太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト

ダイカスト Archive

低コストとは思えない!高品質な仕上がりのダイカスト鋳物品

ダイカストは生産性の高い技術です。複雑な形状の製品を一度に作る事ができるので、とても丈夫で美しい製品を大量に造る事が可能です。その陰には金型の生産技術の向上があります。より複雑でより薄肉の製品のための金型を作る技術の向上によって、さらにダイカストのメリットを活かせるようになってきたのです。

そもそもダイカストで生産された部品は仕上がりが美しく、二次加工の少ない製品を作る事も可能です。多少大きな製品であってもアルミ合金を使っているので軽くて丈夫です。こうした優れたダイカスト製品を大量に生産できるため、切削加工などの他の加工で生産するよりも低コストで作る事が可能なのですね。

ところでダイカストは大量生産だからこそ低コストで製品の生産ができると思われていますが、確かに生産個数が少ないと逆にコストがかかってしまうというデメリットもありました。これはダイカストには金型が必要になるため、どうしても大量生産じゃないと金型にかかった費用の分コストが高くなってしまうからです。しかしながらダイカストで生産された部品は高品質で短納期です。この問題を解決するには金型にかかるコストをできるだけ抑える必要があるのです。

そこで登場するのが太陽パーツのエコダイカストです。太陽パーツのエコダイカストにかかる費用は従来のダイカストの金型の費用のおよそ半額です。金型が半額になるという事は、つまり個数が少なくても高品質な部品の生産を高速で行えるという事になります。ちなみに太陽パーツでは50個程度の小ロットでも低コストで生産が可能です。もしも小ロットでもダイカストの技術を使って製品の生産をしたいと検討されているのでしたら、太陽パーツへお気軽に相談されてみてはいかがでしょうか。もちろん金型の精度はお墨付きです。高品質な製品を低コストで生産できるエコダイカストに興味がある方は、太陽パーツへぜひご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高品質なダイカストがリサイクル性にも優れている理由って?

ダイカストで利用されているアルミ合金は優れた加工性能を持っています。そもそもアルミ合金は軽くて丈夫で美しい製品を創り出す事ができる特性を持っています。そのため多くの部品の製造を行う時に使用されています。特にアルミダイカストのような鋳造品を生産する時には、加工やしやすく寸法精度の高い製品を作れるので重宝されています。日本でも盛んにダイカスト製品が生産されていますが、実はアルミ合金をダイカストに使用するのには理由があります。それがリサイクル性の高さです。実は日本ではアルミニウムの原料であるボーキサイト資源の確保が難しく、海外から輸入する必要があるのですが、アルミニウムは非常にリサイクル性が高い鉱物です。例えばアルミ合金を利用して作られた製品を廃棄処分する時に、アルミ合金を全て取り除き粉砕してリサイクルして材料として使用しています。一般的な鉱物であればリサイクルした場合特性が失われる事があります。ところがアルミ合金というのはマグネシウムや亜鉛などを加える事によって、同じ性能の部品を生産する事ができるようになるのです。もちろんそれだけではありません。実はアルミニウム合金などのリサイクルにかかるコストは、他の鉱物をリサイクルするよりも低コストで実現できるのです。しかもリサイクルした材料だからといって部品の性能が劣るという事も無いのです。ダイカストで出た不良部品も同じです。これがダイカストがリサイクル性に優れている理由なのですね。無駄が無い!無駄を出さないという点からも、優れた加工技術でありリサイクル性が高い生産技術だからこそ、多くの製品の部品生産にダイカスト技術が活用されているのです。太陽パーツでは低コストで精度の高い製品を作る事が可能です。ダイカストについてのお悩みは、ぜひ太陽パーツへお気軽にご相談ください。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製品の品質、コスト、納期を決める鋳物設計の工程【ダイカスト】~2~

今回も前回に引き続き、鋳物設計の工程についてお話させて頂きます。

③製品設計では寸法公差、肉厚、抜勾配、角部分のRや形状、寸法基準や加工基準面の確認して機械加工への対応についてを検討していきます。
ここまでに明確となった材料を選択して次の設計へと進んでいきます。

