太陽パーツ株式会社
お問い合わせはこちら TEL:072-240-8720 info@taiyoparts.co.jp

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト

ダイカスト Archive

ダイカストに多く利用されるADC12の特徴

ダイカスト技術の中でも幅広い分野の製品に利用されているのが、アルミダイカストです。

アルミダイカストでは、多く用いられている金属材料があります。それは、【ADC12】というアルミニウム合金です。
現在では、アルミダイカストの生産量の約90%以上が、このADC12という合金で造られています。90%以上使われている理由は、実はADC12という合金は優れた特徴を持っているために最も多く使われている鋳造用の素材なのです。


では、ADC12とはどのような金属材料なのでしょうか?
ADC12というのは、アルミダイカストで使われているアルミニウム合金の一種です。
実はこのADC12という金属は、アルミダイカスト用金属のひとつであり、機械的性質、被削性、鋳造性の3つのバランスのある合金です。
それにプラスして熱伝導率が高いことも知られています。

●ADC12の特徴

1.機械的性質が良い
機械的性質とは材料そのものが持っている力学的特徴の事で、引張強度と圧縮、せん断などの外力に対しての耐久性がどのくらいあるのかという事です。ADC12はこの機械的性質が優れている合金なのです。

2.被削性が良い
被削性とは切削をして加工をする時のしやすさであり、ADC12はこの被削性にも優れているという事が言えるのです。

3.鋳造性が良い
金属を鋳造する時の困難さが少ないという合金です。


ADC12はこの3つのバランスが整っている合金なのです。
しかも熱伝導率が高いために自動車部品、エンジン部品、フレーム、駆動部品などにも多く使われています。また、農耕器具や最近では照明器具や建築用部品などにも使われています。


太陽パーツでは、ダイカスト鋳造にも強みを持ち、お客様の製品製造をサポートしております。
製品のアイデア段階という方も、ぜひお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造と砂型鋳物のそれぞれの特徴

鋳造技術にはいくつか種類があります。
ここでは、ダイカスト鋳造と砂型鋳造のそれぞれの製造方法と特徴をご紹介します。


ダイカスト鋳造は、金型に高温で溶かした素材を高圧で流し込み、冷やして製品を成形する製造方法のことです。
精密性に優れた製品、複雑な形状のものも製造できるため、多くの分野の製品に使われている製造技術です。

具体的には、まずは特殊鋼で精度の高い金型を作る必要があります。
製作した金型をダイカストマシンに取り付け、そこに溶融金属を高圧で流し込んで素早く冷やし固めて製品を作り出すことができるのです。
短時間で製品を作り出す事ができるため、大量生産には最適な製造方法です。


砂型鋳物は基本的には木を使って図面通りに製品模型を作ります。
製品模型は木の枠の中に入れます。必要であれば中子などを入れてセットします。
模型の周りに型を作るための砂を入れて固め、模型を取り除いて砂型に溶けた材料を流し込んで、自然冷却によって製品をつくります。

型は木製のため大量生産には向きませんが、少量生産するには重宝されています。また、型が木で作ってあるためとても軽いです。
そのため比較的大きな製品でも製造できるというわけです。


太陽パーツでは、弊社の特許製法であるダイカスト、【エコダイカスト】により、皆様のモノづくりをサポートしております。
エコダイカストでは、大量生産はもちろんのこと小ロット生産にも対応した技術です。
また、金型製作費用が従来の半額になるため、お客様のコスト削減にも尽力いたします。

鋳造技術のことなら、太陽パーツまで一度お気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造と砂型鋳物の比較

型を使って部品を製造する鋳造という製造方法にはいくつかの方法があります。
その中でも代表的なのがダイカスト鋳造と砂型鋳物という方法があります。また、この二つの方法は溶かした材料を流し込んで冷やして固めるという製造工程がとてもよく似ています。

ところがこの二つの製造方法というのは似ていても全く違うものなのです。
どちらの製造方法にも特徴があり、得意なものとそうではないものがあるため、その製造方法に合った製品を加工する事が望ましいでしょう。
そこでどちらの製造方法がどんな製品に最適なのか、それぞれの特徴と製法を比較してみましょう。

ダイカスト鋳造の特徴は次の通りです。

・早く鋳造する事ができる。
・自動でできるので人件費がそれほどかからない。
・精密部品を作れるので二次加工をあまり必要としない。
・薄肉部品を作る事ができる。
・部品の寸法が一定して精度が高い。
・鋳肌がキレイなので表面処理が簡単にできる。
・インサートの利用ができる。
・材料が節約できる。
・最も生産性が高い。

