太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工

プレス加工 Archive

精度の高い精密プレス加工の特徴について

プレス加工というと何となく雑なイメージがあるかもしれません。ですがそれは昔のお話で、今では精密プレスという加工技術があるので、製品の品質もかなり高くなっています。
精密プレスというのがどんなものなのかを簡単に説明すると、より高度な金型を使う事によって精度の高い製品を作る方法の一つです。
金型を使って部品の生産を行うため、一度に大量の部品を製造する事が可能です。生産コストも大量生産を行う事で下げる事が可能なので、現在ではあらゆる製品に利用されています。
ただし精密プレス加工を行う時には精巧にできた金型が必要となります。精密プレス加工のカギを握っているのが金型だからです。
プレス加工に用いられる金型は、毎日たくさんの製品を作り続けるので、消耗が激しいのが難点です。そのため材質にもこだわる必要があり、特殊な材料を使って製造される事が多いのも事実です。
特殊な材料を使う事によって、加工をする時の衝撃や熱に対しての耐久性や耐熱性そして金型自体の耐摩耗性が必要となります。
例えばモリブデン、セラミック、ステンレス、グラファイト、超硬、クロム、タングステンなどの特殊な材質を使って金型を作ります。材質が硬いので金型の加工も大変な技術が必要です。
設計の段階から精巧な金型を作るために3DCADを使って、十分な解析を行いながら最終的な金型の製造を行います。
これらの条件が整って初めて複雑で精巧な製品を作り出す事ができるのです。太陽パーツではより精度の高い精密プレス加工のための努力と工夫をしています。
生産された部品も従来のプレス加工製品よりもずっと精度の高い製品が作れるので、リチウム電池や半導体関係、自動車関連やパソコンや家電に使われています。

精密プレス加工の金型の製造や製品の生産の事、コストの問題についても太陽パーツへぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工で使用される金属素材

プレス加工はプレス機械に金属板を上下にセットされた金型の上に置き、何トンもの圧力で挟み込んで、金型の形状を金属の板に転写して製品を製造する加工技術です。
機械によって何トンまでの圧力で挟み込めるのかは変わってきますが、その機械で加工できるものならばどんな金属でも加工できるとは限らないものなのです。
一般的にプレス加工に使われている材料としては、鉄鋼の金属板(SPC、SPH、SAPH、SPFC)、非鉄金属であるアルミニウム合金や、銅合金などの加工を行う事が可能です。
特殊鋼といってステンレスやバネを作る時などに使われるSK材やSUJなども加工する事が可能です。他にも工具のための鋼材というのがあるのですが、板状であれば加工をする事が可能です。
さらに近年ではチタンやマグネシウムといったものの加工も行えるようになっています。むしろ板金業界では注目を集めている素材であると言えるのではないでしょうか。
多くの金属や非鉄金属の板を加工する事ができる技術ではあるのですが、加工する製品の大きさによっては加工が困難である事もあります。例えば小さすぎるとか大きすぎるなどがそうですね。
後はプレス機械によってはかけられる圧力が違うので、中には加工が困難な場合もあるでしょう。
プレス加工を行った後、多くの製品は熱処理や表面処理を行いますが、薄い金属の板が原材料なのに驚くほどの強度の部品を作る事が可能です。
さらに表面処理では美しい仕上がりの製品を加工する事ができるのもプレス加工の魅力です。さらに二次加工も非常にしやすいのもプレス加工製品の特長ですね。
今後もプレス加工による部品加工は重宝されていくでしょう。もしかすると今よりももっと複雑な製品を作り出す事が可能になるかもしれません。

太陽パーツではプレス加工に必要な加工技術、金型の生産を行っております。より精度の高い製品をお望みならば、太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工と鍛造加工はどう違う?

