太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト

ダイカスト Archive

身近でこんなに!【ダイカスト製品】

金属を使った部品の生産をする技術の一つにダイカストがあります。しかしながら実際にどんな部品の生産をするのに適しているのかはわかりにくいものです。

そこで今回はダイカスト製品がいかに身近な存在なのかをお話いたします。

私たちが普段仕事に行ったり遊びに行ったりする時に利用する『自動車』や『バス』などの重要な部品にダイカストの技術が使われています。

特にエンジンの部分に使われている次の部品をダイカストで造っています。

シリンダーヘッド、シリンダーーブロック、クランクケース、オイルパン、これらはエンジンに使われている部品になります。

またこちらも非常に重要な分ですが、トランスミッションケースやパルプボディそしてトランスファーケースなども生産されています。

普通乗用車はもちろん軽自動車やトラックやバスなどのエンジン部品にもダイカスト製品が多く使われているのです。毎日使うものだからより身近に感じる事でしょう。

 

他にも例えばパソコンもダイカストで造られた部品を使っています。

近年ダイカスト製品は薄肉でより複雑な製品の製造が可能となっているためでしょう。またアルミ合金を使う事によって製品の軽量化や小型化が可能になるのも選ばれている理由かもしれません。

同じようにカメラやプリンター、コピー機(複合機)などの部品にもダイカスト製品が使われています。ちなみにダイカスト部品は軽くて丈夫で錆びにくいという特性があります。

冷蔵庫や洗濯機なども色々な機能が備わった製品がたくさん出ていますが、持ち運びをしたり移動する時にできるだけ軽い方が良いという事もあって、ダイカスト製品を使う事は非常にメリットがある製造方法です。

他にも文房具やおもちゃや自転車などにも利用される技術です。ちなみに強くて軽い!という特性から、

新型の信号機や新型粉末消火器の容器にも採用されたりと、いかにダイカストが高い技術であるかがわかりますね。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ニーズにお応え!安定した品質【海外生産】

ダイカストは部品を大量生産するのに最適です。

金型を使って生産するので製品によって精度にバラつきが出るという事は無いので、安定した部品の供給をする事が可能です。

非常に人気が高くかつコストを抑える事ができるとなれば、加工依頼が集中する事も考えられます。もしも製品の生産を行っている途中で別の製品が必要になった場合、対応ができないなんて事もあるかもしれません。

その時になって空いているところを探すのは非常に困難です。

 

そんな時におすすめなのが太陽パーツの海外工場の活用です。

太陽パーツでは海外にもいくつもの工場を構えています。海外のいくつかの拠点でお客様のご要望に応えるだけではなく、国内で生産した製品に劣らない精度の高い製品を提供する事が可能です。

というのも生産技術や品質管理、生産に関する細かな部分は全て国内と同じになるようしっかりとした教育を行っています。

ダイカストだけではなくプレス加工や板金加工、切削加工に溶接加工、さらに組み立てまで行っているので、納期までに完成品として納品する事も可能です。

検査などもしっかりと行って納品しますので、短納期で高品質な製品の安定供給が可能になるわけです。

海外の拠点としては上海や大連といった大きな都市だからこそ細やかな対応をする事ができるのです。

また、検査も徹底的に行われるため、日本に不良品を持ち込みません。つまりお客様には常に良い製品を安定的に供給ができるという事になるのです。

もしも精度の高い製品を安定供給して欲しいけど、対応が難しいのでは?と悩んでいるのであれば、ぜひ太陽パーツへ気軽にご連絡ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

【ダイカスト】を知ろう!基礎知識

現代人の私たちの生活は経済的にも恵まれ非常に便利なものに囲まれて生きています。その陰には様々な生産技術の発展が強く関係しています。例えば今や一家に一台と言われている自動車も、現代の生産技術を活かして作られているのです。

ところで、昔と違って現在の自動車というのは剛性も高くなり、安全性が各段に上がっているだけではなく、車両総重量も非常に軽量化されているので低燃費です。その陰にはアルミ合金を使った部品の数々が使われているからだと言えるでしょう。

例えばエンジンは車の部品の中ではとても重要で大きな部分なので、鉄などで造られていた時には非常に重く、錆に弱いというウィークポイントがありましたが、現在では錆の心配はあまりありません。これもアルミ合金を使っている恩恵かもしれません。

