太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 板金加工

板金加工 Archive

板金を加工する「レーザー」と「タレパン」の比較

板金加工を行う技術にはいくつかの方法があります。一つはレーザー加工、そしてもう一つはタレパンです。
この二つの機械は同じような製品を生産する事が可能ですが、生産された製品は同じではありません。
今回は、レーザー加工とタレパン加工を比較して、どう違うのか?それぞれのメリットは何かについてをご紹介いたします。
まずレーザー加工ですが、レーザー加工はレーザーを照射して板金を加工する機械です。レーザーは光を一か所に集めてその熱で金属を加工するというイメージをするとわかりやすいかと思います。
レンズを使ってレーザーを照射しますが、CO2レーザーとYAGレーザーそしてファイバーレーザーという3つの種類の機械があります。
CO2レーザーは炭酸ガス、YAGレーザーは固体レーザー光線、ファイバーレーザーは光ファイバーを用いた個体レーザーです。
レーザー加工機で生産された製品は、ダレや返りの無い製品を作る事が可能です。さらに金型を使う事はありませんので段取りをする必要がありません。
また、複雑な加工ができるのも特徴の一つです。レーザーなので工具を使う必要が無く、工具の交換を行う時間も短縮する事が可能です。
ただし加工速度は高速とは言えません。さらにプログラミングを行うというよりも、グラフィックソフトを活用して加工を行うので、ソフトウェアの知識を必要とします。
さらにレーザーの焦点深度は短く、最大で3cmくらいの厚みの金属板の加工までしかできません。また、熱で溶かすという加工なので熱に強い金属の加工には向かないでしょう。
簡単に言えばレーザーの熱で丁寧に焼き切るという加工技術なので、どうしても熱による変色は避けられません。色が変わったらまずい場合には研磨などが必要になります。
高度な技術なので一つあたりのコストは高めになります。

ではタレパンは?というと、タレパンは金型を使って高い圧力をかけて切断する加工技術です。
レーザー加工と同じように薄肉の金属板を打ち抜く事で製品の生産を行いますが、こちらは高速で製品の生産を行う事が可能です。
形状によっては金型を必要としない事もあるので、小ロットでも低コストで製品の生産を行う事ができる点もタレパンの特徴でしょう。
また、レーザー加工では加工ができない素材であっても、タレパンなら加工ができるものもあります。突然の設計変更にも柔軟に対応する事ができます。
ただし、加工できる肉厚は3mm程度、加工は上から刃物が落ちてきて切断するという加工になるので、当然ですが裏側は返りやダレができます。
キレイな断面が必要な場合には、こちらも研磨などの加工が必要になります。コストの面で言えば圧倒的にタレパンの方が低いです。
同じ加工でもメリット・デメリットがありますので、製品に必要な条件に合った加工方法を選択すると良いですね。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製品化に重要な役目を果たす板金加工の接合技術

板金加工はさまざまな分野で活躍しています。例えば工業用の機械のフレーム部分などには、板金加工で製造された部品を接合して製造されています。
今回は板金加工の接合技術についてをご紹介いたします。

金属板を加工して機械などのフレームとして使う時には、必ず接合作業を行わなくてはなりません。ねじ止めで止めるケースもありますが、多くは接合して安全性を高めています。
板金加工での接合技術には以下の三つの方法があります。
①ボルトやリベットを使った機械的接合法
この方法は接合するパーツにねじ穴をあけ、ボルトとナットを使ってしっかりとねじ止めをする方法と、リベットという部品を使って接着する方法です。
機械のメンテナンスなどを行う時のために、開閉を必要とする場所などに利用したりします。リベットを使って溶着する場合はすべてを溶着しなくても済む場所の接合に向いた技術です。
ボルトやリベットで接着すると、一部に亀裂が入ったとしても全てに亀裂が入らないというのもメリットでしょう。ただし剛性を考えたらボルトやリベットの数を多く必要とします。
工程数が増えることにつながりコストがかかったり、その分総重量が重くなってしまうのもデメリットです。