プレス加工と鍛造加工は同じように金型を使って加工をするので、何となく同じような加工技術なのかな? と想像される方もいらっしゃるかもしれません。
でも実際に加工方法を比べてみると違いがはっきりとわかります。プレス加工というのは塑性加工という加工技術であり、鍛造加工のように溶けた金属を使って加工するのではありません。
塑性加工というのはどういう加工なのかというと、強い力で金型に押し付けて形を作る加工技術で、金属がもとに戻らない性質を利用した加工方法なのです。
もちろん鍛造加工というのも強い力で金属の形状を変える加工なので、外側から見たら同じ加工に見えてしまうでしょう。

鍛造加工というのはどのような加工なのかというと、素材である金属を金型に押し付けて形を変形させる加工技術です。これだけだと同じ加工のように感じますね。
鍛造に用いられる金属の素材は塊である事や金属を熱した状態で加工する、いわゆる熱した金属を叩いて鍛えるという加工方法なので、プレスとは明らかに違う加工方法なのです。
一方プレス加工はというと、薄い金属の板を上下に取り付けた金型で挟み込み、圧力をかけて金型の形状を転写していきます。熱した金属を加工するのではありません。
さらにプレス加工では薄い金属板を「切る」「曲げる」「絞る」という加工ができます。穴あけは切るに分類されますね。
もちろん同じような加工になるので双方ともよく使われる技術ですが、どちらか優れているという事ではなく、作る製品の厚みによってどちらで加工するかを決める事が多いようです。
例えば肉薄な製品を作りたいのならばプレス加工で加工を行い、肉厚な製品を必要としているのなら鍛造加工を行うといった感じですね。
どちらも優れた加工技術なのですが、優れた製品を作るには『金型』が非常に重要になります。また大量生産が可能な加工技術なので、コスト削減を検討しているのなら利用価値が高い加工技術です。

太陽パーツではプレス加工や鍛造加工に使用する金型を、ご要望に沿えるように製作しています。製品精度を上げたいと考えているのならばお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

塑性加工の一種【プレス加工】の精度の高さ

金属加工にはいくつもの種類がありますが、プレス加工は非常に需要の高い「塑性加工」です。加工技術の中でも非常に精度の高い製品が作れる事でも知られています。
「塑性加工」がどうして精度の高い製品を作る事ができる加工技術なのかというと、金属が強い力(プレスの場合は圧力)によって金属の形状を変形し、元に戻らない力「塑性」を利用した加工法だからです。
もちろん使用する金型の精度が高くなければいけませんが、精度の高い金型を使う事によって一度に大量の製品を作り出す事ができるので、最も利用されている加工方法なのです。
プレス加工の加工技術の向上については、プレス加工という加工技術の事をよく理解し、使用する金型の設置方法をしっかりと計算し、加工ロスをいかに少なくする事がでいるのかを検討していきます。
一度金型が決まってしまえばあとは製品への影響もそれほどありませんので、自動化する事も非常に簡単になる事も加工精度の高さゆえではないでしょうか。
金型を使わない加工法で加工を行った時、微妙な寸法の変化が起こった場合プログラムなどの変更をしたりする必要がありますが、プレス加工の場合にはそんな必要はありません。
簡単に言えば優れた技術者が加工をしていなかったとしても、常に同じ精度の製品を生産できるという点がもっとも大きなメリットです。
加工ミスが少なくて済むという点でも材料をギリギリまで使い切る事ができるという点でも優れており、これがプレス加工が利用されている大きな理由であると言えるでしょう。
ただし高い精度の製品を作り出すために必要な金型を作る必要があるのと、金型から一貫生産をしてもらう方がコストも安く済みます。
太陽パーツではプレス加工の金型から製品の生産までを請け負っています。精度の高い製品を少しでも安く手に入れたいとお考えなら、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス金型の「順送型」と「単発型」の違い

