太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト

ダイカスト Archive

アンダーカットについて! ~2~

【油圧スライドを用いた方法】
油圧スライドは金型の外側に油圧シリンダーが付いたものです。金型を開いた後で油圧シリンダーが動き、製品を取り出す事ができます。金型が開いて油圧シリンダーが開くので、より複雑な形状の製品の生産が可能です。
例えば側面に複数の凹凸や穴が必要な部品の生産に向いた加工技術です。

【3プレート方式を用いた方法】
最後にご紹介する3プレート方式ですが、金型のプレートが3段階に分かれている方法です。上下左右に凹凸や穴などの加工を必要とする部品の生産に向いている方法です。

これらのアンダーカットは一般的なダイカストの金型よりも複雑な形状をしていますし、それ以上に手間がかかった金型を必要としますし、工程も必要としますので金型が大変高額になりがちです。
そのため大量生産に向いた加工技術だといえるでしょう。金型のコストの面をクリアする事ができれば、アンダーカット処理ができる金型で部品の生産ができるようになるわけです。
例えば二次加工を行う事で製品の強度が落ちる可能性がある部品や、できるだけダイカストのみで部品の二次加工を行いたくないという場合にもおすすめです。

 

金型のコストの事でお悩みなら太陽パーツへご相談ください。
太陽パーツでは金型にかかっていたコストを少しでも安く抑える事ができる、エコダイカストの技術を持っています。特許を取得しているこの技術を活用して、コストを軽減して製品の生産をしたい方は気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アンダーカットについて! ~1~

アルミダイカストは製品の生産性に優れた技術で、多くの製品の生産にアルミダイカストの技術が活用されています。
今回はアルミダイカストで製品の生産を行う時の『アンダーカット』について簡単にお話いたします。

ダイカストで製品の生産を行う時、普通なら金型を分けた時に中の製品がスムーズに出てこなくてはなりませんが、中には二次加工をしなくて済むような形状になっていて、分割しただけでは製品が取り出せないものもあります。
この二次加工的な横穴の事をアンダーカットといって、通常の金型では取り外す事が難しい形状をしています。
生産性を高めスムーズに取り出すためには別の型を使って側面の穴を作るわけですね。

例えば筒状の製品の側面に穴をあけるという加工をする場合、そのままの状態では取り出す事ができないため、穴にあたる部分に別の金型を合わせて冷えて固まったらその型をスライドさせて製品を取り出しやすくする事ができます。
この側面の加工の金型の事を『スライドコア』と言います。
スライドコアを用いる事によってスムーズに取り出す事ができるのですが、複雑な金型になるのでコストが高くなってしまいがちです。
それでもスライドコアを使うのは、二次加工を後から行う事によって製品に歪みが生じてしまったりするからです。

 

では次にアンダーカット処理の種類と説明をいたします。

【アンギュラピンを用いた方法】
アンギュラピンというのは固定金型の方に斜めについたピンの事です。製品が固まったら金型が開きますが、この時にアンギュラピンに沿って斜めに金型が開いていくので、左右に金型が開いて製品を取り出せるのです。
製品を引いて取り出した後は余分な部分を取り除いた製品を取り出す事ができるわけです。
このアンギュラピンはH型になっている形状や、T型になっている形状の製品の生産をスムーズにする事ができるでしょう。

 

~2~へ続く=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

鋳造方法の比較 ~2~

メリットは砂型鋳造とほとんど変わりません。

ただし砂型同様に圧入するわけではありませんので材料が漏れてしまう事もありますし、薄肉の製品の生産には向いている技術ではないかもしれません。
低圧鋳造は重力を利用して金属を流しこむのではなく空気圧を利用して流し込みますので、より砂型や金型鋳造よりも複雑な形状の製品をつくる事ができるメリットや、鋳造による空気の巻き込みなどが軽減できるメリットがあります。

デメリットといえば低圧なので圧入するのに時間がかかったり、冷やすのに時間がかかってしまうので小ロットの製品の生産に向いているかもしれません。

 

