太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工

プレス加工 Archive

タレットパンチプレスの特徴

プレス加工は従来とは違い、最近ではコンピュータ制御でプレス加工を管理するタレットパンチプレスが主流になってきています。

もちろん大型の原始的なプレス加工機も依然として用いられていますが、指などをケガする可能性があり、安全性に欠けているとされています。
また、さらなる効率を求めるため、原始的なプレス機械は今では減少傾向にあります。

タレットパンチプレスなら自動で機械を運転が可能なことから、時間による制約がなく、24時間稼働できるメリットがあります。
しかも一度に複数の形を打ち抜くことができたり、金型を自由に交換できます。
実は金型の交換も自動で行えるため、プログラムさえ組んでおけばすべて自動化できます。

一般には面積の比較的大きい鉄板をいくつも重ねたものをフィーダーに設置しておきます。
自動で機械が供給するシステムを採用していれば、原始的なプレス加工機と比較すると、ほぼすべての部分を機械化できるため、人件費が大きく節約できます。

ただタレットパンチプレスの1つの欠点として肉厚の鋼をプレス加工するのが苦手という点が挙げられます。
通常は2ミリ~3ミリの厚さ程度で、それ以上のパンチプレスになると工具の刃に負担がかかります。そのため、肉厚の鋼合金などを連続的に打ち抜くのであれば、従来のプレスマシンが適しているという面があります。

太陽パーツでは、従来のプレス加工からターレットパンチプレス加工まで、お客様の作りたい製品に合わせた加工が可能です。
プレス加工のことでお困りのこと、要望などございましたらお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

硬貨製造にも利用されているプレス加工

プレス加工では、加工素材を対になっている工具と工具の間に挟み込み、強い力を加え、目的の形状に成形する技術です。

日本における金属プレス加工業は、明治時代の日清・日露戦争等で使われた弾薬などの武器の製造や、硬貨の生産にプレス機械が採用されたこと等、国からの大量かつ迅速な発注があったがゆえに発展してきたものといえます。

硬貨は何年にもわたり非常に多く製造されていますが、これら硬貨を大量かつ迅速に生産することを可能にしたのはプレス加工が発展してきたからです。プレス加工により、ある程度硬貨としての形を作り、次に偽造がなされないように隠し文字やすかし等を入れています。

また、1円玉はアルミニウム、5円玉は黄銅、10円玉は青銅、50円玉と100円玉は銅とニッケル、500円玉は黄銅とニッケルと、それぞれ異なった素材で製造されています。
いずれも柔軟性を備えた金属なのでプレス加工が可能となっています。

このように、私たちが当たり前のように利用している硬貨はプレス加工によって製造されており、プレス加工業は私たちの生活を支えています。

た、オリンピックのメダル等も硬貨と同様にプレス加工により製造されています。
デザインも金型に合わせて多種多様に製造することができるので、非常に汎用性のある加工技術となっています。

太陽パーツでは、プレス加工にも対応しております。
メダルなどの円型の形状以外にも様々な形状のものを成形しますので、ぜひお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工で重要な金型の3つのポイント

プレス加工は、対となった工具の間に素材を挟んで、強い圧力を加えることで素材を金型と同じ形状に成形することを言います。

プレス加工において一番重要な点は、やはり金型です。
まず、金型に求められる性能として、耐久性です。何度も非常に強い圧力を加えられることにより、金型が摩耗してしまうこともあります。
しかし、この耐久性を高めることによって、金型を交換するコストを削減することが出来たり、生産をストップさせることなく生産できるようになるため、プレス加工にとって金型の耐久性は非常に気になる点となります。

次に、強度が求められます。
金属には、マグネシウムやアルミニウム、金等の比較的やわらかい素材の金属素材もありますが、超高合金や、チタン合金等の硬度の高い金属をプレス加工する場合もあるかもしれません。
その際に金型が欠けてしまったり、変形してしまうと作業が止まってしまい、余計にコストがかかってしまいます。
もちろん、硬度が高すぎてプレス加工できない素材もありますので、その点は見極める必要がありますが、ある程度強度のある金型である必要があります。

そして、やはり寸法精度も非常に重要な点です。
寸法精度の良い金型であれば、寸法精度のよいプレス加工製品を製造することができ、それゆえお客様のニーズに沿った加工製品を製造することができます。
このように、プレス加工においては金型が非常に重要な点になってきます。

太陽パーツでは、プレス加工に必要な金型を耐久性、強度、高い寸法精度でお作りいたします。
また、NCタレパンやレーザー加工にも対応しておりますので、プレス加工をお考えの際にはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工とその他加工技術との融合性

プレス加工は、金型を板材に抑えつけて、素材を目的形状に成形する技術です。
主に利用されているものといえば、自動車ボディへの展開をイメージされるのではないでしょうか?