プレス加工の技術は金属加工には欠かすことができない技術です。プレス加工の技術は色々とありますが、大きく分類すると「短工程加工」「トランスファー加工」「順送加工」の三つがあります。
それぞれの加工法にはさらに様々な加工方法があり、それぞれの加工方法の組み合わせで製品を生産していくのが一般的なプレス加工の加工方法です。

さて、プレス加工を行うには専用の金型を必要としますが、金型にも種類があって「順送型」と「単発型」の金型を使用して製品の加工を行っていくのです。
それぞれの金型の特徴や違いについてを説明すると、順送型というプレス金型は自動機などにセットして使用するのが一般的です。
工程ごとに作られた順送型のプレス金型は、機械にセットして抜き打ち加工、穴あけ加工、せん断加工、縁取り、縁仕上げ、曲げ、絞りなどの加工を自動で行います。
順送型の金型を使用する場合には、一度に二つ以上の工程を行う事ができるので、スピーディーに製品の加工ができる事になるわけです。
ですがそれだけ複雑な金型を必要とするため、金型の価格が高価になる事が多いのが難点だと言えるかもしれません。

一方で単発型というプレス金型はどんな特徴があるのかというと、一つの工程を一つの金型で行う事になるので、せん断ならせん断、穴あけなら穴あけという形で作業を進めます。
違いは自動で行うための金型ではなく人の手で材料をセットして加工し、ずらして再び加工するという形になるのが違いだと言えるでしょう。
この二つのプレス金型の大きな違いは「自動で行えるかどうか」という事と「一度にいくつもの工程ができるかできないか」という点です。
単発型の金型は金型のコストは低くできますが、製品の加工速度では順送型には勝てません、それと同様に金型のコストの面では単発型の方が安くできるというわけです。
どちらの加工方法でもメリット・デメリットはあるものなので、どちらの加工技術で生産を行うのかをしっかりと検討する必要があるでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工における【絞り加工】について

プレス加工は金型を使って必要な形状に金属板を加工する事ができる加工技術です。比較的自由度が高く精密な製品を作る事も可能になりました。
そしてプレス加工にはいくつもの加工方法があるのですが、その中でも「絞り加工」という加工技術についてを、簡単ではありますがお話しいたしましょう。
絞り加工というのは金属の板を金型に挟み込み、金型と同じ形状になるまで高い圧力をかけて形成するという加工技術です。
イメージとしては金属の板を挟んで固定して、そこへ上下から金型を押し付けて、高い圧力でその金属を伸ばします。
つまり簡単に言うとプレス加工の絞り加工というのは、金属の伸びる性質を利用して金型と同じ形状にする加工技術なのです。
代表的な絞り加工の製品と言えば、アルミニウムでできた灰皿などがそうですね。あれも絞り加工の技術を使って作られた製品の一つです。
大量生産が可能になるため、安くて良い製品を作りたい時などにも利用されています。
絞り加工でできる形状もとても豊富で、円筒絞りといって円筒形にしたり、角筒絞りといってお弁当箱のような形状に加工する事ができたりします。
他にも異形絞りやすり鉢状になった形状に加工する事も、球体に加工する事も可能となっています。比較的自由度が高いというのも絞り加工の特徴かもしれません。
絞り加工に使う事ができる材料もかなり多く、ステンレスに鉄、アルミニウムや真鍮に銅など意外と使える金属が多いのも特徴の一つでしょう。
加工を行う時の時間も短いですし、何よりも絞り加工を行う事によって得られるメリットも大きく、製品の表面処理にも貢献してくれると言えます。
しかもコストの削減も可能なので、現在プレス加工の絞り加工での製品の製造を検討されているのならば、絞り加工で製品の製造をしてみてはいかがでしょうか。

太陽パーツではプレス加工の金型などの他に、プレス加工による製品の生産の依頼も受け付けております。詳しい事はホームページからぜひお問合せください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

