太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > アルミ押し出し

アルミ押し出し Archive

アルミ押出しに使われる金属の素材とは

私たちの暮らしの中で重要な役割を担っている金属加工。その中でもアルミ押出は私たちの暮らしている住まいや、職場などで使われている建具などに密接な関係がある加工技術です。
今回は、アルミ押出に使われる金属の素材についてを、できるだけわかりやすく説明していきましょう。

・アルミ押出に使われる金属とは?
使う事ができる金属は数多くあると思われがちですが、実際にはそれほど多くの合金を使う事はできません。もちろん決して種類が少ないわけではありません。
基本的にはダイスと言われる金型よりも柔らかければ押出成形はできるので、アルミニウムだけがアルミ押出に使われている金属であるというわけではないのですね。
例えばアルミニウムに銅を合わせた合金が使われたり、ケイ素や亜鉛を合わせた合金が使われたりする事もあります。これらのアルミ合金はその特性を活かせる加工法で成形されるのです。
アルミニウム合金というのはアルミニウムを主体として他の金属元素を混ぜて、アルミニウムの特性にプラスしたい要素を取り入れたハイブリッド金属という事になります。

・製品に強さが欲しい時には銅を合金!
アルミニウムに銅を混ぜたらどんな金属になるのでしょうか? 実は皆さんが目にする機会も多い『ジュラルミン』という、軽くて丈夫な金属ができあがるのです。
ジュラルミンにはアルミニウムと銅の合金だけではなく、アルミニウムと亜鉛、そしてマグネシウムを混ぜた合金もあります。これは超々ジュラルミンなどと言われていて、とても丈夫な金属になるのです。
また、アルミニウムとマンガンを合金する事によって、非常に耐食性の高い合金ができあがりますが、これもアルミ押出などに使われる合金の一つですね。
家の建材の材料として使われたり、自動車などのエンジンなどの部品加工に使われたり、鍋に使われたり望遠鏡などに使われたりもしています。

・アルミニウム以外の金属
電線やワイヤーなどを作るのに使われている代表的な金属と言えばやっぱり銅ですよね。素材自体が柔らかいので管、針金、チューブ、ワイヤーなどを押出で製造しています。
銅は熱間押出で成形します!
鉛やスズも針金やチューブ、管といった銅と同じような製品に加工して使われています。やはり熱間押出で成形されます。マグネシウムもとても重要な材料だと言えます。
例えば航空機の部品の加工を行うのに使われていますね。アルミニウムと同じような特性を持っているので、アルミ押出成形に向いている金属であると言えるでしょう。
鋼やチタンも意外かもしれませんが押出で加工を行います。チタンの場合は航空機部品や自動車の部品などに使われています。鋼は鉄だけではなくステンレスなども加工ができます。
他には合成繊維や合成樹脂などの材料を加工する事も可能です。

いかがでしたか? アルミ押出ではさまざまな素材を加工できるという事がわかりました。
太陽パーツではアルミ押出にも高い技術を発揮しています。コストダウンをしたいと考えている方はぜひ一度お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出形材が生まれるまで【2】

今回は前回に引き続き、加工方法の違いについてご紹介いたします。

アルミ押出の方法について
直接押出法、静水圧式押出法、間接押出法、コンフォーム押出法などがあり、直接押出法は最も利用されている加工方法で、熱したビレットを金型の方向へ押し出して成形する方法です。
静水圧式押出法はビレットを液体などの圧力媒体で覆って、金型とビレットが直接触れないように押し出すという加工方法です。
この方法だと直接押出法のようにステムにビレットが触れないので、変形挙動が均一になるので加工が難しいとされる長尺ビレットの加工が容易になる加工方法です。
間接押出法とはビレットに中空システムのダイスを押し当てて押出する加工法で、ビレットがコンテナの中で摩擦を起こしません。そのため一定の圧力で押し出す事ができるので、直接押出法のおよそ30%少ない圧力で加工する事が可能です。
この押出法では直接押出法では加工しにくい高圧力アルミニウム合金の加工に向いている加工方法だと言えるでしょう。
コンフォーム押出法とは、ビレットを熱してダイスを通して押し出すのではなく、内側に溝が入った回転ホイールの間にビレットを入れて、回転させながら熱していきダイスを通って押出形材を作る方法です。
この方法だと細くて寸法精度の高いアルミ押出形材を作る事ができます。

