太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト

ダイカスト Archive

ダイカスト用合金に求められる特性

ダイカストは精密な部品を大量に製造する事ができる製法です。比較的大きなものであっても作る事ができるので、剛性の面でも優れているためとても人気の製造方法の一つです。
ですが、人気だからとどんな材料でも製造できるというわけではありません。それはダイカストの製造方法が、他の金属加工とは少し違うからだと言えるかもしれません。
ダイカストは材料となる金属を熱して柔らかくし、その溶けた金属を高い圧力で金型に射出し、冷やしてかためるという製法なのですが、融点が高い金属だと金型が傷んでしまうのです。
ですから溶けやすい金属で製造をする必要があるのです。まずはダイカスト用合金に求められる特性を見てみましょう。
まずダイカスト用合金に求められるのは「軽い金属である事」です。なぜならば、年々大きな製品にダイカスト製品が使われるようになっているから、というのも理由の一つだと言えるでしょう。
例えば鉄道車両や自動車などのフレーム部分ですが、軽量化する事ができるという点で軽い金属が求められます。燃費や剛性の向上が期待できるからですね。

次に「価格」です。どんな製品も「安くなければ売れない」時代ですから、材料に莫大な費用をかける事が難しくなっているため、価格が安い金属である事も条件となっています。
そのため、ダイカストではこの二つのお客様へのニーズに応えるために、アルミ合金を使用する事が主流となっているのです。
アルミ合金は「鋳造性」に優れており、複雑な形状の製品を作るという特性を持ち、さらに熱による熱間割れも少なく、製品ひとつひとつの強度のばらつきが出にくいのも特性ですね。
ですが最も重要なのは「金型」へのダメージが少ないという点でしょう。融点が高い金属で作ると金型の傷みが激しく、コストがその分高くなってしまうという危険性があります。
その点アルミ合金だと融点が低いので、金型の傷みが少なく量産をするのに向いていると言えるでしょう。
以上の点からも、ダイカスト用合金としてアルミ合金が利用されるのは、当然の流れであると言えるのではないでしょうか。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

多量生産でコスト削減!ダイカスト鋳造法

ダイカスト鋳造法にはいくつものメリットがあり、そのメリット全てがコスト削減を実感できるカギを握っているためです。そのメリットについてとコスト削減に適している理由をご紹介いたします。
まず第一にあげられるのが生産性が非常に高いという点です。コスト削減するには一度に大量の製品を作り出す必要があるため、高い生産性のあるダイカスト鋳造法は重宝するのです。
さらに寸法精度が非常に高いという点もメリットであると言えます。安かろう悪かろうではなく良い製品を適正な価格で入手する事ができるため、ダイカスト鋳造法は選ばれているというわけですね。
さらに軽量化する事も可能です。ダイカスト鋳造法は金型の精度が非常に高くなっているため、薄肉の製品を生産する事が可能なので、軽量化によって製品制度も高く評価も良くなります。
表面処理を必要とする場合の処理前の工程が少なくて済むという点もメリットとなります。加工した後の表面が非常に美しい仕上がりになるため、表面処理をする時の工程を減らす事が可能となります。
特に通信機分野や家電製品や自動車部品などに活用するのには最適な部品加工ができるのもいいですね。
しかもこれだけの優れた特徴を持っている製品が、一度に多量生産を行う事ができるので、結果的に部品一つ当たりの費用が非常に安く済むため、コスト削減に適した加工技術であると言えるのです。
ちなみにダイカストで製造された部品の多くは二次加工を必要としないため、薄肉の製品であっても非常に丈夫な部品になります。ネジで止めて立体にしているわけではないからです。
だったら切削の方がいいのでは? と思うかもしれませんが、ひとつひとつの部品を切削していたら時間もかかりますし単価も高くなってしまいます。
しかも部品の一部に別の部品を取り付ける「インサート」という技術も使えますし、試作品を作ってみて金型の変更を行うのも比較的楽です。
不良品も出にくいので無駄がありませんし材料の無駄もありません!ただ一つだけ難点があるとすれば、金型に非常に高い費用がかかってしまうという点です。
これについては太陽パーツのエコダイカストを活用すれば解決できます。太陽パーツでは金型の費用を一般の半額程度に抑える事が可能です。
ぜひ一度金型や製品の生産についての詳しい情報を、太陽パーツにお気軽にご相談されてみてはいかがでしょうか。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

