ブログ

ダイカストの欠点をメリットに変える特許製法”エコダイカスト”

ダイカストは一つの工程で複雑な三次元形状のものが製造でき、大量生産も可能なため、メリットの大きい製法です。ただし、製品の製造を希望する方にとってはメリットのある製法ですが、メリットと同時にダイカストには製造者を悩ませる欠点も存在します。

それが”高額な金型費用”です。

そのためダイカストでは容易に製造できる製品であっても、小ロット生産のために金型製作のイニシャルコストがネックとなり、切削加工などその他の機械加工などで成形される方も少なくありません。

そこで、太陽パーツの特許製法である”エコダイカスト”が皆様の悩みを解決します!

従来のダイカストの欠点を克服したエコダイカスト。
エコダイカストのメリットは次の3点です。

●50個~の小ロット生産に対応!
●金型費用が従来の2分の1、半額に!
●金型精度は従来と同様!

特に注目していただきたいのは、金型製作費用です。
金型製作費用が半額になると、「精度が悪くなるのでは?」という不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

半額の理由は、製品の複雑形状を成形するためのキャビティ部のみをお客様にご負担いただくからです。片方のベース部は太陽パーツが保有のものをお使いいだたくため、金型の製作費用はキャビティ部のみ、つまり従来の半額となります。

金型製作費用を抑えられるからこそ、小ロット生産を今まで諦めていたものも”エコダイカスト”なら可能です。太陽パーツでは、50個~の小ロット生産に対応しております。

もし、ダイカストで諦めていたものがある方は、ぜひ太陽パーツまでご相談ください。
太陽パーツではダイカストだけでなく、あらゆる機械加工に強みを持ち、ダイカスト鋳造品の二次加工など、一貫してサポートしております。

製造したい製品がある。製造コストを下げたい製品がある。
このような想いをお持ちの方は、一度太陽パーツにご相談ください。
皆様にメリットのある製造方法をご提案させていただきます。

関連する記事