスト削減にもつながります。

●肉厚と強度の関係
他の製造法よりも肉薄に製造できるだけなく、単位面積当たりでは薄くなるほどに高い強度が得られます。
ダイカストでは、複雑形状の製品でも薄い肉厚で、高い強度のものを製造することができます。

●金型の寿命
ダイカストでは、金属材料にもよりますが、ひとつの金型で数千~数十万ショットが可能なため、同一製品を同じ精度で大量生産が可能です。

●設計から組立てまで可能
複雑形状の製品も設計することで、高精度かつ高品質な製品を製造することができます。
また、組立が可能なように結合部分も設計することで、組立時の手間を省き経済的に製造することができます。こともできます。

※前編をご覧になりたい方はこちらから
選ばれるダイカスト鋳造の10のメリット~前編~

上記以外にもダイカストによるメリットは様々あります。
さらに、太陽パーツでは従来のダイカストでは難しい小ロット生産と高価な金型費用の問題点を改善した特許製法の【エコダイカスト】をご提案することで、お客様にメリットのある製造法をお届けしております。

太陽パーツの【エコダイカスト】なら、ダイカスト鋳造でも30個~の超小ロット生産が可能です。また、金型製作にかかる費用も従来の半額になり、お客様の製造コストを大幅に削減することが可能です。

エコダイカストに関する詳細は、一度太陽パーツまでお問い合わせください。
お客様にメリットのあるダイカスト、その他加工方法を太陽パーツではご提案しております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

選ばれるダイカスト鋳造の10のメリット~前編~

鋳物をつくる際、その鋳造方法にはいくつかあります。
例えば、金型鋳物、低圧鋳造、砂型鋳造、石膏鋳造、重力鋳造などがあります。
それぞれ、製造したい鋳物に合う特性の鋳造方法を利用して、製造します。

中でもより多くの特性を持ち、様々な鋳物の鋳造に利用されているのが【ダイカスト】です。

本日は、太陽パーツが得意とする鋳造技術、ダイカスト鋳造のメリットを10点ご紹介します。

●優れた量産性
ダイカストでは一度の工程で複雑な三次元形状の製品を製造することができるだけでなく、大量生産にメリットのある鋳造法になります。

●表面処理性に優れた鋳肌
ダイカスト鋳造された製品は滑らかな鋳肌となり、メッキや塗装などの表面処理加工性にも優れています。

●薄肉・軽量化に有利
複雑な形状だけでなく、薄い肉厚の製品も鋳造でき、製品の軽量化にもメリットがあり、コスト削減にもつながります。

●高い寸法精度の獲得
金型で鋳造するため、寸法精度も高く、表面も滑らかな鋳肌の製品が鋳造可能です。

●切削加工作業の短縮
切削加工では何工程にもわたって行う作業がダイカストでは複雑な形状も精密に製造できるため、鋳造後の加工を減らしたり、加工の必要がない製品をひとつの工程で製造することができます。

※後編をご覧になりたい方はこちらから
選ばれるダイカスト鋳造の10のメリット~後編~

上記以外にもダイカストによるメリットは様々あります。
さらに、太陽パーツでは従来のダイカストではネックになる、小ロット生産と金型費用の問題点を改善した特許製法の【エコダイカスト】をご提案しております。

太陽パーツの【エコダイカスト】なら、ダイカスト鋳造でも30個~の超小ロット生産が可能です。また、金型製作にかかる費用も従来の半額になり、お客様の製造コストを大幅に削減することが可能です。

エコダイカストに関する詳細は、一度太陽パーツまでお問い合わせください。
お客様にメリットのあるダイカスト、その他加工方法を太陽パーツではご提案しております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

バリ取りの方法について~5種類の方法~

前回バリ取りの重要性についてご紹介させていただきましたが、今回はそんなバリ取りの方法についてご紹介いたします。
バリ取りと一言に言ってもその方法は他の金属加工と同じように、いくつか種類があります。

そこで、本日は大きく分けて5種類のバリ取りの方法について簡単にご説明いたします。

●機械加工法によるバリ取り
ボール盤やフライス盤によりバリ取りを行うこともあれば、手仕上げ用の道具やブラシを用いて除去すること方法があります。
また、エンドミル加工などで、事前にバリが発生しないような加工を行うバリ発生抑止加工など、製造するものによって行う場合があります。

