ブログ

旋盤加工で製造する切削品

旋盤加工は被切削物を回転させ、素材を固定されたバイトと呼ばれる切削工具に押し当てることによって切削する切削加工のひとつです。

バイトの中には多くの種類があり、切削の種類によって使い分けます。
旋盤加工では外丸削り、中ぐり、穴あけ、ねじ切り、突っ切りといった加工ができます。

工具が回転するフライス盤やボール盤などとは違い、素材をつかむチャックと呼ばれる部分が回転するため、比較的回転半径が大きく、巻き込まれる危険性があるので注意が必要です。

外丸削りとは円筒形の素材を円周側から中心に向かってバイトを進め切削を行う方法で、最も基本的な動作になります。また、中ぐりとは外丸削りとは逆の方向に、つまり、円筒中心から、外側に向かって、いわば円筒の穴を広げるための加工です。
ねじ切りはその名の通り、円筒にねじ山をつける加工、突っ切りは円筒の回転中心を超えて切削を行う動作の事を言います。
素材の硬度、ネバさ、靭性などによって回転数や送り速度を調整する必要があり、切削を行う前に、素材の形状によって計算を行いそれを求めます。

旋盤加工はその加工の仕方によって製品の美しさに優劣が出るので、多品種少量生産や、試作に向いていると製法です。

太陽パーツでは旋盤加工を含めた切削加工を行っております。
短納期や低コストでの切削加工を作りたい、試作品1個作りたいなどのご要望もお気軽にご相談ください。

関連する記事