ブログ

薄肉が可能な低コストの亜鉛ダイカスト

ダイカストに強みのある太陽パーツでは亜鉛ダイカストにも対応し、様々な形状のものをおつくりいたします。

亜鉛ダイカストには大量生産が可能なこと、製品コストを安くできる特長があります。
その理由は亜鉛の融点にあります。亜鉛はアルミに比べれば融点が低いため、亜鉛ダイカストの金型はアルミダイカストよりも多くのショットが打てます。
融点が低いため薄肉のダイカスト鋳造、寸法精度の良いものを製造することができます。

金型の寿命が長いということは、オリジナル金型の製作も一度作れば、より多くの製品を製造することができます。
アルミダイカストに比べれば長く、より安定的に製品を製造することができるため、製品コストも安くてすみます。

大きなサイズのものから小さなサイズのものまで、さまざまな形状の製品を製造できるため、インサート鋳造から機械部品、外観部品などさまざまなもの製造が可能です。

太陽パーツでは薄肉も可能な亜鉛ダイカストをより低価格、低コストで鋳造する方法をご提案しております。
それが太陽パーツのエコダイカストです。エコダイカストでは金型費用が従来の半額になり、お客様の製品、製造コストの削減につとめます。

薄肉が可能な亜鉛ダイカストをもっとお得に!とお考えの方は、お気軽に太陽パーツまでご相談ください。

関連する記事