ブログ

寸法精度が出しやすい亜鉛ダイカスト

亜鉛ダイカストには様々なメリットがあります。

例えば、そのひとつに金型寿命があります。
亜鉛の融点はアルミニウムよりも低いため、金型寿命が長いというメリットです。
金型寿命が長ければ長いほど、全体的な製品コストが安くなり、安定供給が見込めます。

さらに、なんといっても薄肉がしやすく、寸法精度が出しやすいというメリットがあります。複雑な形状も鋳造しやすいからこそ、加工工程を少なくすることができます。

寸法精度が出しやすいため、大型サイズはもちろんのこと、極小サイズの製品製造もできます。
比較的自由な形状で製品づくりができるため、さまざまな製品を作るのに利用されています。

また、亜鉛ダイカストは寸法精度が高いものが、低コストで鋳造できるだけではありません。
鋳造品の表面処理が容易に行えるというメリットもあります。

亜鉛ダイカストを利用して製造されるものには、ボタンなどの小さなものから、装飾品、コンピューター部品、ネジ製品など様々なものが作られています。

太陽パーツでは、ダイカストにおいて特別な特許製法で皆様の製品製造をサポートしております。コスト削減、短納期など、さまざまな皆様のお悩みをお聞かせください。

関連する記事