②接着剤などを利用して接合する接着剤接合法
この技術は異材同士を接着させる事が容易なため、多くの部品の接着に利用される接着技術です。接着剤を使う事で短時間で接着できるのが特徴です。
接着剤を使う事で熱などを発さないため、熱による変形やそのままの材質の特性を活かす事が可能です。リベットやボルトなどよりも見た目もすっきりとしています。
また、電気や熱などの絶縁効果も期待できます。ただし物が大きくなると接着効果を得るための時間がかかり、固定させておく必要があるのがデメリットと言えます。
接着剤を使用するため耐熱効果に限界があるというのもデメリットだと言えるでしょう。

③溶着などの治金的接合方法
この方法は溶接などでパーツを接合する方法です。比較的自由度が高いのがメリットで、短時間で溶着する事が可能となるのもメリットだと言えます。
ぴったりと密着させることができるので、気密性が必要な時や水密性を必要とする時に最適な接着技術です。組み立ての時の工程数も他の接着方法と比べると少なく済みます。
これらの板金による接着技術は組み立てる製品の大きさや用途などによって変える必要があります。それぞれに最適な接着技術を使えば、効率的に製品の生産ができるわけですね。

太陽パーツでは板金加工の技術に自信があります。お客様の要望に沿った製品の生産を心掛けています。
製品の生産や組み立て機械の製造、金型の製造のをお考えでしたら、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

人の手・機械で幅広い製品を作れる板金加工の特徴とは?

板金加工は幅広い製品に役立てられている加工技術で、自動車の部品や様々な家電製品の部品、さらに一般家庭で使われている様々な日用品に至るまで生産されています。
精密部品の製造も行われていますが、板金加工というのは機械だけで賄えるものではありません。なぜならば板金加工の製品の多くは組み立てまで行う事が多いからです。
金型で打ち抜きしたり曲げたりして製品の加工を行いますが、薄い金属から製造するために反ってしまう事があるのが現実です。もしも反ってしまった場合組み立てを行う時にうまく組み合わされない事もあるでしょう。
組み立てを行う時にはスムーズに組み立てられた方が生産性もアップします。そのため板金加工では人の手や人の目、感覚も駆使しながら良い製品を作り出しているのです。
製品に反りが出た場合は反りを人の手でなおします。一つ一つの部品に不具合が無いかどうかは人の目で確かめ、一つ一つを丁寧に組み立てていくのです。
万が一部品の変形が見られた場合にも同じように、専用の工具やハンマーなどを使って修正していきます。これはたとえオートメーション化されても変わりません。
こうして修正を行い目で見て確認をする事によって、よりよい製品を作る事ができるよう機械も発展しているのですね。
製品自体が薄いからこその悩みでもあるこうした変形があっても、できる部分は人の手で修正しながら生産できるため、より複雑で精度の高い製品を作る事ができるのです。
これらの技術者の職人技によって、不良の少ない製品づくりを可能としているのです。
板金加工の特徴は肉厚の薄い製品を大量生産できる事です。高速で製品の生産ができるだけに起こってしまう、反りや歪みは機械の性質上仕方がない事でもあるのですね。
太陽パーツでは板金加工の特徴を最大限に活かし、よりよい製品をより多くのお客様にお届けするために、金型の設計や職人の手や感を駆使して製品の提供をしております。
板金加工による製品の生産を検討されているのであれば、どんな些細な事でも構わないのでぜひ気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工ではどんな機械が使われている?

板金加工は私たちの暮らしを便利にしてくれる様々な製品を作り出す加工技術です。板金加工というと自動車のへこみを元に戻すイメージがありますが、いろいろな加工を行う事ができる技術なのです。
現代の板金加工は手作業で行うものだけではなく、金型を用いて薄い金属板を挟み込んで金型の形状を転写する、板金加工機械を使った製品の生産も行われています。
そして自動で製品を加工する事ができるので、大量生産が必要な製品に多く用いられているのです。自動車のボディやドアなど様々な製品に使われているからこそ、自動車を安く手に入れる事ができるのですね。
板金加工は使う金型によってプレス加工と板金加工とに分けられていますが、一般的な板金加工機械にも種類があって、精密板金といって複数の金型を組み合わせ、一つの製品だけではなく複数の製品にも対応できます。
複数の金型を組み合わせて作る事ができるため、精密板金は大量生産ではなく小ロットの製品の生産に対応できる機械でもあるのです。
板金加工機械で製造できる製品は、機械などのカバーなどを加工する事が可能ですし、食品工場などで使われているタンク、医療用タンク、様々なボックスやケースそして基盤などが作られています。
中でも有名なのが先ほど説明した自動車のボディなどでしょう。
また、製品を完成品として生産するためには板金機械のみではなく、レーザー切断機やパンチング・シャーリング加工を行う機械を使ったりもします。
さらに最終的には接着するための溶接機械などを使用したり、ブランキング加工を行う機械なども合わせて使って製品の組み立てまでを行うのです。
板金加工では強い圧力がかかる機械を使用するので、ケガや事故などに十分配慮する必要があります。そのため板金加工のための機械には安全装置などがついているのです。
大量生産に向いている加工技術である板金加工機械はとても便利ですが、いまだ手作業で加工を行っている板金加工も盛んに行われていて、私たちの生活を便利にしてくれているのです。

