太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト

ダイカスト Archive

ダイカストはなぜ複雑な形状の製品を大量生産できるの?

私たちの身の回りにはさまざまな製品があります。その製品一つ一つを構成している部品もいろいろな製造機械によって作り出されているのです。
その部品の多くがダイカストの技術によって製造されていますが、どうしてダイカストでは同じ形状の複雑な製品を大量生産することができるのでしょうか?
今回は最も多くの製品や部品の生産を支えている、ダイカストはどのような仕組みでなぜ複雑な形状の製品を大量生産できるのかについてをご紹介いたしましょう。

そもそもダイカストという言葉の意味は、金型で鋳造するという意味をそのまま使った技法です。ダイカストでは要となる金型に、アルミ合金などの溶湯を流し込み、冷やして固める製造方法です。
砂浜でバケツに砂を入れてひっくり返すとバケツの形に砂の塊ができますね。あれを想像していただくとわかりやすいかと思います。
昔は簡単な形状の金型で製品を制作して、その後二次加工などを施して生産されていましたが、近年では金型を作る技術が発達したため、より複雑な形状の金型を作る事ができるようになりました。
例えばこれまではできなかった肉薄な形状であったり、複雑な形状を作成したりできるようになりました。様々な部品を組み合わせた状態で製品を作る技事も可能です。
さらにダイカストにはホットチャンバーとコールドチャンバーという二つの技法があり、製品の大きさや用途などによって作り分ける事も可能です。
金型には空気や不純物を逃がす機構が設けられているため、不良品ができるのを大幅に減らす事も可能です。
金型には寿命があります。金型の寿命が近づいてくると強く力がかかる部分にひび割れを起こす事があります。そのため部品のチェックを行い金型の修理や金型を新調したりします。

太陽パーツではダイカストによる小ロット生産から大量生産までを行っております。高い技術で金型の製作も行っておりますので、お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの品質を左右するダイカスト金型の役割

ダイカストはアルミ合金などの材料となる素材を溶かし、金型へ射出して冷やし固めて製品の生産を行う加工技術です。
材料として使われるのはアルミ合金だけではなく、マグネシウム合金や亜鉛合金なども加工することができ、一度に数多くの製品の生産を可能とする技術です。
今では最も多くの製品を加工する方法として、自動車や生活用品、大型の乗り物や医療などで使う製品を毎日生産しています。
しかもダイカストは高い精度の製品を生産する事ができます。現在では薄肉でより複雑な形状の製品を加工することができるようになっています。
大量生産に向いているので部品のコストが非常に安いのも特徴です。
ところでダイカストで最も重要なのは何かというと、当然かもしれませんが「金型」が命です。どんなに素晴らしいダイカスト機械でも金型次第で製品の精度も変わるのです。
もちろん経験も大切なのは事実ですが、金型の精度が高ければより良い製品の生産を可能とするのもまぎれもない事実なのです。
良い金型を使う事で得られる効果は以下の通りです。

①強度
②美しい鋳肌
③自由度の高さ
④鋳包み加工
⑤複雑な形状
⑥薄肉の形状

良い金型では鋳肌が細かく美しい仕上がりになります。鋳肌がキレイだと仕上げ加工もしやすく、とても美しい見た目の製品が出来上がります。
さらに良い金型は肉厚の薄い部品を生産することができます。金属を溶かして部品の製造を行うので、気泡などが入りやすくなるので薄肉の製品を作るのは大変な技術を必要とします。
かなり自由な形状の製品を生産する事を可能とします。そのため次の工程を極力減らす事ができるのも特徴でしょう。
鋳包みという技術を使えばより完成品に近い部品の生産を可能とします。この技術が使えるのもダイカストの強みです。しかも強度や硬度そして摩耗性に優れた製品を作る事ができます。
当然ながら優れた金型を作る事で得られます。

太陽パーツではこれらの条件を満たした金型と製品の生産をいたします。
金型の生産や作り直しなどでお悩みでしたら、ぜひ太陽パーツへ気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造とロストワックスのそれぞれの特徴 ②

