太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > タグ > 金型費

金型費

代表的なダイカスト製造工程と金型について【太陽パーツなら金型費が格安】

代表的なダイカスト法を本日はご紹介いたします。
また、太陽パーツとの違いも合わせてご説明いたします。


ダイカスト法で使用する金型には、少なくとも2種類の部分から構成されています。
それは、鋳造したダイカストを取り出せるようにするための構造です。

2種類の金型をそれぞれ固定型・可動型と呼ばれています。

金型である固定型は固定盤に、可動型は可動盤へと取り付けられます。


ダイカスト法の流れとしては、可動型が固定型に組み合わされて締め付けられるように動きます。

次に、高温で溶かされた溶融金属が金型に圧入され、凝固が完了すると可動型が動いて方が開き、ダイカストが取り出され、金型に離型材が塗布されます。

そして次の鋳造へと取り掛かります。


ダイカストの金型には、簡単なものもあれば、引抜き中子のある複雑なものまであります。


またダイカスト法では、精密な非鉄金属鋳物の生産方法の中でも最も生産性が高くなっています。それは、1つの金型で数万回は繰り返し使用することが可能だからです。


ちなみにここで問題とされているのが、ダイカストを行う際の金型費用です。

そこで、オススメしたいのが、太陽パーツのカセットシステムです。

カセットシステムではU字型のベースを共通化させることで、お客様のご負担となるのはキャビティー部と呼ばれるダイカストの形が作られる部分の型のみです。



しかも、ベース部を成形機ののせたまま金型脱着が可能なため。金型交換にかかる時間も5分とスピーディーな対応が可能です。

そのため、小ロットにも対応しております。小ロットをご希望のお客様はまずお気軽にご相談ください。

太陽パーツのカセットシステムでは、従来ロットの問題で切削・鋳物・ロストワックス等で生産していたものも少なくなり金型投資で大幅な製品コストダウン、金型費2分の1が可能です。

ダイカストのことならば、太陽パーツへお任せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト金型の構造【太陽パーツはココが違う!!金型費が半額の理由】

ダイカストという鋳造方法を行うためには、金型が必要になります。
本日は、そんなダイカスト金型の構造についてご説明いたします。

ダイカスト金型には、溶かした金属を注入するための鋳込口ブッシュがある固定型、鋳造した製品を取り出すための押出機構・引抜中子などが設けられている可動型があります。


また、金型には、1個取り金型、同形多数個取り金型、異形多数個取り金型などに分類されます。


また、固定型には、キャビティ部という製品の形状を決める凹み、キャビティ部という部分があります。

キャビティ部とベース部(母型)があり、鋳造を行う場合は、この金型費用をいただく事になります。

ですが、太陽パーツでは、お客様にお造りいただく製品の形状を決めるキャビティ部のみの金型費用をいただいております。

キャビティ部のみの費用だけになるため、太陽パーツのダイカストは、エコダイカストと呼ばれ、金型費が半分となります。

しかも小ロット対応したダイカストです。

ダイカスト金型がお得な太陽パーツでは、皆様のご希望の製品の精度を落とすことなく安い価格でお届けしております。

まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型費が削減できるエコダイカスト【経費削減・コスト削減】

太陽パーツがお届けする、アルミダイカスト・亜鉛ダイカストの鋳造方法を皆様にメリットのあるご提案しております。

ダイカストとは、鋳造機で溶けたアルミもしくは亜鉛などの金属を金型へ射出成形する鋳造方法になります。

同じ鋳造方法にロストワックスという鋳造方法がありますが、ダイカストでは高圧での鋳造をするため、精密な鋳造が可能になります。

また、機械加工では難しい3次元形状の成形もすることが可能になります。

そこで、太陽パーツがダイカストによる鋳造を行っているお客様へご提案しているのが、エコダイカストです。

太陽パーツの【カセットシステム】を利用したエコダイカストにより、お客様にご負担いただく金型費用を限りなく抑えることができます。

エコダイカストをご利用いただくことで、金型費用が従来の2分の1へ削減することができます。

経費削減・コスト削減につながるエコダイカストの詳細は、お気軽に太陽パーツまでお尋ねください。

■動画もあります■

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

エコダイカストならコストダウン・ローコストになります【金型費が半額】

太陽パーツがお届けするダイカストは、ただのダイカストではなくエコダイカストです。



太陽パールの特許製法であるエコダイカストなら、通常のダイカストとは違う点があります。

エコダイカストなら、金型費が従来の半額になります。
なぜなら、ベース部は太陽パーツの基本型があるため、お客様にご負担していただくのはキャビティ部のみになっています。

製作費用が半額になっても、金型の制度は従来と同じです。
しかも30個からの小ロット生産も可能になっております。

ではどのくらい費用が削減できるのか、具体的にご説明いたします。

例えば、単価1000円の切削品を月に100個作るとします。
すると1年で120万の費用がかかります。
(製作費:単価1000円×100個×12ヵ月=120万円)

同じものを太陽パーツのカセットシステムで作成すると・・・

金型代が40万円かかり、単価200円で作成することができ、1年間で64万円になります。
なので従来の製作費よりも56万円の削減になります。
(製作費:金型代40万円+単価200円×100個×12ヵ月=64万円)

さらに次の年には、同じ金型を使用することで、従来の製作費よりも96万円の削減につながります。
(製作費:単価200円×100個×12ヵ月=24万円)

製作を続ければ続けるほどコストダウンの効果がより実感できます。

太陽パーツでは、より良いものを、より安く、よりスピーディーにできる方法をご提案させていただきます。
お気軽に太陽パーツのセールスエンジニアまでご相談ください。

↓こちらからダイカストに関する動画をみることができます。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > タグ > 金型費


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.