最後にダイカストですが、ダイカストは高圧で溶けた金属を射出して製品をつくる技術です。
ダイカストの金型は最も複雑な形状でかつ薄肉の製品の生産にも優れています。
早く射出して冷却も短時間でできるため、大量生産に向いた鋳造技術です。メリットが非常に多く、非常に精度の高い製品をつくる事が可能で、インサートの利用ができ二次加工をあまり必要としない製品の生産にも向いています。

また、材料についてもリサイクルが可能なのでエコです。ただし、最も生産性が高いのですが金型が高価なのが唯一のデメリットかもしれません。
実はこの金型が高いという理由で小ロットの製品の生産には向かないと言われているわけです。
ただ比較してみるとやはりアルミダイカスト技術を使う方が全体的な工程が少なくなる事も多いです。
金型の費用が何とかなれば小ロットでも活用する価値はあるでしょう。

 

太陽パーツではアルミダイカストの金型を従来の金型のおよそ半額に抑える事が可能です。
もしも小ロットの製品の生産にアルミダイカストを使いたいのであれば、気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

お得かつ高品質に仕上げたいなら太陽パーツの【エコダイカスト】~2~

今回も引き続き、エコダイカストについてご紹介致します。

 

ただし複雑で薄肉な形状の製品のための金型を作る場合、それなりに金型の費用もかさんでいく事は想像に難くはありません。

 

そこでおすすめするのが太陽パーツの『エコダイカスト』です。

エコダイカストと他のダイカストとの違いは正しく『金型』にあります。実は金型にかかる費用をおよそ半額にする事ができる技術なのです。

簡単に説明すると、通常ダイカストの金型はベースとなる土台部分の上に固定型の金型と、対になる可動型の金型を使って製品の加工を行います。

実はこのベース部分に使っている材料は上下の金型と同量の金属を使うのです。

つまり金型が大きければ大きいほど使う金属も増えていくので結果的に金型の費用が高くなってしまいます。

太陽パーツではこの無駄な部分を共有にする事によって、金型のみのコストでダイカストが利用できるようにしたのです。

 

結果的に200万円の金型が半額の100万円で造れるという事になるわけです。

もちろん品質は従来のダイカスト製品と全く変わりはありません。これなら小ロットであっても躊躇せずにダイカストを活用できるのではないでしょうか。

エコダイカストについてお知りになりたい事があれば、どんな些細な疑問でも太陽パーツへぜひご連絡ください。

詳しく丁寧にご説明いたします。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

お得かつ高品質に仕上げたいなら太陽パーツの【エコダイカスト】~1~

ダイカスト技術が製品の生産技術の中で生産性が高いのには理由があります。それは高い寸法精度の製品を大量に生産できるというメリットがあるからです。しかも大量生産を行う事によって一つあたりの価格が非常に安いのもメリットです。

もちろん満足度の高い部品の生産を望むのであれば、その要求を満たす条件の整った精密な金型が必要になります。

問題はこの精度の高い金型にかかる費用です。ダイカストを使う事の心配事はここだけかもしれません。

ところでどうしてダイカストは大量生産に向いているのかご存知でしょうか?それは金型にかかる費用を生産する部品一つずつにかけるからです。

つまり金型にかかった費用が100万円だったとして計算してみると、次のような事がわかります。

100万円(金型費)÷(部品個数+材料費+人件費)という計算でいくと、生産個数が多ければ多いほど一個あたりの単価が安くなるという仕組みになるのがわかります。これがダイカストイコール大量生産というイメージを植え付けているのでしょう。

もちろんメリットが非常に高いのもダイカストの魅力です。

薄肉の製品でも精度が高かったりすれば軽量化にもつながります。お客様が製品を手に取った時に「軽い」と感じる方を購入する事もあるかもしれません。

 

さらにダイカストの製品は複雑な形状の製品も作る事ができるようになっているため、加工工程を極力減らす事によるコストダウンも可能でしょう。

こうしたメリットの方が価格が多少高くてもダイカストで!と考える理由でもあるのですね。

~2~へ続く=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

身近でこんなに!【ダイカスト製品】

金属を使った部品の生産をする技術の一つにダイカストがあります。しかしながら実際にどんな部品の生産をするのに適しているのかはわかりにくいものです。

そこで今回はダイカスト製品がいかに身近な存在なのかをお話いたします。

私たちが普段仕事に行ったり遊びに行ったりする時に利用する『自動車』や『バス』などの重要な部品にダイカストの技術が使われています。

特にエンジンの部分に使われている次の部品をダイカストで造っています。

シリンダーヘッド、シリンダーーブロック、クランクケース、オイルパン、これらはエンジンに使われている部品になります。

またこちらも非常に重要な分ですが、トランスミッションケースやパルプボディそしてトランスファーケースなども生産されています。

普通乗用車はもちろん軽自動車やトラックやバスなどのエンジン部品にもダイカスト製品が多く使われているのです。毎日使うものだからより身近に感じる事でしょう。

 