前回「ダイカストとロストワックスそれぞれの特徴」のダイカスト鋳造についてのお話をさせていただきました。

今回は引き続き、ロストワックス鋳造についてご説明させていただきたいと思います。

【ロストワックス鋳造】
ロストワックスとはモールディングと言われる鋳造技術の一つで、ワックスつまりロウを使って作った原型を作ります。そしてその表面にセラミックを吹き付けます。
吹き付けたセラミックに焼き入れをしてロウを溶かしてしまいます。この時残ったセラミックが鋳造の金型となるのです。この金型に溶けた金属を流しいれます。
金属が固まったらセラミックを割ります。一つの金型で何千個も何万個も作る事はできず、一つの金型で一つの部品を作ります。
ロストワックスの特徴は複雑な形状を作る事ができ、材料を選ばない、製品強度が高い、寸法精度が高い製品を作る事ができます。
ただしロストワックスは製品を加工するまでの工程が多いです。

【ロストワックスの流れ】
1.金型を作る
2.ワックス成型を行う
3.ツリーを作る
4.セラミックでコーティング
5.焼き入れ
6.溶けた金属を流し込む
7.セラミックを壊す
8.ツリーから製品を切断する
9.研磨

このように工程数はとても多く、人の手で作業を行いますのでダイカストのように、一つの金型で何千個、何万個の製品の製造は難しいかもしれません。
ただしロストワックスの製品の特長としては「複雑な形状が作れる」「材料を選ばない」「強度が高い」「表面がキレイ」「寸法精度が高い」といった特徴を持っています。
ダイカスト鋳造法とロストワックスの製品の精度や自由度にはあまり差がありません。ですが製品の個数によってはどちらの鋳造技術を使うべきなのかを検討する必要はあるでしょう。

太陽パーツでは大量生産にも小ロットでもダイカストで対応することが可能です。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造とロストワックスのそれぞれの特徴 ①

金型を作ってその金型に材料を流し込み製品を加工する。こうした金型を使って製品を製造する技術を「鋳造」と言います。
鋳造の技術を使った製造方法はたくさん存在しています。現在までに実際に使われている鋳造方法を見てみましょう。

・砂型鋳造
・石膏鋳造
・耐熱シリコン型鋳造
・金型鋳造
・精密鋳造
・遠心鋳造
・連続鋳造
があります。金型鋳造の代表的な製造法にはダイカスト鋳造があり、精密鋳造の中にはロストワックスという鋳造方法があるのです。
ダイカスト鋳造法はよく耳にするかと思うのですが、ロストワックス鋳造というのはあまり聞いた事が無いという方もおられるかもしれません。
今回はこの二つの鋳造方法に注目をしてみたいと思います。それぞれの特徴を2回に分けてわかりやすくご紹介いたします。

【ダイカスト鋳造】
ダイカスト鋳造は溶かした金属(アルミ合金・亜鉛合金など)を金型に圧入し、冷やして固めて製品を作る技術です。一度に大量に製品の生産が可能なため、世界中で活用されている部品製造技術です。
特徴は複雑な形状の製品を作る事ができるという点、そして薄肉の製品を作る事ができるという点、そして高い寸法精度の製品を作る事ができるという特徴を持っています。
製品の表面も美しく仕上げが非常にやりやすいのも特徴です。金型の寿命も高く数千個~数万個ものせいひんを一つの金型で作る事が可能です。
このため部品一つあたりの製品のコストを抑える事が可能となり、多くの部品製造に活用されている製造技術です。他の鋳造技術と比べてみてもかなりメリットが高い鋳造法だと言えるでしょう。
製品の精度の高さや高い生産性により、様々な分野の製品の製造にも利用されています。自動車やバイクなどのエンジン部分、家電製品の部品などにも利用されています。

次回は、ロストワックス鋳造についてのお話をさせていただきます。

ダイカストでの部品生産の事でお悩みの方、小ロットだからといって諦めかけている方、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

