太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工

プレス加工 Archive

へら絞り加工(スピニング加工)の加工方法について

日本は製品の加工をする技術が昔から高いとされ、その中の一つに金属加工の技術だと言われていますね。
例えば、伝統的な加工方法でもある「へら絞り加工(スピニング加工)」の事をお話したいと思います。

▼へら絞り加工(スピニング加工)とは?
たまに大きな薄い形状の製品を見ると「どうやって作ってるんだろう?」と思われた事はありませんか?例えば蓄音機などのラッパの部分がそうでしょう。
へら絞り加工というのは、あんな円形の大きな薄い金属の製品を作る事ができる技術なのです。もちろんスピニング加工自体は専用の機械が必要です。
ほとんどは回転する板を技術者が「へら」や「ローラー」などを押し付けてプレス加工を行う技術なのです。

▼へら絞り加工(スピニング加工)の加工方法
一枚の板金を回転する機械にセットして回転させます。
次に回転している板に少しずつローラーやヘラを使ってプレスしていきます。
すると押し付けた部分が変形していき、目的形状になっていくのです。
加工時には成形型をセットしているため、最終的には成形型の通りの形状ができあがる仕組みになっています。


絞り加工を利用した製品には様々なものがあります。
例えば、パラボラアンテナなどがこの方法で製造されていたり、照明器具などの製造にも利用されています。

近年では、NC制御ができる絞り加工の機械もあり、へら絞り加工の技術も上がってきています。
横に溝が入っている製品、円筒状からテーパーのついた形状にするなど、さまざまな形状を製造することができます。


太陽パーツでは、様々な加工に対応しております。
作りたい製品でお悩みやお困りのことがございましたら、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工のせん断加工について

プレス加工の中には、せん断加工というものもあります。
せん断加工は、金属の板などを切断することで成形するという加工方法です。

実はプレス加工では定番の加工方法の一つになります。
また、せん断加工には別の呼ばれ方もあり、「打ち抜き加工」や「パンチ加工」といった言い方をすることも多く、薄い金属板の加工に最適な加工方法です。

ちなみに、せん断加工は大きく3種類の加工方法にわけることができます。

●打ち抜き加工
所定の大きさにカットする時などに利用されている加工方法で、指定したサイズ通りの大きさや形に切り抜きをしていく加工です。
例えば、自動車のフレームなどを製造する最初の段階の切り抜きを行ったりするのに利用されてます。

●穴あけ加工
必要な穴を開けるための加工方法で、穴あけをするパンチ加工もせん断加工の一つとして分類されています。
一度設定すると何枚でも穴あけすることができ、軽量化をするためのたくさんの穴あけなどをする際にも使われます。

●分断・切り込み加工
部品に切り込みなどを入れる時の加工もせん断加工の一つです。
スリット加工とも言われ、コイル状になった薄い板にスリットを入れる加工方法になります。
大きな一枚の板を細かく分ける時にも使用され、それぞれのサイズのコイルを購入するよりも、大きなコイルを分けた方がコストダウンができるとして利用されています。

このようにせん断加工はさまざまな製品づくりに利用されている加工方法です。
薄い金属の加工をする場合には最適であり、コストダウンを考えている場合に有利な加工方法んもひとつなのです。


太陽パーツでは、せん断加工を含めたプレス加工も得意としております。
お客様の製品づくりにおけるお悩みや問題点など、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【プレス加工】絞り加工とはどんな加工法?

プレス加工はさまざまな加工ができるため、あらゆる分野の製品づくりに利用されています。

プレス加工にもいくつか種類がありますが、中には絞り加工というものもあります。

絞り加工というのは、薄い板状の金属を型を使って変形させ、三次元的な物体に変形させる加工です。
絞りと聞くと「絞って何かを作るのか?」]と思われがちですが、実は型などを使って板を立体的に加工する加工方法のことなのです。


●絞り加工の加工法について
絞り加工では、予め必要な形状にするための型を作ります。
この時上下で挟み込みますので『オスとメスの金型』を製造しておく必要があります。
その金型を上下に設置して間に薄い金属の板を置き、ゆっくりと強い圧力で噛み合わせていきます。
するとその型通りに製品ができあがるという事になるのです。

また、絞り加工で作られる製品は、大きさも比較的自由に作る事ができるため、フレームなどさまざまな分野で利用されるものを作ることができます。
薄い金属なのに強度もある程度高く軽量化も実現できるので、多くの分野で利用されている部品を作り出す事が可能です。


金属の加工方法には色々なものがありますが、プレス加工で作った方がメリットが高いものもあります。
その一つが少ない材料で作る事ができるということです。
切削などで作ると大量の切り粉になってしまいますが、プレス加工の絞り加工の場合は切り粉が出る事はありません。つまりコストダウンをする事ができるという事になるのです。


