太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 板金加工

板金加工 Archive

精密板金加工【ブランクとベンダー】

精密加工とは縁遠いと思われがちな板金加工ですが、近年では精密板金ができて板金加工でも精密部品の加工が可能であるという認識が定着してきました。
他の金属加工と同様に精密板金加工にも様々な加工方法があります。大きく分けると「ブランク加工」と「ベンダー加工」があり、それぞれの加工方法は部品の形状によって分けられます。

まずブランク加工について簡単に説明すると、ブランク加工というのは抜き加工の事で、金属板を必要な形状に打ち抜いて加工をする方法です。
ブランク加工は部品に必要な形状の大きさにプラスして、縁の分も寸法にプラスしておかなくてはなりません。
さらに一枚から一つの部品を作るわけではなく、一枚の材料の金属板から複数の部品をブランク加工しますので、送りの分の寸法もプラスした材料を用意しなくてはなりません。
材料をセットして部品を撃ち抜いてはずらし、打ち抜いてはずらすという加工方法となります。重要なのは打ち抜いたあとには下にバリがかえるので、全ての部品のバリの部分を合わせて加工する事です。
バリやかえりの部分だけはこの加工では避けられない事なので、打ち抜く方向を間違わないように細心の注意を払う必要があるのです。

もう一つはベンダー加工です。ベンダー加工は打ち抜き加工とは違って、一つ一つの部品を金型にセットして、コーナーやRに曲げる加工技術です。
ブランク加工を行った部品をベンダー加工で曲げるといった二次加工的な加工も可能です。簡単な加工でもあると同時に精密板金では精度が必要になります。
そのため金型も優れたものが必要ですし、何よりも熟練した加工経験も必要となるのは当然でしょう。重要なのは加工のために必要な金型です。
より精密な部品を製造するのであれば、信頼できる金型を使用する必要があるのです。

太陽パーツでは精密板金加工に必要な精密金型の依頼もお受けしています。金型の事でお悩みの方はぜひ太陽パーツへお気軽にご相談くださいませ。

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工のひとつ【機械板金】の加工法とは?

板金加工には様々な技術があります。機械板金もその中の一つで、加工をするためには金型というものを使わなくてはなりません。
使用する金型は上下セットになっているものを使う事が多いですが、成形するための裏表となる金型の間に金属の板を挟み込んで圧力をかけて形成します。
金型の大きさは機械によって変わってきますが、かなり大きな金型を使って製品を製造する事ができるのも特徴の一つだと言えるかもしれません。
大きなものだと自動車のボディなどが有名ですが、他にも工業用の機械の外側の部分(カバー)などにも使われている加工技術なのです。
なぜ世界中で機械板金が利用されているのかというと、ひとつは一度の工程で、ある程度完成品に仕上げる事ができるという点です。
二次加工を必要とする場合もありますが、多くの場合は一度の加工によって仕上げを施すのみの状態に仕上げる事ができます。
さらに一度の加工で完成品に近づける事ができるという事は、剛性を必要とする製品には最適な強度を持たせることができるという効果もあります。
機械板金でできる事は金属で挟む事でできる加工ならどんな加工でも可能です。
切断はもちろんパンチング、シャーリングでせん断加工を行う事もできますし、切りだし加工をする事が可能となったりと、金型を変える事によって様々な製品を作り出す事ができるのです。
それぞれの加工を組み合わせる事によって製品の製造ができるので、機械板金のみで製品を完成させる事も可能です。
板金加工の技術は機械の進化に伴って進歩しており、簡単な製品の成型から機械のカバー部分の製造、医療用タンクや食品用のタンクなども作られています。
さらに大きなものでは鉄道や自動車のボディなども加工できます。つまり金型とその大きさの製品を加工できる機械があれば、どんな製品でも作る事ができる技術という事になります。

太陽パーツでは機械板金によって様々な製品の加工を行っています。もちろん金型の設計と加工も行っているので、一貫した生産をお約束する事ができるでしょう。
詳しくは太陽パーツのホームページ、お電話からお気軽にお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工で最後に行う色々な表面処理

