太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > プレス加工 > 太陽パーツで行う3種類のプレス加工

太陽パーツで行う3種類のプレス加工

太陽パーツのプレス加工は製品の形状や必要な特性、用途に合わせて3種類の加工方法の中から最適なプレス加工を行い、製品の生産を行っております。
今回は太陽パーツの3つのプレス加工技術と特性、どのような加工に適しているのかについてをご紹介いたします。
太陽パーツで行っているプレス加工は「プレス加工」「絞り加工」「精密プレス加工」です。それぞれの特性をまずはご覧ください。

『プレス加工』
プレス加工とは上下または前後に金型を設置して、その間に薄い金属板を置いて金型を合わせます。この時高い圧力で金型の形状を金属板に転写します。
この技術は歴史が古く、圧力をかける技術の発達とともに加工できる大きさや形状が増えてきました。日本でも古くから使われている技術です。
戦前は生活用品などに多く利用された技術で、戦時中は武器などの生産に活用されてきました。そして再び戦後は生活用品の加工手段として広く使われてきたのです。
代表的な部品としては、鍋やスプーンにフォークなどの一般的な生活用品や、製造機械のフレーム部分や自動車部品、家電製品やパソコンなどの部品などもつくられています。
では次に絞り加工とはどんな技術なのかを説明いたします。

『絞り加工』
絞り加工は簡単に説明すると、円筒形の製品を製造するときの技術です。例えばアルミ缶などが絞り加工の代表的なものではないでしょうか。
また、円筒形でも底のないものは絞り加工では作られません。底がある円筒状の形状の製品である事が前提です。
鍋とかアルミの灰皿などもそうですね。円筒状のものだけではありません。四角い形状で底があるものも生産する事が可能です。
お風呂のバスタブとかキッチンに使われているシンクなども絞り加工で生産されています。
メリットとしては水漏れをする事が無いという点です。一枚の金属板から作る事ができるので水を閉じ込めたり、水を使う場所で使う製品の生産に適しているのです。
また、形状が一定ではないものを作るのにも適しています。「円筒」「角型の筒状」「異形」「テーパー」などの加工を行える技術です。
低コストで高品質な製品を大量生産するのに適した加工技術でもあります。

『精密プレス加工』は
一般的なプレス加工と同様の加工が可能ですが、使用する金型を超精密に作る事でそれまで得られなかった、高い寸法精度と形状を実現します。
超薄型の金属部品を加工する事も可能です。ラミネート加工やエンボス加工などを施す事も可能で、より精度の高い部品はパソコンの基盤などにも使われます。

ミクロン単位の加工を行うことができるので、より精度を必要とする製品をプレス加工で生産する時に活用されます。
当然ですがプレス加工ですので、従来の「穴あけ加工」「絞り加工」「曲げ加工」などの加工が可能です。
より良い製品を最適な加工技術で生産するのなら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > プレス加工 > 太陽パーツで行う3種類のプレス加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.