洗浄と表面処理を施して製品となる!
アルミ押出はダイスを通しただけでは製品とはなりません。製品はひずみやゆがみが出ないように引っ張りながら整直し、引っ張った両端を切断して洗浄と表面処理を施します。
表面処理を行う事によって、美しいアルミニウムをより美しく丈夫な製品にする事ができます。より耐久性の優れた美しい製品を造り出す事ができるのです。

いかがだったでしょうか? アルミ押出形材が生まれるまでの工程についてや、加工方法の違いについてを説明いたしました。
製品に求める精度やコストなどの都合に合わせた加工ができる技術でもあり、大量生産にも対応する事ができる加工技術であるという事もわかっていただけたのではないでしょうか。太陽パーツではアルミ押出の製品を、金型から最後の表面処理まで一貫として行っています。さらに詳しい情報や見積もりなどがありましたら、お気軽にご連絡ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出形材が生まれるまで【1】

アルミ押出はとても生産性の高い加工方法です。建具として利用されている事で知られている加工技術ですが、アルミ押出形材ができるまではどのくらいの工程があるのかを詳しくご存知ない方もおられるかもしれません。
そこで今回はアルミ押出形材ができるまでの工程についてを、できるだけわかりやすく簡単に説明していきたいと思います。

アルミ押出形材とは?
まずアルミ押出形材ができるまでの工程の数についてを簡単に説明すると、インゴットと言われる原料を溶解し鋳造を経てビレットを製造しますが、出来上がったビレットはそのままの状態でアルミ押出形材に使うわけではありません。
ビレットは適度な大きさに切断して加熱機で加熱していき、押出機に入れられて金型を通って押出形材に成形され、そのできた押出形材を冷却して形を整えて切断し、水荒い→苛性ソーダ→水荒い→カラーリング→水洗い→塗装や焼き付けなどを行います。
ビレットを作るために一度インゴットを溶解させてビレットとして鋳造し、そのビレットを400℃~500℃に加熱して金型から押出します。
押し出されてできた製品がアルミ押出形材となります。この後で整直しながら冷却して引っ張った部分を切断し、洗浄や塗装や焼き付けなどを行うのです。

アルミ押出の金型について
アルミ押出の金型はダイスと言われるもので、このダイスの中を熱された材料が押し出されて製品となります。
材料を押し出すためには押出機に400℃~500℃に加熱した材料を入れて、ゆっくりとピストンで圧力をかけて押し出していきます。
アルミ押出の金型は簡単な形状のものから、複雑な形状のものまでさまざまな形があり、押し出す事が可能な形状であれば、どんな形にも製造する事が可能です。
失敗が少ない製造方法ではありますが、より不良率を下げるために様々な押出方法があります。

太陽パーツではアルミ押出形材を、さまざまな技術を駆使して製造しています。コストを削減したいけど精度を落としたくないという方も、ぜひお気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出製品の製造なら太陽パーツにおまかせ

太陽パーツではアルミダイカストや切削、板金加工、プレス加工といった各種金属加工のほかに、アルミ押出製品の製造もおこなっております。
お客様のご要望にお応えすべく、ご希望の断面図などによる相談に対して設計開発から行っております。

アルミ押出の製品は身近なところでは建具やサッシなどに利用されています通り、複雑な形状でどこから切断しても同じ形状の製品を使う事ができる「金太郎あめ」のような製品です。
複雑な形状の製品でも容易に製造する事ができるため、生産性が高く安定した供給をする事ができる技術がアルミ押出です。その製造方法は金型に熱した金属を押し出しするという製造法です。
一度金型を作ってしまえば同じ形状の製品が大量生産する事ができるのが最大のメリットです。金型は一度作ってしまえば繰り返し使用する事ができるのも特徴です。

また、製品の製造をする時に余った材料は、すべて再びリサイクルして製品の製造に利用するため、環境にも配慮する事ができます。

太陽パーツではアルミ製品の製造に長年携わってきたため、アルミ押出の他にも二次加工なども行っています。
アルミの事を知り尽くしているからこそのご提案もしております。
アルミ押出の事はもちろんですが、アルミ押出以外の製造や二次加工や表面処理などについても、お気軽にご相談ください。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

さまざまな形状の製品を作り出すことができるアルミ押出とは

アルミの押出は融点の低いアルミを利用し、さまざまな形状の製品を作り出す事ができる加工方法です。
押出して作る事ができる形状ならば、どんな製品でも大量生産する事が可能で、均一な製品を大量に作る事ができる加工方法なのです。
アルミ押出で作る事ができる製品の種類はかなり豊富だと言えます。

