ブログ

量産ダイカストのために試作製造

ダイカストは三次元形状が多いため、量産をする前に試作品を製作します。
特に初めてアイデアをカタチにする際には試作品を製作し、製品構想や検討、評価を行い、量産ダイカストに辿りつくまで、太陽パーツではサポートしております。
もちろん量産後の組み立てや梱包なども一貫して行います。

ダイカストの試作品を製作する場合には、光造形と石膏鋳造、切削加工などにより試作品を製作します。

●光造形と石膏鋳造
光造形ではアクリル系樹脂やゴム系樹脂などに、紫外線レーザーを使用して使用し、求める製品の形状を同じものを短時間で製作します。

石膏鋳造ではは寸法精度が良く、ダイカストと同じくらいの精度と鋳肌を得ることができます。
また、光造形品をマスターモデルとして製造することができるため、金型が必要ありません。

そのためコスト削減にもつながります。
ただし、1/100程度、収縮率としてマスターモデルや求める製品の大きさよりも小さくなります。

●切削加工
例えばダイカストのブロック材から切削加工による試作品が可能です。
ひとつの加工で試作品を製作できるので時間短縮にもなります。

太陽パーツではお客様の製品をカタチにする際の試作品による検討・評価も合わせてご提案しております。
また量産に強みのあるエコダイカストでは、お客様のコスト削減にもご尽力いたします。

コスト削減の量産ダイカスト、ダイカスト試作品の製作など太陽パーツでは皆様にメリットのある方法をご提案いたします。

関連する記事