④鋳造方案設計は鋳造姿勢、湯口、湯道、堰、押湯、冷やし金、ガス抜き、揚がりなどの部分を設計していきます。
この段階では製品の詳細形状を決定したり、寸法基準や加工基準面、機械加工などへどのように対応するのかなど、細かな設定を行っていきます。
この工程をする事で生産性や製品の精度が決まってきます。この工程は最終段階になるので製品を実際に製造した時の全体の肉厚が均一になるよう設計します。
これは冷却する時に部分的に冷却速度が変わってしまうのを防ぐためです。特に角の部分は熱収縮すると割れが生じる事があるので、勾配をつけたりR形状にしたりして亀裂を避けます。
これらの鋳物設計の工程はダイカストだけではなく、全ての鋳物設計で行わなくてはなりません。こうした工程を行う事でダイカストの製品精度の向上や生産性の高さを維持できるのです。

太陽パーツでも設計の段階から細かい部分までを検討し、多くのご要望に応えられるよう心がけております。
特にコストの面ではエコダイカストの技術で貢献いたします。小ロットだからとあきらめずにお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

製品の品質、コスト、納期を決める鋳物設計の工程【ダイカスト】~1~

鋳物とは金属を溶かして鋳型という型の中に流し込んで冷やして固めて製品を作る技術です。大きな製品から小さな製品まで対応できるため、特別な加工をせずに製品を製造する事が可能です。ダイカストは鋳物の一種です。金型を使って部品の生産を行いますが、大量生産に向いた加工技術なので現在多くの部品がダイカストで生産されています。何といっても製品精度の高さや部品ひとつ当たりの価格の安さが魅力です。
今回はダイカストの製品の品質とコストそして納期を決める鋳物設計の工程について、2回に分けてお話してまいります。

鋳物設計の工程は「構想設計」「基本設計」「詳細設計」「鋳造方案設計」の4つがあります。これらの設計を行う事によって品質やコストそして納期を決定する事ができるのです。

①構想設計では機能、性能、形状、質量、コスト、納期、鋳造法についてを決めます。クライアントからの要望に基づき、どのように製造するのか全体像の企画と設計を行います。
どんな合金を使うかなどについてもしっかりと話し合いを行い次の工程へと進みます。

②基本設計では構造、主要形状、寸法、材質、鋳造法などを決定します。具体的にどんな構造をしているのかを検討し、主要形状や寸法そして使用する材質を決めていきます。クライアントからの要求には仕様などもありますが、コストを考慮しつつ機能や性能などが満たされていないとなりません。負荷応力に耐えるかどうかなどの細かい部分も検討していくのです。
ここで初めて実際にCADなどを使って形状の確認をしたり、構造解析などをおこなったり細かな部分を確認していきます。

~2~へ続く

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツのダイカストと他金型鋳物との違い~2~

今回も前回に引き続き、ダイカストと他金型鋳物についてお話しさせて頂きます。

生産性の高さで言えば他の追随を許さないほど高いのもダイカストのメリットです。かなりの個数を短期間で生産できるのに最低限の人件費しか必要としないため、一個あたりの費用を非常に安くする事ができます。
これが他の金型鋳物との具体的な違いです。当然ですが全ての製品にダイカストが適しているとは限りません。製品の形状や大きさによってはダイカストでは生産できないものも確かにあるのです。
部品の生産に金型鋳物を選ぶ場合には、部品の性質やサイズや個数をよく検討しながらどの製造方法で生産するかを検討すると良いでしょう。

特に小ロットの製品の生産をするのにダイカストを利用すると、金型の費用が高くなってしまうので一つ当たりの単価が高くなってしまいます。だから小ロットではダイカストは敬遠されていました。
ただし太陽パーツのダイカストの場合は小ロットでもコストを抑える事ができます。これはダイカストの金型にかかる費用を従来の半額にできる『エコダイカスト』だからです。
エコダイカストはベース部分に使用する材料を半額に抑えられます。金型の質は従来のものも変わりありません。複雑な形状や薄肉の形状であっても高品質な製品の生産が可能です。
金型の費用を安くできるという事は小ロットでも費用を安く抑える事ができるという事になります。これが太陽パーツと他の金型鋳物との大きな違いです。

太陽パーツではよりコストを抑えたいというご要望にお応えできます。できるだけコストを抑えて良い製品を作りたいと思っているのならば、ぜひ太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

太陽パーツのダイカストと他金型鋳物との違い~1~

金型による鋳造方法は『プレス加工』『砂型鋳物』『鍛造』『機械加工』があります。

切削加工とは違って金型を使って製品の生産を行う技術には、それぞれに長所と短所があります。金属加工を行う場合は材料費と加工費の他に、必要な処理を行うための費用などを考慮しなくてはなりません。

