太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > エコダイカスト

エコダイカスト Archive

コスト削減は不可能?太陽パーツのエコダイカストが解決!

ダイカストの製品を製造する時にどんな事に一番気を遣うでしょうか? そう聞かれたらやはり一番コストがかかる金型についてのお悩みを口にする方が多いはずですね。
金型というのはそれまでに無い製品の形を造り出すのですから、コストがかかっても当然なのだという認識が昔からあったように感じるのですが、おそらく金型を使って製品を生産している方も当然の事のように感じている事でしょう。

ですがこの金型の費用が生産に占める割合って大きいと思った事はありませんか? もしも金型の費用がもう少し安く済んだら楽になるのに、と感じた事がある方も多いはずです。
確かにダイカストの金型というのはどうしてもコストがかかってしまうのですが、その大きな理由は金型全体の形にあるのです! 一般的にダイカストの金型というのはベースがあって金型本体があります。
土台の部分と金型の部分がくっついているわけですね。ですがこのベースと言われている土台の部分は製品の製造とは全く関係がない部分です。
なのに金型の部分と同等もしくはそれ以上に大きな金属なので、材料費が非常に高くなってしまうというわけなのです! 太陽パーツではこの部分をどうすればいいのかを考えていました。
そこで開発されたのが特許製法でもあるエコダイカストなのです! エコダイカストはこのベース部分を取り除いてしまった金型で、従来の金型にかかっていた費用をすっぱりと半額にしてしまったのです。
もちろんダイカストにはベース部分が必要です! でもそこの部分は太陽パーツが保有しているベースにジョイントして生産する事ができるので、製品に問題は全くありません。

エコダイカストにする事によって、これまでは難しかった小ロットでの製品の生産が可能となり、大量生産の製品ではよりコストを削減して製品を生産できるようになるというわけなのです。
特に小ロットの生産に対応できるようになった事によって、これまではコストが高くて手が出せなかった分野にも手が届くようになるので、それだけ売り上げも信用もアップできる事になるわけです。

エコダイカストの金型についてのご相談やお問い合わせは、太陽パーツのホームページからお気軽にご連絡くださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロット生産を行うにあたってのメリットとは?【エコダイカスト】

大量生産をする事も重要ですが、小ロット生産ができるというのも非常に重要なことです。なぜならば大量生産だとある程度の納期が必要になるため、どうしても短納期に弱いという弱点があるのです。
特にダイカストなどの場合は金型を製作して製品を生産するのですが、この時金型にかかる費用の事を考えると、どうしても大量生産にしなくては一つあたりの製品の値段が高くなってしまいます。
だからこそ大量生産の製品にのみダイカストでの製品の生産を行っているわけです。もちろん大手企業の場合は大量生産でロット数が多ければ多いほどいいかもしれません。
ですが中小企業の場合にはある程度大手よりも融通が利く方がメリットがあります。そこで小ロットの製品の生産が必要になってくるわけです。

これまでは小ロット生産となると、どうしても金型の費用がかかってしまうため、なかなか小ロットに対応する事がでいませんでしたが、エコダイカストならそんな心配はありません。
なぜならば、エコダイカストはこれまでの金型の半額で金型を製造する事ができるため、コストもかなり削減する事ができるのです。
となれば短納期小ロットの対応ができる方がメリットが高くなるというわけなのです。
もちろん大量生産ができて納期があれば一番いいのかもしれませんが、もしも高い金型を使って製品を製造していたら、その製品が生産中止になってしまうなんて事になったら大問題です。
その点エコダイカストで小ロットに対応する事ができれば、万が一生産が中止になったり変更になった場合にもリスクが少なくなるのです。
当然ですがエコダイカストは大量生産にも適していますので、小ロットだからメリットがあるという事ではありません。

大量生産であればあるほど利益を生み出すものですので、もしダイカストの金型の事でお悩みの方、コストを少しでも抑えたいと思う方は、太陽パーツのエコダイカストについてぜひお問合せください。
きっとこれまでの金型の常識を覆すくらいコストダウンを実現できる事でしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

大量生産・高い寸法精度を維持できるダイカスト

現代では金型を利用した部品製造を行う技術が発達しています。その中でダイカストという技術は高い生産性を持っていて、さらに高い寸法精度を保つことが可能です。
ダイカストの金型は日々進化しており、より複雑で肉薄で高い寸法精度の製品を大量に生産する事ができるのです。
多くの部品にダイカストの製品は利用されていますが、製品の寸法精度を保ちながら大量生産を行うのはとても大変な事のように感じます。
ではどうして最近のダイカスト製品は高い寸法精度を保つ事ができるのかをお話ししましょう。