●化学加工法によるバリ取り
薬品でバリと溶かす方法です。

●電気化学的加工法によるバリ取り
電解研磨や遠心バレル、スピンドル仕上げによるバリ取りが行われます。

●熱的加工法によるバリ取り
大きく分けてふたつの方法があります。
ひとつは火炎やプラズマによりバリのみを加熱除去する方法です。もうひとつはバリ部を通電し、電気抵抗で発熱させることで除去することができます。

●砥粒(とりゅう)加工法によるバリ取り
砥粒と呼ばれる研磨材を吹き付けてバリを取る砥粒ジェット、砥粒をバリに接しながら流動させて除去する砥粒流動、またバレル研磨とよばれる砥粒と製品を同じ容器に入れて研磨する方法もあります。


バリ取りも加工のひとつになります。加工工程をなるべく減らすことで加工コストが増大しないようにする必要があります。
そのため、製品に合ったバリ取り法によりバリ取りを行うことで、コスト削減とともに品質の良い製品を製造することができます。

太陽パーツでは長年の実績とノウハウをもとに、バリ取りひとつにおいてもお客様にメリットのある加工方法をご提案しております。
金属加工・機械加工などでお困りのことは、ぜひ太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

バリ取りの重要性と悪影響

金属材料を加工する際などに不可避的に発生するのが、バリです。
バリをきちんと除去しなければ、金属加工時や製品完成時にさまざまな悪影響を与えます。

せん断、切断、切削、穴あけ加工など様々な場面でバリが発生するため、発生直後に除去する必要があります。

バリをすぐに除去しないことで、次のような悪影響があります。

●計測誤差:基準面と計測道具の間隔を狂わせるため計測時に誤差が生じます。
●勘合不良:せん断後の穴にバリが入り、丸棒を通す際などの勘合不良が起きます。
●押込み疵:引きちぎれたバリがロールなどに付着することで押込み疵がつきます。
●切創:組立時もしくは使用中にバリによる切創などのケガの原因になります。

このような悪影響を及ぼさないように、発生と同時に完全除去することが重要となります。
ただし、バリ取りを行うことは加工工程を増やすことにもなりますので、コストが増します。

そのため、加工上や使用上の機能に影響がない場合は、必ずしも除去する必要はありません。


また、バリは製品や人への悪影響も考えられますが、加工部品にもバリ発生している場合があります。
例えば切削加工に用いられるドリルなどの工具にバリが付着していれば、鋭いエッジではなくなってしまい、仕様性能上の問題にもつながります。


太陽パーツでは幅広い加工法によりお客様のご希望の製品をお作りしております。
より良い製品をお届けするために、バリ取りを含め、お客様にメリットのある加工法をご提案しております。

金属加工・機械加工、製品鋳造などどのようなこともでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツだけのオリジナルダイカストのメリット

太陽パーツではダイカストを行っております。
ダイカストといえば、薄肉で複雑な形状の製品をひとつの工程で成形できる、成形技術のひとつです。

また、ダイカストを行うためにはお客様の求める形状にするため、ダイカスト金型が必要になります。
しかし、ダイカストの金型製作にかかる費用は決して安いものではありません。そのため、今まで切削加工などに切り替えて行っていた方も多いのではないでしょうか?

太陽パーツのダイカストでは、従来のネックとなる部分が改善されたダイカスト技術をご用意しております。
そこで、太陽パーツだけの特許製法であるオリジナルダイカスト【エコダイカスト】のメリットをご紹介いたします。

【太陽パーツの特許製法エコダイカストのメリット】
●金型費用が従来の半額!
カセット金型システムを用いて、ベース部は太陽パーツ保有の金型を使用していただくことで、金型費用が従来の半額になります。
つまり、お客様には製品形状に関わるキャビティ部の金型費用だけをご負担していただきます。だからこそ金型製作費用を2分の1へのコストカットが太陽パーツならば可能です

●30個からの小ロット生産対応!
金型交換が容易であるため、予熱の必要がなく、小ロット生産にも強みのあるダイカスト技術をお届けしております。
通常ダイカストは大量生産に適した製造技術のひとつですが、太陽パーツのエコダイカストなら金型費用も半額になり、小ロット生産にもご尽力いたします。

●製品精度は従来と同じ!
金型製作費用が従来の半額になっても、ダイカスト鋳造品の精度が下がることはありません!従来通りの高品質なダイカスト鋳造品を皆様にお届けいたします。


太陽パーツだけの特許製法である【エコダイカスト】で皆様の製造コスト削減をご提案いたします。
ぜひ一度お気軽に太陽パーツまでご相談ください。太陽パーツだけのオリジナルダイカストで皆様のご要望にお応えいたします。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