私たちが便利な生活を送っている影には、金属加工業が大活躍しているという事は多くの方がご存知の事でしょう。
その中でも板金加工は早くて安くて量産できるというメリットから、多くの生活用品や自動車部品などに活用されている加工技術です。
板金加工がなぜこれほどまでに利用されるようになったのかというと、板金加工は仕上げのための表面処理で製品を美しく装飾する事ができるからというのも理由の一つです。
板金加工で打ち抜きや切断加工を行った製品は、研磨されて余計なバリを取り除かれていき、最後の処理として表面処理をしっかりと行います。
板金加工で作られた部品の表面処理は、部品の原料の金属によっても変わってきますが、三価クロメート(黄色、白、黒)、ニッケル、無電解ニッケルなどもあります。
さらに三価アロジンやアルマイト(白色)やアルマイト(黒)そしてカラーアルマイトなどが存在しています。
なぜ部品に塗装をするのかというと、耐摩耗性に優れ錆びずにくく、傷がつきにくくなるというメリットがあるからです。
それに表面処理をすると見た目もとても美しいです。ではそれぞれの表面処理についてを簡単に説明いたします。
クロメートという表面処理はクロム酸塩を使って皮膜を作り、耐蝕性と変色を防止する作用があります。無電解ニッケルやニッケル処理も同じように耐蝕性と変色防止の効果があります。
アルマイトは耐腐食性をたかめ、傷つきにくくしてさらに耐摩耗性が高い表面処理になります。他にもさまざまな表面処理技術があります。
もちろん自然発色できるタイプの表面処理も多数あります。その部品の材質を考慮して最も最適な表面処理を行う事で、丈夫で長持ちする部品を製造できるでしょう。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

バーリング加工ってどんな加工?【板金加工】

ステンレスの金属板の加工をする時によく使われるバーリング加工は、穴あけ加工に近い加工技術ですが、どちらかというと穴あけ加工というよりも穴を広げる加工といった方がしっくりくるかもしれません。
加工方法としては成形加工の一種で、ステンレス缶の蓋部分を作る時に、穴の上部分が盛り上がったような形状にして、ねじ山を作る時の下加工として使われる加工技術なのです。
一斗缶などの蓋が良い例です。バーリング加工を行う時には、下穴を打ち抜き加工してその穴にネジを作らなくてはならない時などの加工技術でもありますが、配管用の継ぎ目などの加工を行う時にも使われる技術です。
バーリング加工を施す事によって欠陥ができにくい製品を作る事ができるようになっているのです。この技術ができるまでは配管に穴を開けて、溶接または溶着をするのが一般的でした。
ところが溶接や溶着部分が滑らかではないため、継ぎ目部分がつまりの原因となってしまったり、負荷がかかるので液漏れをしてしまったりする事もあったのです。
それを改善する事ができたのも、バーリング加工の技術が開発されたからでしょう。
バーリング加工をする事によって、分岐の部分を滑らかにして継ぎ目を継ぎ目から離す事ができるようになったため、強度の高い製品を作る事ができるようになったのです。
また、一つの配管にいくつもの分岐を作る事ができるので、より複雑な設計の製品にも対応する事ができるのも、バーリング加工の特徴だと言えるのではないでしょうか。
バーリング加工の製品は食品業界でよく利用されているのですが、その最大の理由はバーリング加工の滑らかな形状は、詰まりにくいというのと汚れにくいという点にあります。
さらにRの方が直角で溶接するよりも強度が高いので、修理や修繕のコストを削減できます。そのため調理用の調味料の供給容器などに使われる容器にバーリング加工を施す事が多いのです。
つまり衛生面の事を考えたり強度の事を考えると、バーリング加工で製造した方がいいでしょう。太陽パーツではバーリング加工など板金加工でもお手伝いいたします。

詳しくは太陽パーツのホームページからお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工を用途・目的別に大別すると?

様々な部品を作り出す機械加工。その中で板金加工に注目してみましょう!
板金加工といえばやっぱり自動車というイメージが強いですが、確かに板金加工にはいろいろな加工技術があり、それぞれ用途に応じて技法を変えているものです。
つまり板金加工というのは目的別に加工方法を変える事ができるほど、加工方法があるという事になるわけですね。
そこで用途や目的別に大別してみる事にしました。

まず板金加工を大別すると、大きく分けると3つの用途・目的で分ける事ができます。
まず一つが「自動車板金」、これがいわゆる自動車と板金がつながっている部分で、主に自動車についてしまった傷やへこみといったものを、内側からたたいて修復するという技術です。
丁寧に内側からたたいてあらかたのへこみや傷をたたき出してから、ペンキをはがして錆止めを塗って、パテなどで細かなへこみを埋めて仕上げます。
上から塗装をすればほとんど修復した事はわからなくなってしまいます。まさに職人芸という感じですね。
二つめが「建築板金」というもので、建物の外装を取り付ける時に使う技術です。主に雨どいとか屋根部分、そして外壁の施工の時に使われます。
そして最後に残るのが工作機械を使って部品を製造する「機械板金」と言われている技術です。
機械板金というのは私たちが普段の生活に使っている多くの製品に使われている技術で、金属の板をカットしたり穴を開けたりタップを立てたりといった加工を施します。
中でも精密板金と言われている技術は、様々な加工を施す事ができるのと、寸法精度の高い製品を作り出す事ができるので、世界中で活用されている加工技術なのです。
加工できる金属板は鉄、ステンレス、銅、真鍮、アルミその他にも数多くの素材を加工する事ができます。
また、板金加工ではエッチングといった技術を使う事もできますので、かなり細かな加工を施す事が可能となります。
さらに展開図に従って切断する事もできるので、切断したらそのまま山折り谷折りをして溶接をして製品を作る事も可能です。
溶接がしやすいというメリットがあり、表面処理などもしやすいというメリットがあるので、いろいろな加工方法を組み合わせて完成品を作り出す事も可能なのです。
このように板金加工と言っても大きく分けると3つあり、それぞれが用途別、目的別に活用されているのです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工を行う最初の工程【切断加工】について