時代と共に用途が広がるダイカストの活躍

ダイカストの歴史は古く日本では100年前からたくさんの部品の生産にダイカストが使われてきました。その時代その時代のニーズに応え続けてきたダイカストは、進化しながら現代も活躍し続けています。
戦前から鋳造技術を使った製品の生産は行われてきましたが、ダイカストが本格的に日本で復旧したのは戦後からでしょう。物が無い時代にはアルミのお皿やカップ、スプーンやフォークといった生活雑貨を中心に利用されていたようです。
戦後の復旧の時期からアルミでできたおもちゃや生活雑貨のほかに、自動車の部品やフレームなどに使われるようになりました。当時はまだ現在のような高い技術ではありませんでしたが、それでもダイカスト技術は物のない時代に活躍してきたのです。
日本が高度成長期に入ると、ダイカストの用途がさらに広がっていきました。自動車の部品だけではなく電車や航空機の部品、様々な家電製品の部品などの生産も行われます。
現在では私たちの生活の中にダイカストは無くてはならない存在になりました。なぜこれほどまでにダイカストが時代と共に用途が広がっていったのでしょうか?その理由をあげてみました。

【ダイカストが利用される理由】
・複雑な形状の製品でも生産する事が可能
・高い寸法精度の製品を生産する事が可能
・キレイな仕上がりと表面処理が楽
・短期間で大量生産ができる
・薄肉でも強度が高い

高度成長をする日本には製品を正確に大量に短時間で生産できるダイカスト技術は、必要不可欠な加工技術であり進化し続ける裏には時代のニーズに応える必要があったからなのですね。
現代ではダイカストの技術で作られている製品の中で最も多いのは自動車部品です。次いで一般機械の部品の生産が盛んに行われています。
注目すべきは電気機械や一般機械です。その中でも近年増えているのがパソコンなどの精密機械の部品です。高い精度を必要とするパソコンなどの部品を生産するためには、高度な技術が必要になるのです。
ダイカストは高度な技術を必要とする部品の生産に対応するために、金型の技術も進化していきました。
強度の高さと精度の高さで、今後も発展を続けていき用途が広がっていくでしょう。ただ、大量生産に適している加工法なので今後の課題となるのは小ロットへの対応です。

太陽パーツでは小ロットで多品種といった課題をクリアするための進化を続けてきました。その結果小ロットでもこれまで同様の低価格で良い製品の提供をしています。
理想的な製品をダイカストで生産したいけれど、小ロットでコストが心配というのなら、太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製品の軽量化を叶えるダイカストの技術とは?

ダイカストの技術の進歩によって、今日まで様々な製品がダイカスト技術で生産されてきました。なぜこれほどまでにアルミダイカストは活用されているのでしょうか?
それはアルミの特性を活かした製品を生産し使う事によって、欲しい性能を手に入れる事ができるからでしょう。
アルミダイカストで作られた製品の特長は複数あるものですが、その中でも「軽量化」したいと考えている分野では、アルミダイカストにはさらなる進化を求める声が少なくないのです。
例えば自動車業界では、製品の軽量化を行う事が非常に重要な目標となっています。なぜならば世界中で温暖化現象による気候の変動によって、大きな災害を引き起こしているため、重量の問題はとても深刻な問題だからです。
自動車が重いと使うガソリンの量も多く必要ですし、自動車の重量が重いと路面を傷める原因にもなります。
そのため自動車メーカー各社では、できるだけ使う部品を減らして少しでも軽量化ができないかと頭を悩ませているのです。特に重さが気になるのがエンジンやフレームなどです。
この部分は自動車を動かす重要な部署であり、命を守る重要な部分でもあります。これまでは鉄などを使って作られていましたが、これをアルミに変えるだけでおよそ1/3も重量を軽減する事ができるのです。
しかもアルミは腐食しにくいという性質を持っていますし、軽くて丈夫な素材であるので、自動車の部品にアルミが使われるのは当然の事だと言えるのです。
さらにアルミダイカストで部品を製造すると、複雑な形状でも金型一つで大量に生産する事が可能となります。一つの金型で生産できるという事は、余分なビスやねじなどが不要となります。
つまりそれだけ軽量化が実現できるという事になり、燃費が向上して地球温暖化の問題の改善に努める事が可能になるのです。より複雑な製品の生産を行うには精度の高い金型が必要となります。
太陽パーツでは、より複雑でより精度の高い金型を作る事に力を注いでいます。ダイカストの進歩はすなわち軽量化に貢献できる一歩になるからです。
アルミダイカストの技術を使って製品の軽量化を実現したいとお悩みでしたら、ぜひ一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストの鋳造技術を知ろう