アルミ押出ができるまでは、まず材料となるアルミを熱して型に送り出します。
次にアルミは型の中へと押し入れられていきます。
この時強い圧力で押し込まれていくため、型を通り抜けた時のアルミの形状は、すでに製品の形状で出てくるわけです。

つまり、ところてんの要領でアルミを型から押出て製品を作ります。
型を通り抜けたアルミは形状を変えて、長い製品となって出てくるわけです。

以前はアルミ押出の技術は発達していませんでした。
そのためサッシなどの建具などに使われる事が多かったのです。
しかし、最近では技術の発達によって精度の高い製品を作る事ができるようになりました。

そのためには型と型に押し込む装置、そしてビレットというアルミの塊を温める装置が必要となります。
アルミ押出をするにあたっては、メタルフローという現象が起こり不良の原因にもなっていました。
最近ではこのメタルフローが起こらないような製法になっているため、以前よりもより精度の高い製品を作る出す事が出来るようになっているのです。

太陽パーツでは、アルミ押出しにも対応し、お客様のモノづくりをサポートしております。
押出成形だけでなく、成形後の2次加工、表面処理にも対応し、さらに製造後の組立や梱包など、トータルにサポートしております。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押し出し加工で使われる金型の寿命

通常、金型というのは非常に硬い金属でできており、アルミよりもずっと高い温度で溶ける金属でできています。
いくらアルミよりも高い温度で溶けると言っても、やはり熱いアルミを流すわけですから傷まないわけがありません。
溶けた金属を流し込むだけではなく、溶けたアルミを流し込んで圧力をかけて押し出して成型します。
そのため金型の傷みにも気を遣わなくてはいけません。

溶けたアルミを流し込んで成型する際、圧力をかけて押されるために金型は『ヒートクラック』と言われるひび割れなどが起こります。
アルミの融点よりも高い温度で溶けだす金属でも、やはり熱い金属が流れて圧力がかかるため、どうしても『溶損』という金型が変形する破損が起こってくるのです。

そのままの状態で金型を使う事は、より早く金型の寿命を縮める事になります。
アルミ押し出しを行う時には、その都度メンテナンスを行いながら製造をする事になるのです。
特に複雑な金型だと、より複雑な形状の部分に圧力がかかりやすくなるので、金型が変形しやすくなってしまいます。
金型に付属している部品も、複雑で小さいほど摩耗や損傷が激しくなるので、毎回メンテナンスを欠かせないのです。

この事から、金型と製品を依頼する時には、より金型に優しい製造方法をする必要があり、メンテナンスもしっかりとしていなければいけません。
どのくらいの頻度で金型のメンテナンスをしなくてはならないのかについては、金型の製造方法によっても変わってきます。

太陽パーツでは、金型の寿命に対してもしっかりと対応していますので、金型やアルミ押し出しの製造でお困りの場合は、お気軽にご相談ください。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

様々な分野で活用されているアルミ押出の工程

アルミ押出製品は、すでに販売されている状態で出回っています。
そのため、どのような方法で製造されているのかを詳しく知る機会はありません。

そこで、今回はアルミ押出の工程についてを簡単に説明していきたいと思います。

アルミ押出の工程は全部おおまかに分けると7工程になります。
では、その工程ごとに説明していきましょう。
工程を知ればなるほど!と思える発見があるかもしれません。

【工程1】長尺ビレットの切断
ビレットは長尺なのでカットしないと加工ができません。

【工程2】ビレットを加熱する
この工程に利用する機械はビレットヒーターという機械を使って温めます。

【工程3】金型を加熱する
押出がしやすくなり不良品を作らなくて済みます。

【工程4】押出
圧力で柔らかくなったアルミニウムは金型を通り抜けて、金型通りの形状に製造されて出てきます。
これがアルミ押出材が出てくるまでの工程です。

【工程5】冷却
この工程はストレッチ矯正という工程です。

【工程6】切断
できた押出材を規定の長さに切断して整えていきます。

【工程7】表面処理や処理
最後に熱処理を入れて硬度を高く、表面処理をして製品の持ちを良くし、アルミの持つ独特の美しさを保つための処理をします。
建具などに利用される事が多いので、これらの処理は必要不可欠と言えます。

こうしてアルミ押出の工程をじっくりと見ると、アルミ押出がいかに優れている加工方法なのかがわかります。
今後も様々な分野でアルミ押出の製品は使われていく事でしょう。
アルミ押出は利用価値がとても高い製造方法なのです。