実はプレス加工は、ただ任意の形に曲げで表現させることを主の目的としているだけではなく、抜きや切断、押し出しなどに加え絞りなどの表現も可能となり、それだけで製品の成形も可能としています。

分野的には精密板金加工に大別されそうな技術もプレス加工には存在しており、その精度の高さの割に生産性が非常に高いことが魅力的でもあります。しかし、複雑形状の成形などは他の加工方法に比べて不利な部分はあります。

例えば、車のボディ周りの技術については金型の構成や設備の大きさなどで設備コストがどうしても高くなってしまいます。その点は、アルミ化で溶接できる材料も登場している今、大型のものはてはダイカスト製品との複合構成での採用などが、コストメリットにも大きく貢献できるかもしれません。

つまり、プレス加工だけでなく、ダイカストだけでなく、両方を合わせた成形技術を考えることで、品質の向上とコストメリットを出すことができると考えられます。


太陽パーツではプレス加工を始め、切削加工などの機械加工、ダイカストなどの鋳造法にも精通しており、お客様の製品製造の品質向上、コストメリットを考えた提案をしております。
現在、製品づくりにお悩みの方、コスト削減をご検討されている方は、ぜひ一度ご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工の仕組みと幅広い用途

金属加工の中でもよく利用されるもののひとつが、プレス加工です。
プレス加工とは、素材を工具や金型の間に挟みプレスすることで、素材を目的の形状に合わせて成形することで、一般的には塑性加工とも呼ばれています。

金属プレス加工によってつくられる製品は、自動車、情報家電、ロボット、医療・福祉・バイオ関連、電池など、幅広い分野での利用されています。

そんなプレス加工の特徴としては、連続加工が可能なため生産性が高いという点があげられます。
プレス加工では、金型を使用することにより均一で精度の高い製品を多量に製造することができるだけでなく、加工工程そのものを自動化することが容易なため、より高い生産性を求めて製造ラインを改良していくことも可能です。
また、加工速度が非常に速いのも特徴のひとつで、より一層生産性の高い加工ラインをつくることができます。

代表的な加工としては、金属板を加工する板金プレス加工や金属の塊を加工する鍛造プレス加工、また粉末状の鋼を熱間静水圧で圧縮成形する粉末プレス加工などがあります。

今後、プレス加工の用途は、より複雑な形状で高い精度が要求される部品、小型化・軽量化ニーズにともないより微細で高精度な部品の成形や軽合金の成形などが求められています。
さらには、プレス加工時に発生する騒音や振動に対する対策や省エネ技術への対応など、環境面での配慮も求められています。

太陽パーツでは、プレス加工にも強みを持ち、お客様の目的の形状、製品づくりをサポートしております。
プレス加工を含めた金属加工、機械加工のことは、どのようなことでもお気軽にご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

プレス加工技術の最新技術について

現在、さまざまな分野で最新のプレス加工技術が使われていますが、中でも自動車の部品製造では多くの革新的な技術の導入が進んでいます。

現在の自動車の駆動構造はモーターを主としたものへと徐々に変化をしはじめています。
駆動機構以外でも自動車には多数の小型モーターが使用されていて、中には1台の自動車に120個ものモーターが使用されているケースもあります。

こうした自動車用モーターの需要が急速に高まる中、モーターコアの生産でも画期的な工法が開発されています。
モーターコアは、厚さが0.15~0.50mmほどの電磁鋼板を数十枚から数百枚重ねあわせて作られており、このプレス加工には高度な技術が必要とされます。
モーターコアの生産で、打ち抜いたコア素材を単純に積み重ねると、材料の板厚誤差によって品質にバラつきが生じ、低品質のモーターコアが出来上がってしまいます。

従来、精密ストレートサイドプレスで毎分800回が限界スピードと言われていた回転数を、従来比50%アップの1200SPMという超高速で回転させる超高速の加工法によって、生産性の向上と同時に高品質な加工を実現することができるようになっています。

これらは、高速転積をおこなう積層装置、高速加工に対応した金型指令デバイス、高速素材送り装置、アンコイラの開発によって始めて可能となった最新のプレス加工技術です。


太陽パーツでは、プレス加工にも強みを持ちお客様のモノづくりをサポートしております。
お困りのこと、新しいアイデアなど、どのようなことでもまずは太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイクエンチとというプレス加工法について

プレス加工の中でも近年特に注目されている特殊加工が、ダイクエンチです。
名前の由来はダイ=型、クエンチ=焼き入れという二つの言葉からの造語になります。
その名の通り、型抜きを行うと同時に焼き入れを行い、素材性能を向上させるという画期的なプレス加工法です。

ダイクエンチは、もともと海外で開発されたプレス加工法ではありますが、日本国内でも適用が進み、自動車ドアの側面衝突安全対策部品などに応用されています。
ホットスタンプ、ホットプレスといった分かりやすい呼び名で呼ばれることのありますが、ダイクエンチというプレス加工法は、加熱した鋼板を金型でプレス加工し、金型と鋼板の接触による冷却を利用して焼き入れを行います。