成長を続けるダイカスト鋳造法

ダイカスト鋳造法は日々進歩し続けています。初期の頃のダイカストというと簡単で単純な形状のものばかりというイメージがありましたが、最近の技術の進歩によって複雑で精密な製品を作る事ができるようになったのです。
簡単に説明すると、ダイカスト鋳造法というのは溶けた金属を金型に高圧で充填して、冷やして固めて製品の生産を行うという技術で、多くの製品に活用されている技術なのです。
金型の精度も向上した事によって、より複雑な形状の製品を加工する事もできるようになり、さらに薄肉の製品を作る事も可能となりました。

ダイカスト製品の特長は寸法精度が非常に高い事、短期間で大量に製品の生産ができる事、特別な処理をしなくてもそのままの状態で使用できるほどの鋳肌が美しい点があげられます。
中子を使用する事ができるのでより複雑な形状を作る事も可能となっているのも注目される点だと言えるでしょう。
もちろんメリットばかりだとは言えません。より複雑で薄肉の製品を短納期で大量生産する事ができる技術であってもデメリットはあるものです。

最も大きなデメリットと言えば「金型にコストがかかる」という点です。ダイカスト鋳造法では製品の生産のためには金型を必要とします。
そしてその金型はダイカストマシンの高圧や熱に耐えられる必要があるのです。さらに一般的なダイカストの金型の場合はベースの部分にダイ(金型本体)と同じだけの材料を必要とするのです。
結果的に金型として必要な部分と同じだけの金額がベースにかかってしまう事になる事と、段取りを行う時には金型が重いため、複数の人で交換を行わなくてはならないのでコストがかかってしまいます。
当然その費用は製品にプラスされてしまいますので、消化するには大量に製品を生産するしかありません。つまりロット数が少ないと価格が高くなってしまうのです。
これを解決する方法は金型にかかる費用を何とかするしかないのです。

太陽パーツではエコダイカストという技術を使ってダイカスト製品を生産しています。使用する金型のベース部分は太陽パーツの共通部品となっているので、金型本体のコストしかかかりません。
つまりこれまでの半額程度のコストで金型を作る事が可能となります。現在ダイカスト鋳造法の利用を検討中であれば、太陽パーツへお気軽にご相談ください。
デメリットをメリットに変えて低コストで高品質の製品の生産を実現する事ができるのでおすすめです。

 

 

 

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストにも使われる亜鉛合金

亜鉛合金とはアルミニウム、銅、マグネシウム、鉄などを合成して作られた合金で、昔からダイカストや鋳造製品の材料として使われている金属です。
およそ80年以上も使われている合金の一つです。ダイカストなどに使われている合金にはアルミ合金が有名ですが、アルミ合金に次いで多く利用されているのが亜鉛合金なのです。
亜鉛合金の特徴としては耐衝撃性に優れている点、合金の配合によっては合金にふさわしい光沢などを出す事ができるので、合金のおもちゃなどによく利用されるほどです。
さらにメッキがつけやすいというのも特徴の一つで、カラフルなメッキの製品の多くはアルミ合金ではなく亜鉛合金の方が多いようです。
名刺入れやたばこケースなどにも使われていますし、缶ペンケースなどにも多く使われている合金でもあります。意外と身近なものに使われている合金なのですね。
加工がしやすくメッキもつけやすいという特徴があるため、よく利用されている合金ですが、より複雑な形状にも加工できますし薄肉にする事ができるのも特徴の一つでしょう。
ただし万能というわけにもいかず、耐食性に若干難があるため現在も改良が加えられているというのも特徴だと言えるでしょう。
なぜダイカストにこれだけ利用されているのかというと、融点が低いので加工がしやすいというのが理由としてあげられます。亜鉛合金の融点は387度くらいで溶けてくれるので加工しやすいのです。
融点が低いという事はそれだけ金型の寿命も長くなるので、金型の交換や補修にコストがあまりかからないというのも重宝される理由だと言えそうです。
実はダイカストの金型はとても高コストであるため、頻繁に金型を修繕したり作り替えたりする事は避けたい事の一つなのです。

