ブログ

板金加工とプレス加工の違いについて・・・

板金加工で作られた製品とプレス加工で作られた製品はとてもよく似ています。確かに似ているのですが実は全く違う製造技術です。

今回は板金加工とプレス加工の違いについてご紹介いたします。


板金加工とプレス加工の製品はどちらも薄肉の製品が多いことでわかるように、どちらも金属の板を使って製品の生産を行います。また、どちらも金型を使用するという点が共通点です。
大きな違いは金型の形や製造できる製品の大きさかもしれません。板金加工の場合、ダクトに使う建材などの加工は「ダクト板金」といって、手で加工を行うなど技術や経験を必要とします。

さらに手でまるい形状に形を整える「打ち出し板金」もあります。
機械板金の他にも手作業で製品を作り上げるというのも特徴です。よく自動車のへこみを修理するのに内側から金づちを使って整えますが、ああいった職人技があるのも板金加工の特徴ですね。


板金加工は機械板金の場合だとある程度の量産は可能ですが、どちらかというと大量生産用の技術とは言えないかもしれません。
製品精度についても同時に加工ができるわけではありませんので、金型の良し悪しが精度に影響を及ぼします。そのため金型にも精度が求められます。


一方プレス加工の場合は板金加工と同じように金型を使って製品の生産を行う技術ですが、板金加工とは違って専用の金型を使って加工を行うので大量生産に向いた加工技術です。
板金加工のように一辺ずつ加工を行うのではなく、同時に加工ができるので時間の短縮と部品単価を抑えることができるでしょう。


板金加工とプレス加工はそれぞれ得意な加工がありますので、製品の形状や大きさ、長さそして生産数でより低コストな加工方法を選択して製品の生産を行う必要があるのです。


太陽パーツではお客様の求める製品の形状、納期などニーズに合わせた生産技術を提案いたします。金属加工のことでお悩みの方は、いつでも太陽パーツへお気軽にご相談ください。

関連する記事