ダイカストは鋳造という技術を用いた金属加工技術です。鋳造の加工技術は日本でも古くからあります。青銅器などの多くは鋳造の技術で生産されていました。
現在は金型技術や加工機械の精度も上がり、多くの部品の製造を鋳造技術で作っているのです。今回はダイカストの鋳造技術についてを、わかりやすく説明していきましょう。
ダイカストとはダイ・キャスティングの略で、溶けた金属を金型に圧入して冷やして固めて製品の生産を行う技術です。加工に使う金属の多くは非鉄金属です。
アルミニウム合金、真鍮、亜鉛合金、錫、ステンレス鋳鋼などがありますが、ダイカストで使用される事が多いのはアルミニウム合金、真鍮、亜鉛合金の3種類となっています。
製品の生産を行うダイカスト機械には「金型」が必要となります。そしてこの金型が製品の精度にも強く関係しています。金型の良し悪しや形状によってより精度の高い製品を作り出す事が可能となるのです。
ダイカスト機械で製品の生産を行うためには、ダイカスト機械に金型を設置して溶かした金属を圧入して製品の生産を行いますが、できた製品は自動的にピンで押されて金型から外れます。
人の手を必要としないため自動で製品の生産を行う事ができるのです。ダイカスト技術が大量生産に向いているのは自動的に製品の加工ができるからだけではありません。
精度の高い製品を大量に作る事ができる事もダイカスト技術が選ばれる理由の一つなのです。
ダイカストで製造された製品にはバリなどがついており、そのバリは尖っているためバリを除去する必要があります。実はそのバリ取りの作業も自動で行う事ができるので、コストを上げる心配もありません。
さらにダイカストで作った製品はバリ取りを行うだけではなく、処理もしやすい特徴を持っているのと、アルマイトの豊富なカラーバリエーションにも注目すべきでしょう。
特にアルミダイカストは他の鋳物(いもの)技術で作った製品と比べると、見た目もとても良く寸法精度にも優れていて薄肉の製品が作れるので、品質に優れた製品を大量に作りたい場合におすすめです。
太陽パーツでは優れたダイカスト技術によって、様々な製品の生産を手掛けています。ダイカストの事や金型の事でお悩みならば、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

亜鉛ダイカストとアルミダイカストを比較すると?

ダイカストには亜鉛ダイカストとアルミダイカストがあります。材料は違っても精度の高い製品を作る事ができるのには変わりありません。
二つの材料があると聞くと「どちらの材料で製品を作るべきなのか」悩む事もあるかもしれません。もしも悩んだのならば、特徴を知る事で解決できます。
それぞれの材料の特徴についてをわかりやすく説明いたします。
アルミダイカストの特徴
まずはアルミダイカストだと部品一つ一つを軽くする事ができます。また、鋳造しやすいという特性を持っていますので、生産量は亜鉛ダイカストよりも多いでしょう。
選ばれる理由には軽量なのに強度があるという点です。さらにアルミニウムというのは伝導性や熱伝導性に優れているので、電線などにも活用されている優れた素材です。
さらにリサイクルも可能で資源が豊富なので、コストを抑える事も可能でしょう。そして耐食性にも優れていますので、美しさと強度を保つ事も可能です。
一方で亜鉛ダイカストはどんな特性なのかをご紹介いたします。
亜鉛ダイカストの特徴
アルミダイカストよりも加工性が優れています。そのため複雑な形状の部品の加工にも向いているでしょう。薄肉で複雑化した金型でも失敗が少ないのも特徴です。
しかも寸法精度がとても高いので、部品に高い制度を求める場合に活用される事が多いでしょう。また、鋳造後の成型もアルミダイカストと比べて簡単です。
優れた加工性があるという特性があるため、金型の傷みも少なく済みますので、アルミダイカストと比べると、金型の寿命が長いというのも特徴だといえます。
どちらの材料を使って部品の生産を行うのかは、それぞれの特性をしっかりと踏まえて決定すると良いでしょう。
太陽パーツでは、アルミダイカストでも亜鉛ダイカストでも美しく精度の高い製品を製造いたします。設計・金型の製造・製品の生産を一貫して行います。
ダイカスト技術を使った部品の生産を検討しているのでしたら、お気軽に太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