・技術の向上によって不良が少なくなった!
ダイカストなど金型を使って製品を作る時には、溶けた金属を金型に高圧で流し込むために、空気の巻き込みなどが起こるものでしたが、近年ではPFダイカスト法などの開発によって、ガスの巻き込みが起こりにくくなっているのです。
そのため肉薄でより複雑な形状の製品を作る事ができるようになりました。また、金型の内部を真空状態にして製品の製造を行う真空ダイカスト法なども開発され、製品のばらつきが起こりにくくなっているのです。
もちろんダイカストで作ることができる製品の大きさには限りがあるのも事実です。
その場合はよりその製品の製造に適した鋳造方法で部品の製造を行うのです。もちろん太陽パーツでもお客様のニーズに合わせて加工方法を決定し、大量生産かつ高い寸法精度を維持する努力をしています。
当然ですがお客様のニーズに合った製品を作るためには、製品の大きさや生産数そして形状によって変化していくものです。もし生産したい製品の重量が1キロ~8キロくらいの、比較的ロット数の多い製品はダイカストに最適だというわけです。

・太陽パーツでは小ロットの生産にもダイカストが適しています!
一般的なダイカストというとどうしても大量生産する製品じゃないとコストがかかってしまうと考えられているようですが、その最大の理由は金型にあります。
ダイカストの金型というのはベース部分に金型の部分がくっついている事が多いため、金型がどうしても高くなってしまうので製品一つあたりのコストが高くなってしまうのです。
この問題があるために高い寸法精度なのにダイカストを利用するのに躊躇してしまうのでしょう。ところが太陽パーツではその問題を解決しています。
従来の金型にかかる費用を半分にする事ができるため、小ロットの製品でも高い寸法精度の製品を作る事ができるのです。
30個程度からでも金型の費用が安いので試作品を作る時にも最適です。製品精度を下げずに小ロットからダイカストを使いたい方は、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツでしか実現できない特許製法【エコダイカスト】

太陽パーツでは『エコダイカスト』という製造方法で製品を製造しています。この技術は太陽パーツが独自で開発した技術なので、他の企業とはちょっと違います。
今回は太陽パーツでしか実現できないという特許製法でもある『エコダイカスト』について、できるだけわかりやすく説明していきましょう。

・ダイカストの金型ってどんなものなの?
通常ダイカストでは金型を利用して製品を大量生産するものですが、一般的な金型はどんな形状をしているのかは、工場に実際に入った事がある方以外はわかりにくいものです。
簡単に説明すると、ダイカストの機械には大きな重たい金型の塊がついています。ベース部分とキャビティ部分がくっついた状態で製造される事が非常に多いようです。
ベース部分は金型本体ではなく金型の土台の部分です。この部分は大きな鉄の塊なので大変重く、段取りを変更する時には数人がかりで金型を変えなくてはならないのです。
大変重くて手間がかかり人の手もかかってしまうので、どうしてもコストが高くなってしまうのですが、太陽パーツのエコダイカストは全く違った金型なのです。

・エコダイカストの金型はどんなものなの?
一方で太陽パーツの『エコダイカスト』というのはどういうものなのかというと、金型の部分が他のダイカストの金型と違うのです。
まず土台となるベース部分は太陽パーツが保有している共通のものを利用します。お客様は金型本体の部分だけの費用しかかりません。
一般的な金型はベース部分と金型本体の部分がセットとなっているので、材料費や加工費が高くなってしまいますが、エコダイカストの場合は金型本体の費用しかかかりません。
つまりこれまで土台部分にかかっていた材料費や加工費がかからないのです! だから最初から製品一つあたりの費用が安くなるわけですね。
品質に問題は無いのか? という疑問を持つ方もいるかもしれませんが、金型は一流の金型ですので全く品質には影響はありません。

・ダイカストは金型の費用の消化に時間がかかる!
金型を必要とする加工の場合は製品に金型の費用も含まれているので、最初の段階は金型費用の消化にお金がかかってしまうものです。
ところが太陽パーツのエコダイカストだと最初から金型は半額で済むため、金型費用の消化にかかる期間は半分で済む事になるわけです。