太陽パーツではエコダイカストという製法で製品の生産を行います。金型にかかる費用は従来の半分で済みます! もちろん品質はそのままをキープする事ができます。
詳しくは太陽パーツのホームページ、またはお電話などでお気軽にお問合せください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

マグネシウム合金が優れている点とは【マグネシウムダイカスト】

マグネシウムというのは世界中で利用されている金属です。例えば他の金属と混ぜて使われる事も多いマグネシウムですが、なぜマグネシウム合金は使われるのか、優れた点をいくつかご紹介いたしましょう。
そもそもマグネシウムという金属はどういうものなのかというと、一番にはとても軽いという特徴があります。実はマグネシウムというのは構造用金属の中で最も軽い金属だと言われています。
そのため軽量化したいなどの理由でマグネシウム合金を使う事が多いのです。さらに剛性がとても優れている事や、密度当たりの引張強度である強度重量比がとても高い事でも知られています。
つまり強い金属になるという事になりますね。さらに動作温度での耐久性が高い事でも知られています。他にも高い耐蝕性を持ち薄肉成形ができるというのも理由の一つでしょう。
さらに熱に強く熱伝導率も良いですし、電気を通し熱への耐久性も高く原料にかかる費用の削減にもつながります。しかもリサイクルができるのも利用される理由の一つだと言えるのではないでしょうか。
これらの理由からダイカストで製品を作る時には、マグネシウム合金を利用する事が多くなってきたのです。薄肉な部品が作れて耐久性や熱、電気の伝導率が高いとくれば製品の小型化にも貢献できます。
もちろんアルミニウム合金も利用されているのですが、実はアルミニウム合金と比べてもマグネシウム合金というのは、軽くて丈夫な部品を作る事ができるとして人気が高いのです。
しかもダイカストにおいては、量産する事が目的ですが加工しやすいという点からも、マグネシウム合金は優れていると言ってもいいでしょう。
ちなみにアルミニウム合金よりもおよそ30%も比重を小さくでき、電子部品などに最適な優れた金属であると言えるのです。
太陽パーツではマグネシウムダイカストによる製品の生産を行っております。しかも使用する金型のコストも大幅に減らす事も可能です。
詳細については、太陽パーツのホームページからお気軽にお問合せくださいませ。

 

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

低コストなのに美しい仕上がり!太陽パーツのダイカスト鋳造品

ダイカスト鋳造品は大量生産に向いている製造技術で、近年では金型の技術の進歩によって、より複雑でより精度の高い製品を製造する事ができるようになりました。
しかも鋳造品なので、一度金型を作ってしまえばあとは寿命が来るまで部品を生産する事ができるため、大量に部品を必要とする製品の製造には欠かす事ができない技術なのです。
現在では自動車部品に始まって、洗濯機や冷蔵庫やパソコンと周辺機器などや、カメラなどの部品など数多くの製品の部品製作に利用されています。
しかも金型の精度が高くなっているため表面がとても滑らかで美しい仕上がりになるのも特徴で、その技術の進歩によって二次加工の必要が無いケースも増えているのです。
これほど万能に感じる鋳造ですが、鋳造だからこその問題点があるのも事実として認めなくてはならないでしょう。
一つは空気の巻き込みによる『す』が入ってしまう事です。ですがこの問題に関しては鋳造のやり方によっては空気の巻き込みやガスの巻き込みが少ないやり方を選択できるようです。
そして最大の問題点は『金型』が非常に高いという点です。なぜダイカストは金型が高いのでしょうか? それは金型を作るのに多くの材料を必要とするからです。
従来のダイカスト鋳造の金型というのは、ベースと言われる土台の部分と金型の本体を作らなくてはならなかったため、土台に使う材料費に非常にコストがかかりました。
金型にかかったコストはどのようにして消化するのかというと、大量生産をする事によって消化していくのが定説でした。つまり大量生産にしか向いていないという事になるのです。
この問題を解決したのが太陽パーツのエコダイカストです。ベース部分は共通部品として太陽パーツのものを使う事ができます。
そのためお客様が負担するのは金型本体の部分のみになるので、金型は従来のおよそ半額しかかかりません。なので大量生産ではない小ロットの部品の生産にも活用する事ができるのです。
しかも高い品質はそのままです。太陽パーツのダイカスト鋳造品についての詳しい情報や、金型のご相談に関しましてはお気軽にお問合せくださいませ。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

数多くの鋳造方法からダイカストはなぜ選ばれる?