太陽パーツでは、絞り加工を含めたプレス加工での製品づくりも承っております。
その他の加工法にも精通しているからこそ、お客様の製品づくりをトータルでサポートし、お客様にメリットのある方法をご提案させていただきます。
ぜひモノづくりのことでお困りの際、お悩みをお持ちの際はお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の主な分類について

プレス加工は多くの分野で利用されている金属の加工方法の一つです。
プレスという言葉を聞いて想像できるように、強い圧力を使って金属を形作っていく加工方法であり、特に大量生産をする時に非常に有利な加工法です。

プレス加工に必要なものは、他の加工方法同様に『金型』が必要です。
そのため、プレス機械の上下に取り付ける金型を用意します。
金型と金型の間に金属の板を挟み込んで、プレスをして成形していきます。


そんなプレス加工は、目的形状に合わせて数種類の加工方法があります。
今回は、絞り加工、抜き加工、曲げ加工について、簡単にご紹介いたします。

・絞り加工
薄い肉厚の器状の製品を作る時に利用されている加工方法です。
これは薄いのに頑丈な製品を作ることができる加工方法だとも言えます。

・抜き加工
上下の型のふちの部分が刃物になっており、間に挟んだ金属の板を型通りに打ち抜くという加工方法です。
パンチ加工とも言われます。穴あけ加工をしたりスリット加工をするのもこの抜き加工に分類されています。

・曲げ加工
型がなくても曲げ加工をすることは可能です。
角度はNC制御をする機械で目的の角度に合わせた加工ができます。角曲げの他に丸曲げを行なう事も可能です。


プレス加工では主にこの3つの加工法に分類できますが、どの加工方法を選ぶのかは必要な部品の形状により決めます。
中には意外にもプレス加工で加工をした方がコストダウンができたり、精密さを求められる部品にも用いられることもあります。


太陽パーツでは、プレス加工により製品づくりもサポートしております。
プレス加工をお考えの際には、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板バネ加工でも大活躍のプレス加工

機械加工によって作られた製品は、実は他の機械加工を刺せていることも多くあります。

例えば、そのひとつがプレス加工で製造される「板バネ」です。
実は板バネというのは他の機械加工のためのスプリングなどとして使われています。

さらにプレス加工は、一枚の金属板を曲げたり切ったりして加工を行ないますが、現在ではプログラム制御がしっかりしているため、小さな板バネなども作り出すこと可能です。

特にバネの加工は、しっかりとした制御がされていないと安定した部品を作り出すことが難しいのもプレス加工の特徴です。
プレス加工によって作られた板バネは、機械加工を行う加工機だけでなく。携帯電話やパソコンの部品として使われていたり、コネクターなどの部品として使われることも多い部品です。

そのため、製造は一つや二つではなく、量産される場合がほとんどです。
だからこそNC加工であれば、同じ寸法精度で大量生産が可能になります。

板バネを製造する技術は、最近ではキッチンツールなどにも利用され、あらゆるところに応用がきく技術でもあります。


太陽パーツでは、板バネを含めあらゆる部品製造もサポートしております。
アイディアがあってもなかなか実現ができないとお悩みの方は、一度太陽パーツまでご相談ください。
太陽パーツでは、お客様のアイディアをカタチにするご提案もしております。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

調理器具の製造にも利用されているプレス加工

プレス加工の技術は、あらゆる分野で利用されています。
ただし、その数は豊富にあるためプレス加工によってできる製品と言われても、あまり思い浮かばない方もいらっしゃるかもしれません。


プレス加工が利用されている製品といえば、調理器具類がそのひとつです。
例えば、器具の裏パネルに利用されていたり、調理には欠かせないフライパンなどに利用されています。

薄い金属に穴あけ加工を施すことも簡単にでき、トースターなどの調理器具のパネルや部品として使われることもあります。

簡単な形状から複雑な形状まで製造できることもプレス加工の利点です。
何よりも小ロットであっても大ロットであっても対応ができるのもプレス加工の良いところなのです。


普段私たちが使っている調理器具にもプレス加工の技術が活かされています。
太陽パーツでは、そんなプレス加工の技術をご提供しております。
プレス加工での製品製造は、1個の試作から大量生産までお気軽にご相談ください。小ロットでの製造にも対応しておりますので、まずは太陽パーツまでお問い合わせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

家電製品にも多く利用されているプレス加工

プレス加工で製造されるものといえば、なにをご想像されるでしょうか?
例えば、機械部品の製造に力を発揮していることは想像できると思いますが、実はもっと多種多様な部品・製品の製造に利用されています。