もしもダイカストの製品を生産したいのならば、太陽パーツのエコダイカストは本当におすすめです。
ちなみに金型の交換をするのも短時間で済むので、生産効率もぐんと上がるでしょう。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロット生産にも対応の太陽パーツのエコダイカスト【エコダイカスト】

ダイカストというとどうしても金型に費用がかかってしまうので、量産効果がなければ意味がないと思ってしまいがちではありませんか?
確かに従来のダイカストだと金型に高い費用がかかってしまうため、よほど大量生産であるとわかっていなければ手を出すのが難しい分野ではあります。

その理由は金型の費用が100万円を超えることが多いということではないでしょうか。
必要な部品の数がそんなに大量でなければ、金型の分の費用もかかってくるので部品一つの単価がどうしても高くなってしまいます。

そこで太陽パーツのエコダイカストです。
太陽パーツのエコダイカストは金型の費用が半額になります。

ベースの部分を作る必要がないため、金型の費用が半額になります。
精度には全く問題はありません。
また金型の取り換えが簡単にできるので、作業効率も高くなりコストも当然安く済むことになるのです。

従来と同じ精度を保ちつつも製品の精度は良いままなので安心できます。
もしも金型を作り替える時期であったり、小ロットのダイカスト部品の製造を考えていらっしゃるのであれば、一度太陽パーツのエコダイカストをお試しになってみてはどうでしょうか。

詳しい説明やお見積りなどがありましたら、ぜひ太陽パーツへご連絡くださいますようお願いいたします。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コスト削減に強い太陽パーツのエコダイカスト

太陽パーツではエコダイカストという製造方法で依頼された部品の製造を行います。
この時に使う金型は従来のダイカストの金型の半額で作ることが可能です。

これまでのダイカストの金型というのは、金型部分のキャビティ部分だけではなく、ベースの部分まで一緒に作らなければいけませんでした。
当然ですが、ベース部分まで作ってしまうことになると、材料代もかかってしまい、金型の交換をする時にも、重い金型を安全に変えるために人も必要になります。
そうなればコストは高くなってしまいます。

ところが太陽パーツの金型は、金型にかかる費用は半分で済み、交換も簡単にスピーディーに行えます。
当然時間も短縮できますしベース部分の費用が必要ではないので、大幅なコストダウンを実現することができます。

それでは金型の精度が悪いのでは?
という心配をされるお客様もいらっしゃるかもしれませんが、精度は従来と全く変わりませんのでご安心いただけます。

従来の半額で金型が作れるとしたら、小ロットの製品の製造にダイカストを使えなかったという方でもご利用が可能になります。

ダイカストの金型を従来の精度はそのままに、コストダウンをしてみたいと考えている方や、小ロットでもダイカストを使いたいと思っている方は、ぜひ一度太陽パーツへご相談くださいませ。

=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

コストダウンを考えているなら太陽パーツのエコダイカスト

ダイカストは高い生産性があり、かつ大量生産であればあるほどコストが下がるため、多くの部品の製造に利用されている加工方法です。
精度の高い製品を大量に作る事ができる事や、金型を作ってしまえば寿命がくるまで繰り返し部品生産ができるので、地球環境にもとても優しい生産方法だと言えます。

従来のダイカストの金型は、ベース部分とキャビティ部分がセットで一つの金型でした。
ベースの部分に使われている材料や金型製造の費用には、キャビティ部分と同じだけの費用がかかります。
つまりキャビティ部分だけを作る事ができれば費用は半分になる事になります。

これを実現したのが太陽パーツのエコダイカストなのです。
太陽パーツのエコダイカストは、キャビティ部分のみをお客様にご負担いただいております。
ではベース部分はどうするのかというと、太陽パーツに共通のベースがあるのでそれを利用します。

ベース部分は必要ないので、金型交換にも当然時間がかかりません。
という事は段取りをする時に時間がかからないという事にもなります。
すると人件費もかからずに時間も短縮する事ができるというわけです。
だから数種類の部品の金型を用意したとしても、結果的にコストを大幅に削減する事ができるのです。

キャビティ部分とベース部分を分けてしまうと、金型の強度や寿命に違いが出てしまうのではないか?
とお考えになる事もあるかもしれませんが、全く心配する必要はありません。
金型の寿命も従来の金型と全く変わる事はありません。