太陽パーツでは様々な板金機械を使った製品の生産および、金型の生産を行っております。金型や板金加工の事でお悩みならお気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工で使用される板金材料の種類や特徴 ~後編~

今回も前回に引き続き、板金加工で使用される板金材料の種類や特徴についてご説明をさせていただこうと思います。

アルミニウム
この素材は軽くて加工がしやすいという特徴を持っています。リサイクルが簡単という事で、缶ジュースや缶ビールなどの素材としても知られていますね。
とっても軽いのでプレートや灰皿などに加工されます。アルミニウムやアルミニウム合金版には「A1050」「A1100」「A5052」などがあります。
表面処理もしやすく軽くて劣化してほしくない製品の加工に利用されています。
銅・銅合金版
10円玉の素材として知られていますが、特性としては柔らかく酸化しやすい特徴があります。銅は種類によってはサクサク削れたり加工できるものもあります。
ですが粘りがあるタイプの素材もあるのですが、導電性や熱伝導性が高いので、電子機器に利用されたり、電力の供給のための電線として使われたりしていますね。
「C1020」という無酸素銅だったり、「C1100」タプピッチ銅といって加工しやすく退職制や対候性に優れた素材、「C1220」りん脱酸銅という加工性の高い素材も利用されます。
バネ用の「C1720」「C5210」りん青銅や亜鉛を混ぜた「C2600」や「C2680」、サクサクと削れる「C2801」真鍮。「C5191」リン青銅は電気機器用の材料として利用されています。
他にも「C7521」は展延性、耐疲労性や耐食性に優れ、美しい光沢が特徴です。電子機器や計測器のスイッチやコネクタなどに使われている「C7701」なども銅の仲間です。
実は金属だけではなく合成樹脂を使って板金加工を行う事もあります。例えばアクリル樹脂板やポリカーボネイトなどもあります。
全ての樹脂が板金で使われるわけではありませんが、必要に応じて合成樹脂などの加工も行えるのが板金加工の技術の進歩なのです。

太陽パーツでは、様々な板金素材を使って製品の製造を行っています。板金に必要な金型の製造や、板金加工での製品の生産については、お気軽にお尋ねください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工で使用される板金材料の種類や特徴 ~前編~

板金加工とは金属の板を加工する技術です。何となく自動車板金のイメージが強いかもしれません。違う加工技術ですが基本的な加工としては同じだといえます。
機械を使った板金加工で行える加工は「曲げ加工」「打ち出し加工」そして「切断」です。板金加工に使われる金属板は鉄だけではありません。
簡単に板金加工に使われる素材の種類、そしてそれぞれの金属板の特徴についてを前編と後編に分けて、わかりやすく説明いたします。


板金加工で使われる素材の代表的な金属が鉄です。鉄といっても一つだけではありません。板金加工に使われている鉄には「SPCC」「SPHC」「ボンデ鋼板」「亜鉛鋼板」です。
製品に必要な性質に合った鉄材が使われますが、鉄が使われる最大の理由としては、コストが安いという点と加工がしやすいという点でしょう。
他に「SK-5」といって焼き入れ焼き戻しをして鉄より硬度が高い素材や「リボン鋼」といってバネを作る時に使う素材などもあります。