砂型鋳物の特徴は次の通りです。

・少量生産ができて経済的。
・アンダーカット形状の製品が簡単である。
・大きな製品を作る事ができる。
・鉄や銅などの材質の製品も作れる。
・溶接が簡単にできる。
・試作期間が短い。
・1回製造するごとに新しい砂型を必要とする。


それぞれの特徴を比較してみると、ダイカスト鋳造で加工した方が適しているというものと、砂型鋳物で製造した方が良いものとが別れます。
それぞれの特徴を知ることにより、最も適した製造方法はどれなのかを検討する事ができるでしょう。

太陽パーツでは、様々な加工技術と取り扱っている他、これまで気づいたノウハウを元に、お客様にとってメリットのある最適な製法をご提案いたします。
モノづくりのことなら太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造と金型鋳物の比較

ダイカスト鋳造と金型鋳物は似ている製造方法だと考えられていますね。

ですが実際には金型鋳物とダイカスト鋳造というのは違うものなのです。
ではわかりやすく金型鋳物とダイカスト鋳造の製造方法の差について、またメリットなどを比較してみましょう。

ダイカスト鋳造は金型を利用して溶かした材料を流し込み、冷やし固めて製品を作ります。
実はこの部分は金型鋳物も同じ製造方法なのです。

●ダイカスト鋳造のメリット
ダイカスト鋳造のメリットは、同じ形状、同じ寸法精度の製品を短時間で製造できるところです。
さらに、大量生産にも向いているため、製造する部品の数が多ければ多いほど、コストを削減にもつながります。
また、肉厚の薄い部品を作りだすことも可能です。

これまで他の加工法により製造していた製品の場合、いくつかの機械を利用していれば、その分人件費もかかりますが、ダイカスト鋳造であれば、一度の工程で複雑な形状の製品でも簡単に製造することができます。
だからこそ、コスト削減につながる可能性もあります。


●金型鋳物のメリット
次に金型鋳物のメリットを見てみましょう。
金型鋳物というのは砂を固めて作った金型に材料を流し込んで製造をする製法です。

この製法によるメリットは、金型を作るのが比較的カンタンなので、金型の費用が安く済むのも大きなメリットではないでしょうか。
また、ダイカスト鋳造とは少し違い、様々な合金を使って製造する事ができるというのもメリットのひとつです。
さらに、熱処理や溶接も、金型鋳物の方が容易にできるでしょう。


ダイカスト鋳造と金型鋳物との差やメリットを比較してみました。
どの製造方法で作るかについては部品の用途や材質などで決めるのが良いでしょう。

太陽パーツではお客様の製品づくりをサポートしております。
お客様の作りたい製品に合った製造方法など、お客様にメリットの方法をご提案いたします。
モノづくりのことなら太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカスト鋳造で製品をつくるメリット

金属を加工して製品を作る時、形状や用途などにより様々な加工方法が考えられます。

その中でもダイカスト鋳造は人気の高い製造方法です。

ダイカスト鋳造が選ばれる理由は、たくさんありますが、例えば大量生産を短時間で行うことができることなどが挙げられます。

ダイカスト鋳造の製造方法は、製造したい部品形状の通りに型を作り、その中に溶けた素材を流し込み、冷やして成形するため、短時間で製品を作り出すことができるのです。


さらに、ダイカストを利用して製品を作るメリットは他にもあります。
いくつかダイカスト鋳造のメリットをピックアップしてみましょう。


【ダイカスト鋳造で製品を作る事のメリット】

・短時間でたくさんの部品を製造できる
ダイカスト鋳造では、比較的短時間で製品を作ることができます。
その理由は、製品にもよりますが、一度にいくつも製造が作れる場合もあり、生産性が高くなるためです。

・高精度の製品が作れる
昔はあまり精度が良くないという印象がお持ちだったかもしれませんが、技術の進歩に伴い、現在では高い精度の製品を作り出すこともでき、精密な部品にも広く利用されています。

・肉厚の薄い製品も作れる
ダイカスト鋳造では、肉厚の薄い製品も作ることができます。
一般的に製造する時よりも簡単に肉厚の薄い製品が作れるため、メリットが高いと言えるでしょう。