そのためできるだけコストを抑えてより良い製品の加工ができる技術を選ぶのです。製品の生産方法を選択するにはどんな形状の製品を作りたいのかや、どんな材料を使って製品の生産を検討しているのかなどもおうりょしなくてはなりませんが、ダイカストで可能な製品ならダイカストを選ばない手はありません。
その理由はコストが安いという事も重要ですが、その大きな違いは金型の自由度にあります。ダイカストでは薄肉の製品を加工する事も可能ですし、複雑な形状の部品の生産も可能です。

例えば他の金型鋳造では欲しいと思っている精度を出すのが難しい場合などにもダイカストが選ばれています。もちろんダイカストには無い良さを他の金型が持っているケースもあるにはあります。
しかしながら、ダイカストには『短期間で大量生産が可能』『部品の単価が安い』『寸法精度が高い』『複雑で薄肉の製品加工が可能』『製品の表面が滑らかで美しい』『材料が無駄にならない』など多くのメリットがあります。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

金型の損傷を防止する表面処理技術とは?【ダイカスト】

ダイカストは優れた生産能力の金属加工技術の一つです。加工方法は金型に溶けた金属を圧入します。金型の中で冷えて製品の生産を行う鋳造技術がダイカスト技術です。
ダイカストで生産された製品は滑らかな鋳肌で、仕上げ処理がしやすく高い寸法精度の部品を短時間に大量に生産できるため、現在では多くの製品にダイカスト製品が活用されています。

継ぎ目を最低限に抑える事ができるため、非常に丈夫な部品の生産が可能なので、自動車部品や航空機などの安全性が必要なものに利用されています。さらにダイカストで使う材料はアルミが多いです。
アルミは丈夫で軽くて加工がしやすく腐食に強いなど、メリットの非常に高い金属です。もう一つのメリットは溶融温度が他の金属に比べると低い事もあげられます。
なぜ溶融温度が低い方が良いのかというと、ダイカストの金型は金属でできています。熱に強いとはいっても金属ですから使っているうちに傷んできてしまうわけです。
そこで考えられたのが金型の『高度化技術』です。金型の損傷を防止するために行われる処理技術で、金型の表面に損傷防止のための処理を行います。処理する事によって金型の寿命を伸ばす事ができるのです。

そもそもダイカストの金型は硬い素材を使用し、熱処理を行って最適化を行う事で作られますが、実はそれだけでは十分な寿命を得る事はできないのです。そこで表面処理を行うわけです。
金型の損傷を防止するための表面処理には『拡散法』と『コーティング法』があります。
拡散法とは金型表面から元素を拡散させて浸透させる事で表面部分の質を改善する方法です。窒化処理はその中でも最も多く使われている方法なのです。
高度を高くすることができたり残留応力を拡散できるという効果があり、ひずみや変形が少なく済むというメリットがあります。
コーティング法というのは材料となる合金との反応性が少ないため、硬質や熱安定性の高い皮膜を金型表面に形成させます。
どちらの方法も生産する製品の素材などに応じて処理方法を選びます。金型の寿命が長くなるだけではなく製品の質の向上にもつながるというメリットがあります。

太陽パーツではダイカストの金型の製造を行っています。コストをかなり軽減させるエコダイカストをはじめ、お客様のご要望にお応えしております。ダイカストの事でお悩みなら一度太陽パーツへお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高品質で需要の高まるダイカストが構成されるまでの3要素~2~

あらるゆる鋳物を作り出すダイカスト。今回も前回に引き続き、ダイカストが構成されるまでの要素についてお話させて頂きます。

金型の基本構の中でも大量に製品の生産を行うために金型の素材は熱間ダイス鋼やSKDなどが使われます。
また、対溶損性や耐摩耗性そして耐ヒートチェック性などが求められます。そのため金型本体も熱処理を行ったり表面処理を行って硬度を高く、耐久性の高い金型の生産が求められます。

特に製品の形状に中空部があったりアンダーカットがある場合には、分割して生産された部品を後で溶接や溶着をしてつかったり、ボルトで固定するなどして使いますが、一体化して作る場合は
分割せず一体で成形する場合には引抜き中子を使って生産していきます。この時使われるのが中子です。中子に使われる素材は再生利用ができるものと溶解除去する事ができる素材なども用いられます。