ステンレス
さびにくいという特性があるため、錆びたら困る製品の製造にステンレスは使われます。日用品にも多く使われていますね。
例えば台所用のシンクとか最近では包丁や食器類などにも使われていますし、お風呂の湯舟などにも使われていたりします。冷めにくいというのが良いのでしょう。
また、昔懐かしい魔法瓶などの内側にもステンレスが使われていたように、清潔であって欲しい製品を作る時に利用されている金属であるといえます。
医療用にもステンレスが多く使われている事からも、利用頻度が高いというのはうなずけます。
ステンレスの代表的な素材としては「SUS304」「SUS316」「SUS430」さらにバネ用ステンレスなども活用されています。

チタン
軽くてさびないというステンレスのちょっと上をいくのがチタンです。軽くて強度が高いのも魅力の一つでしょう。医療にも使われていますね。
人工関節とか人口の骨などもチタンが利用されています。また、強度が高くて軽いという性質を持っているので、ロケットなどの部品の材料としても利用されています。
軽くて丈夫なので長時間使っていて疲れないという理由で、眼鏡やサングラスのフレームとして使われる事も多い素材です。
ただし他の金属よりも若干コストがかかります。

次回後編では、アルミニウム、銅・銅合金版についてご説明させていただこうと思います。

疑問、ご相談はお気軽におたずねください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金属板の加工を高精度に行える板金加工とは?

板金加工というと自動車板金の事を思い浮かべる方も多いと思いますが、なんとなく板金加工は力仕事というイメージがあります。
ですが自動車板金以外の加工では、金型を使って加工を行うので、精度の高い製品を作ることが可能です。
板金加工で行う事ができる加工としては「打ち抜き」「絞り」「曲げ」「切断」ができます。パンチ加工などと言われるのが打ち抜きです。
より精度の高い板金加工の事を「精密板金」と言い、精度の高い金型を使って寸法精度の高い、複雑な形状の製品を作り出すことができます。
自動機で作業を行う事によって、大量生産にも対応することができ、量が多ければ多いほど一つ当たりのコストを安くする事も可能です。
さらに精密板金の中には金型を使用せずに作る事ができるものもあります。これは汎用金型を使ってそこに冶具を取り付けることで加工が可能です。
この方法だとコストを抑えた加工が可能になります。例えば大量生産ではないけれど汎用金型よりも精度の高い製品が作りたいという時などに重宝します。
小ロットの製品を作る時に金型を新たに作るとどうしても高くなってしまいます。これを冶具を使って補うため、金型を新たに作らずに製品の加工ができるわけです。
この方法では電子機器や半導体製造機器、基盤を支えるためのパーツなどの加工も行えます。これまでの板金加工に加えて精密加工も安くできるようになった事になります。
太陽パーツでは板金加工の高い技術があります。金型の製造からお請けできますので、コストを抑えて製品の生産が可能です。
板金加工の依頼を検討中ならば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工の【板金】と【鈑金】は違う?

薄い金属を使って加工を行うというと、「板金」というイメージがあると思いますがいかがでしょうか?そしてもう一つ「鈑金」という言葉もありますが、この二つの言葉は同じ意味なのでしょうか?
今回は、ちょっとわかりにくい「板金」と「鈑金」とは?どんな違いがあるのかについてをお話していきます。
金属加工の板金は有名ですが、加工業でもない限り一般の方にはあまりなじみがないかもしれません。では鈑金は?というとこちらの方が一般的な知名度が高いので、ご存知の方も多いかもしれません。
この二つの大きな違いは漢字の通りです。「板金」の板は薄い木材という意味となり、金属とは関係が無い事がわかります。
では金の使われた「鈑金」は金属の薄い金属という意味となりますので、感じそのものの意味で考えると「鈑金」の方が金属加工に適していると言えます。
ですが金の方の鈑金は現在では見かける事がなくなりました。理由は使われないので公文書での使用ができない漢字になってしまったからなのです。
ではなぜ自動車の修繕などを行う「板金屋」さんの中に、鈑金を使っているところがあるのでしょうか?
実はすでに公文書では使われなくなったけれど、仕事に対する職人のプライドとして鈑金の字を使っている事が多いのです。
つまり文字は多少違っていても、意味としては全く同じ意味になるのです。おそらく鈑金と掲げている会社の社長さんに、意味を訪ねてみたら「昔から鈑金屋は鈑金と書く」とおっしゃる事でしょう。
当然ですが、機械加工・金属加工の方の板金業の中にも鈑金を使っている企業もあります。これも職人としてのプライドがそうさせているのかもしれません。
鈑金の他にも現代では使われていない漢字を使っている会社やお店はたくさんあります。それもこれもその道のプロとしてのプライドや、伝統を守る気持ちがそうさせているのかもしれませんね。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

