ブログ

コストが高い金型もエコダイカストの金型で半額に!

ロット数の多い製品や部品を生産する時にダイカストを利用する事によって、コストを抑えながら部品を大量生産する事ができるため、世界中でダイカスト技術が使われています。
自動車の部品やパソコンのパーツ、さらに家電製品や文房具の部品などにもダイカストが広く使われていますが、ダイカストというのも万能ではありません。
大量生産をする時にはコストを安く抑える事ができても、試作のための部品の生産には向いていないからです。その理由はダイカストで部品を製造する時の製造方法にあります。
ダイカストで部品を生産する時には、必ず『金型』というものを使って部品を生産するのですが、この金型は非常にコストのかかる部分なため、ロット数が多ければ多いほど一つの製品代が安くなるのです。
つまり小ロットの部品の生産をするのには向いていないわけです。この問題の根本的な理由は金型に使われている材料にかかる費用にあります。
従来のダイカストの金型というのは、ベースという部分の上にキャビティという金型本体をのせる形で作られており、ベース部分に使われている材料とキャビティ部分に使われている材料が同じくらい使われていました。
そのためどうしても金型の費用が高くなってしまっていたのです。この問題を解決したのが太陽パーツのエコダイカストです。
従来のダイカストとの決定的な違いはベース部分を作る必要がないため、ベースにかかっていた費用を抑える事ができます。つまり従来の金型の半額で金型を作る事ができるというわけなのです。
だから小ロットでもダイカストの技術を使って製品の生産ができるという事なのです。ではベース部分はどうなるのかというと、ベースは太陽パーツにあるものを使います。
しかも金型のコストが半額になるだけではなく、これまでのダイカストと同じように高い寸法精度を保つ事ができるので、安いから精度が落ちるのでは? という心配は全く無用です。

精度を落とさずにコストを半額にしたいのならば、太陽パーツのエコダイカストをご検討されてはいかがでしょうか。

関連する記事