太陽パーツでは、アルミ押出を始め、あらゆる製造方法に精通し、お客様の製品づくりをサポートしております。
詳しくは、一度お気軽にお問い合わせください。



=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出しの試作にピッタリな金型をニーズに合わせて作るなら

アルミ押出し製品は金型がとても重要です。金型がしっかりとしていないと製品の安定や精密な製品を作る事は難しく、ばらつきが出たりしてしまい費用がかってしまいます。
精密であればあるほどしっかりとした金型を作れる企業に依頼する事が重要になってくるのです。

金型の中でもアルミ押出しの製品を作る金型は、製品が使われている分野が幅広い事とより複雑化した形状を作る事ができるようになった事が一番の特徴です。
また一度金型が決まったら、めったな事が無ければ不良品が出ないというのもアルミ押出しの特徴だと言えます。

アルミの特徴について、金属は酸化すると錆びてしまうものですが、非鉄金属であるアルミは表面処理をする事によって美しく変化の少ない製品を作る事ができます。
アルマイト処理はもちろんの事ですが、他の表面処理もしやすいのでいつまでも長持ちする耐腐食性の高い製品を作る事ができるのです。

近年ではアルミ押出しの精度が高くなっていますが、作って実際に製品を制作した後で「もう少しここを何とかしてみたい」といった問題が出てくるものです。
すると当然ですが作り直しをしたりする手間がかかります。
そこでアルミ押出しの金型を作る高い技術を持っている企業への金型製作の依頼が必要になるのです。

太陽パーツは形状検討を行う時に金型を作るのではなく、3次元データがあれば製造が可能なので、費用の面でも時間の面でもとても多くのメリットがあります。
また太陽パーツでは、お客様の作りたい製品づくりをサポートしております。
もし製造に関することでお悩み事などございましたら、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。


=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

複雑な断面のアルミ押出製品も試作から加工まで対応

太陽パーツではアルミ押出しにも強みを持ち、お客様の製品づくりをサポートしております。

アルミ押出しでは、複雑な断面形状も容易に製造することが可能です。
建築現場で、内装や外装に使用する材料として広く利用されており、サッシやドア部分に多く用いられています。

太陽パーツでは、断面の設計開発からのご相談も承っております。
複雑な断面のアルミ押出しも試作・量産試作などにも対応し、様々なニーズにお応えいたします。
また、アルミ押出しでは数本からでも金型製作を行っておりますので、小ロット生産をご希望の際には、小ロット金型も製造しております。

複雑な断面でも容易に製造できるアルミ押出しで、製品製造をお考えの際には、ぜひお気軽にご相談ください。


さらに、太陽パーツではアルミ押出製品の製造だけではありません。
製造したアルミ押出し材を使用して、組立や検査、梱包、出荷までも可能です。お客様の製品製造をトータルにサポートしておりますので、まずは一度お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミ押出し製品の強度について

アルミ押出しの製品は強度が高く、建築素材などに使われていることからもわかります。
今回はアルミ押出し製品の強度について、簡単にご紹介いたします。

そもそもアルミ押出しで作られた製品は強度が高いと言われています。
その理由は製造される形状にあります。例えば、Hの形をした形状だったり複雑な形状をした形で製造されますので、圧力や振動や変形にもとても強い構造をしています。

アルミ押出し製品の中には航空機などにも使われている製品もあります。
しかも、複雑な形状のものを作ることで、損傷にも大変強いものを作ることができ、材質がアルミなので軽量化にも貢献しています。

アルミ押出しと聞けば、建具という印象も強くありますが、最近ではその品質や強度の高さを認められて、あらゆる分野で利用されています。
例えばm自動車のバンパーなどは強度も必要ですが、ある程度の柔軟性も必要になります。また、一体化して製造することも可能なので、より複雑な製品を作り出すことが可能です。
特にアルミ合金の場合は、衝撃を吸収することも十分に可能です。そのためより高い安全性を必要とする自動車部品などに使われているのですね。

また、アルミ押出しの製品の強度と精度が高くなるという事は、建具の強度や精度も上がるということになります。
そうなれば震災などの影響を受けにくい人の命を守る事ができる住宅を建設する事もできるようになるのではないでしょうか。


太陽パーツでは、アルミ押出しによる製品製造も承っております。
アルミ押出しはもちろん、その後の二次加工や表面処理、さらに組立までトータルにサポートしております。
製品製造のことなら、まずは太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

HOME > ブログトップ > 加工について > アルミ押し出し


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.