・コストダウンができる
生産性の高い製品なのに単価が安く済むのでコストを削減したいと思った場合には最適です。最大のメリットだと言えるのではないでしょうか。


このようにダイカスト鋳造で製品づくりを考えると、経済性が高い製造方法でもあるわけです。
もちろんこの他にもメリットはたくさんあります。
しかもまだまだ発展していく分野のため、今後のさらなる技術の進歩にも注目していくべき製造方法であると言えるでしょう。


太陽パーツでは、皆さまのモノづくりをサポートするダイカスト鋳造法をご提案いたします。
それが弊社の特許製法である、【エコダイカスト】です。エコダイカストでは、ダイカスト鋳造には必ず必要な金型の製作費用が従来の半額になります。
そのため、トータルコストを大幅に削減することができます!しかも精度は従来のままです!

エコダイカストで製造コストの削減を図りたいという方は、ぜひ太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

同じ製品精度を保つことができるダイカストの技術

日本の加工技術は、世界に誇る事ができるほど精度が高いと言われています。
例えば、撮影に使われているカメラなどの部品など、精密な機械の部品などがあります。

様々な精度が求められる、精密な機械の製造にも利用されている技術が「ダイカスト」です。
先ほど例を挙げた、カメラの部品の中でも小さい部品なども、ダイカストであれば金型を作って材料を流し込んで大量に作る事ができるのです。
ダイカストは加工技術の発展に伴い、小さく肉薄な部品でも大量に作ることができるようになってきています。

特に精密な機械の製造時には、部品ひとつひとつの精度にバラ付きがあっては、せっかくの部品も無駄になってしまいます。
つまり部品ひとつひとつの精度というのはとても重要であるということになります。ですが、部品を製造するために一つずつ作っていては時間もコストも高くなってしまいます。


だからこそ、同じ精度で大量生産が得意なダイカストの技術が重宝されます。
ただし、ダイカスト鋳造において、製品を製造する場合には必ず金型が必要になります。
通常、金型を製造する場合には、ベース部とキャビティ部とよばれる2種類を作ることになりますが、実はこの製作費用が決して安くはないため、他の製法を選ばれていらっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、太陽パーツでは金型の製作費用を従来の半額に抑えることができる【エコダイカスト】という製法をご提案しております。
エコダイカストは弊社の特許製法であり、金型費用を半額に抑えながらも製品精度は従来と同等のものを製造することが可能です。

少ない部品数の場合、金型を作ると余計にコストがかかってしまう場合もありますが、エコダイカストなら小ロット生産にも力を発揮します。


製品の製法をご検討されている方は、ぜひ一度太陽パーツまでご相談ください。
太陽パーツでは、より良い製品を、よりメリットのある方法を、皆様にご提案いたします。まずはお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

ダイカストでコストダウンが可能な鋳造方法【エコダイカスト】

ダイカストは、金型に材料を流し込み、冷やして固めて成形する製造方法です。
そのため、同じ精度の製品を大量生産したい時に最適な製造方法と言えます。

ダイカストの製品は年々良くなっていると言われている反面、金型にも気を使わなくてはならなくなっています。
ダイカストの場合、金型がとても重要であり、金型の精度が高ければ高いほど製品の精度も良いということになります。
そのため、ダイカストの金型には一番コストがかかってしまう事が多いのも事実でしょう。

つまり言い換えれば、金型製作の費用を抑えることができれば、大幅に製造コストダウンが期待できます。

太陽パーツでは、金型にかかるコストを少しでも削減したいと考えている方に、【エコダイカスト】という製造方法の提案をしています。
エコダイカストは弊社の特許製法であり、金型製作にかかるコストを従来の半額に抑えることができます。
そのため、大量生産はもちろんのこと、従来は諦めていた小ロット製造にもご活用いただけます。

コストダウンをお考えの際には、まずは太陽パーツまでお気軽にご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

工具の製造にも利用されているダイカストの技術

最近はDIYがとても流行っています。
ご家庭で家族が使う日用品などを作るという方が増えていますが、そんなDIYの際に必要なのが、工具でしょう。

工具と一言に言っても実に様々なものがありますよね。
例えば、日曜大工に必須アイテムとも言えるノコギリの製造にもダイカストの技術が使われることも多くあります。

ダイカストにより製造する際には、必ず金型が必要になります。
目的形状を型どった金型の中に、溶かした金属材料を流し込む事で製造しています。それはまるで型に入れたゼリーのようなイメージです。