金型を使って製品を作る方法を『鋳造』と言いますが、鋳造にもいろいろな製造法があって、製品に合った鋳造技術を使って製品は生産されています。
中でもダイカストは金型を使って製品を生産する鋳造方法の中でも、最も世界中で利用されている生産方法です。ところでなぜダイカストはどの鋳造方法よりも選ばれているのでしょうか。
ダイカストが選ばれる理由の一つは高い生産性です。ダイカストは一度に大量に生産する事ができるため、一つあたりのコストを削減する事が可能なのです。
ですから世界中の自動車メーカーやバイクメーカーが、製品を生産する時にダイカストの技術を利用しているのです。
さらにダイカストで製造された部品の多くは、二次加工をする必要が無いものが多いので、生産性の高さと生産速度が速いというのも選ばれる理由でしょう。
金型に溶けた材料を流して固めるという生産方法ながら、非常に寸法精度が高いのもダイカストが選ばれている理由です。近年ではより複雑な製品を生産する事も可能になっています。
出来上がった製品の表面がとても滑らかなのも選ばれる理由ですし、表面処理が必要になる製品でも処理がしやすいというのも選ばれる理由です。
他にも製品の肉厚が薄くても加工ができるため、製品全体の軽量化にも貢献する事ができます。継ぎ目や接着部分がないため強度の面でも驚くほど高性能です。
機能性を持たせるためにインサートする事ができます。他の部品と一体化できるのでより利用価値が高いのもダイカストの魅力です。
しかも複雑な形状の製品を作る事ができるので、二次加工が必要でも極めて少ない工程で製品の生産ができるのも選ばれる理由なのでしょう。
しかも大量生産ができるため一つの部品のコストが非常に安くなるのも魅力ですね。安くて早くて大量に製品を作る事ができるダイカストの事なら太陽パーツへぜひお任せください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

自動車部品に重要な役割を果たすアルミダイカストの特徴

世の中で活躍している自動車部品は、全て機械加工によって作られていますが、その中でもアルミダイカストは重要な役割を持っています。
自動車部品に多く使われている部品には、アルミでできた部品がたくさん使われていますが、そのほとんどの部品を製造しているのがアルミダイカストという技術です。
アルミダイカストとは、アルミ合金を使って部品を製造する技術ですが、材料となる金属や非鉄金属を融点まで温めます。
溶けた金属や非鉄金属を金型という部分に流し込みます。金型に注入する時には大変な圧力を必要とします。
注入された金属は金型の中で冷やされて、金型と同じ形状に作られていき、固まったら金型から出されて部品の完成となります。
アルミダイカストがなぜ自動車部品に多く利用されているのかというと、大量生産を可能にする技術だからです。
ここにアルミダイカストの特徴が活かされているというわけなのです。
アルミダイカストで製造された部品というのは、大変寸法精度が高い事で知られています。
これは他の鋳造とはまた違った特徴としてあげられるでしょう。しかもアルミダイカストの場合は一度熱処理をした形になります。
すると金属が強く結びつき丈夫な部品を製造する事ができるというわけなのです。アルミダイカストで部品加工をするメリットの一つですね。
ただし、アルミダイカストに使う金型というのは、非常に大量の材料を使いますので、当然ですがコストがかかってしまいます。
だから大量生産に向いているというわけですね。大量生産だからこそ金型にかかった費用を消化する事ができるわけです。
つまり小ロットではアルミダイカストは逆にコストがかかってしまいますので、これが最大のデメリットでもあるかもしれません。