オーステナイト領域(加熱による組織変化をさせる)まで加熱した鋼板をプレス加工により、マルテンサイト変態させます。マルテンサイト変態した材料は極めて強い強度が得られます。
このプレス加工法は加工とマルテンサイト変態を同時に行うため、成形することによって生じる残留応力の発生が小さいという利点があります。
その代わりに、一度加工してしまうと、靭性のない、マルテンサイト変態後の金属は追加の曲げ加工などの塑性加工を嫌うという難点があります。

海外ではフォルクスワーゲンなどの自動車メーカーが積極的にこのプレス加工法を取り入れています。


太陽パーツではプレス加工による製品製造、加工を行っております。
お客様の求める形状、品質、製品づくりをあらゆる技術でサポートしておりますので、まずは一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

幅広い製品製造が可能なプレス加工と主な加工品について

多くの製品はプレス加工機によって製造されています。
プレス加工は、金属素材などを金型の間に挟み込み、強い圧力を加えて金型の表面に押し付けて、成形する加工法になります。

プレス加工の際には、プレス加工機を使用します。
これにより、短時間で継続的に同じ製品を作ることが可能となり、大量生産したい製品を製造する場合に適しています。あらゆるモノづくりの現場において使われている機械の一つです。

プレス加工機は上記のとおり、非常に強い圧力をかけて金属等を金型と同じ形状に変えていくので、危険も伴います。したがって安全対策はしっかりとらなければなりません。
自動車製造の分野においては、プレス加工機は非常に使われています。たとえば、ドアパーツや、ホイール、ボンネットやルーフ等もプレス加工機によって大量生産されています。

また、自動車関連だけでなく私たちが日常目にする多くの製品、エアコンや冷蔵庫、洗濯機や電子レンジ等のボディや内蔵されているコンプレッサーなどにもプレス加工機によって製造された製品が用いられています。

さらに、もっとも身近なものもプレス加工機によって製造されています。
それは、硬貨です。日本では一円、五円、十円、五十円、百円、五百円の6種類の硬貨が流通していますが、これら全て日本銀行でプレス加工機によって製造されているものです。

プレス加工の歴史は非常に長く、伝統工芸品の花瓶や壺等もプレス加工を用いて製作されているものもあります。プレス加工機は大量生産に非常に適しており、また、私たちにとって無くてはならない存在となっています。


プレス加工による成形・製品製造をお考えの方、今よりもより効率的な方法をお考えの方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【プレス加工】型抜きプレスとタレパンのメリット・デメリットについて

プレス加工の中でも、原始的な型抜きプレスとコンピュータ制御のタレットパンチプレス(通称タレパンと呼ばれる)があり、双方に有利な点と不利な点があります。

原始的なプレスマシンは比較的肉厚の平板を型抜きできますが、実際の型抜き以外はすべて手作業であるため作業スピードが遅く、人件費がかかります。また、作業に危険が伴い、リスクが高いという点もありますし、作業者によって製品の仕上がりに優劣が出てしまうという難点があります。

一方で、タレットパンチプレスはNC制御であるため、操作者による製品の仕上がり優劣は一定です。また、自動で制御されるため、一度プログラムを組んでおけば、24時間製品加工することができます。
そのため、タレットパンチプレスは人件費の削減に大いに寄与しています。

一度に大量に、さらに、原始的なプレスマシンとは比べ物にならないスピードで型抜きができる反面、タレットパンチプレスは肉厚の平板を打ち抜くことが苦手です。
そのため、比較的薄い平板を用いてどれだけ製品強度を上げるかが、設計段階での課題となります。

太陽パーツでは大量生産から1個の試作まで、お客様にメリットのあるご提案をしております。プレス加工のことなら太陽パーツまでご相談くだしあ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

安全対策が必要不可欠なプレス加工

プレス加工を行う際には専用のプレス加工機を用います。
プレス加工機は金属などの加工したい材料を金型の間に挟み込み、上下に動き、強い圧力をかけます。

上下動にスライドさせる方法としては2種類あり、1つは機械式と呼ばれているものであり、2つめは油圧式と呼ばれているものがあります。
機械式はモーターの回転運動をコネクティングドット等を用いて往復運動に変える方法であり、油圧式は油に圧力をかけてスライド動作をさせる方法です。

そして、金型表面に金属を押し付けることによって金型と同じ形状の製品を作り出す機械になります。
したがって、プレス加工機は同じ形状のものを非常に早く、かつ大量に製造することができます。


プレス加工機は、上記のとおり非常に強い圧力をかけて金型と同じ形状の製品を製造するため、それだけ危険もともなう機械ともいえます。

例えば、金型などに身体の一部が挟まれてそのままプレスされてしまうといった労働災害の報告も少なからずあったり、金型に挟み込み金属の破片が飛んで身体にあたったという事例もあります。
また、プレス加工機による事故はその多くが重傷を伴っているため、プレス加工機を使う場合には非常に注意しなければいけません。
そのため、安全対策には非常に気を付けています。

安全対策を怠ってしまうと事故の発生につながってしまい、従業員のケガやそれによる工場稼働率の低下を招いてしまうことから、安全対策措置を採ることは非常に重要なことです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 機械加工 > プレス加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.