材料を流し込んだ後は、流し込んだ材料が冷えて固まるのを待ち、それを金型から取り出す事によって部品を製造し、最終的にはパーツを組み立てて製品として販売するわけです。

ダイカストは一度の工程で目的形状の製品を作れる優れた技術です。
そのため大量生産にも最適ですが、中には量産しない場合もあるでしょう。

ダイカストのネックは金型製作にあります。
金型製作費用が高いため、小ロットの場合ではトータルコストが高くなってしまいます。
そのた、小ロット生産の場合は、ダイカスト以外の製造方法を選択する場合も少なくないでしょう。

でも太陽パーツでは、そんな金型製作費用が従来の半額になる【エコダイカスト】の技術をお届けしております。
エコダイカストでは、金型製作費用が従来の半額になる、お得な製造方法です。

太陽パーツではダイカストによる製品づくりだけでなく、コストメリットのある方法をご提案しております。
エコダイカストならば今まで諦めていただ小ロット生産も可能な場合もございます。まずは一度太陽パーツまでご相談ください。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

アルミダイカスト製品のネジ止めに関する不安解消

アルミダイカストで製造される製品は、その多くが組み立てをする事で一つの製品としての役割を果たすものが多いでしょう。

基本的にアルミダイカストは、金型の中に溶けたアルミニウムを流し込み、冷やすことで目的の形状に成形することができます。
そのため切削加工では難しかったり、時間がかかるような複雑な形状でも一度の工程で成形できるメリットがあります。

精度が高いダイカストの技術ですが、、組み立てをする際にネジ止めに不安を感じることはありませんか?
どうしてもアルミニウムという柔らかい材質が故に、ネジがうまく止まらない問題があるのではと悩まれることもあるでしょう。

多くの場合は雌ネジにしっかりとした加工を施されているため、ネジ止めが空回りしてしまうという事は少ないでしょう。
また、ネジの部分を強化することにより、安心して組み立てをする事ができるようにもなります。
ヘリサートという部品で雌ネジを保護することもできます。


太陽パーツでは、様々な製品づくりをサポートしております。
加工製品の組み立てに関する悩みや不安などもお気軽にご相談ください。
アルミダイカストを含め、その他の機械加工によりお客様の悩みを解決いたします。や、その他の技術で対応させていただきます。
=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

複雑な形状の製品製造ならダイカスト鋳造

ダイカストは、複雑な形状のものでも容易に製造できることに強みがあります。
アルミダイカストであれば、アルミニウムの性質を活かした軽くて丈夫という利点を持った製品を製造することもできます。そのため、多種多様な分野の製品づくりに役立てられている技術です。

複雑な形状と言えば、マンホールなどもそのひとつでしょう。
マンホールは地方によってはかなり複雑な形状をし、地域の特色を出したものがあります。
他の機械加工では、作業時間やコストがかかってしまうような複雑な形状であっても、ダイカストであれば金型に流し込むという一度の工程で複雑な形状にすることができます。

ダイカストの製品は、他の機械加工で時間やコストがかかってしまう製品こそ利用したい技術です。


ただし、中にはダイカスト鋳造する際の金型製作の費用にお悩みをお持ちという場合はございませんか?
太陽パーツでは、ダイカスト鋳造での製造が利用しやすくなった、【エコダイカスト】の技術をご提供しております!
弊社の特許製法でもあるエコダイカストは、金型製作費用を従来の半額に抑えることができます。

今後もアルミダイカストの製品が様々な部品に活用される機会は多くなる事でしょう。
新しい製品の製造、現在の製品のダイカスト化をお考えの際には、一度お気軽に太陽パーツまでご相談ください。=====================================
アルミ押し出し・ダイガストなら太陽パーツ株式会社
http://www.taiyoparts.co.jp/
お問い合わせはこちら
http://www.taiyoparts.co.jp/contact/index.html
TEL:072-259-9339
=====================================

10 / 29« 先頭...89101112...20...最後 »

HOME > ブログトップ > 加工について > ダイカスト


バックナンバー
フィード
メタ情報

Return to page top

アルミ押し出し・ダイカストなら太陽パーツ株式会社
〒591-8014 大阪府堺市北区八下北1-23 TEL:072-259-9339

Copyright © 2011 TAIYOPARTS CO., Ltd.