そしてエンジンをはじめ多くの部品の生産に使われている技術こそが『ダイカスト』なのです。今回はダイカストの基礎知識についてわかりやすく説明していきます。

ダイカストを簡単に説明すると、金型という型の中に溶けたアルミ合金などを流し込んで、冷やして固めるという加工技術です。こうした技術を『鋳造技術』というのです。

ダイカストマシーンに金型をセットします。セットした金型に溶かしたアルミ合金を高圧で射出していき、充填が済んだら冷やして固めて金型の形に形を変えます。

加工するには金型が必要になりますが、近年では技術が進歩した事もあって、薄肉でより複雑な形状の金型を造る事が可能となり、軽量化と高い剛性を持つ耐久性の高い部品の生産ができるようになったのです。

しかも圧をかけて製品の生産を行うので非常に美しい鋳肌をしていて、表面処理を容易に行う事が可能です。鋳込み金具を使って鋳込みをつくる事が可能なので、硬さや耐摩耗性の高い製品を加工する事もかのうです。

精巧な金型で加工するため最終仕上げ加工を行わなくても良いというメリットがあります。その分時間を短縮する事も可能です。これらの特性から自動車やバイクなどのエンジン部品の生産に利用されています。

ただし製品の生産に必要な金型については費用がかかるため、どちらかというと小ロットでの注文よりも大ロットでの注文に向いています。年々生産量は増え続けているため小ロットへの対応を希望する声があるのも事実です。

太陽パーツでは小ロットでもダイカストを利用したいという要望に応えるため、エコダイカストという技術を活かしています。

精度は変わらず小ロットでダイカストを検討したい方にお勧めです。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと他の鋳造法との比較!~2~

今回も引き続き、ダイカストと他の鋳造法との比較をご紹介させていただきます。

 

 

【金型鋳物の特徴】

金型を作るのが簡単で金型費が安いという点、ダイカストと違って加工できる金属の種類が多い点、さらに熱処理や溶接をする時に気を使わないという点が優れています。

また、加工する時に空気の巻き込みが少ないので不良がでにくいという特性があります。

 

【砂型鋳物の特徴】

砂型鋳物は砂を使って金型を作って製品の生産をします。寸法精度の高い製品には向いていませんが、大きな製品の生産が可能です。大量生産ではない製品の生産に向いています。

鉄や銅などの金属であっても加工する事が可能です。アンダーカットの形状の製品の生産が楽にできるという点、そして試作から製品生産までの期間が少ないのも特徴です。

こうしてそれぞれの特徴を見ると、ダイカストと他の鋳造技術にどんな違いがあるのかがわかります。もちろんダイカストは非常に優れた製造技術ですが、ダイカストにも弱点が無いとは言えません。

だからこそそれぞれの特性を理解して、最適な加工技術を選択して製品の生産を行う必要があるでしょう。太陽パーツでは金型にかかる費用を半額に抑え、高い製品精度の部品生産に長けている「エコダイカスト」があります。

良い製品を少しでも安く生産したいと考えているのなら、ぜひ太陽パーツへ気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストと他の鋳造法との比較!~1~

ダイカストは鋳造技術の一つです。鋳造とは金型を使って溶けた金属などを流し込み、冷やして固めるという生産技術です。鋳造が多くの製品の生産に活用されているのは、精度の高い製品を数多く作る事ができるからです。

鋳造技術といっても一つしか種類があるわけではなく、砂型鋳物であったり鍛造と言われる叩いて製品の生産を行うものなどもありますが、中でも大量生産に向いているのはダイカストです。

ダイカストと他の鋳造技術とはどのような違いがあるのかを簡単に説明いたしましょう。

【ダイカストの特徴】

ダイカストの特長は金型の精度が高く、寸法精度の高い製品を大量に生産する事が可能であり、自動的に大量生産が可能なので省人化が可能なので人件費を抑える事が可能です。さらに大量生産ができるので部品一つあたりの価格が安いのもメリットです。

金型の精度が非常に高いので薄肉の製品を生産する事も可能です。また材料のリサイクルが可能なので非常に経済的です。加工する時に中子を使って製品の生産を行いますが、加工後に中子抜きをする時に簡単にできます。

一回の製品の加工が短時間なので大量生産が可能であるという特徴や、製品一つ一つの鋳肌がとても滑らかという特徴があります。一方で他の鋳造技術と比べてみると次の事が違います。

 

~2~へ続く

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

表面のデコボコが少なく表面処理も容易なダイカスト!