板金加工は金属の板を加工する技術です。多くの方が板金というと自動車工場の事を想像されるのではないでしょうか。
確かに自動車工場や修理工場などで行っているのも板金かもしれませんが、ここでいう板金加工というのは金属の板を加工して、部品や商品にするという加工技術の事を言います。
どんな加工技術でもそうですが、板金加工にも最初の工程というものがあります。それがシャーリングという加工技術です。
板金加工にも色々な機械や加工の順番というものがありますが、最初の工程として切断加工を行い、切断した部品にさらなる加工を施して製品にしていきます。
金属板を切断加工するためには、正しい寸法で切り出されていなければなりませんので、まずは角をしっかりと正しく出した材料を機械にセットします。
通常、金属板を切断加工する場合には、材料の金属板をしっかりと挟み込んで、上下についた刃物が金属板を紙をハサミで切るように切断していきます。
切断加工をする時には、別の工程で必要な大きさにカットするだけの加工方法や、シャーリングマシンを使って展開寸法でカットしていくという方法があります。
どちらの技術も板金加工の初期工程として必ず使われている方法で、簡単そうではありますが技術を必要とする加工法でもあります。
その後に穴あけをしたりタップ加工をしたりして、少しずつ完成品にしていくというわけなのです。
このように板金加工にも様々な工程を経て製品となるのですが、自動で加工をする事もできるので大量生産に向いている加工技術だと言えるでしょう。

太陽パーツでは板金加工の大量生産もお任せいただけます。国内外にある製造工場で最適な部品作りをしていますので、コストを削減したいという方にも最適な方法をご提案いたします。
詳しい部品加工、板金加工、その他の加工についてお知りになりたい方は、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

溶接や仕上げ加工まで一貫として行える板金加工

日本の板金加工の技術はとても高く、特に自動車の修繕をする技術はまさに職人技ですよね。

ところでそれとは別に金属加工でも板金加工という製造方法があるのですが、機械加工における板金加工は設計から仕上げまでを一貫として行う事ができる数少ない加工技術でもあります。
まずは設計図を展開していき、それぞれの部品を裁断する作業を開始します。裁断が終わったそれぞれのパーツに必要な加工を施します。
例えば穴をあけるとか曲げを加えるといった加工ですよね。これらの加工を施した後はいよいよ組み合わせをしていきます。
部品と部品同士をリベットやねじ、溶接などで接着していきます。この時にバリが入ってはいけないので、しっかりと面取りやバフをかけるなどをします。
溶接をした後で溶接した時にできた凹凸などを丁寧に修正して、塗装などが必要な時には加工後の処理を行って終わりです。
最近の板金加工用機械はNC装置がついているものも増えてきたので、昔よりもより寸法精度の高い製品を作れるようになりました。
それによって精度の高い製品を大量生産する事ができるようになるわけです。ちなみに仕上げまで一貫作業ができるので、比較的短納期で製品を手に入れる事ができるのも事実です。
優れた製品を作る事ができる板金加工なのですが、溶接をする時の作業だけは時間がかかってしまいます。
ですがこれは溶接による熱での変形があるためで、一度に大量に行えない分多少時間はかかってしまう印象を持たれるかもしれませんが、確かな製品のためには当然の時間だと言えるでしょう。

太陽パーツでは板金加工による精密加工を行っております。
もちろんバフ掛けや塗装処理なども行えるので、板金加工について知りたい方はお気軽にお声かけください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工で使われている板金材料の種類とは?

