ブログ

プレス加工で使用する機械について

プレス加工といえば、皆様はどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?
既にご存知の方であれば、金型の取り付けられた機械に素材を挟み、両手でスイッチを押すと金型が降りてきて圧力をかけて製品を作るというイメージをされるかもしれません。

上記のような手動で行うプレス加工もあり、このプレス加工で使用される機械の種類はC型と呼ばれています。
これは横から見たらアルファベットのCの形に似ているからです。ただ人に危険が及ぶものの場合には、当然ですがプレス加工も自動化されている事が多くなってきています。

また、プレス加工に使用する機会はC型以外にも様々な種類のものがあります。
どの機械を使用するかは、プレス加工の機械もたくさんの種類があり、加工や製品に合わせて選びます。
例えば、目的形状のものを製造するためにどのくらいの圧力をかける必要があるのかなどで選択します。つまり形などではなく圧力によって剛性の高い種類の機械を使うという事になります。

以前はプレス加工をする場合の機械の種類は金型が違っても同じ機械ということも多くありましたが、最近では用途や製品の形などによって機械の選べるようになってきています。

太陽パーツでは、プレス加工においてもお客様のご要望に可能な限りお応えいたします。
作りたい製品のこと、コストダウンについてなど、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

関連する記事