日本は昔からモノづくりが盛んな国でした。現在でもモノづくりは世界に通用する高い技術を持っています。その中でも鋳造の技術が非常に高く、現在でも多くの製品を生産しています。

その中でもダイカストという技術は優れた製品の生産技術です。なぜダイカストが製品の生産に利用されているのかというと、最大の理由は製品の表面が非常に滑らかで金型を使って生産した製品の中でも凸凹が少ないからでしょう。

凸凹が少ないという事は表面処理を施す時にも非常に有利です。さらにダイカスト製品は複雑な形状や薄肉の形状であっても生産ができるようになっているだけではなく、小さな製品から大きな製品まで幅広い形状の製品を生産する事が可能なのです。

また、ダイカストで使用する材料はアルミ合金やマグネシウム合金などの溶融温度が低い素材が多いので、金型の痛みも少なく大量生産するのに最適な生産技術なのです。

さらに金型の技術も上がったおかげで二次加工を必要としない製品や、最低限の二次加工を残してほとんど完成品に近い製品の生産も可能です。もちろんメリットばかりのように感じますが、デメリットも当然ですがあります。

ダイカストのデメリットは解けた材料を金型に入れて冷やす事で金型の形に仕上げるのですが、この時熱収縮が起こったりして製品にゆがみが出る事もあります。もちろんこうした問題をできるだけ少なくする努力や工夫は行っています。

表面処理を施すのに適した滑らかな製品の加工ができるだけではなく、同じ精度の製品を大量生産できるので多くの製品がダイカストで生産されているのです。

太陽パーツでは大量生産のお客様だけではなく、小ロットでもダイカストを安く生産できるエコダイカストで生産しています。もし小ロットでもダイカストを検討しているのなら、お気軽に太陽パーツにご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型の構造と材質【ダイカスト】

ダイカストは様々な分野の部品製造に利用されている技術です。今回はダイカストで最も重要な金型の構造について、そしてダイカスト用の金型に使われている材料についてご紹介いたします。

まず、ダイカストの構造について簡単に説明すると、型締装置という金型が設置されている部分、この部分は金型を開閉する役割を担っています。そして溶湯を充填する射出装置、そしてできた製品を押し出す押出装置の3つのパーツに分かれています。金型は雄型と雌型があってぴったりと重なるようになっていて、金型の中は空洞になっています。その部分に溶湯を射出するわけです。材料であるアルミ合金などが冷やされて固まったら押出されて製品になるわけです。

金型の構造は大きく分けると可動型と固定型に分かれています。可動型というのは製品を押出す時に稼働する金型です。固定型は装置に固定されて動く事はありません。そして可動型と固定型のそれぞれに様々なパーツがあります。固定型には材料を射出する鋳込口がついていて、そこから材料が射出され金型内に充填されていくのです。他にはガイドピン、冷却水が出る穴やガイドピンやキャビティや入子という部分がついています。可動型にはガイドピンプッシュ、オーバーフロー、ゲート、ランナー分流子、リターンピン、ダイベース、押出板ストッパー、冷却パイプ、押出しピン、押出板などが付いています。次に金型に使われている材質ですが、全てが同じ材質ではありません。例えば入子などのキャビディの部分には、直接溶湯が触れる場所ではないので鉄などの素材で作られてます。ですが高温の溶湯に接する部分には熱間工具鋼(SKDなど)を用います。他にクロム、タングステン、モリブデン、バナジウム、コバルトなどを添加した特殊鋼材を用いる事があります。場所によっては耐熱処理を行う事もできます。

太陽パーツではダイカストの金型にかけては長年のノウハウがあります。お客様のご要望に応じてさまざまな形状の金型の生産と、製品の生産を行っておりますので、お困りの際にはぜひ太陽パーツへお声がけください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型1つで数万回繰り返し使えるのはダイカストだけ!

製品や部品の生産を行う時にはさまざまな技術を使って生産されていきます。さらに素材によって最適な方法で部品の加工を行いますが、生産する部品の量が多いときは可能な限り金型を使う方法を選択します。もちろん他の技術で大量生産する事も可能ですが、いくらプログラミングで自動的に加工するとは言っても、一度に加工できる個数は1個だけだからです。その点金型を使う加工技術は一度にたくさんの部品の生産が可能になります。

同じ時間を使って製品の生産をしても、金型を使って生産する方が圧倒的に速いのです。中でも金型を使って大量生産ができる技術の代表でもある『ダイカスト』は、多くの部品製造を担っている技術です。ダイカストの良さは金型1つで数万回も繰り返して使う事ができます。つまりロット数が多ければ多いほどコストがかからず、かつ安定した部品数を供給する事ができるのです。もちろんダイカストで加工するのは非鉄金属であるアルミニウム合金、亜鉛合金、マグネシウム合金などの柔らかい素材です。もし鉄などの金属の加工をする場合には、別の鋳造技術を使う必要があります。