多くの鋳造法からダイカストが選ばれるのは理由がある!~その2~

前回に引き続き、「多くの鋳造法からダイカストが選ばれる理由」について残りの3つをご説明させていただこうと思います。

3.設計が用意で変更もしやすい
CAD/CAMなどを使って部品の設計を行い、必要な金型を作成する事ができるので、製品の複雑化や軽量化にも柔軟に対応する事ができるメリットがあります。
そのため試作品を作って変更しながら完成品の製造が可能となります。これらの柔軟性も他の鋳造法とは違って、ダイカストが選ばれる理由でしょう。

4.なめらかな表面なので表面処理が楽である
ダイカストの部品の表面はとてもなめらかであるため、メッキ処理を行う時にもそのまま処理する事が可能です。また、塗装を行う時も同様にそのまま使えます。
もちろん面相度が必要な場合には研磨などの処理を行う事も可能です。処理が楽になるというのも選ばれる理由となるでしょう。

5.最大の理由は大量生産ができるという事
金型を使って部品の生産を行います。一度段取りを行う事で自動的に製品の生産を行います。1日の生産量が非常に多く大量生産に向いています。
金型の寿命も長く、一度作れば相当量の部品生産が可能となります。こうした理由で自動車部品や日用品を作るのにダイカストが選ばれているのです。

太陽パーツでは高い金型製造の技術と、コストパフォーマンスに優れたエコダイカストの技術で、優れた部品の生産を行っております。
ダイカストのコストを少しでも安くしたいのであれば、ぜひ一度お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

多くの鋳造法からダイカストが選ばれるのは理由がある!~その1~

私たちの生活を便利にするものは世の中にたくさん存在しています。その多くのものが金属を使って作られています。
例えば人が暮らしている住宅も、昔は木造だったものが鉄筋に変わったり、中の建具などの部品の多くもアルミの建具などが使われるようになりました。
他にも遠くの家に行くために使う自動車も、金属の部品を数多く使われています。実はその多くの部品を作っているのがアルミダイカストなのです。アルミダイカストというのは鋳造法という技術です。もちろん鋳造法はアルミダイカストだけではありません。
砂型鋳造、Vプロセス鋳造、消失模型鋳造、精密鋳造、重力金型鋳造、低圧鋳造など、様々な鋳造法がありますが、その中でもダイカストが選ばれるのにはちゃんとした理由があるのです。その理由について、2回に分けてご紹介していこうと思います。

1.寸法精度が高い
ダイカストは金型を使って製品の製造を行いますが、技術の進歩によって他の鋳造法に比べても、高い寸法精度を得る事ができる製造方法です。
製造後に別の加工機械で仕上げをしなくても、そのままま表面処理を行って製品として使う事ができるほど、寸法精度が高い製造法です。
当然ですがその寸法精度が高い製品を作るための、金型の進歩にも注目すべきです。優れた金型とダイカスト機械の進歩によって、得られた結果だと言えるでしょう。
2.薄肉で強度の高い製品が作れる
普通は薄肉というとどうしても強度に問題が起こる心配がありますが、ダイカストの場合は複雑な形状であっても薄肉の形状であっても、一定の強度を保つ事ができます。
さらに薄肉にする事によって、部品一つの重量を軽くする事が可能となります。そのため部品を多く使う機械や、自動車などの軽量化をする事が可能となります。

次回は残りの3つのポイントについてご説明致します。ダイカストについてのご不明な点などございましたら、ぜひ一度お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 3012345...102030...最後 »

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.