他にも例えばパソコンもダイカストで造られた部品を使っています。

近年ダイカスト製品は薄肉でより複雑な製品の製造が可能となっているためでしょう。またアルミ合金を使う事によって製品の軽量化や小型化が可能になるのも選ばれている理由かもしれません。

同じようにカメラやプリンター、コピー機(複合機)などの部品にもダイカスト製品が使われています。ちなみにダイカスト部品は軽くて丈夫で錆びにくいという特性があります。

冷蔵庫や洗濯機なども色々な機能が備わった製品がたくさん出ていますが、持ち運びをしたり移動する時にできるだけ軽い方が良いという事もあって、ダイカスト製品を使う事は非常にメリットがある製造方法です。

他にも文房具やおもちゃや自転車などにも利用される技術です。ちなみに強くて軽い!という特性から、

新型の信号機や新型粉末消火器の容器にも採用されたりと、いかにダイカストが高い技術であるかがわかりますね。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ニーズにお応え!安定した品質【海外生産】

ダイカストは部品を大量生産するのに最適です。

金型を使って生産するので製品によって精度にバラつきが出るという事は無いので、安定した部品の供給をする事が可能です。

非常に人気が高くかつコストを抑える事ができるとなれば、加工依頼が集中する事も考えられます。もしも製品の生産を行っている途中で別の製品が必要になった場合、対応ができないなんて事もあるかもしれません。

その時になって空いているところを探すのは非常に困難です。

 

そんな時におすすめなのが太陽パーツの海外工場の活用です。

太陽パーツでは海外にもいくつもの工場を構えています。海外のいくつかの拠点でお客様のご要望に応えるだけではなく、国内で生産した製品に劣らない精度の高い製品を提供する事が可能です。

というのも生産技術や品質管理、生産に関する細かな部分は全て国内と同じになるようしっかりとした教育を行っています。

ダイカストだけではなくプレス加工や板金加工、切削加工に溶接加工、さらに組み立てまで行っているので、納期までに完成品として納品する事も可能です。

検査などもしっかりと行って納品しますので、短納期で高品質な製品の安定供給が可能になるわけです。

海外の拠点としては上海や大連といった大きな都市だからこそ細やかな対応をする事ができるのです。

また、検査も徹底的に行われるため、日本に不良品を持ち込みません。つまりお客様には常に良い製品を安定的に供給ができるという事になるのです。

もしも精度の高い製品を安定供給して欲しいけど、対応が難しいのでは?と悩んでいるのであれば、ぜひ太陽パーツへ気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【ダイカスト】を知ろう!基礎知識

現代人の私たちの生活は経済的にも恵まれ非常に便利なものに囲まれて生きています。その陰には様々な生産技術の発展が強く関係しています。例えば今や一家に一台と言われている自動車も、現代の生産技術を活かして作られているのです。

ところで、昔と違って現在の自動車というのは剛性も高くなり、安全性が各段に上がっているだけではなく、車両総重量も非常に軽量化されているので低燃費です。その陰にはアルミ合金を使った部品の数々が使われているからだと言えるでしょう。

例えばエンジンは車の部品の中ではとても重要で大きな部分なので、鉄などで造られていた時には非常に重く、錆に弱いというウィークポイントがありましたが、現在では錆の心配はあまりありません。これもアルミ合金を使っている恩恵かもしれません。