ダイカストで加工する非鉄金属は溶融温度が低いので、金型自体の損傷を抑える事ができるので、数万回繰り返しても精度の高い製品を生産する事ができるわけです。薄肉であったり複雑な形状であっても加工が可能です。万が一不良が出たとしても、他の加工技術のように廃棄処分しなくてはならない事もありません。再び原料として再利用する事ができるのも現代社会に合っているのです。

ダイカストの金型はどんどん複雑な部品や薄肉の部品に対応しています。今後も金型の精度も高くなっていくでしょう。太陽パーツではより精度が高く複雑で薄肉など、お客様が希望する製品の生産に努めています。ダイカストの事ならどんな些細な疑問にもお答えいたします。部品生産の事でお悩みならお気軽に太陽パーツへご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツのダイカストは短時間・低コストで綺麗な仕上がり

ダイカストが多くの製品の生産に利用されているのは、速い!安い!精度が良い!といった様々な理由からです。大量の部品を短時間に生産できるダイカストは、大変キレイでメリットがたくさんある生産技術なのです。

なぜダイカストはキレイな部品の生産ができるのかというと、製品の元となる金型の精度が高くなっているからです。より複雑でより高精度な金型を作れるかどうかにかかっているところが大きいです。ダイカストの金型は高価なものですが、製品の生産数を考えると一つあたりのコストは非常に安く、大量生産を行う製品には最適な製造技術です。また表面がとてもキレイなので処理をするのも容易です。

さらにダイカストの良さはリサイクル性が高いという点です。材料の再利用が容易で素材を無駄にする事はありません。ただしダイカストは短期間で大量生産をするのに向いている生産技術ですが、大量生産に適しているからこその問題もあります。それは小ロットの部品の生産にはダイカストが向いていないと考えられている事です。確かに精度の高い製品を作れる金型は費用がかかります。これは金型に大量の材料を使うからです。

ですがダイカストの高い寸法精度と生産性を考えると、小ロットでもダイカストを使いたいと考える方が多いのも事実です。金型のコストの事を考えるなら太陽パーツのエコダイカストをご利用ください。金型にかかる費用を半分に抑える事ができるので、小ロットの生産に向いています。詳しくは太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト金型用表面処理法の特性と応用

ダイカストの金型は数万個という部品の生産を行わなくてはなりません。そのためダイカストの金型には「耐焼き付き性」「耐ヒートチェック性」「耐溶損性」が求められます。焼き付きとは金型が合わさった部分(接着面)が摩擦によって熱が生じて摩耗してしまうので、この摩耗を少しでも軽減させなくては金型のもちが悪くなってしまうため、焼き付き性を改善する表面処理が必要になります。

ヒートチェックとは金型に高温の金属が流し込まれ、冷やされて固まったら外してまた高温の溶湯が流し込まれる、この繰り返しによって亀裂が入ってしまうのを防ぐために、ヒートチェックを改善する表面処理が必要になるのです。溶損とは金型が高温の材料によって少しずつ溶けてしまう現象の事をいいますが、少しでも改善するための表面処理が必要になります。これらの問題を改善するための表面処理には「TRD法」「CVD法」「PVD法」があります。TRD法とCVD法は処理温度がおよそ1000℃と高温で、金型が変形してしまったり寸法がくるってしまう事が考えられ、PVD法は温度が低いのですが、膜の付き回り性があまり良くないため複雑な形状の金型の場合には注意が必要になります。

これらの問題を解決できる方法がいくつかあります。その内の一つが「プラズマDVF法」という表面処理法です。このプラズマCVD法には「パルスDC-PCVD法」など4種類の方法がありますが、中でも異常放電のない安定したプラズマを複雑形状品に発生できるとして活用されています。多くの量産金型の処理に活用されている処理法ですね。特にダイカストの金型のように「耐焼き付き性」「耐ヒートチェック性」「耐溶損性」を改善させ、金型の寿命を延ばす働きがある表面処理を行う事は、生産性の向上やコストの削減にもつながるので重要な問題です。

もしもダイカスト用金型の製造を検討しているのであれば、太陽パーツへお任せください。ダイカストの金型に求められる金型用表面処理を施し、長寿命と高い生産性を実現します。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 3412345...102030...最後 »

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.