中でも多いのが、家電製品の製造です。
現代では、家電製品を利用したことがないという方はほとんどいないでしょう。

例えば、蛍光灯の点灯管カバーなど、意外と小さな部品の製造にも携わっています。
冬には欠かすことができない炬燵カバーやストーブのカバーなども、プレス加工により作られた製品が多く利用されています。


プレス加工によって作られた製品は、何も大型の機械だけではありません。
工業機械や車の部品だけでなく、私たちが普段使っている家電製品など、身の回りにあるものにも多く利用されている技術です。

太陽パーツでは、プレス加工、絞り加工、精密プレス加工などの技術で、お客様の目的形状の製品づくりをサポートいたします。
試作の段階からでもご対応しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高い精度で大量生産もできるプレス加工

製品を製造するためには1に設計、2に加工、3に組み立てをする必要があります。
その工程の2段階目には加工することになりますが、どの加工法を選択するかにより、製造コストは大きく変わります。つまり、加工次第ではコスト削減にもつながります。

例えば、大きくえぐるような部品の製造の場合、大きな材料から削りだすのでは材料や時間などが無駄になります。そのため、この場合はプレス加工を選択することがコスト削減につながる可能性があります。

プレス加工を行えば削り出しをするよりも精度が落ちるのでは?と思われるかもしれませんが、そんな事はありません。
プレス加工でも設計の寸法通りに製造する事が可能ですし、強度も良く、薄くて軽くて丈夫な製品を作ることができます。

また大量生産も可能であり、均一な製品を作ることができるのでその後の作業効率も上がります。しかもプレス加工では金型がありますので、量産に最適な製造法だと言えるのです。


プレス加工は量産効果を効率よく上げる事ができる製造方法の一つです。
不良が出ることも少ないため、複雑な形状の製品にも適しています。
太陽パーツではプレス加工を含め、あらゆる製造方法に対応しております。
皆様が作りたい製品の製造方法を見直したい際などもお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工で使用する機械について

プレス加工といえば、皆様はどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?
既にご存知の方であれば、金型の取り付けられた機械に素材を挟み、両手でスイッチを押すと金型が降りてきて圧力をかけて製品を作るというイメージをされるかもしれません。

上記のような手動で行うプレス加工もあり、このプレス加工で使用される機械の種類はC型と呼ばれています。
これは横から見たらアルファベットのCの形に似ているからです。ただ人に危険が及ぶものの場合には、当然ですがプレス加工も自動化されている事が多くなってきています。

また、プレス加工に使用する機会はC型以外にも様々な種類のものがあります。
どの機械を使用するかは、プレス加工の機械もたくさんの種類があり、加工や製品に合わせて選びます。
例えば、目的形状のものを製造するためにどのくらいの圧力をかける必要があるのかなどで選択します。つまり形などではなく圧力によって剛性の高い種類の機械を使うという事になります。

以前はプレス加工をする場合の機械の種類は金型が違っても同じ機械ということも多くありましたが、最近では用途や製品の形などによって機械の選べるようになってきています。

太陽パーツでは、プレス加工においてもお客様のご要望に可能な限りお応えいたします。
作りたい製品のこと、コストダウンについてなど、どのようなことでもお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型の数だけ製造できるプレス加工

プレス加工は金属を比較的自由な形にする事ができるので、とても重宝する加工方法です。

ところでプレス加工とはどんなもの?とあまりプレス加工をご存知ない方に簡単に説明いたします。
プレス加工というのは一般的にはオスとメスの金型があり、その間に金属の板などを挟み込み、何トンという圧力をかけて目的形状に成形する、言わば抜き出しのようなものだと考えていいでしょう。

プレス加工には、さらに加工の仕方にいくつか種類があります。
一般的な打ち抜き(型の通りに切り抜く)や穴あけに切断、それに部分的に切り取る「ノッチング」などがあります。

もちろん切断や打ち抜きだけではなく、曲げるという加工もプレス加工は可能です。
型によって曲げる形も違い、V字型やL字型にU型にN型にZ型などさまざまな用途に合わせた曲げも可能なのです。
一般的に曲げることをベンダーと言います。

一貫したラインを作りAからZまで流れると一つの製品になるという事も可能になるのがプレス加工の素晴らしいところです。それぞれのラインに違う種類の型を使えば良いというわけです。
一貫して作られたものを組み立てた製品は強度があり柔軟性に優れているため、精密機械などの部品として使われる事が多いと言えます。


プレス加工は金型によりさまざまな製品づくりが可能です。
プレス加工を含め、太陽パーツではあらゆる加工方法に精通しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.