機械の種類を使い分ける金属加工【ベンダー加工】とは

ベンダー加工とは? 簡単に説明すると、プレス加工の加工技術の一つで、金属を機械の圧力で曲げる(希望する形に変える)という加工技術の事をいいます。
この加工を行うためにはプレス機械が必要となり、プレス機械に加工したい形状の金型を取り付けて、その間に金属の板を挟み込んで加工を行います。つまり金型があればどんな形にも加工を行う事ができるのです。
しかも大量生産を行う事も可能なので、生産性の高い機械加工であると言えるでしょう。ただし使用するプレス機械に取り付けられる大きさや重さである必要があります。
ベンダー加工には手動で金属を曲げる加工法があったり、機械の力を利用して曲げ加工を行う事も可能で、機械によって加工できる形状や大きさも変わってくるのです。
当然NC装置のついたベンダー機械もありますので、同じ形状の製品を大量に生産するのに適しています。
金型さえあればどの機械で加工をしても同じような製品を作れると思われるかもしれませんが、製品の大きさや重さそして金属板の板厚などを考慮して、最適なベンダー加工を行える機械を選択する必要はあります。
意外に思われるかもしれませんが、ベンダー加工という技術を利用する機会はとても多く、金属加工の中で頻繁に利用されている加工技術でもあるのです。
ただ単に曲げればいいのかというとそうではなく、近年では精密な製品を求められる事も多くなったため、金型を製作する時には高い精度を要求されることも多いようです。
つまりベンダー加工で作られる製品は高い精度のものを製造できる事になり、それを実現させるためには精度の高いベンダー金型を作る必要がある事になります。

太陽パーツでは、ベンダー加工の精密金型を製作しています。お客様のご要望に合った金型を作る事でお客様に貢献する事が可能です。
もちろん部品の製作についての依頼も可能です。詳細についてはぜひ太陽パーツへご相談くださいますようお願い申し上げます。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工でも使用する「チタン」の特徴

金属はそれぞれ特性を持っているものです。金属で製造されている全ての部品は、用途にピッタリな特性を持つ金属を使って作られています。
例えばチタンという金属がありますが、チタンというのは様々な分野で活躍している金属です。そしてチタンという金属は3つの大きな特徴を持っている金属なのです。
一つはとても強度があるという特徴で、とても強くて傷がつきにくく製品はとても丈夫です。二つ目の特徴はとても軽い金属でもあります。
その軽さと丈夫さでメガネのフレームなどによく使われています。そして三つ目の特徴は錆びないという特性があります。
そのため自動車部品や生活用品や航空の分野やロケットなどの部品として使われており、ずば抜けた生体適合性があるため医療用としても活躍しています。
代表的なのが人工関節などでしょう。また人工内耳などにも使われていて、耳の不自由な方々の助けとなっているのです。
加工方法は様々ですが、プレス加工でもチタンはよく使われています。ただしとても素晴らしい金属であるチタンでも、金属加工をするときには弱点を克服しなくてはなりません。
チタンという金属はとても強度が高い金属ですが、その文加工をすると寸法精度がでにくいという弱点もあるのです。
そしてチタンのプレス加工が難しい最たる理由は、チタンという金属は他の金属と比べるとコストがかかってしまうという点です。
したがってプレス加工でもその弱点を考慮して加工しなくてはならないのです。そのため熟練したプレス加工の技術が必要になるのは間違いないでしょう。

太陽パーツでは、長年のプレス加工の技術によって、満足のいく仕上がりにできるよう最大限の努力をしております。
コストの面や技術の面でおたずねになりたい場合は、ぜひ太陽パーツへお気軽にお問合せください。

 

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス金型を用いた加工ではどんな事が出来るのか

プレス金型を用いた機械加工では、様々な製品を加工する事が可能です。プレスというと圧力をかけて潰すというイメージがあるようですが、その力を利用していろいろな製品を作り出す事ができるのです。