このようにダイカストは3つの要素によって製品の生産を可能としています。もちろんこれからもさらなる進化が求められるでしょう。
そのためには材料となる金属とダイカストマシンの向上、そして金型の進化も非常に重要になります。
太陽パーツでは金型の長寿命や生産性の向上を目指しております。お客様のご要望に応えるために短納期でより良い製品が提供できるよう努力をしております。ダイカスト製品の生産の事なら何でも気軽にお尋ねください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

高品質で需要の高まるダイカストが構成されるまでの3要素~1~

ダイカストは質の良い部品を短期間の間に大量生産ができる加工技術です。ダイカストは金型を使って溶けた金属を加工する鋳造技術の一つです。

一度に大量生産ができるだけではなく、非常に精度の高い製品の加工が可能です。しかも継ぎ目が極力少ない製品の加工ができるので、とても丈夫な部品を生産するのに適しています。
そのため現在ではあらゆる製品をダイカスト技術によって生産しているのです。ダイカストで製品の生産を行うためには金型を使用するのですが、ダイカストの金型は3つの要素で構成されています。

一つは合金ですね。合金はアルミニウムや亜鉛、マグネシウムなどの金属で構成されています。そしてもう一つがダイカストマシンです。ダイカストマシンが無ければ製品の生産はできません。
そして最も重要なのが金型です。ダイカストの金型は製品の寸法精度や鋳肌の美しさ、そして製品の質に影響を与えてくれます。
金型は製品の形状が彫り込まれていて、この精度が高ければ高いほど良い製品を生産する事ができる事になります。では金型の基本構造についてをご紹介いたします。

ダイカストで最も重要な金型の基本構を簡単に説明すると、固定型と可動型そして引抜き中子で構成されています。高圧で溶けた金属が圧入され金型の中で冷やされて製品が作られます。
生産ができたら金型から製品を自動で取り外し、再び材料が圧入されて製品の生産を行うのです。

 =====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

薄い製造も可能であるダイカストとその他の加工法の違い

ダイカストは鋳造という製造方法です。鋳造にはダイカストのほかにも『砂型鋳造』『低圧鋳造』『金型鋳造』といった方法で様々な製品が生産されています。
どの方法でも同じように金型を使って製品の生産ができますが、ダイカストと他の鋳造技術にはどんな違いがあるのかを今回はわかりやすくご紹介いたします。

ダイカストと他の鋳造法には共通点があります。それはどの製法でも金型を使って製品の生産を行うという点です。金型の中に溶けた金属を流し込んで冷やして固める事で製品の生産を行います。
作り方の原理は同じなのですが、それぞれの製造法には明らかな違いがあるもので、例えば砂型鋳造の場合には砂を使って金型を作り、一度製品を造ったらその砂型は崩してしまいます。
自由度が高く金型を作るのも容易なため、大きな製品を作る時などに活躍します。また素材も鉄などの金属を加工するのに適しています。ただし寸法精度のキビシイ製品には向きません。
少し進化すると金型鋳造という製法が使われるようになりました。この方法も金型が造りやすくコストを抑える事ができるのですが、圧をかけて流し込むわけではないため、材料の無駄が出る事を考慮する必要があるでしょう。
砂型と同じように寸法精度についてはあまり期待ができません。大型の製品やラフな製品を作るのに向いています。さらに進化した製法として低圧鋳造という製法があります。
金型に低圧で溶けた金属を注入するので、ダイカストに若干製法が似ていますね。コストが安いというメリットと巻き込みが砂型や金型鋳造より軽減されますが、生産性が低いという点がデメリットです。

ダイカストは砂型鋳造、金型鋳造、低圧鋳造をさらに進化した製法で、高圧で材料を注入して短時間で大量生産を可能としました。金型も初期の頃と比べると高性能です。
より複雑な形状であったり薄肉の製品の生産にも向いています。ただしダイカストは製品によっては高度な技術を使って金型を作るので、コストが他の鋳造技術と比べると高くなるのが難点です。

太陽パーツのダイカストならエコダイカストという特許を取得している技術を使うので、低コストで高品質な製品を安定供給する事が可能です。コストをかけず良い製品をお望みなら、ぜひ太陽パーツへご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

1 / 3312345...102030...最後 »

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.