ブログ

コスト削減もエコダイカストで解決!

ダイカストは金型があれば精度の高い製品を大量生産する事ができる技術です。大量生産が決まっている製品の生産には最適な技術です。

なぜ大量生産をする方が適しているのか?そしてコストを少しでも減らす方法をご紹介いたします。

部品の生産にダイカストを使う場合、まずは金型を製造しなくてはなりませんが、その理由はダイカストはオスメスの金型の中に溶けたアルミ合金、亜鉛合金、マグネシウム合金などを射出して冷やして固めて製品を生産するからです。

ダイカスト技術は金型の形をそのまま転写する技術なのです。もちろん従来のダイカストの金型というのはとても大きなものなので、かかるコストも高額である事が多いのですが、大量生産する事によって部品一個あたりの価格を安くできます。

逆を言えば大量生産なら採算が合う製造技術というのが一般的でした。しかしながらダイカスト製法で小ロットの製品を生産したいとご希望のお客様が多いのも事実です。そこでおすすめするのが太陽パーツのエコダイカストです。

従来のダイカストの金型に劣らず精度の高い製品を生産するのに最適で、しかも金型にかかる費用が従来のダイカストの金型の半額、または半額以下になるため、一つあたりの部品の価格を抑える事ができるわけです。

なぜそこまで安くできるのかというと、お客様に負担していただくのは実際に金型として使う『キャビティ』部分のみだからです。ベースは太陽パーツの共通部品なのでお客様がご負担する必要は無いからなのです。

しかも金型の精度は非常に高く生産性でも劣る事はありません。つまり金型のコストを大幅に削減する事ができるので、小ロットの製品の生産にも対応ご利用いただけるのです。

試作品など小ロットでの生産にダイカストを活用したいと思った方、少しでもコスト削減を目指していると思った方は、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。

関連する記事