熱的接合法のスポット溶接について

熱的接合法のひとつにスポット溶接という接合法があります。
スポット溶接は、例えば車の製造なども多く利用されている接合法です。

その原理は、金属板を重ねあわせ、溶接電極を圧着した板金に押し当てて電流を流します。
そうすることにより、圧着部分が電気抵抗熱を持ち、金属が溶けて接合されます。

この抵抗熱で溶け合った部分をナゲットと呼びれ、このナゲットの強度が接合強度になります。

スポット溶接は、溶接にかかる段取りや作業などの所要時間を短縮できる接合方法のため、重宝されている接合法です。


また、溶接時に気をつけなければいけないのが「スパッタ」です。
スパッタとは金属を溶け合わせる際に火花が散ってしまいます。この火花が金属材料のに付着することを言います。
実は、溶接火花がでること自体あまり良い現象ではないため、注意が必要になります。


太陽パーツでは、お客様の製品に合わせた接合方法をご提案いたします。
まずは、溶接で現在お悩みのこと、試されたいことなどお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金属材料を三次元的に組み上げるための接合方法

金属材料を三次元形状に組み上げるために欠かせないのが接合という加工法です。
接合と一言にいってもその方法により大きく異なりますが、ここでは4種類の接合方法をご紹介いたします。

接合加工のひとつが、【機械的方法】です。
これは接合する部品と金属素材を加工して組み立てる加工になります。
例えばボルトとナットを利用した接合をボルト締結と呼びます。他にもリベットを用いたリベット接合、カシメ、はぜ組みなどがあります。

次に、【熱的方法】です。
これは、その名の通り加熱することで金属素材を接合します。他の材料を使用しないで接合する方法です。
例えば次のようなものがあります。
●回転摩擦熱を用いた摩擦接合
●金属材料同士の電気抵抗熱を利用したフラッシュバット法
●溶接電極をによる板間の接触抵抗を利用したスポット溶接
●加熱した金属材料を強く押し付けて接合する鍛接      …etc

そして、【接着的方法】があります。
金属材料の間に接合剤を入れることで接合する方法になります。
この場合は金属素材の融点よりも低い温度に加熱し、その温度で溶ける接合剤を隙間に流し込むことで接合します。
450℃以下で溶ける軟ろうやはんだを使用するはんだ付け、450℃以上では硬ろうを使用するろう付けがあります。

最後に、【溶接的方法】についてです。
接合剤と金属材料を溶け合わせて接合する加工法です。
これにはアーク溶接、TIG溶接、MIG溶接、MAG溶接などがあります。


太陽パーツではお客様の製品製造時には、上記などのお客様に適した接合加工を施しております。
また、接合とは簡単にいっても、どの接合加工を行うかは、十分に考える必要があります。太陽パーツでは長年の実績と経験をもとにお客様に最適な加工法をご提案しております。

ぜひ、金属加工、機械加工など、現在お悩みを抱えていらっしゃる場合、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

キャビティ部の金型費用だけのエコダイカスト

太陽パーツでは、あらゆる金属製品をお作りのお客様にコストメリットのある、エコダイカストをご提案しております。

エコダイカストは、現在利用されている従来のダイカスト、切削加工よりもイニシャルコスト削減、トータルコスト削減に効果を発揮します。


●ダイカストの場合。
従来のダイカストは金型製作費用が大きなネックではないでしょうか?

太陽パーツではカセット金型システムにより、お客様にご負担していただく金型費用はキャビティ部のみです。ベース部の金型は太陽パーツ保有のものをお使いいただくことで、お客様のコスト削減を計ります。
つまりキャビティ部のみの金型費用になりますにので、ダイカスト金型費用が従来の半額になります。

また、これにより金型交換が可能なことから小ロット生産や短納期などを実現しております。

●切削加工の場合
ダイカストによる金型製作費用が多額な金額になるため、大量生産をする場合でも切削加工による製造の方がコストを抑えることができます。

ですが、エコダイカストでは金型費用が従来の半額になりますので、ひとつの工程で成形可能なダイカスト鋳造の方が、大量生産においてはコスト削減につながります。


太陽パーツでは、お客様にメリットのある製造方法をご提案しております。
現在の製造法よりもコスト削減につながる方法をお探しの方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。

あらゆる機械加工に精通しているからこそ、お客様のコスト削減に努めます。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.