板金加工というと、多くの方は鉄を加工したり叩いて修正をしたりといったイメージが強いのではないでしょうか。
いわゆる自動車修理工場などで行っている自動車の修理ですよね? 確かにそういう仕事も板金加工だと言えるのかもしれませんが、実は板金加工というのはそれだけではありません。

まず、板金加工は専用の機械を使って様々な加工を行う事ができるのですが、加工方法は穴あけに曲げなどもできるので、いろいろな製品に利用されている加工技術です。
そんな板金加工に使われている板金材料にもたくさんの種類があります。
もちろん板金加工同様に鉄しか使わないのでは? というイメージがあるかもしれませんが、実はもっとたくさんの種類の材料を使うのです。
代表的なのが鉄です! 鉄は昔から板金加工で使われている材料で、加工がしやすく低予算で製品を作る事ができる板金材料だと言えるでしょう。
ただし鉄は錆びやすいのが唯一のデメリットなので、錆び防止処理をしておかないとなりません。
ですが処理をしても他の金属材料を使うより安く作れるというメリットがあります。
もちろん鉄の特性では製品に支障が出るという製品を作る時には、別の板金材料を使う事になるわけです。
錆びにくく美しいステンレス! ステンレスも鉄からできた金属なのですが、クロム、ニッケルをプラスして腐食しにくい性質をもった金属です。
しかもクロムの美しさをもっているので、食器やキッチンのシンクなどにもよく使われていますよね!
アルミニウムや銅合金も使われています! 例えば磁気を通さない性質の金属でカバーを造りたいといった場合には、鉄やステンレスではいけません。
この場合にはアルミニウムを使ったりする事が多くなっているのです。このように適材適所で板金加工の材料も変える事ができるのです。

太陽パーツでは板金加工で使う板金材料の種類が豊富です。どんな製品にしたいのかをしっかりとお伝えいただければ、最適な材料で板金加工を行います。
詳しくは太陽パーツ株式会社までお問合せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

色々な板金加工製品で支えられている私達の生活

現代の私たちの生活を支えてくれる、多くの製品は金属を使って製造されています。
言い換えれば、金属でできた製品がないと現代人の私たちが、この生活を維持するのが難しいという事になるのです。
その中でも特に板金加工によって製造されている製品はとても多く、家電製品はもちろん自動車や工業製品などもとても多く利用されている技術なのです。

ところで板金加工というのはどのような技術なのかご存知ですか? 板金加工は薄い金属の板を「切る」「曲げる」といった加工をする技術の事を言います。
薄い金属を加工する事によって、製品全体の軽量化を図る事が可能なので、家電製品の基盤や大型の工業用機械などの装置を覆う、カバーなどにもよく利用されています。
もちろん他にも、身近なところでは缶ジュースの缶などが板金加工で作られていますし、アルミサッシなどの建材などにもよく利用されています。
パソコンなどのOA機器などにも使われていますし、ありとあらゆる場所で板金加工製品が使われているのです。
板金加工製品の良さは精度の高い製品を量産できるという点ですが、太陽パーツでは試作品の依頼にも対応しているので、お気軽にご相談いただけます。
コストの面で心配があるという場合でも、太陽パーツではできるだけお客様のご要望に沿えるような加工方法を提案させていただきます。

太陽パーツでは図面展開、抜き加工、前加工、曲げ加工、溶接、仕上げ、組み立て、梱包までの一貫とした作業を全て行っております。
板金加工も得意としておりますが、製品に最適な製造方法をお客様と相談しながら、全ての技術でご要望にお応えいたします。
詳しい加工や費用についてのご相談は、お気軽に太陽パーツのホームページからお知らせください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

板金加工における前加工【バリ取り・タップ加工】とは~後編~

今回は前回に引き続き、板金加工における前加工・バリ加工についてお話したいと思います。

板金加工の前工程の一つであるバリ取りもとても重要な作業となります。
なぜバリ取りが必要なのかというと、まず第一にバリがあった場合に、そのバリのせいでケガをしてしまう可能性が非常に高くなりま
す。
それに製品にバリがない方が機械として組み立てた時に、動きがスムーズに動くので精度の高い製品を造る事が可能になります。
見た目にもバリがない方が美しく見えますし、購買意欲も上がるというものですよね!
これらの理由によって、バリ取りは板金加工だけではなく全ての金属加工において非常に重要なものになっているのは確かなのです。
バリ取りを行う方法ですが、板金加工の場合には別工程としてバリ取りを必要とします。例えばサンダーを使ったバリ取りや、バレル
を使った研磨などがありますね。

他には湿式バリ取りや金型を使ったバリをつぶす方法などもあります。小さな金属の玉を当ててバリを取るショットブラストなどもあ
ります。
板金加工の場合はどうしてもバリがかえりやすい加工方法なので、できるだけ効率よくバリ取りができる方法を検討するといいでしょ
う。
重要なポイントは金型の摩耗をできるだけ早く発見して、切れ味を復活させるという事です!

太陽パーツでは板金加工のパンチプレス の金型だってお手の物です!
詳しい金型のご相談は、お気軽に太陽パーツのホームページからどうぞ!=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 612345...最後 »

HOME > ブログトップ > 機械加工 > 板金加工


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.