金型にコストがかからなくなれば、小ロット生産の部品であってもダイカストで製造する事ができるようになるのです。

そろそろ金型を作り直さなくてはならない、これから試作品のための部品をダイカストで作りたいという方、さらに精度はそのままにコスト削減をしたいとお考えの方は、ぜひエコダイカストの太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの小ロット生産なら太陽パーツにお任せ

機械の開発で必要な部品をどのように作ればいいのか、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。
特に試作品などの部品を作る時には、小ロットの生産になるために切削加工で補う事が多いため、どうしてもコストが高くなりがちです。
大量生産になればダイカストを利用して、だいぶコストダウンを可能にする事ができますが、試作品などの小ロットの場合はダイカストは逆にコストが高くなってしまうというのが一般的な認識です。

確かに一般的なダイカストを利用しようとすれば、金型を設計して金型生産を行って、部品を製造するという工程になるので、コストが高くなるのは当然です。
ですが、もしも小ロット生産にダイカストを利用して、しかもコストがかからないとしたらどうでしょうか。

太陽パーツでは、小ロット生産でも多くの企業様が利用されています。
その理由は太陽パーツのエコダイカストという製法にあるのです。
太陽パーツのエコダイカストというのは、金型の作り方が全く他とは違い、必要な部分のみを制作して部品生産をする事が可能です。

太陽パーツのエコダイカストは、ベース部分を太陽パーツが保管しているものを使い、お客様のキャビティ部分をセットして部品生産を行うので、ベース部分の費用はかからないのです。

ベース部分とキャビティ部分がセパレートになっていると、金型の寿命はどうなのかと気にする方もおられるかもしれませんが、寿命や製品精度は全く違いはありません。

複雑な部品の製造も従来のダイカストと同様に生産ができます。

現在小ロットの生産の事でお悩みの型はぜひ太陽パーツへご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製造コストが高いと感じたら太陽パーツのエコダイカストへ

ダイカストは部品の対象生産に最適な技術です。
高い精度の製品を安定供給する事ができるため、現在では数多くの部品加工に活用されています。

太陽パーツではダイカスト製品の製造方法や、製品精度、さらに生産性の高さは従来のダイカストと変わりませんが、金型にかかる費用を従来の半額になる製法を開発しました。
エコダイカストは太陽パーツの特許製法です。

太陽パーツでは、これまでダイカストの金型の費用の半分を占めていた土台となるベース部分を、太陽パーツが保有しているものを使う事ができるシステムになっています。
つまりお客様が作る金型は土台となるベース部分を抜いた、製品の成形を行う部分のみとなっています。

太陽パーツのエコダイカストは、金型交換をする時の時間も短縮する事が可能ですので、小ロットの製品の製造にも適しています。
実際に小ロットの製品にどのくらいの費用がかかるのかなど、疑問点をお持ちの方もぜひ一度太陽パーツへお気軽のお問合せください。

また、太陽パーツではダイカストやアルミ押出のほかにも、数多くの製品加工を行っておりますので、総合的な製品の製造についてもお任せいただけます。
お気軽にお問い合わせください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

小ロット対応を可能にした太陽パーツのエコダイカスト

太陽パーツではオリジナル特許製法の【エコダイカスト】で、よりお客様にメリットの高いダイカスト鋳造品を提供しています。
アルミダイカストというと、大量生産をする時にとてもメリットが高いといわれています。
その理由は、アルミダイカストの金型を制作する時の費用が高いため、どうしても大量生産で生産しないと単価が高くなってしまうからです。

このアルミダイカストのデメリットをメリットに変えるために、太陽パーツではオリジナルの特許製法でもあるエコダイカストを生み出し、小ロットでも生産を承れるようになりました。

エコダイカストの最大のメリットは、これまで多額の製作費がかかっていた金型の費用を、従来の半分の費用で製造できるようになった事によって、高い生産効果をお約束する事ができるようになったという事です。

また太陽パーツではカセット金型システムを採用して製品の製造を承っていますので、金型の交換をする時にかかる時間も短縮する事ができるだけでなく、30個ほどの小ロットの製品を作るのにもお使いいただけるようになりました。

これからの製品製造を、品質を落とさずにコストを下げたいと考えているのであれば、ぜひ太陽パーツまでお気軽にご相談ください。
太陽パーツがお客様にとってメリットのある製造法等をご提案させていただきます。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > エコダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.