太陽パーツでは、アルミダイカストの最大のデメリットのコストを大幅に削減する事が可能です。
エコダイカストと言われる特許技術で、小ロットの部品加工にも大量生産のような価格を提案する事が可能となるのです。
ダイカストで部品加工をしたいけれど、小ロットなのでコストがかかると心配されている方は、ぜひ太陽パーツへお気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

自動車や家電などの部品を製造するダイカスト金型

日本の製品は世界に誇れる技術によって作り出されています。数ある技術の中でダイカストの技術の発達は目覚ましく、今では自動車や家電製品の部品の製造に欠かす事ができません。
ダイカスト製品といっても様々な製品があります。そして製品に使われている素材も種類が多いものなのです。

アルミニウム合金や亜鉛合金はその代表的なものですが、最近ではプラスチック製品を加工するのにも、ダイカストの技術が使われるようになったのです。
そんなダイカストは大きくわけると3つの部分で構成されていて、どの部分も重要なものなのですが、中でもダイカスト金型は非常に重要な役割を持っているのです。
ダイカスト金型は製品を左右するとても重要な部分です。ダイカスト金型は二つの型を合わせて使うのですが、二つの金型を合わせると隙間ができます。
その隙間の事をキャビティと言い、この部分に溶けた材料を高圧で流し込んで、製品を金型の形に成形していくのです。
溶けた金属が流し込まれる部分は熱に強い処理を行い、他の金型部分よりも傷みに強く作られているのです。
ダイカスト金型は合わさる二つの型を使って製品を加工しますが、実はその金型もたくさんの重要な役割を持った部品で構成されているのです。
簡単に説明すると、固定主型という固定された側の金型には、固定入子にスプールブッシュ、スライドストッパーや傾斜ピンが収まるようになっています。
そして可動主型にも可動入子にスライドコア、スプールコアそれとスライドホルダーが収まっています。
そこに可動中子やスプールブッシュ、冷却リング、スプールコア。押出板前板や押出後板やダイベースなどがついています。
これらの部品はそれぞれに必要な強度や表面精度が必要となり、それぞれが完璧に働いて精度の高い製品を作り出す事が可能になるのです。
ただし、これらの全ての構造を兼ね備えるために、大きなベース部分を必要としますので、どうしても金型の費用が高くなってしまいがちになるわけですね。

太陽パーツではダイカスト金型をセパレートタイプにする事によって、これまでの金型のおよそ半分の費用でダイカスト金型を作る事ができます。
エコダイカストについての詳細が知りたい方は、太陽パーツにお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型を締め付けるダイカストマシンの構成

ダイカストマシンは精度の高い製品を大量生産するのに最適な機械です。そして他の機械と同じようにダイカストマシンにも重要な部分はあります。
大きくわけるとダイカストマシンの構造は、型締めと言われる部分と、射出する部分と製品押出の3つの構成で作られています。どの部分も重要ですが、ダイカストマシンの3つの構成をわかりやすく説明しましょう。

まず型締めの部分に関してですが、この部分は金型がついている部分で、可動型の部分と固定されている部分とに分かれて設置され、高い圧力をかけて製品を冷やし固める部分です。
金型の可動型の方には、取り外すための押出ピンなどがついていて、金型を高圧で押して内部に熱した金属を流し込み、冷やして固めた製品を押して金型から外します。
この部分が「製品押出」という部分で、この部分があるからこそより複雑な製品を、傷つけないように外す事が可能となるわけです。
そして金型に溶けた材料を流し込む部分が「射出」という部分で、溶けた材料を金型に射出する働きのある部分となっています。
この射出の部分にも高い圧力が必要となり、高圧で溶けた金属を金型に隙間なく入れる事ができるのです。
このように、どの部分も高い圧力を必要とし、その圧力を上手に使う事によって精度の高い製品を作り出すのがダイカストマシンの技術なのです。
ちなみに小さな製品には特別高い圧力は必要としませんが、製品が大きくなればなるほど高い圧力と、それに耐える事ができる装置が必要となるわけですね。

太陽パーツでは、小さな製品から大きな製品まであらゆる製品をダイカストマシンで製造しています。
しかも小ロットの製品にもコストを下げて製造する事ができるので、ダイカスト製品の事でお悩みならば、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 2712345...1020...最後 »

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.