例えば、プレス金型を用いる事によってせん断加工ができますが、せん断加工には「穴あけ」「外形抜き」「切り欠き」「切断」といった加工を行う事ができます。
他にも「曲げ加工」を行う事ができますが、曲げ加工にも使う金型によって様々な製品を作り出す事ができるのです。
それぞれを簡単に説明すると、好みの大きさの穴を開けるための円形の金型を使って打ち抜きを行う事ができます。
外形抜きは製品の外周部分を打ち抜き加工を行います。切り欠き加工は部分的に分離する加工で、切り込みを入れたりする事ができます。
そして最後に切断を行い、製品を一つ一つ分離していくという加工なのです。これらは全てそれぞれの形状に打ち抜き加工ができるような金型を使って行います。
製品を作る場合には、これらの金型を順番に使って完成していくのです。
他にもプレス金型にはベンディングという曲げ加工を行う事ができますが、この加工にも金型をよく使っているのです。
V字型に曲げる事ができるような金型を用いたり、L字型に曲げる事ができる金型を用いたり、Uじ型に曲げる事ができる金型を使ったり、Z型の金型を使って段差のある製品を作る事も可能です。
最後に金型は直角だけではなくRを使って、絞り加工を行う事だって可能なのです。絞り加工は金属の板に圧力をかけて、伸ばして製品を作る事も可能なのです。
最近では、打ち抜き加工や絞り加工や曲げ加工の技術を上手に融合させた加工もできるようになっています。
例えばせん断と絞りを複合的に行い、より複雑な製品を作り出す事ができるようになったのです。それがバーリング加工であったり、ハーフピアスだったり切り曲げ加工だったりするのです。

太陽パーツではプレス金型を用いた複合的な製品を作るお手伝いをしています。詳しくは太陽パーツへお気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高速で加工が出来る機械プレスのメリット【プレス機】

プレス機械には大きく分けると「機械プレス」「液圧プレス」「パンチプレス」の3つの機械があり、それぞれに合った製品を製造するのに役立っています。
どんな加工ができるのかを簡単に説明すると、機械に取り付けた金型の間に薄い金属の板を挟み、高い圧力をかけて金型と同じ形状に製品を製造します。
そしてプレス機械でのプレス加工は、製品を大量生産するのに適している機械加工です。
高い圧力でプレスする事で製品を作るので、大量生産には向いていないと感じるかもしれませんが、材料を挟んでプレスして次の材料を挟み込んでプレスする。
この一連の動きを高速で行う事ができるため、プレス加工は大量生産に向いた機械加工なのです。
特にパンチプレスは穴抜き加工などを行ったり、型を撃ち抜いたりするのに用いられるのですが、一度に何個もとれる金型を作る事によって、より高速で製品を加工する事ができるのです。
油圧式のポンプを使ったプレス加工も、NC装置やCNC装置を付ける事によって、より高速でより精度の高い製品を生産する事ができるのです。
プレスのメリットはそれだけではありません。例えば油圧式のプレス機械の場合、大型の製品を生産するほどの力を持っているので、自動車の車体などを作るのに適していると言えます。
水圧式よりも油圧式のプレスの場合は、製品はもちろんですが機械自体もさびないというメリットがあります。
メンテナンスが簡単なのもメリットの一つだと言えるでしょう。しかも制御性が高いために同じ液圧プレスでも、水圧式よりも制度の高い製品を作れるとして知られているのです。
プレス機械の製品の製造に使われているのは板状の金属です。実はプレス機械で製品を作るときに、高速化できる理由の一つに材料も含まれています。
近年、より複雑な形状の製品を作るために、プレス加工を行う時に使う材料はロール状になっているため、高速で製品を作る事ができるようになったのです。

これらの理由からプレス加工は精度の高い製品をより早く欲しいという時に適していると言えるのです。
太陽パーツではプレス加工でもお客様に満足のいただけるよう努力をしています。お見積りや製品や金型についてのご相談はいつでもお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.