意外に多い!板金加工で使われる素材の種類

金属加工にはさまざまな用途や形状によって、選択肢が非常に広いのが特徴です。その中でも薄い金属を加工するのに適した加工技術が「板金加工」です。
板金加工を行う時に使われる金属の種類もとても豊富です。今回は板金加工に使われる素材の種類について、わかりやすく説明いたします。
まずは鉄鋼素材です。鉄鋼素材には鉄、ステンレス、亜鉛鉄板などが含まれます。冷間圧延鋼板といって板金加工では最も多く利用されている素材です。
厚みは0.6mm、0.7mm、0.8mm、1.0mm、1.2mm、1.6mm、2.0mm、2.3mm、3.2mmまでの厚みのものを加工する事が一般的となっています。
ステンレス素材の板金の場合の厚みは、0.6mm、0.8mm、1.2mm、1.5mm、2.0mm、3.0mmのものが一般的となっています。
非鉄金属ではアルミニウムや亜鉛鋼板、ZAMといってなどが加工に適しています。他にチタンなども板金加工で使われるようになっています。
板金加工で使われる金属についてですが、鉄は材料としての価格が安い事が特徴ですが、電氣を通すので電気器具の部品に多く使われています。
アルミニウムは最も多く目にする板金加工製品です。例えばアルミ缶などがありますよね。そして1円玉なども板金加工で作られています。
ステンレスもよく使われています。日常的に使っているものの多くが板金加工で製造されています。代表的なのは台所のシンクなどでしょう。
ステンレスは錆びにくいという素材なので、特に水回りで使われる製品に加工される事が多いですね。
このように身の回りで使われている多くの製品が、板金加工で作られているものなのです。太陽パーツでは板金加工の技術が高く、お客様のご要望に応えます。
板金加工の事や金型の事でお悩みの方は、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

職人技が光る板金加工の「曲げ加工」について

金属を曲げる加工を「曲げ加工」と言います。さまざまな金属部品で曲げ加工を活用していますが、曲げ加工を行うためにはプロに依頼する必要があるのをご存知でしょうか。
例えば一言で曲げると言っても、角材を曲げるのも丸材を曲げるのも曲げ加工ですし、曲げて欲しい部分を性格に折り曲げる加工もあります。指示されている部分を指示通りに曲げるのはとても大変な事なのです。
曲げ加工を行うためには長年のカンも必要になりますし、専用の機械も必要になるでしょう。多くの場合の曲げ加工はベンダーといった加工機械を使って行われるようです。
ベンダーとはいわゆる板金加工の一つで、機械の圧力を使って金型の形を転写して加工いたします。
加工する際には、金属の金型と上から金型に金属板を押し付けて、オスメスの金型に挟み込む形で、曲げの形状を転写する加工となります。
曲げ加工を行う時、慣れた職人の場合は曲げた時の素材の寸法と、曲げ終わった時の金属の寸法や、折れ曲がった時の金属の特性をしっかりと計算しつつ加工を行います。
なぜならば、曲げた時の金属の変化の事を頭に入れておかないとならなかったり、金型から解放した場合の角度の開きなどを計算に入れておかなければならなかったりするからです。
これらの事をしっかりと計算しつつ素材を決定して、曲げ加工を行うようにする必要があるので、とても簡単そうに感じるベンダー加工も、職人技が必要になる金属加工の一つなのですね。
ベンダー加工を行う時には、曲げを行った時の素材への影響についてしっかりと考える必要があります。素材のたわみとかも考慮するといいでしょう。
太陽パーツではベンダー加工を行う際にも最新の注意を払って加工を行います。加工後の問題を少しでも解決したいと思うのであれば、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 712345...最後 »

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 板金加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.