太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 板金加工 > 様々な機械を使用する板金加工での安全対策について

様々な機械を使用する板金加工での安全対策について

板金加工は金属の板を使って製品の生産を行う技術です。板金という名前の通り金属の板を「曲げる」「切断する」「溶接する」といった加工を行い部品を加工するのです。

さまざまな加工方法があるので、板金加工を行う際にはその加工に適した機械を使って加工されていきます。板金加工の機械で金属の板を切る加工を行う時、ハサミを使うように切るのではありません。
また、曲げる加工を行う時も決してゆっくりと時間をかけて曲げたりするわけではありません。共通の金型を使って圧力をかけて切断したり曲げ加工を行ったりします。
時には高速で機械が動く加工もあるでしょう。作業を行う時は全自動ではなく人の手を添えて加工を行う事もあります。もしも加工を行う時に指や手などを挟み込んでしまったらただでは済みません。
高圧で押されるわけですから骨折したり、指を失う可能性も無いとは言い切れません。このため板金加工においては安全対策をしっかりと行う必要があります。
もちろん人がケガをするというだけではありません。機械に不具合を起こす可能性だってあるのです。例えば安全対策をしていても機械がそれを察知しない事もあります。こうした危険を回避し安全確保を行うためには、人への教育も非常に重要ですが、機械の点検を毎日しっかりと行うという予防策も必要になるのです。

特にせん断加工を行うせん断機械とプレスブレーキは事故が多発しているので、なぜ事故が起こるのかについてを学び、少しでも事故を減らせるよう安全装置の特性を理解する事が必要です。
例えばプレスブレーキやせん断機械に挟まれないように注意していても、安全装置が検知できない場所、つまり安全装置の死角がある事を頭に入れておくと良いでしょう。
安全装置外のパンチとダイの間に指を挟む事故は、レーザー安全装置を取り付ける事によって改善は可能です。ただしレーザーが当たらない死角があるのも事実です。
事故が起こる事によって生産性が低下してしまうだけではなく、取り返しがつかない大けがをする可能性がありますので、安全対策への教育を徹底する必要があります。

太陽パーツでは板金加工に限らず常に安全対策についての教育を行っています。お客様にも安心して安定した製品の供給をお約束いたします。板金加工に限らずあらゆる金属加工のご相談をお待ちしております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 板金加工 > 様々な機械を使用する板金加工での安全対策について


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.