ブログ

ダイカストで作る装飾品

ダイカストは建具材や機械の部品なばかりでなく、装飾品の製造にも使用されている製造技術です。

装飾品などを鋳造する場合、亜鉛ダイカストがよく利用されます。
亜鉛ダイカストは融点も低いため、アルミダイカストよりも金型寿命が長く、大量生産が可能です。

また、肉薄で寸法精度の高いものが製造できます。
鋳造してできたものは鋳肌は滑らかで、メッキ塗装も容易に行うことができます。

複雑な形状のものでも一度の工程で鋳造することが可能なため、ダイカストならではの滑らかなR形状のものも鋳造することが可能です。

二次加工が必要な形状でもダイカストであれば容易に製造できるため、複雑な形状の多い装飾品にも良く使用されます。

装飾品の中にはボタンや筆記用具などの小さなものなど、様々なものび使用されています。

太陽パーツでは、ダイカストによる装飾品の製造など、お客様のご要望の製品を低コストで製造する方法をご提案いたします。

製品によっては今まで製造していたものを、太陽パーツのエコダイカストならコスト削減化につながる可能性もあります。

ぜひ、現在よりもメリットのある製造法をお考えの方は太陽パーツまでご相談ください。

関連する記事