そしてエンジンをはじめ多くの部品の生産に使われている技術こそが『ダイカスト』なのです。今回はダイカストの基礎知識についてわかりやすく説明していきます。

ダイカストを簡単に説明すると、金型という型の中に溶けたアルミ合金などを流し込んで、冷やして固めるという加工技術です。こうした技術を『鋳造技術』というのです。

ダイカストマシーンに金型をセットします。セットした金型に溶かしたアルミ合金を高圧で射出していき、充填が済んだら冷やして固めて金型の形に形を変えます。

加工するには金型が必要になりますが、近年では技術が進歩した事もあって、薄肉でより複雑な形状の金型を造る事が可能となり、軽量化と高い剛性を持つ耐久性の高い部品の生産ができるようになったのです。

しかも圧をかけて製品の生産を行うので非常に美しい鋳肌をしていて、表面処理を容易に行う事が可能です。鋳込み金具を使って鋳込みをつくる事が可能なので、硬さや耐摩耗性の高い製品を加工する事もかのうです。

精巧な金型で加工するため最終仕上げ加工を行わなくても良いというメリットがあります。その分時間を短縮する事も可能です。これらの特性から自動車やバイクなどのエンジン部品の生産に利用されています。

ただし製品の生産に必要な金型については費用がかかるため、どちらかというと小ロットでの注文よりも大ロットでの注文に向いています。年々生産量は増え続けているため小ロットへの対応を希望する声があるのも事実です。

太陽パーツでは小ロットでもダイカストを利用したいという要望に応えるため、エコダイカストという技術を活かしています。

精度は変わらず小ロットでダイカストを検討したい方にお勧めです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと他の鋳造法との比較!~2~

今回も引き続き、ダイカストと他の鋳造法との比較をご紹介させていただきます。

 

 

【金型鋳物の特徴】

金型を作るのが簡単で金型費が安いという点、ダイカストと違って加工できる金属の種類が多い点、さらに熱処理や溶接をする時に気を使わないという点が優れています。

また、加工する時に空気の巻き込みが少ないので不良がでにくいという特性があります。

 

【砂型鋳物の特徴】

砂型鋳物は砂を使って金型を作って製品の生産をします。寸法精度の高い製品には向いていませんが、大きな製品の生産が可能です。大量生産ではない製品の生産に向いています。

鉄や銅などの金属であっても加工する事が可能です。アンダーカットの形状の製品の生産が楽にできるという点、そして試作から製品生産までの期間が少ないのも特徴です。

こうしてそれぞれの特徴を見ると、ダイカストと他の鋳造技術にどんな違いがあるのかがわかります。もちろんダイカストは非常に優れた製造技術ですが、ダイカストにも弱点が無いとは言えません。

だからこそそれぞれの特性を理解して、最適な加工技術を選択して製品の生産を行う必要があるでしょう。太陽パーツでは金型にかかる費用を半額に抑え、高い製品精度の部品生産に長けている「エコダイカスト」があります。

良い製品を少しでも安く生産したいと考えているのなら、ぜひ太陽パーツへ気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと他の鋳造法との比較!~1~

ダイカストは鋳造技術の一つです。鋳造とは金型を使って溶けた金属などを流し込み、冷やして固めるという生産技術です。鋳造が多くの製品の生産に活用されているのは、精度の高い製品を数多く作る事ができるからです。

鋳造技術といっても一つしか種類があるわけではなく、砂型鋳物であったり鍛造と言われる叩いて製品の生産を行うものなどもありますが、中でも大量生産に向いているのはダイカストです。

ダイカストと他の鋳造技術とはどのような違いがあるのかを簡単に説明いたしましょう。

【ダイカストの特徴】

ダイカストの特長は金型の精度が高く、寸法精度の高い製品を大量に生産する事が可能であり、自動的に大量生産が可能なので省人化が可能なので人件費を抑える事が可能です。さらに大量生産ができるので部品一つあたりの価格が安いのもメリットです。

金型の精度が非常に高いので薄肉の製品を生産する事も可能です。また材料のリサイクルが可能なので非常に経済的です。加工する時に中子を使って製品の生産を行いますが、加工後に中子抜きをする時に簡単にできます。

一回の製品の加工が短時間なので大量生産が可能であるという特徴や、製品一つ一つの鋳肌がとても滑らかという特徴があります。一方で他の鋳造技術と比べてみると次の事が違います。

 

~2~へ続く

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 3412345...102030...最後 »

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.